fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 
お気に入りサイトの最新情報

Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Funkadelic / Maggot Brain』

Funkadelic_Maggot Brain ファンクにも色々ありますが、ジョージ・クリントン(大統領じゃないです^^;)率いるPファンクという大きなムーブメントがありました。このレコードは、パーラメントと並ぶPファンクの主要グループだったファンカデリックのサード・アルバム、1971年発表です。Pファンクの名前すら知らなかった頃(30年ぐらい前?)にレコード・コレクターズで特集が組まれて、そこではじめてディスコグラフィーを見ました。パーラメントに比べるとロック色やサイケ色が強いらしく、その中でもこれがジミヘン張りのギターが聴けるなんて書いてあったので、取り急ぎここから手をつけたのでした。はやいなあ、あれから30年ぐらいたったのか。。

 なるほど、ピコピコしてふざけているように聴こえたパーラメントに比べると、けっこうロックでハードです。たしかにギター弾きまくり、ジミヘンっぽくもあります…けど、僕が思ってるジミヘンとはかなり違うかな(^^;)。このギターはエディ・ヘーゼルというポスト・ジミヘンとしてけっこう有名な人。でも結局はペンタトニック1発なので、弾きまくってると言ったってものすごく簡単そう。むしろ、最後の曲「Wars of Armageddon」でのワウとカッティングが炸裂したファンクなギタープレイの方が個人的には燃えました。まあでも持ち上げるほどではないかな…。

 ゴスペルっぽいコーラスが聴けたりして、ファンクとサイケデリック・ロックの間ぐらいのブラック・ミュージックという感じで、けっこう暗くてドロドロ。知らずに黒人居住区に足を踏み入れてしまったようなヤバさを感じました。黒いんですよね。でも、ハマるという所までは行きませんでした。熱いし暗いし、好きなタイプの音楽の筈なんですが、いかんせん単純すぎ。プレイもクリームやエクスペリエンスやスライに比べるとぜんぜんヌルい感じ。とはいいつつ、Pファンク系では、このアルバムはまあまあお気に入りの方かな(^^)?結局、エンターテイメントが強すぎる音楽なんですよね…。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『R.E.M. / Out Of Time』

REM_Out of Time 1991年リリース、R.E.M. のアルバムです。このアルバムって大ヒットしませんでしたっけ?このジャケットはよく見かけたんですよね。。

 なんでしょうか、敵を作らない程度にウィットのきいた事を言っているポップロック、みたいな。不良は聴かないけど、将来弁護士を目指したり教員免許を取ろうとまじめに勉強しているちょっと知的な大学生が、迂闊にも共感を覚えてしまいそうな音楽…何言ってるか分かりませんね(^^;)。ベースは独のないポップロックだけど、サウンドに新しさをちょっとだけ垂らしてあったり、詞がちょっと気が利いている、みたいな。

 こういうのは学生が通学途中や勉強しながらラジオ(いまならスマホ?)で楽しむものだと僕は思っているんですが、そういう音楽として聴けば意識を持っていかれるほどでもない所か、実に心地よくもあるので、けっこういいBGM になるんじゃないかと。歳をとってから改めて聴くような音楽とは思いませんでしたが、こういうの嫌いじゃないです(^^)。。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『R.E.M. / Green』

REM_Green.jpg 1988年リリース、ついにワーナーというメジャー・レーベルへと移籍したR.E.M. 6枚目のアルバムです。高校生の時にふと耳にしたこのアルバムが僕のR.E.M. 初体験で、マジメに聴いたわけじゃないんですが「お、いいじゃん」と思ったんですよね。その時の印象は、ちょっと凝った作りをした頭の良さそうなバンドロック、みたいな。

 30年以上ぶりにこのアルバムを聴いたところ、記憶していた印象とぜんぜん違っていてビックリ。あれ?こんなに普通なポップ・ロックだったっけ?曲の個性は、ギターにフランジャーをかけていたり、コーダ部分でコーラスが追従になったりとか、本当にちょっとした工夫があるぐらいなもので、シンプルきわまりない普通のポップ・ロックだと思いました。あ、「You Are The Everything」はイギリス民謡調だったりするんで、面白かったです。

 高校生のころは、ちょっとしたところでサウンドに仕掛けがしてあるところに耳を引っ張られて「お?!」と思っただけだったのかな…。詞も面白いと思った記憶がありましたが、今回は仕事をしながらのながら聴きだったもんで、詞はよく分かりませんでした。。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『R.E.M. / Document』

REM_Document.jpg 1987年リリース、アメリカのロックバンドR.E.M. 5枚目のアルバムで、これがインディーズ・レーベルからの最終作となったそうです。

 ファースト・アルバム「マーマー」に比べると曲の個性出ていて、バンド・アレンジで曲ごとの聴かせどころをはっきりさせていました。たとえば、ベースのリフを前面に出す曲とか、ドラムのリズムフィギュアが個性的な曲…みたいな感じ。全体の印象はバンド・ポップ。単純に、80年代的なサウンド・アレンジがおいしい音楽と思いました。音楽はこじんまりとしてましたけど、学生が勉強をしながらラジオで音楽を聴くなら、これぐらいが気持ちいいかも。耳障りがすごく良いポップ・ロックでした。

 ここからしばらくのR.E.M. のアルバムは作風が似ていて、僕的にはR.E.M. と言えばこのへんの音楽です。真面目に聴いた事はまったく無いんですが、学生時代にちょっとだけ一緒にバンドをやったドラマーのH君がこのバンドを好きだったんですよね。彼、英語教師になろうと頑張ってたけど、教師になれたのかな…。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『R.E.M. / Murmur』

REM_Murmur.jpg 1983年発表、ソニック・ユースと並んでオルタナティブ・ロックの勃興期の代表的なバンドと言われているR.E.M. のデビュー・アルバムです。バンド結成はアメリカのジョージア州で、このレコードはインディーズからリリースされたものだそうな。僕はR.E.M. の80年代後半のアルバムを聴いて「いいじゃん!」と思って、遡る形どこのアルバムを聴きました。

 このアルバム、インディーズからのリリースながら、「Rolling Stone」誌の83年のベスト・アルバムに選ばれたんだそうです。ところがいざ聴いてみると、シンプルなバンド形式で演奏されるフォーク・ロック。曲にもまるで特徴がなく、「なんでこれが賞を取るんだ?」としか思えませんでした。好き嫌いはまた別として、音楽的にはソニック・ユースの方がよほど尖っているし個性もあったと思ってしまいました。

 でも、これが「オルタナ」と呼ばれるんだから、きっと詞が面白いんでしょうね。というのはまったくの推測ですが、たしかに80年代後半に聴いたR.E.M. のアルバムは詞が面白いと思ったんですよね。おしまい。


02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS