『Muddy Waters / At Newport 1960』

Muddy Waters At Newport 1960 チャック・ベリーの陰に隠れて、ブルースハープ奏者のジェームス・コットンさんも他界していました(;_;)。ハーモニカ音楽が大好きな僕ですが、ブルースハープ奏者はけっこう好みが分かれます。白人ではフーやビートルズみたいな「ついで」の人は、オカズとしては雰囲気あるけどハーモニカってこんなもんじゃない…という意味でイマイチ。でもポール・バタフィールドみたいな「マジ」の人の演奏は大好き!両者のレベルって大人と子供ぐらいに違うので、ホンモノのブルースハープをはじめてきいた時にはビビりました。本職の黒人ブルースのばあいヘタな人はまずいないんですが、サニーボーイはどっちも苦手(上手い下手じゃなくって、明るめで軽い音楽を好む所が肌に合わない;_;)、でもリトル・ウォルターは「ブオ~~~ン」ってものすごいブロウの仕方をして死ぬほどカッコいい!そしてジェイムズ・コットンは…思いっきりリトル・ウォルター系、めっちゃ好きでした。
 僕にとってのジェームス・コットンは、とにかくマディ・ウォーターズのバンドに参加していたとき。リトル・ウォルターもそうですが、マディ・ウォーターズのエレクトリックバンドはハーモニカ奏者が絶品なんですよね。そして、ジェイムズ・コットン参加のマディー・ウォーターズのアルバムといえばこれ。1960年のライブアルバム、めっちゃ有名な1枚ですが、ヴォーカルのオブリを取るジェイムズ・コットンのブルースハープがとにかく目立ちます。1曲目のスロー・ブルース「I Got My Brand On You」からして、コットンのブルースハープ全開!!戦前のアコースティック・ブルースが大好きな僕にとって、エレクトリックなバンド・ブルースはあんまりツボじゃないんですが、ジェームズ・コットン参加時のマディ・ウォーターズのバンドは別。エレクトリック期のマディ・ウォーターズのアルバムでは、これが一番好きで、それってピアノとブルースハープによるところが大きいんじゃないかと。
 ちなみにこのバンド、メンバーは… Muddy Wataers (vo, guitar), Otis Spann (piano), Pat Hare (guitar), James Cotton (harmonica), Andrew Stevens (bass), Francis Clay (drums)。有名人ばかりですね…というか、マディ・ウォーターズのバンドに参加したから有名なのか(^^)。僕自身がそうだったのですが、バンドブルースって、古臭い、単純、つまらない、ワンパターン…と感じる人が少なくないと思うんですが、当たりを引くとマジでハマります。落語やモノクロ映画みたいなもんで、一見地味だけど実は深い世界。このレコードは、個人的にはバンドブルースの中では大推薦の1枚。そして…ジェームズ・コットンさん、若い頃の僕に、やさぐれたカッコいいブルースを聴かせてウキウキさせてくれてありがとう。ご冥福をお祈りしますm(_ _)m。。


スポンサーサイト

『Hop Wilson / Houston Ghetto Blues』

HopWilson_HoustonGhetto.jpg 日本にPヴァインというインディー系のレーベルがありまして、昔ここはブルースのレコードばかり出してました。しかも、アメリカですら出されないような発掘音源とか廃盤レコードも出すほどのマニアックぶり。ネットの普及していない80年代、アメリカ本国ですら手に入らないタイトルの宝庫なものだから、ブルース好きのアメリカ人は日本に来たがった人も多かったそうです。ZZトップなんて、来日時にPヴァインのレコードを大量に買い込んでいったそうで。

 Pヴァインのレコードの中でも、「これは聴いてみたい」と痛切に思ったのがこれ。もともとはテキサスにあったアイヴォリーというレーベルから出たレコードに、完全テイクや未発表テイクを加えてリリースされたものです。僕がどこに喰いついたかというと、まずは、このホップ・ウイルソンという人の演奏スタイル。ジャケットから想像するに、ブルースなのに、平置きにしたスティール・ギターをボトルネック奏法で演奏していたのです。普通のギターをボトルネックで演奏するブルースは聴いていたのですが、こういうハワイアンみたいなスタイルは見た事が無かったので興味津々。もうひとつは、レコードのタイトルとキャッチコピー。アルバムタイトルの「ヒューストン・ゲットーのブルース」、これにヤラれました。ブルースといえばまずは南部だと思うんですが、僕のイメージでは泥道、遮断機のない踏切、古い南部の木造りの酒場とか、そういうイメージ。そして、レコードの帯に書いてあったコピーが凄かった。「ブルース史上、最もブルーな凍りつくブルースを歌ったひとり」「怒りと悲痛さが見え隠れするスティール・ギター」。う~ん、ブルース好きなら、ここまで書かれたら聴くしかないじゃないですか!
 1曲目は"Black Cat Bone" か、たしかヴードゥーや南部では、猫の骨を呪いに使うんだよな。そんなかんじでワクワクしながら針を落とすと…うわあ、陽気なバンドブルースが次々出てきた_| ̄|○。勝手にしゃがれた渋いうなり声を想像していた僕は、ちょっとがっかり。そりゃそうですよね、「もっとも凍てつくブルース」と書いてあったのに、どう聴いてもご陽気なアップテンポのブルース・セッションが出てくるんだから…。スライド・スティール・ギターも、言われなければ普通のギターのスライドと見分けがつかないようなサウンドで、肩透かしを食った気分(;_;)。
 でも、気を持ち直して好意的に捉えると、レコードB面は、たしかにヘヴィー系のバンド・ブルースとして、けっこうカッコよかった曲が入ってました。"I Done Got Over" はスローブルースで、ブルース独特のフワーッとした憂鬱さがいい感じ。いちばん良かったのは、ふたつのテイクが入っていたピアノ入りのスローブルース"Merry Christmas Darling" 、これはいい!グッときました。ただしテイク2はホップ・ウイルソンのソロに入ったところでフェードアウト(^^;)…途中で誰かが落ちちゃったのかな?そうそう、このレコードの編成はスライドギター、ギター、ピアノ、ベース、ドラムです。そして、スローブルースはどれもピアノが素晴らしい!!ピアノブルースって、悲しいようなすがすがしいような独特の味わいがあって、ツボに入るとたまらんです(^^)。
 というわけで、「ブルース史上、最もブルーな凍りつくブルース」とか、そういう言葉に踊らされると肩透かしを食うかも。でも、「アップもあればスローもあるヒューストンのゲットーのバーで演奏されていたバンドブルースを聴いてみたい」ぐらいの感じで捉えれば、いいレコードかも(o^ー^o)b。。


『Mississippi John Hurt / Avalon Blues -Complete 1928 Okeh Recordings-』

Misissippi John Hurt Avalon ミシシッピ・ジョン・ハートさんにハマってしまって、最近アマゾンでポチッてしまったのが、このCD(^^;)。それにしてもアメリカの古いブルースの録音ってすごいですね、1928年の録音なんて、第2次どころか第1次世界大戦の方が近いじゃないですか。しかもそんなに古い録音なのに、このCDは音がいいです。パチパチという音があまり入ってません(入ってるけど)。昔買った戦前のブルースのレコードの中には、音楽よりもパチパチというノイズの方が大きくて、音楽がぜんぜん聴こえなかったものがありました。

 そして音楽ですが、60年代以降のジョン・ハートさんの音楽がむっちゃくちゃレイドバックしたムードなのに対して、若い頃のこの録音はかなりテクニカル。けっこうアップテンポで、「ズン・チャ・ズン・チャ」というリズムを刻みながら旋律も同時演奏します。いや~、すごいなあ。ゆったり演奏するんじゃなくってテンポよくガシガシ行って、けっこうテクニカルな所を見せに行く所は、なるほどプロのブルースマンという感じ。戦前のブルースって、フォークロアではなくて、酒場で聴かせるプロミュージシャンの音楽なので、けっこうテクニシャンが多いんですよね。まさにそれです。う~ん、これだけ歌もギターもうまければ、今でも通用するんじゃないでしょうか。アメリカのこういう音楽って、100年近くたった今と、あんまり変わらないんですね。あと、言葉も今とあんまり変わってないのはちょっとした驚きでした。

 1920年代のアメリカというとジャズエイジのイメージでしたが、ミシシッピのような黒人奴隷労働者が数多く働いていた農場では、こういう音楽が普通だったのかも。100年近くまえのアメリカ南部にタイムスリップできるこのCD、すごく良かったです!実は、正月明けにちょっと落ち込む事件があって、しばらく気分が晴れなかったのですが、ジョン・ハートさんの音楽をいっぱい聴いていたら、癒されてしまいました。元気が出てきた、これは本当に感謝です(^^)。


『Mississippi John Hurt / The Immortal』

Mississippi John Hurt The Immortal ひとつ前の記事で、ミシシッピ・ジョン・ハートさんの『TODAY!』というアルバムを30年ぶりぐらいに聴いたと書きましたが、なんでそこに手が伸びたかというと、あまり行った事のない出先の町に中古レコード屋さんがありまして、そこでこのレコードを買ったから。「あ、なんか良さそうだな」と思って買ったんです、ジョン・ハートさんのCDを別に持っていた事なんか、思いっきり忘れていて。それで、ブルースを期待しまくって聴いてみたら、思いっきりフォークっぽい。それで、「あ、この人か!」と思い出したというわけです(^^)。それで、このレコードをターンテーブルに載せて聴いてみたら…メッチャよかった!!レイドバックとはこの事、心の傷なんて、こういう音楽を聴いていたらあっという間に癒えてしまいます。。

 アルバムによって違う事をやるような音楽ではないので、この人の音楽を聴きたいのであれば、とりあえず1枚あればいいんじゃないかと思います。って、僕は2枚しか聴いてないんですが(゚∀゚*)エヘヘ。そんでもって、もし他の人に「TODAY!」とこっちのどちらかを推薦するとしたら、僕ならこちらです。こっちの方がレイドバック度が強くって、「ギターうまいなあ、ゆったりしてるなあ、フォークギターっていいなあ」と思ってしまいました。若い頃は退屈に感じてあんなに苦手だったアメリカン・ルーツ・ミュージックですが、40歳を過ぎたあたりから心に染みてたまりません。心を落ちつかせたい時、嫌な事があってやるせない気持ちになった時など、「今の俺には癒しが必要だ!」という方は、ぜひ!!最高のレイドバック・ミュージックです!!


『Mississippi John Hurt / Today!』

mississippi john hurt today ひとつ前の日記で紹介したエリザベス・コットンさんみたいに、アメリカ黒人のギター弾き語りなのでブルースといわれる事もあるんだけど、 実際には白人のカントリーミュージックみたいなアルベジオ主体のアコースティック・ギター音楽です。ミシシッピ・ジョン・ハートさんです。このレコード、僕は若い頃にはすっごくつまらなくって、それでも貧乏なのに買ったもんだから何度も何度も繰り返し聴いて良さを分かろうとして、それでもダメだったという、僕にとってはいわくつきのCDです。そしてこの前、30年ぶりぐらいに聴いたら…よかった(^^;)!!いや~、売らずに取っておいてよかったです。。

 このレコード、ヴァンガードというアメリカのフォーク系のレーベルから出た一枚で、フォークリバイバルの波に乗って、久々にジョン・ハートさんに注目が集まった時に出されたみたい。レーベルの色そのままの内容で、ブルースというイメージとは全然違って、すごく落ち着いていて、心地よいギター弾き語りのアメリカン・ルーツ・ミュージック的なフォーク。エリザベス・コットンさんみたいな超絶なギターじゃないけど、歌はジョン・ハートさんのほうがいいなあ。歌も叫んだり張ったりする事がなくって、すごく落ち着いていて気持ちいい。。牧歌的、レイドバック、リラックス系。あと、詞も飾ってなくっていいです。歌って、やっぱり舞台や商売のために言葉の上っ面ばかり体裁を整えたものじゃなくって、洗練されてなくても大した話題じゃなくっても、人が本当に考えたり思ったりしたと思えるようなことを歌ってくれる方が心に響くなあ。
 でも、なんで若い頃の僕が、これを良いと感じなかったのかも、なんとなくわかります。当時はブルースにハマっていたので、ブルースのあのアクの強さを求めてしまっていたんでしょうね。ジョン・リー・フッカーの唸り声&ガツガツ刻むギターとか、ライトニン・ホプキンスの酒やけした声&独特のタメとか、ハウリン・ウルフのだみ声とか。そういう強烈さといぶし銀の混じったようなブルースを期待して買ったものだから、このあまりにも牧歌的な音楽に「これはブルースじゃない!」と思っちゃったんでしょう、きっと。あと、まだ英語がよく分からなかったのも痛かったかも。ほら、ウディ・ガスリーとかもそうですけど、フォークって、詞が分からないと魅力半減じゃないですか。そんなわけで、ブルースと思って聴くと外すかもしれませんが、牧歌的なアメリカン・ルーツミュージックと思って聴くと、とつぜん魅力ある1枚に感じるんじゃないかと(^^)。


プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド