FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『カザフの音楽 ステップの風』

Kazafu no Ongaku Sutep no kaze キルギス、ウズベキスタントルクメニスタンタジキスタンの北、ロシアの南に広大に広がる砂漠の国、カザフスタンの音楽です!西はカスピ海に面して、東はモンゴル、北はロシアというわけで、どういう文化の国か、まったく想像がつきません。学校で習った記憶すらないぞ…きっと、習ったけど聴いてなかったんだろうなあ(^^;)。
 カザフスタンは…CDとウィキペディアで情報が違うのですが、CDの解説だとカザフ人36%ロシア人40%(1999年)、Wikiだとカザフ人66%ロシア人20%となっていました…まあいいや。このCDに入っている音楽はカザフ人の音楽で、カザフ人はトルコ語系の言語を話し、イスラム教徒で遊牧民だそうですが、ルックスやファッションはトルコ系というよりモンゴル系でした。まさにトルコとモンゴルの中間という感じなのかも。

 さて、このCDに入っていた音楽は大きく分けて3つ。ドンブラという長竿の撥弦楽器の独奏、ドンブラ伴奏の弾き語り、ゴヴィズという胡弓のような擦弦楽器の独奏でした。カザフでは器楽曲をキュイといい、歌はジル(叙事詩)、アン(歌謡音楽)、オレン(詩)に分かれるんだそうです。プロの音楽家もいるようで、吟遊詩人のように村から村を渡っていくのだそうです。

Kazakhstan_map.gif ドンブラ独奏。CDのジャケットにも写っているドンブラはサズのようなルックスをしていますが、奏法がかなり違いました。2弦なのですが、片方をベース、片方を旋律とリズムを弾き分ける事はせず、ホモフォニー(旋律部と他の声部が同じリズムで動く)で演奏していました。中央アジアの2弦の細棹の撥弦楽器であるドンブラとドタールの差が僕にはわかっていませんが(^^;)、もしかして地域によって呼び名が変わるだけで、同じものなのかも。そうそう、ドンブラのものすごい演奏を聴いたことがあるのですが、それに比べるとこのCDの演奏はあんまりうまくは感じなかった…かな?

 ドンブラ伴奏の弾き語り。女性の弾き語りと男性の弾き語りが入ってましたが、女性弾き語りの方が独奏よりもドンブラの演奏技巧が高度でした。モンゴルもそうでしたが、中央アジアは、男より女の方が歌も楽器もうまい気がします(^^)。そして面白い事に、女性の方が楽器も歌唱もインドやイラン音楽に近いものを感じるのに、男性はモンゴルに近いものを感じました。この差はなんなんだろう。男の方が無骨で、女性の方が高度で繊細な音楽でした。
 ゴヴィズ独奏。擦弦楽器って元々そういうものなのかも知れませんが、キルギスのクル・クヤクも、カザフのゴヴィズもかなりノイズの多い音でした。ゴヴィズはヴィオラとチェロの中間ぐらいの音程に聴こえて、音楽は東欧にあるフィドル音楽に似ていました。ある音階を使って即興的に演奏してる、みたいな。これはかなりプリミティブな音楽でした。

 キルギスとカザフスタンは、こと音楽に関しては、トルコとモンゴルの中間のような文化で、楽器はトルコ、歌はモンゴル寄りの文化という感じでした。楽器の演奏能力は、同族楽器で比較すると、トルコやイランやイラクの方が上かも(^^)。でも、モンゴルと西アジアの中間という音楽の様相が面白かったです。


Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ノルウェー西南部のセーテスダルに伝わるハルダンゲル・フィドル・コレクション Genuine folk music from Norway』

Genuine Folk Music From Norway TopicのCD『Folk Music of Norway』ではハーダンガー・フィドルと書かれていましたが、このCDではハルダンゲル・フィドルなんて訳になってます。というわけで、これもノルウェーのフォークミュージックのCDです。昔、ミュージック東京という会社が、輸入盤に日本語解説と帯をつけて日本で民族音楽のCDを販売していた事がありましたが、僕が買ったのはそれ。

 CDのやたら細かい日本タイトルからするとハルダンゲル・フィドルの演奏だけが入ってるかのようですが、実際には口琴のソロ、無伴奏の民謡、な~んてものも入ってました。ヴァイオリンとの差は共鳴弦を持つ事で、ノルウェーの西南部では今も使われているけど、北東部では普通のヴァイオリンが演奏されてるんだそうです。ハルダンゲル・フィドルは通常4つのフォーク・ダンスの伴奏として演奏されるそうで、その4つとは「ガンガル」「スプリンガル」「ハッリン」「ルッル」というんだそうです。このCDに入ってたのはガンガルみたい。それにしてもダブルストップ上等のこの演奏、間違いなくすごいテクニックだよな。。ちなみに、このCDでフィドルを演奏していた人は3人で、アンドレス・K・リスタード、トルレイヴ・H・ビョルグム、ハルヴァルド・T・ビョルグ。どれもうまくて誰が誰だか分かりませんでしたが、3人ともハルダンゲル・フィドルの名手として現地では恐ろしく有名な人なんだそうです。

 このCD、録音がまるでホール録音みたいに残響がいっぱいで、なんだか隠し録りのブートレグみたい(^^;)。演奏自体がバカテクの連続なのですが、こういう音だと音色表現が分かりづらいと思ってしまう…。クラシックのCDにこういうのって普通にあったりしますが、それって観客の位置から聴こえる音をリアルに再現とか、そういう意味なのかな?


Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Folk Music of Norway』

Folk Music Of Norway 幼いころ、北欧に憧れた事があります。バイキングのアニメや絵本を観たからなんですが、白夜があって、雪と氷の世界で、神話があって、クラーケンが出て…時代もゴチャゴチャ、現実と神話も入り乱れたデタラメなイメージでしたが、そういう世界だと思ってました。中学の時の社会の先生がノルウェーを「ノールウェイ」と発音していまして、その時に、「あ、なるほど、スカンジナビア半島の北側の道のように細い国だから、北の道という意味の国名なのかな」なんて思いました。本当にそうかどうかは分からないですけど。というわけで、これはノルウェーの民俗音楽のCDで、TOPIC原盤。フォークミュージックというタイトルだから、無伴奏の民謡か何かの楽器の弾き語りと思ってたんですが、意外にもインストが多かったです。

 おおお~、これは本当にノルウェー独自のフォークミュージックという感じ、ドイツやオーストリアの音楽とは違った世界観でした!フィンランドやバルト3国のフォークミュージックや、ロシアのある時代のクラシックを聴いても、僕には西ヨーロッパの音楽との差が分からないものが多くて、それぐらいゲルマン文化の影響が強かったという事なんでしょうが、ゲルマン文化は西谷東には広がったけど北には届かなかったのかな?
 東欧や北欧の素朴な民謡という空気感がビシバシあって、舞曲っぽいものがそれなりにあって、でも東欧の民謡に比べるとかなり透明感がありました。この透明感は口ではなんとも説明しにくいですが、クラシックでも北欧ジャズでも、あるいは家具でも、北欧のものって無駄がなくてスッキリしている感じがあるじゃないですか。あんな感じです(どんな感じだ?)。

 いちばん目立ったのはフィドルの演奏でした。この地方のフィドルはハーダンガー・フィドル(現地ではハルディングスフィーレ。その他、他の呼び方もあるみたいなんで、次回のCDの感想文も参考にしてね^^)というものだそうで、アルバムのジャケットに写ってる楽器がそれ。共鳴弦もついてるそうです。16世紀にはすでにあった楽器だそうです。いちばんポピュラーなチューニングはADAE(共鳴弦はDEF#A) だそうですが、これって日本の琵琶もこんな感じじゃなかったでしたっけ?なるほど弦楽器って初期のものになればなるほど基調を大事にする音楽を反映したような構造をしてるんですね。基本的に独奏なんですが、ダブルストップが大前提みたいで、素朴てスッキリしてるのに、実はものすごいテクニックを要するんじゃないかという気がします。
 そして、このCDに入ってる3曲目「Rotnheimsknut」4曲目「Gangar Etter Myllarguten」22曲目「ミラールグルッテンの結婚行進曲」は、グリーグが「スロッテル」作品72で取りあげた曲だそうです。なるほど~!

 一方の歌。歌は基本的に無伴奏の独唱。なるほど、東方正教会やバルト3国の合唱音楽が無伴奏ですが、そういう伝統がヨーロッパの寒い地域にはあるのかな?スウェーデンも無伴奏独唱だったしな。男声も女声もありましたが、ファルセットで歌う女性の歌の透明感がスバらしかった!

 個人的に、音楽としていちばん素晴らしく感じたのは、18~19目の2曲だけ入っていたランゲライクというツィター属の楽器の独奏。フィンランドのカンテレにムチャクチャ感動したばかりですが、これはまさにあの匂い。音が重なって、こんなに美しく鳴り響いてしまうところに音楽の魔術を感じます。これはいい…。

 他には、いかにも村のお祭りのためみたいな、たくさんのフィドルとアコーディオンとギターとコントラバスでの舞曲なんかも入っていて、ノルウェーを雰囲気を満喫できるCDでした。北欧の伝統音楽、素晴らしいっす。これもオススメ!


Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Lockrop & Vallåtar | Ancient Swedish Pastoral Music』

Lockrop and Vallatar _Ancient Swedish Pastoral Music スウェーデンの伝統的な民謡のCDです。もともと1949年から64年までに録音された音源がLPでリリースされていたそうで、CD化の際に95年の民謡際のパフォーマンスが追加収録されたんだそうです。そうそう、アルバムタイトルにも入っている「パストラル」とは、羊飼いが羊の食料を求めて移動しながら生活するそのライフスタイルのことで、クラシック音楽だと、この羊飼いのライフスタイルを描いた曲を「パストラル」と呼ぶことがあります。

 うわあああああ、めっちゃくちゃ幻想的だ、魂が雪の世界に移動しちゃいそう。。無伴奏での独唱、1本だけで幻想的なフレーズを歌う角笛、白樺の樹皮の笛、放牧の呼びかけなど、どれもソロでの演奏で、素朴で透明感があって、これは雪と氷の世界の音楽だと感じました。この音楽を聴いて、「暑い地域の音楽か、寒い地域の音楽か」と訊かれたら、100人が100人とも寒い地域の音楽と答えるでしょう。
 そして、同じ単旋律の歌にしても、白人系のものとイヌイット(それともサーミ人?)のものに分かれているように感じました…完全に僕の想像ですが(^^;)。。透明感あふれる声で奇麗に発生する歌と、喉を鳴らして遊ぶような歌があるんですよね。で、後者は後ろで何となく動物につけているベルみたいなものが鳴っている音がしました。
 そして、まるで10ccの「I’m not in Love」並みの凄い長さのエコーが響いている歌がいくつかあるんですが、これって氷穴かどこかで歌ってるんでしょうか。マジで、最初に跳ね返ってくる音まで1秒ぐらいあるように聴こえるんですが…音速って約340mだから、最短の反射だとして壁まで170mぐらいの空間という事か、凄い。マジで幻想的で背筋ゾクゾクくるんですけど。。

 笛にしても歌にしても基本的に無伴奏の独唱(独奏)でメロディを作る感じなので、現代の分厚い音楽に慣れた人には最初は違和感があるかも知れませんが、10分も聴いているとオーロラや氷壁まで見えてきそうなこの音の虜になるかも…僕はなりました(^^)。。マジで感動した、これはおすすめ!


Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Ritva Koistinen / FROM THE EASTERN LANDS』

Ritva Koistinen FROM THE EASTERN LANDS カンテレ奏者リトヴァ・コイスティネン(ジャケット裏に写ってる写真を見ると、ものすごく品のありそうな女性です^^)による、カンテレの曲を伝承曲から現代の新作まで幅広く取り上げたCDです。レーベルは、フィンランドの音楽ばかりを紹介している「FINLANDIA」。このレーベルってフィンランド政府の援助があるのか、日本盤がけっこう出てます。日本盤のタイトルは「白夜の響き~神秘の楽器カンテレ」。そして…これは鳥肌もの、なんと美しい音楽か!!

 カンテレは、ツィター属(琴みたいなやつ)のフィンランドの民族楽器です。CDで聴く限りではスティール弦が張られていて、ギターみたいにフレットを押さえて演奏するのではなく、ハープみたいにすべてのノートに対応した弦が張ってあります。これを指で演奏するそうなのですが、音がものすごい美しい!両の指を使えるので、ピアノ並みにたくさんの音を同時に使える!こんなすごい楽器がメジャーじゃないって、フィンランドが政治的に風下に立った国だとか、多弦楽器の宿命でプロレベルの演奏をできる人が極端に少ないとか、なんか事情があるのかも。音と音楽だけでいえば驚異の楽器でした。

kantele.png 肝心の音楽は、このCDに入ってる曲は、いかにも民族音楽的な特殊な音階が使われる事も少なく、ちょっともの悲しげなものが多かったです。フィンランドに限らず、北欧の民族音楽って、東欧のものよりも洗練されてる感じがするんですよね。西欧より遠いはずなのに不思議。これが…なんというんでしょうか、シベリウスの音楽なんかもそうですが、何が違うかと言われるとよく分からないんだけど、独特の透明感を醸し出していて、湖だらけのフィンランドの音楽に妙にマッチして聴こえました。厳しい冬の世界ではなくて、ピリッと寒い湖や森の中に妖精が飛び交ってるような。不協和音どころか不完全協和音すら避けるのは、この民族音楽や民族楽器の背景にあるものが、美しさを念頭に置いてるからなのかも。

 修道院や教会関係の音楽でも、近くのバルト3国やウクライナに残っている正教会系の重奏な感じはなくてどこか暖かさを感じます。また、舞曲ですら跳ね飛ぶ楽しさより独特の美しさが際立つ感じ。そして、フィンランド民謡の研究は、フィンランドの多くの作曲家や民謡研究家が発掘してコレクションして来たそうで、残されたそういう曲もいくつか演奏していたのですが、これもまた素晴らしい。
 今って、プロのミュージシャンが一般の人のために書くプロ曲が多いじゃないですか。でも、民謡ってそういうものじゃなくって、普通に過ごしてる人が、生活の余暇の中で、自分たちの楽しみやお祭りやダンスのために作ったものが多くて、「こうすれば他の人が歓ぶんじゃないか」より「こうした方が自分は好きだ」と、あくまで自分の美感を優先させている感じで、音に嘘がないというか、音に変な妥協を感じません。そこが本当に素晴らしいと感じるんですよね。しかもフィンランドのカンテレの場合、これがプロ顔負けの超高度な楽器なので、そのへんの英米ポップスでは足元にも及ばないほど曲も演奏も高度でした。これはゾッとするほど美しく、演奏も見事な音楽でした。う~ん素晴らしい。。


02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS