FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 
お気に入りサイトの最新情報

Category: CD・レコード > 民族音楽   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『砂漠のアラベスク アラビアの音楽』

Sabaku no Arabesque_Arabia no Ongaku タイトルからはいまいちピンとこなかったんですが、今でいうイラクにある音楽です。イラクの首都バグダッドは、アッバース朝ペルシャ帝国の時代に豪華絢爛なアラビア文化が大爆発、千一夜物語に書かれたアラビアンナイトもバグダッドを中心とした話なぐらいなので、こういうタイトルなんですね(^^)。日本のキングレコード制作ですがすべて現地録音!そしてこれが素晴らしかった!!

 このCD、最初の2曲が芸術音楽、1曲が流行歌、残りが民俗音楽です。というわけで、3曲目以降がこのCDじゃないとなかなか聴けない音楽という感じ。ですが、最初のタクシームとパスタという芸術音楽が素晴らしい!!タクシームはカーヌーン(箏のような楽器)の独奏だったんですが、これがバカテク。パスタは、ここ数日取りあげてきたイラクのCDでは全部男性ヴォーカルだったんですが、これは女性ヴォーカル。どこか切なげで、エキゾチックでした。伴奏のウードの演奏がまた素晴らしい…。どちらもエコーがすごいんですが、イラクは灼熱の地で、電線に止まってるすずめが熱すぎて片足ずつ上げるなんて事もあるらしいので、きっと石造りの狭い室内での録音なんでしょうね。そのムードが伝わってきてメッチャよかった!!

 3曲目はイラキ・マカームという都会の流行歌(でも、ほかのCDだと伝承歌謡と説明されてました。昔の流行歌という事かな?)。流行歌とはいえ完成度の高さが半端じゃなくって、解説の小泉文夫さんは「芸術音楽と流行歌の中間」なんて書いてます。このCDだと、最初にサントゥール(ツィター属の楽器)から始めるんですが、このキラキラした分散和音が美しくもエキゾチック!!この音だけで僕はやられちゃいました。イラキ・マカームを聴いたのは、僕はこのCDのこの曲と、次に紹介するキング盤『世界民族音楽大集成31 イラクの音楽』の中の1曲だけなんですが、流行歌のレベルがこれだけ高いって、やっぱり人類最初の文明の発祥地で、アラビアの中心地でもあったバグダッドの文化レベルは半端なかった。。そうそう、イラキ・マカームはプロの演奏者による演奏で、カフェなどで演奏して人気の音楽なんだそうです。

 そして、残りの8曲入っていた民俗音楽。最初に入ってた2曲は、ベドウィン(イラクに限らずアラビアのどこにでもいる遊牧民)によるラバーブ(1弦の胡弓)伴奏の歌。歌唱にちょっとホーミーが入っていて、なるほどモンゴルの遊牧民と文化がつながってるのかも、と思わされました。あとは、ズルナ(ダブルリードの民族楽器で、インドだとシャナイ、日本だとチャルメラが近い?)やマトブッチ(双管のクラリネットみたいな楽器)の独奏などなど。演奏しているのが漁民や農民だったりするんですが、これしか演奏してないからなのか、みんなうまい。。マトブッチの演奏なんて、循環呼吸のノンブレス奏法に聴こえるんですが、この曲だけ演奏させたらプロだってかなわないんじゃなかろうか。民俗音楽の恐ろしさって、極端に熟練してるところですよね。。
 さらに、最後にスーフィー(密教系のイスラム教のひとつ)のジクルが入ってました。スーフィーの旋回舞踊って、トルコのメヴレヴィー教団のものしか知らず、そんなわけでスーフィーもてっきりトルコだけにあるのかと思ってましたが、イラクにもあるんですね。

 純邦楽というと三味線と尺八と箏だけを想像してしまいがちなように、イラクの音楽というとマカームとパスタだけを想像してしまう僕でしたが、実際には色んな音楽があるんですね。イラクの音楽と言って最初にこのCDを聴くと、あまりに多様で逆に分からなくなっちゃうかもしれませんが、でもマカームやパスタ、あるいはカーヌーンやウードやナイの演奏に慣れた人には、次に聴くのはこういうCDがいいのかも。だいたい、ワールドミュージックを聴くという時点で、色んなものに触れたい、みたいな欲求は聴く人みんなが持っているでしょうからね(^^)。芸術音楽以外のアラビアの音楽を知ることが出来た、実にいいCDでした!


スポンサーサイト

Category: CD・レコード > 民族音楽   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『イラクの古典音楽 (世界民族音楽大集成32)』

Iraq no KotenOngaku32 キングレコードが出した世界民族音楽大集成のうちの1枚です。このCD、録音データが何も書いてないんですが、曲が終わるごとに拍手が起きるし、その拍手の仕方が日本っぽいし、解説を書いてるのが小泉文夫さんなので、日本のどこかのホールでのコンサート録音な気がします。

 このCDに入っていたのは、タクシームと、パスタ(またはぺステ)チャルギー・アル・バグダードなどでした。タクシームは、このCDにはカーヌーン(箏のような楽器)独奏のタクシームと、ウード独奏のタクシームが入ってましたが、いずれもお見事でした!とくにカーヌーン独奏のタクシームはものすごいテクニカルですごかった。

 パスタは、このCDにはパスタ4曲と、マカームからパスタに繋がる曲が入ってました。インド古典音楽みたいに最初に旋法が決まっていって、そこからインテンポのリズムが入っていよいよ始まるというものもあれば、いきなりリズムが提示されるもののあるので、一口にパスタと言ってもスタイルは色々なのかも。詞は、「君を思い眠れないので星を数えた」みたいな感じ。宗教曲でないのは歴然としてますが、芸術音楽に数えられてますけど内容自体は俗楽っぽかったです。それにしても、伴奏の打楽器(ハッシャビーヤという細長い片面鼓)やカーヌーンやウードの演奏が見事で、曲想も実に情感たっぷりで、聴き入ってしまいました。歌って、表現力のあるプレイヤーがアコースティック楽器で、2~3人で演奏するのが、いちばん表現力があると感じます。これこそ歌だ、すばらしい!!そうそう、このCDのヴォーカルは男性だったんですが、発声がインドのヴォーカルに似て感じました。国はそれほど遠くないし、文化的には近いものもあるのかも。

 チャルギー・アル・バグダードというのは、声楽家を中心に数人の伴奏者がグループで歌うバグダッド独特の民謡だそうです。という事は、「チャルギー」って民謡という意味なのかな?このCDだと、ハッシャビーヤ、ナイ、ウード、カーヌーンでの伴奏がついてましたが、疾走する感じで、カッコいい!民謡という感じじゃなかったです。しかし、この編成で音が綺麗にアンサンブルするんだから、プレイヤーのアンサンブル能力の高さには舌を巻きました。

 アラビアの音楽は、民族音楽と定義されてるものの、楽理がムッチャ高度だし、プレイヤーの演奏技術はどれを聴いても恐ろしく高いし、今の西洋や日本のロックやポップスじゃ足元にも及ばないほど高度です。この地域のプレイヤーはイラン最強と僕は思ってますが、いやいやイラクもなかなかでした。昔は雰囲気だけで聴いていて「いや~すごいなあ」なんて言ってるだけだったアラビアの音楽でしたが、理論書を読んでマカームのシステムがちょっと分かったもんで、聴こえ方がかなり違って分かるようになってきました。さすがはヨーロッパやアジアの音楽の震源地、歴史の重みが違う!


Category: CD・レコード > 民族音楽   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『琥珀色の夜 ~バグダッドのウード』

Kohakuiro no Yoru_Bagdad no Oud イラクの首都バグダッドの音楽で、このCDはウード(ギターのように横に構えるリュート属の楽器で、アラビア音楽の微分音程に対応するためにフレットがない)の独奏です。パスタという歌音楽では、これに歌がついていました。ウードの演奏は、サフワット・ムハンマド・アリー。イラク音楽を聴く人だったら知らぬ者がいないほどのウードの達人だそうです。

 このCDには、タクシーム3曲とパスタ4曲が入ってました。タクシームはCDごとにちょっとずつ説明が違っていて混乱しますが(^^;)、要約するとこんな感じなのかな?タクシームとは、マカームで規定された旋法のいずれかを用いた即興演奏。それだけが演奏される事もあれば、以降に本格的なマカームが続いて、イントロのように使われる事もある…みたいな。そして、このタクシームが素晴らしい!調とリズムのはっきりしたインプロヴィゼーションで、しかも楽式が綺麗なので、即興演奏という感じがしません。しかもバカテク、これが器楽が好きな人なら絶対に一発で虜になってしまうやつです(^^)。

 パスタは、簡単に言うと歌曲の事で、もう少し厳密にいうとマカーム(アラビアの音楽組織の中の旋法)とイーカー(リズム形)に基づくものだそうです。ペルシャ王国全盛の時代には、宮廷音楽家が無数にこういう歌曲を作ったそうで、現在イラクに残った歌曲がパスタ、エジプトに残ったものがモアシャハートというそうです。詞の内容はけっこう官能的。「お前の肌は琥珀色、瞳は夜の闇のように黒く濡れている」みたいな。今だとアラビア世界ってイスラム教のイメージが強いですが、昔はアランビアンナイトな世界で悪漢やエッチな感じもある土地だったんでしょうね。パスタは、灼熱の砂漠で官能も感じる、昔のアラビア世界を感じる音楽でした。う~んこれも良かった!そうそう、歌曲とはいうもののウードの伴奏が伴奏なんてものじゃなくってものすごいテクニカル。アゴーギクやアッチェルやリタルダンドも自由自在、バス声部と旋律の同時演奏なんて朝飯前。今の西洋のポップスとはレベルが違う…。

Bagdad.jpg 西アジアの撥弦楽器だと、僕は細い竿の方が好きだと思ってたんですが、ずんぐりむっくりのウードって低音が豊かでなんといい音なんでしょうか、聞き惚れてしまいました。そして、ずんぐりむっくりな楽器のルックスの印象と裏腹に、演奏がものすごいスピーディー!イラクを代表するウード奏者の演奏だからというのもあるんでしょうが、アコースティック楽器の達人の演奏って、ちょっと異次元ですよね、これはすごい。。僕は、西アジア音楽の最強はイランだと思ってます。でもイランはちょっとお高くとまってる所があって、近隣諸国からは煙たがられてるそうです。このへんの地域の音楽はマカームというんですが、イランだけ同じもの(?)をダストガーと名乗ってますしね(^^;)。というわけで、イランを除いた場合、マカームの中心都市はイラクのバグダッドなんだそうです。アッバース朝ペルシャ王国の首都ですもんね。サフワット・ムハンマド・アリーさんいよるウード演奏は、超絶的にテクニカルでありつつ情緒たっぷり。ものすごかった、文句なしで大推薦です!!


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Art Blakey & The Jazz Messengers / Live at Sweet Basil』

ArtBlakey Jazz Messengers _Live at Sweet Basil』 ジャズ・メッセンジャーズ、1985年のライブ録音です。僕がジャズ・メッセンジャーズのレコードを聴いたのは、『Moanin’』の次がこれでした。発売当時、このレコードは「ス〇ング・ジャー○ル」というジャズ雑誌でやたらと褒めちぎられてたんです。あの頃は若すぎて、あの雑誌がレコード会社の広告料の見返りにゴール○ディ○クをあげているような太鼓持ち雑誌だなんて知る由もありませんでしたので、信じてしまったんですよ(^^;)。。メンバーは、Terence Blanchard (tp), Jean Toussaint (ts), Donald Harrison (as), Mulgrew Miller (p), Lonnie Plaxico (b) , Art Blakey (ds) です。

 とはいえ、『Moanin’』よりぜんぜんカッコよかった!まず、御大ブレイキーのドラムがすごかった!当時まだロック狂いだった僕は、ジャズドラムの凄さをまったく知りませんでした。ところがこのライブ・アルバムの1曲目「Jodi」の頭と最後に入っていたブレイキーのドラム・ソロを聴いてぶっ飛びました!ついでに、「Jodi」は、曲も疾走感たっぷりでカッコよく、ソロイストのアドリブも決まってた!!
 でも、大きなステージでのライブなのか、ウッドベースはアンプリファイしてエレベみたいな音だし、ピアノもシンセピアノみたいな音で、どちらもは低音が全然なくって、メッセンジャーズですら80年代の軽い音になっているのでした(^^;)。

 けっきょく僕は、80年代が青春ど真ん中だったくせに、テレンス・ブランチャード、マルグリュー・ミラー、ロニー・プラキシコという名プレイヤーとして80年代を駆け抜けたリアルタイムのアコースティックなジャズ・ミュージシャンには心がまったく動かず。例えば、演歌でテクニカルな歌手が出てきたとしても、演歌そのものが同じでは保守過ぎてつまらない…こんな感じ。これって『モーニン』でも感じた感覚だったんですよね。

 今回、メッセンジャーズにとっていちばん大事な時期だろうショーター在籍時は聴きませんでしたが、もし『Moanin’』やこのアルバムだけを聴いていたら、僕のメッセンジャーズはここで終わっていたかも。ドラムやプレイヤーのテクはすごいんだけど、ドルフィー黄金期マイルス・クインテットミンガスをすでに聴いていた少年にとっては、音楽があまりに保守。良くも悪くもエンターテイメントなジャズなんじゃないかと思いました。やっぱりメッセンジャーズを聴くなら、名盤扱いの『モーニン』や80年代より、ショーターやリー・モーガン在籍時を聴いた方が無難…かな?まあこれは今となっては定説ですね(^^)。


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Art Blakey and the Jazz Messengers / Moanin'』

Art Blakey Jazz Messengers_Moanin このレコードを最初に聴いたのは高校生の時。アホだったもんで、「朝」だと思ってたんです。でもそれにしちゃジャケットが爽やかな顔してないな、むしろ怒ってるぞ…「うめき」でした(゚∀゚*)エヘヘ。というわけで、ハードバップの代表的名盤のひとつとして知られている1枚、1958年発表です!お、このアルバムではアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズになってますね。僕が聴いたジャズ・メッセンジャーズのアルバムは、これが最初でした。バンドは2管で、リー・モーガン(tp)、ベニー・ゴルソン(tsax)、ボビー・ティモンズ(p)、ジミー・メリット(b)。

 このアルバムの第1印象、あんまり良いものじゃなかったんです。まず、超有名曲「moanin'」のテーマがひたすらダサいと思った(^^;)。次に、ジャズドラマーのリーダーバンドなのに、「moanin'」のドラムは「ズン・ダッ・ズン・ダッ…」誰でも叩けそうなほど単純。しかも、ドラムソロすらなし。叩いてないもんだから、「アート・ブレイキーって、本当にドラムうまいのか?」とすら思ってしまったのでした。あと、僕、クラシックの世界で生きていけないと思ってジャズバンドに参加して生計を立てていた頃があるんですが、その時にモーニンのテーマをひかされるのがめっちゃ嫌でした。いなたいし、ものすごくダサい気がしてね(^^;)。でも、CDに入っていた別テイクのほうの「moanin'」のベニー・ゴルソンのソロは良かった…つまり、レーベル側が「各自のアドリブなんてそんな聴かせなくていい、分かりやすくテーマを聴かせればいい」って思ってたって事でしょうか。そんなわけで、僕が人に薦めるならオリジナルのLPじゃなくてCDの方かも。

 このレコードより先に、コルトレーンの『至上の愛』もマイルスの『プラグド・ニッケル』も体験していたのがまずかったんでしょうね、それじゃこれをぬるく感じても仕方ない(^^;)。また、僕が苛烈なソロや破壊寸前の爆発力みたいなものをジャズに求めていたのも悪かった、これはドラマーの超絶アルバムでもフリージャズでもなく、ハードバップなジャズ・コンボのスタジオ録音作、僕が求めているものとは条件が最初から違うのでした。それにしても、ライブ録音だったカフェ・ボヘミアやバードランドよりあまりに大人しすぎるし、曲もソロオーダーも無難すぎ、演奏も合わせる事に神経質すぎて躍動してない…ここが、ハードバップとスタジオ録音の相性の悪さでもあり、50年代ブルーノートの商売至上な保守主義でもあるのかも。アート・ブレイキーもバド・パウエルマイルス・デイビスも、ブルーノートのおかげで全国区になったようなもんですが、名作はことごとくブルーノートじゃないんですよね(^^;)。


05 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ガーナのポピュラー・ミュージックのハイライフのCDです。最近、アフリカン・ポップスに嵌まってるんですが、有名なハイライフを聴いた事がないもんで、このへんから聴いてみたいなあ、と(^^)。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS