心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『The Beach Boys / Surfin' USA』

The Beach Boys _SurfinUSA 台風襲来で奇跡のビッグウェーブ、これはサーフィンだな(^^)。というわけで、ビーチ・ボーイズです!!「ビーチボーイズ?ダッせえ…」と思った方、そういわずに最後まで読んでいただけないでしょうかm(_ _)mオネガイシマス。。

 ハードロックのあとジミヘンとかクリームとかクリムゾンとかにぶっ飛んだ中学生のころの僕みたいな人にとっては、ビーチボーイズなんて軟弱の極み(^^)。それでも聴こうと思えたのは、ビートルズあたりの音楽が「あ、古いかんじけどこれはこれでいいな」という体験があったから。それでも「サーフィンUSA」は、キャロルの「ファンキー・モンキー・ベイビー」とかワイルドワンズの「思い出の渚」クラスでダサいと思ってました(^^;)。でも、たまたま聴いていたラジオで、「LONELY SEA」というバラードが掛かったんです。これがメッチャクチャいい曲で、しかも男声コーラスがヤバいぐらいに美しい。フィフティーズっぽかったんですが、ボビー・ヴィントンの「Mr.Lonely」をもしのぐほどの名曲、ティディ・ベアーズの「To Know Him Is To Love Him」とどっちがいいだろうかというほどにしびれてしまいました。誰だこれは…と思ったら、なんと「サーフィンUSA」のイメージだけで馬鹿にしていたビーチボーイズじゃないですか!いや~驚きました。でもって、この曲の入ったアルバムを探したところ…よりによって「サーフィンUSA」に入っていたという次第(^^;)。しかし、これが買ってきて聴いてみると、コーラスがめっちゃ美しかった。ビートルズのコーラスを「メッチャ綺麗だな~」と思っていたのに、ビーチボーイズは2枚も3枚も上。いや~、聴く前はチャカチャカした古くさい軽音楽と勝手に思って食わず嫌いだったんですが、実際はバラードあり見事なコーラスありロックンロールありサーフィンありという多彩なポップ・グループでした(^^)。というわけで、「LONELY SEA」を聴いたことのない方は、ぜひこのアルバムで体験してみて下さい!僕はこれを聴くと、夏の終わりの少し寂しい海の情景がブワッと浮かんで、泣けてきちゃうんです…

関連記事
スポンサーサイト

Comments
No title 
ビーチボーイズ、とても好きですが、アルバムが多いので聴いてないものもたくさんあります。

LONELY SEAですか!
私も聴いてみますね。

ちなみに私はTodayやSunflowerが好きです。
Re: No title 
宮国さん、書き込みありがとうございます!台風、大丈夫でしたか?

しばらく、ビーチボーイズのアルバムについて書こうと思います。次回は、僕が一番好きなアルバムを(^^)!
No title 
台風は、少し逸れてくれたので私のところは大丈夫でした。
宮崎県でも山間部や南部は雨がひどかったみたいです。

一番好きなアルバムですか!
楽しみです。
Re: No title 
ああ、直撃は避けられたんですね、それは良かった(^^)。

僕は、洗濯物が犠牲になったぐらいで助かりました。

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS