Amazon の2段階認証の設定 スマホなしで何とかする方法

 このブログをはじめた頃の目的のひとつは、たくさん持っているLPやCDや本やビデオの整理で、「これはもういいや」という本やCDは、Amazon やヤフオクなんかのネットで売ってました。ところが最近、不正防止のためかAmazon が2段階認証なるものをはじめまして、この認証のためにはスマホが必要らしいのです。ところが私、スマホの月額使用料が高くて家計が圧迫されるもんで(ネコの餌も最近グレードダウンした;_;)、ずいぶん昔にガラケーにカムバックしちゃったんです(゚m`;)アチャァ…。。しかも、SMSができない環境。。というわけで、スマホなしでなんとか出来ないもんかとがんばったんですが・・・やれば出来るもんで、なんとか出来ました!ただ、この方法がなかなか骨が折れたもんで、似たような悩みを抱えている人のためにメモしておきます。。

(必要なもの)
PCと電話

(やり方)
2段階目の認証に必要になるワンタイムパスワードが、本来はスマホに送られてくるんじゃないかと思うんですが、これを「WinAuth」という認証ソフトを使ってワンタイムパスワードを読む、という方法をとります。というわけで、まずは「WinAuth」をゲット!

 ・「WinAuth」を使うためには、「Microsoft NET Framework」が必要なので、それがPCにインストールされていない場合は、先にMicrosoft NET Framework をインストール (僕の場合は既にはいってました。入っていなくても、フリーソフトなのでネットで落として入れて下さい!)

 ・「WinAuth」をダウンロード (ダウンロードサイトはこちら

次に、Amazon側の設定。要は、SMSでの認証が出来ないのでそれを拒否し、認証方法を「認証アプリ」で行うようにします。

・Amazon にログイン →アカウント設定を変更 →高度なセキュリティ設定 →2段階認証の設定を開始 とすすむ

・[コードの受取方法を選択]画面で、[認証アプリ]を選択

・QRコードが表示されますが、これが読めないので、その下の[QRコードをスキャンできない場合]を選択

・文字列が表示されます。これを「WinAuth」に読み込ませればオッケー!「AinAuth」での読み取り方は…
 1. WinAuthを起動。
 2. 左下に「Add」と書かれたボタンがあるのでクリックし、一番上の「Authenticator」を選択。
 3. QRコードをコピペし、[Decode]ボタンを押す!
 4. 表示された文字列がワンタイムパスワード!

あと、このあとも暗証番号を聞かれますが、それは音声電話を選択すればオッケーです(^^)。

PCを含めたIT関連って、「それぐらいみんな持ってる」を前提にガシガシ進められることが本当に多いですよね。僕が今まで経験したのだと、Macのコネクターの規格がいきなり全部USBに差し替えられてそれまで使っていた外部機器が全部使えなくなった、内臓HDDのコネクター形状がいきなり変更されて読めなくなった、ある時から動画の規格が変わってそれを見るにはPCを買い替えないと駄目、仕事で使っているグラフィックソフトがアップグレードすると最新OSじゃないと使えなくなってその最新OSを使うにはPCを買い替えないとダメ、OSが変わってソフトが使えなくなった、などなど。。いや~、OSなんてプロユースとして使うんでもなければOSXとかXPで充分だし、PCユーザーとしてはスマホはいらないのでガラケーで充分だし…というわけで、IT関連事業をなさっている方は、自分の常識が当たり前だと思わず、ライトユーザーにもやさしい対応をして欲しいなあ。。
スポンサーサイト

映画『サンゲリア』 ルチオ・フルチ監督

sangeria.jpg ゾンゲリアについて書いた以上、サンゲリアを書かないわけにはいきません( ̄w ̄) 。日本タイトルだけみればサスペリアのパクリですが、元々のタイトルはどっちもぜんぜん違います。ちなみに、ホラー系という点は共通してるものの、内容はかなり違います。日本の映画輸入配給会社ってひどいな(^^;)・・・サスペリアがオカルト、ゾンゲリアがサスペンス、そしてこのサンゲリアはゴアとかスプラッターといえばいいのかな?いや~、ホラー映画って、オーメンとサスペリアだけは妙に好きなので、それにつられてけっこう見た時期があるんですよ(^^)。

 ニューヨーク近くの海にヨットが漂着して、その調査にヨットに入った警官が、載っていたゾンビみたいな男に襲われる。そのヨットの持ち主の娘は、行方不明になった父親の安否の確認のため、父親が出かけた先の島まで、新聞記者と一緒に行く。その島ではブードゥー教が・・・。

 この映画は、ゴア系のゾンビ映画。ゴア映画の名作としても、ゾンビ映画の名作としても有名らしいです。けっしてヒット作の2匹目のドジョウを狙っただけのインチキ映画ではないみたい。また、監督のルチオ・フルチさんというイタリア人監督は、「ゴアの帝王」と呼ばれるぐらいに、こっち系では有名人みたい。ゴアというのは、血や肉がとびちるような映画のことで、この映画だと、目に木のとげがグサ~~っと刺さっていくシーンが有名ですが、これを見せるのが映画の目的のように僕には思えます。だって、目に刺さって、眼球が破裂して、気持ち悪くめくれあがって・・・みたいに、こんなシーンばかりやたら丁寧に作られてるんですもん( ̄ii ̄)ハナジ。。僕は、精神的にジワジワと恐怖を感じるような映画はビビりつつも大好きなんですが、物として血や肉が飛び散る映画というのは、もう単純にキモチワルいとおもうだけで苦手。でも、なんでこういうゴアを見たいと思う人が一定数いるのかというところは、興味があるところ。なんとなく、そこには深いものがある気がするんですよね~。ホラー映画好きの友人が言うには、サンゲリアのゴア表現は、ゴアフィルムの中ではソフトな方らしいので、一回ぐらいはそういうものも見てみたいと思う人が見るには、名作といわれてる映画みたいなので悪くないかも。、あと、ゾンビ映画が好きという人には、避けては通れない古典なのかも知れません。でも、僕はもういいや(^^;)。。


映画『ゾンゲリア DEAD & BURIED』

Zongeria.jpg 『ゾンゲリア』、1981年制作のアメリカ映画。子供のころから何度もタイトルを目にしてきたんだけど、実際に見たのはようやく最近。僕はサスペリアという映画がすごく好きで、それこそ何度も見たんですが、そのヒットにあやかって似たようなタイトルの映画が日本で公開されまくった時代がありました、『サンゲリア』とかね(^^;)。でも、これって日本の映画配給会社が勝手につけたタイトルで、元のタイトルは全然違うみたいで、この映画だって本当は「デッド&バリード」です。そんなわけで、2匹目のドジョウ狙いのB級映画っぽい気がして観てなかったんですが、観て見たらすごく良く出来た映画でした!

 映画のスタートから引き込まれました。B級どころか、音楽は素晴らしいしカメラワークもなにもかも秀逸。フランスの名画を見ているぐらいによく出来ていて、「え?実はホラーじゃない?」ってな感じ。浜辺ではじめて会った男性と女性(リサ・ブロント、写真のナースさん。この映画の時が一番美人だと思う^^)の会話はほほえましく、どういう展開になるんだろう…という所でいきなりの惨劇(゚ロ゚ノ)ノ。。以降、殺人事件を追うアメリカの小さな田舎町の警官を軸に話が展開していきます。物語の伏線、新たな謎、第2第3の殺人、不審な奥さんの行動…と話が展開、さいごまで飽きるひまもなく見てしまいました(^^)。最後の2重3重のどんでん返しも見事!!

Zongeria_pic1.jpg いや~、低予算のやっつけB級ホラー/スプラッター映画かと勘違いして敬遠していたんですが、超常現象はからむものの秀逸なサスペンス、作りもていねいな素晴らしい映画と思いました。これ、昔のビデオは、パッケージに使ってる写真も、ナースが患者の目に注射針を突き刺してる所とかショッキングなものばかり使っていて、しかもタイトルが「ゾンゲリア」、僕は「ああ、気色悪いシーンばかりが売りのアメリカB級スプラッターか」な~んて思っちゃったんですよね。でも、そういうシーンはあくまでもアクセントで、メインはサスペンス部分。この「え、どういう事?」というサスペンスの連続のドキドキ感が素晴らしい!僕が人生で観たこれ系のジャンルの映画の中ではナンバーワンの面白さでした!!


『チベット密教 聲明の驚愕』

Buddhist Chant2 チベット密教の音楽ばかり紹介するマニアックなブログになってきました(^^;)。でもチベット密教の声明のとんでもない男声低音はいつきいてもすごい…。西洋の声楽の男声最低音よりさらに5度低いんだそうで、もう人間の声とはおもえない、洞窟のなかを風が通ったかのような音。そして、ぼくがチベット密教の声明のレコードでいちばんすごいと思うのが、これ!いくつか前の記事で紹介した「音楽の原理」という本のなかで、チベットの音楽としてこれが紹介されていて、我慢できずにアマゾンでポチッとやってしまったというわけです(^^;)。あの本のせいで、ボクのワールドミュージック熱が再燃してしまいそうっす。。現地録音ですが日本のJVC制作、音のクオリティがハンパない!ほかの音楽ではきく事が出来ないぐらいの超低音なので、まるでオーディオの性能が試されてるみたい(^^)。いや~日本の技術ってやっぱりすごいんだなあ。

 これは1989年の録音で、ギュートゥ僧院であるナムギャル寺院の声明。チベットでは「声と言えばギュートゥ」だそうで、ナムギャル寺院はダラムサーラという地にあって、ダラムサーラというのはダライ・ラマ14世が中国から亡命して亡命政権をつくった場所。というわけで、ひとつ前の観光客のおみやげCDみたいなインチキでない、ほんもののチベット密教の声明をきくことができます。呪文のような文言が続く超低音の斉唱が17分近く続いたところで、いきなり全員で半音あがった瞬間は鳥肌が立ちました。。ふたつ前の日記で紹介したCDと比べると、こっちの方が楽器がすくないです。金属打楽器もいますがほとんど出てきません。いきなり低音のホルンみたいな楽器がブオ~~って鳴って、打楽器がドカドカと鳴らされるのは、CDが始まってから20分以上経過したところ。なんでこんな低音で斉唱するのかとか、楽器が途中ではいってきてまたしても低音でブオ~っていったりするのとか、なんか意味があるんでしょうけど、そのへんはCDの解説にも書いてませんでした。

 ラテンにせよ欧米にせよ、西洋系の音楽ばかり聴いていると、あれだけが音楽だと思い始めてしまう自分がいますが、西洋音楽の影響がすくない音楽を聴くと、「うわあ・・・」とうならされてしまいます。これも強烈な音楽、大推薦ですので、未体験の方はぜひ!

『Tibetan Incantations』

Tibetan Incantations 続いて、チベットがらみのCD。こちらは前のCDとは反対に、思いっきりイタい目を見たやつです。CDのタイトルは「チベットの呪文」、そしてこのCDのジャケット。この人、ダライ・ラマ14世ですよね?僕はこのふたつに思いっきりだまされました(=_=)。いや~、左上の文字デザインを見て「リアルな民族音楽や宗教音楽じゃなくって、スタジオで作った安っぽいおみやげCDっぽいな」というところまで見抜かないといけなかった。。

 このCD、「チベットの呪文」というタイトルです。BGMに乗って、たしかに同じマントラが繰り返し歌われてます。そういう意味で「チベットの呪文」はウソじゃない。でも・・・音楽が、思いっきり中国の漢人音楽です。しかも、中国音楽と西洋の軽音楽がフュージョンして出来たライトな中華ポップス。シンセサイザーの3和音の上で胡弓がてきとうにメロディーを奏でて、バイトで雇ったような歌手が当たり障りのない声でマントラをくり返してます。ああ、これと似たような音楽を、僕は日本のインチキ臭い新興宗教団体の勧誘ビデオで耳にしたことがあるぞ・・・。チベット文化を貶めたい、またはみんな中華化してしまいたい中国の漢人同化政策の一環で作られたんじゃないかと疑ってしまうレベル。中国のライトポップスを聴きたいのなら別ですが、リアルなマントラを聴きたいとか、チベットの音楽を聴きたいと思うのなら、買っちゃいけないCDだと思います。いや~、このブログで「買うな」と書いたのははじめてかも(^^;)。。


プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド