FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『RACER X / Technical Difficulties』

RACER X Technical Difficulties ポール・ギルバート擁するレーサーXが復活した時のアルバム、1999年リリースです。ポール・ギルバートは馬鹿テクベーシストのビリー・シーンも参加していたMR.BIG という普通っぽいロックバンドも作ってましたが、僕はギター弾きまくりのRACER X の方が好きでした(^^)。

 おお~これはMR.BIG と違ってタッピングしまくり、ザクザクとカッティングしまくり、弾きまくり、やっぱりメッチャうまい!ギターだけでなく、ツーバスのドコドコいうドラムもいい!80年代がロックのリアルタイムだった僕には、やっぱりイングウェイ・マルムスティーンやポール・ギルバートは無条件に燃えてしまいます(^^)。イングウェイにはモードを使ったスケールの曲がいくつかあって、メタルでそれをやるとポール・ギルバートが弾いてもイングウェイに聴こえるという新たな発見も(^^)。ホールトーンでインプロヴィゼーションすると色が強すぎて誰がやってもキング・クリムゾンになっちゃうのと似てるのかな…似てないな。。そして、さすが90年代、80年代のひどい録音だったレーサーX のデビュー作と違って、録音がめっちゃくちゃいいです(^^)。

 ただ、解散前のレーサーXに比べると曲調がかなりポップになっていて、それが僕の趣味と少しずれてました。もっとハードにザクザク行ってほしかったという事なのか、やっぱり卒業した音楽という事なのか…。何で僕はこういうポップさにもの足りなさを覚えてしまうのかを考えてみたんですが、こういうポップさって娯楽以上の所に行けないからかも。パッと聴いてどう感じるかだけでやった音楽に聴こえてしまうんですよね。なんで「パッと聴いてよければいい」になるかというと、この疑問自体が「なんでそんなこと考えるの?」と言われてもおかしくないぐらい自明な事になっているのかも。アメリカ社会が持っている享楽志向というか、内容より費用対効果を優先するファーストフード文化というか、15秒のCMや偏向したTVニュースの印象だけでものを判断しちゃうような、自分で考える事すら放棄するようになったアメリカのマインドが現代の資本主義陣営の市民の思考様式に食い込みすぎてしまっていて、それが音楽にまで形となっていて…もうこれはレーサーXの感想じゃないな(^^;)。。あ、最後に書いた事は「だからダメ」というんじゃなくて、ポップを志向するマインドがどこにあるのかを想像してみただけです。ほら、ロシアの文学とか映画とか音楽って対照的で、パッと見はかなり退屈に感じるけど、問い続けてるものが内容そのものみたいな所あるじゃないですか。その逆の価値観なんだな、みたいな。

 技術的にすごくよく出来ているので、このアルバムを若い時に体験できていたら相当に感動出来たんじゃないかと。ロックもここまで来たのかというぐらい、演奏がうまかったっす!

関連記事
スポンサーサイト




Comments
これは聴いてないです 
私はミスタービッグというか、エリック マーティンの歌い方がダメだからミスタービッグはあまり・・・。なので、その後にこのアルバムが出ても全く触手が伸びませんでした。
で、改めてお伝えしておきますが、一度も不快になんてなってませんよ(^^)
例え一番好きな映画「トラック野郎」をけなされても、全く大丈夫です。人それぞれですからね。
私は星桃次郎の真っ直ぐな生き方が好きです。。。って、なんの話だ??(笑)
トラック野郎最高! 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

僕もミスターBIGはイマイチなんです。ヴォーカルというより、音楽が普通のロック過ぎて、もっとメタルに攻めて欲しかったというか。ただ、「コロラド・ブルドッグ」という曲だけは異常に好きです(^^)。
このアルバム、僕も知人から「こんなの出たの、知ってる?」と貸してもらったので、その知人がいなかったら出た事すら知らなかったかも。

一番星桃次郎ですね、僕も大好きです!あれ見て「廃業したらトラックの運転手にでもなれば、仕事中にずっと音楽聴いてられていいなあ」なんて思った事があるぐらいです。
ちなみに、僕にとっての菅原文太最高傑作は『仁義なき戦い』です(~~)。

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS