FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 
お気に入りサイトの最新情報

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ジャワの民俗音楽 (世界民族音楽大集成15)』

Jawa no Minzokuongaku15 CD『ジャワ スンダの巨匠S.ナノ』で、「チュルンプンガン」とか「クトゥック・ティル」なんていう舞踊音楽や音楽があるのを知って、しかもそれがメッチャ面白いもんだから、ガムラン以外のジャワの音楽もいろいろ聞いてみたいと手を出したCDです。このCDはそういう僕の需要にもってこいの内容で、ジャワってこんなに色んな音楽があるのかと驚きました!先に言うと、このCDは超おススメ!

 ライナーによると、バリ島が村単位で文化を持っているのに対して、ジャワ島は重層化した文化が並行して存在している土地なんだそうです。元にあったのは東南アジア共通の文化で、その上に仏教やヒンズー教というインド文化が重なり、さらにイスラム教が重なり、16世紀には西洋文化が重なって、さらにマジャパヒト王朝の封建制国家が長く続いたもんで(13~15世紀にかけての約200年)、それらが更新されずに階層状態になって併存してるんだそうです。そして、このCDを聴くと、本当に色んな音楽が混じったり共存したりしてるんだなと実感しました。

 僕的な分け方で大きく分けると、完全にジャワ化した音楽と、他の文化との衝突で生まれた音楽のふたつに分かれると思いました。前者はM1~5、後者はM6-9という感じ。面白かった音楽だけ備忘録として書いておくと…

 1曲目の大道音楽家の音楽がメッチャ面白かった!ジャワでは大道音楽家は「チョケアン」とか「バラガン」と呼ばれるらしいんですが、歌の掛け合いが入った小編成ガムランみたいな音楽でした。まったりして心地よく聴いていたところで途中でリズムがいきなり変わったりして、そういう所もジャワのガムランに似てました。途中でバイクがとおりすぎる音が入ってたのも東南アジアっぽくて良かったです(^^)。

Jawa_Kageesibai.jpg 2曲目は影絵芝居の音楽。インドネシアで影絵芝居は「ワヤン」とか「ワヤン・クリット」と呼ばれてるそうで、内容はラーマーヤナとかマハーバーラタみたいに、インドの叙事詩がもとになってるものが多いそうです。このCDに入ってた音楽は、組ゴングや音階打楽器を使って音楽がアッチェルしたりリットしたりするので、ガムラン的な面もあるんですが、どこか中国音楽のようにも感じたのが面白かったです。ストーリーは歌で語られていましたが、言葉が分からんし、途中でフェードアウトしやがった(;_;)。これはメッチャ面白そうと感じ、後にインドネシアの影絵芝居の音楽だけを扱ったCDを買ったんですが、それは次にでも紹介しますね(^^)/。

 3曲目は仮面舞踊の音楽。それにしても、本当に芸能が多いですね。仮面舞踊「トペン」は影絵芝居(ワヤン)に並ぶジャワを代表する芸能だそうで、中でもチルボンのトペンは有名なんだそうです。音楽面での影絵芝居との最大の違いは、歌詞が入らない事。声は入ってますが、「ワ~」みたいに、掛け声やコーラスのような感じ。音楽もけっこうシンプルで循環してマッタリな感じ…と思ったらさすがインドネシア、ここ一番ではやっぱりアッチェルして大盛り上がり。こう来ると分かっていたのにこれが気持ちいい(^^)。単純な恩恵を繰り返し、それが高揚していくという形式なので、トランスを目的とした音楽のように聴こえるんですが、それだけに音楽だけでなく仮面舞踊の方も見てみたかったです。

 4曲目はガムランですが、ここに入ってるガムランはあまり大編成ではないものでした。しかし、循環する音楽がテンポを自在に変えていく様は何度聴いてもいい (^^)。こういう音楽って、インドネシアの音楽以外にあるのかなあ。

 6曲目はクロンチョン・トゥグ」という音楽で、オランダによる植民地時代に入ってきた西洋音楽がジャワ化して大衆音楽になったものだそうです。ギターやウクレレを使って優雅に歌うので、音楽そのものはハワイアンっぽくて個人的にはあんまり面白くなかったですが、こういう歴史を肌で感じられる所が民俗音楽の面白さ(^^)。

 7曲目はレヨ」という道行芸能で、日本でいう獅子舞みたいなものだそうです。実際に、獅子舞のようなものと、馬を表現しているもので道を練り歩くんだそう。さっきはヨーロッパかと思ったら今度はタイとインドネシアが混じったような音楽。タイっぽいというのはチャルメラのような音型意識キックボクシングを思わせるからなんですが、この楽器はスラン・プレットというらしいです。

 8曲目は剣舞についている打楽器演奏。音楽そのものはそこまで面白いものじゃなかったんですが、マジで芸能が多い島なんですね。

 9曲目はイスラムの宗教歌。話では、イスラムがインドネシアにまでたどり着いているというのは聴くんですが、白いあの衣装を着ているわけでもないのでピンとこなかった僕でしたが、なるほど宗教歌ですらインドネシア音楽と混じって独自のものになるのか。印象だけでいうと、イスラムというより仏教音楽に近い響きで、映画『心中天の網島』の中で武満徹さんが書いた曲に似ていました。ついでに、ちょっとした発見があって、あの映画音楽の一部が、明らかにジャワの音楽を参照したものであることが判明。最後の首吊りのシーンの音楽とか、最初の方に出てきたゴングの音とか、「あ、ジャワの音楽が元ネタか」と思いました。なんかスッキリ、長年の疑問が解決した気分です(^^)。

 ジャワはバリに並ぶ芸能の島で、これほど芸能が多い土地は世界に他にないなんて言いますが、本当にそうなんじゃないかと思いました。そして、影絵芝居ワヤンと仮面舞踊トペンは、実物を見てみたいと思ってしまいました。それにしてもこのCDはすごい、ガムラン以外のジャワの音楽がこんなにいっぱい入ってるCDははじめて、しかも内容が素晴らしい!これは超おススメです(^^)。


スポンサーサイト

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ジャワ スンダの巨匠S.ナノ』

Jawa SundanoKyoshou S Nano インドネシアの音楽で、ガムランでもケチャでもない音楽を聴いたのは、僕はこのCDが初めてでした!このCDに入っていたのは、「チュルンプンガン」と、「クトゥック・ティル」または「ジャイポンガン」という、西ジャワに住むスンダ人の庶民に親しまれてきた芸能の音楽でした。

 1~5曲目に入っていたチュルンプンガン」は合奏音楽。このCDでは歌入りで、アンサンブルはカチャピ(CDのジャケットに写ってる箏状の楽器)、ルバブクンダン(太鼓)、ゴオン(ゴング)の4者でした。特に高揚する事もなく、独特のマッタリ感をもってたゆたうような音楽。歌と伴奏には聴こえず、歌も含めてすべての楽器が対等に聴こえました。ジャワの音楽の例に漏れず、「これって楽器同士で音階やピッチは合ってるのか?」という不思議な感覚。ナノ・Sというマルチプレイヤーさんが参加してるんですが、その人が書いた曲が2曲入っていて、それは伝統曲よりも音の衝突が少なくて、西洋音楽に影響されてしまった東南アジアや東アジアの音楽に重なって聴こえてしまいました。…伝統的なジャワ音楽のヤバさに嵌まってるな、俺(゚∀゚*)。

 6~8曲目は「クトゥック・ティル」または「ジャイポンガン」という舞踊に使われる音楽でした。クトゥック・ティル」は民族舞踊で、昔は女性の歌手や踊り子相手に、男性が即興で踊って楽しむものだったそうです。この伝統を引き継いで1970年代の終わりに生まれたのが、「ジャイポンガン」という舞踊だそうです。ただ、CDだと舞踊は見えず音楽だけ。そして音楽だけ聴くと、「チュルンプンガン」との差は分かりませんでした。しかし、これも独特な音楽だな、聴いていて引き込まれてしまいます。。

 ジャワの音楽らしい独特のマッタリ感のなか、音階というか音程のずれが古典音楽にもアヴァンギャルドにも聴こえてしまうという、なんとも新鮮な音楽でした。こんな不思議な音楽は、インドネシア以外じゃちょっと聴けないんじゃないかと。「どれもこれも似たようなもののキンタロー飴な普通のロックやポップスやクラシックやジャズには飽き飽きしてるぜ!」という人に大推薦です!民族音楽はこれだから面白い。。


Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『古都・風雅頌 中部ジャワのルバブと歌』

KotoFuugaryou_ChuubuJawa no Rubabu to uta インドネシアの音楽と言えば、バリ島の音楽ばかり聴いていた若い頃の僕でしたが、気持ち良すぎるチルボンのガムランを聴いてから、ジャワ島の音楽にも魅了されてしまいました。バリ島のケチャやガムランがパワーみなぎる音楽なら、ジャワのガムランは幻想的で夢の中にいるよう。隣の島で音楽の形式はそっくりなのに、音楽の印象がまったく逆。僕がジャワときくとカレーだけでなく音楽にも手を出すようになったのは当然の流れだったといえましょう(^^)。

 うわあ、これもムチャクチャ気持ちいい、そして幻想的!うたた寝をして、今が現実なのか夢なのかが曖昧な状態にいるような気分。CDのタイトルにもなっているルバブとは、ジャケットに写っている胡弓のような形をした擦弦楽器で、音色も胡弓に似ています。ルーツがアラビア音楽のラバーブにあるそうなので、ジャワ島がイスラム教に染められた時に、一緒に入ってきたんでしょうね。このCDに入っていた音楽はルバブが中心にいるのですが、「俺が主役だ!」という演奏でなくて、どこに向かうでもなくフワフワただよってる感じ。

 ルバブの演奏自体はガムランとの共通項は感じなかったんですが、常にうしろにガムランで使われるグンデル(金属製の音階打楽器)やガンバン(竹製の音階打楽器)がキンコンカンコンとゆるーく鳴り響きつづけてるので、全体の雰囲気がチルボンのガムランそっくりでした。というか、ライナーによるとこれもガムランみたいです。中部ジャワのガムランは、儀式や祭りでは20~30人の大編成で演奏するらしいんですが、もう少しかるく楽しもうとするときは少人数で演奏するんだそうです。こうした少人数編成のアンサンブルをガドンと言うそうで、このCDはこの編成。

 僕の耳に不思議に感じたのは、ルバブとうしろで鳴っている音階打楽器群で調があってないように聴こえる所がある事でした。調なのかピッチなのか分からないんですが、ずれて聴こえるんです。でも、絶対音感的に言うと、インドネシアの音楽は1オクターブを12分割したとは思えない微妙な音程が色々入っているし、僕の耳が西洋音楽に飼い慣らされてしまってるという事なんでしょうね(^^;)。合ってないとは感じてしまうんですけど、じゃあ「悪い」と感じるかというと、そんな事は全然なくって、これが気持ちいい。。平均律や倍音堆積で求めた音階だけが音楽の絶対法則ではまったくないという証拠みたいなもんですね、インドネシアの音楽は(^^)。中部ジャワのガムランで使う音階はペロッグとスレンドロに分かれるそうですが、このCDに入ってる曲は、1曲目がペロッグ音階リモ調、2曲目がスレンドロ音階ソンゴ調、3曲目がペロッグ音階バラン調だそうです。

 なんと気持ちいいんだ、この音楽を流してるだけで部屋の中が楽園になっていきます。究極のレイドバック・ミュージック、これは超おすすめ、聴いているだけで南国の楽園ムードに満たされてしまう音楽って、魔術に近いなあと思って、すっかり仕事をやる気がなくなってしまった僕なのでした(^^;)。


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Art Pepper Quartet / Modern Art』

Art Pepper Quartet Modern Art これは1956~57年録音ですが、56年録音も入ってるので今回の56年のアート・ペッパーをまとめて聴くぞ大会の中に入れてしまおう、そうしよう。メンバーは『The Art Pepper Quartet』とドラムだけ変わっていて、Art Pepper (asax)、Russ Freeman (p)、Ben Tucker (b)、Chuck Flores (d)。

 あれ?こんなにいいレコードだったっけ?これはいいぞ…『The Art Pepper Quartet』がけっこう普通だったのに比べて、アルバム全体にレイドバックした心地よさが漂っていて最高に気持ち良かったです!2曲目「Bewitched」なんて絶品の心地よさでした(^^)。
 でも癒し系なだけでなく、なかなか考えて作られたアルバムだとも思いました。まず、8曲中4曲がアート・ペッパー作曲となかなか気合いが入ってるます。そしてアルバムの構成に工夫があって、最初と最後にブルース曲を置いていて、これでアルバムの印象がかなりブルージーになったんじゃないかと。例えば、1曲目「Blues in」とラスト曲「Blues out」はベースとのデュオで、ベースはあくまで四分音符でコードのバスを提示する程度で、ほとんどペッパーさんのブルージーなアドリブを堪能するだけにしてあります。そしてこのプレイがめっちゃいい!!アート・ペッパーは白人だけど、スタン・ケントン楽団にいたからこういう黒いアプローチも出来るんだなあ。そして「Cool Bunny」はアップテンポの曲で、しかしやかましくならずに品よく決めます。いやあ、これはいい。。

 アート・ペッパーの名盤と言ったらマイルス・デイヴィスのリズムセクションと共演した『Art Pepper Meets the Rhythm Section』をあげる人が多い気がしますが、あれはウエストコースト・ジャズのリラックスしたシャレオツな感じがなくって、悪くはないけどウエストコースト・ジャズらしくないです。そんなわけで、僕の中でのアート・ペッパー最高傑作はこれ!このレコード、マイナーレーベルから出たもんだから昔は入手が難しかったらしいですが、今ではウエストコースト・ジャズの大名盤として容易に入手できます…いい時代になりましたねえ(^^)。


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Art Pepper Quartet』

Art Pepper Quartet これもアート・ペッパーの1956年録音です。ようやく自分のリーダーグループ、ワンホーンカルテットだ!失敗を乗り越え、色んな下積みをして認められて一本立ちという、人生の正しい道を進んでる典型と言えそう…って、この後もアート・ペッパーは麻薬中毒で刑務所や病院に何度も入るんですよね。。まあそれも昔のジャズマンなら普通にあった事で、人間らしいですよね(^^)。最近は細かい事で世間がうるさすぎる…。メンバーは、Art Pepper (asax)、Russ Freeman (p)、Ben Tucker (b)、Gary Frommer (d)。

 若い頃に聴いた時にはあまりに普通すぎて、良さが分からないレコードでした。特に目立ったアレンジを施してるわけでも、「うおお、すげえ!」って演奏が聴けるわけでも、レイドバックしまくった気持ちいい演奏なわけでも、楽しい気分になるエンターテイメントでもないんです。でもいま聴くとなんかいい…独特の涼しさがあって、それが良いと感じてるみたい。演奏が落ち着いていて、アドリブでツーファイブの速いフレーズを叩きこむときでも熱くなるんじゃなくて音色を大事にして演奏していて、そういう所が大人に感じるんです。この演奏をした時のアート・ペッパーはまだ若いはずなんだけど老練してるというか。バンドもチェット・ベイカーとの共演の時みたいな即席のジャムセッションという感じじゃなくて、けっこういい感じ。なるほど、アート・ペッパーの名盤のひとつに数えられるのも分かるなあ。

 けっこう渋い音楽なので、ジャズファンじゃない人が聴くと面白くないだろうし、ジャズファンでも若いと「たいくつだな」と思っちゃうかも。でも、ウエストコーストジャズのクールさを良いと感じられるぐらいの年齢になって聴くと、これがなかなかよかった(^^)。大人になると、このぐらいのクールさが心地よくなったりするんですね(^^)。


08 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ガーナのポピュラー・ミュージックのハイライフのCDです。最近、アフリカン・ポップスに嵌まってるんですが、有名なハイライフを聴いた事がないもんで、このへんから聴いてみたいなあ、と(^^)。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS