fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Calypso - The Best Of Trinidad 1912-1952』

Calypso The Best Of Trinidad 1912-1952 トリニダード・トバゴ発祥の音楽カリプソって、元々は支配者イギリスにこの地に連れてこられた奴隷黒人が、お互いの言葉が分からないために音楽でコミュニケーションを取ったのが始まりだそうです。それが時事ネタを歌うニュース的なものとなっていき、その中から自分たちを働かせて搾取しまくる支配者を攻撃する政治風刺の歌が出てきて大人気に。カリプソの黄金時代は最初の録音が行われた1910年代らしいですが、これはそんなカリプソ黄金時代から50年代あたりまでの3枚組オムニバスCDです。こんなの音楽ファンなら絶対買っちゃいますよね。。

 ディスク1は1912~29年までの録音。歌もの3にインスト音楽2ぐらいの割合。楽器編成はヴォーカル、ギター(たまにバンジョー?)、ヴァイオリン、ピアノあたりのバンド編成が定番のようで(もしかするとベースもいるかもだけど録音が悪くてよく分からない^^;)、インストになるとこういったバンドのフロントに弦が数本に合いの手を入れるクラリネットなどの管楽器が入るバンドが多かったです。詞は英語部分多し…なるほど、トリニダードは支配国がスペインじゃなくてイギリスだったからそうなんですね。コーラス部分に英語じゃないものがたまに出てくるんですが、これって元のアフリカの言語なのかな、それともスペイン語なのかな。。
 音楽は長調のハートウォーミングでリラックスした音楽と、短調の切なげな音楽が半々ぐらい。長調系の曲の心地良さは饒舌に尽くしがたいほど!古いキューバ音楽もそうですが、中米の島々の音楽の心地よさと言ったらなかったです。短調系はブルースに通じるものがあるものの、違うのはビート・ミュージックである事で、そういう意味ではむしろタンゴに近いかも。あと、打楽器だけでみんなで合唱するアフリカの土着宗教音楽的なものも入ってました。
 馬鹿に出来ないのが作曲法や演奏のレベルで、曲中で同主調転調する曲までありました。これ、イギリス側の音楽教師がいたバンドもあるんじゃないかなあ。ゴスペルやブルースみたいなリアル・ブラックだけが西洋音楽を参考に作り出した音楽って、演奏技術は凄いけど、作曲法はシンプルだったりするじゃないですか。でもカリブ海の音楽はこういう所が高度だと思います。そうそう、ピアノ演奏もレベルが高くて驚きました。左手でこんな強いバスフレーズを弾きながらメロディを弾くなんて、僕には無理です。

 ディスク2は1930~39年、3は40~52年の録音。音楽は以前のものと同じ感じでしたが、ここからAttillaTigerLord Invader といった僕でも知ってるカリプソニアンの名前が出てきました。マイナー調の割合が増し、マイナー調になるとキューバ音楽に近く聞こえてくる不思議。曲タイトルも「Treasury Scandal」とか「Money Is King」なんて感じになってきたので、このへんから白人支配者批判が増してきたのかも。「Roosvelt In Trinidad」なんて曲もあって、なるほどたしかにニュース的な役割を追っていたんだなあ、みたいな。カリプソは検閲を逃れるために暗喩を用いたりしたなんて言われますが、けっこう直球のものもありました(^^)。

 こんな古い録音が残ってるって凄いです。カリプソは1910年代から50年代まであまり変わってなくて、最初から完成形だったんだなあと感じました。社会が大きく動いた1910-50の日本の歌音楽がすごく変化したことを考えると、トリニダードのこの頃は良くも悪くも社会が固定化されてたのかも知れません。とにかくホッコリして心地よくて、魅力的な音楽でした。カリプソを聴いてみたいと思うなら、僕的おすすめナンバーワンはこのボックスです!
関連記事
スポンサーサイト




Comments
 
カリプソって面白いですよね、と言いつつここ数年はマトモに聞いていませんが、古いカリプソには興味深いモノが多くて、ワタクシもこの手のカリプソの歴史的録音は結構好きだったりします。
このアルバムは持っておりませんが、ワタクシが持っている「カリプソ・パイオニアーズ1912-1937」及び「カリプソ・ブレイカウェイ1927-1941」と同じような内容なんでしょうかね~。アッティラ・ザ・フンが何故か女装しているジャケは、「カリプソ・ブレイカウェイ」と同じ写真が使わていますし。

何にしてもこのアルバム、欲しいです。
これはおすすめ! 
ころんさん、書き込みありがとうございます。遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします!

カリプソ、いいですよね!というか、私は中米のラテン音楽は押しなべてみんな好きです。未分化な所もありますしね。
カリプソの歴史的録音って、どれぐらいあるんでしょうね。
どれもこれも興味あるので、僕はコロンさんが持っている方を聴いてみたいです(^^)。

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS