FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『炸裂の音曼荼羅 ~チベット仏教の音楽』

Sakuretu no Otomandara ChibettoBukkyou no Ongaku チベットの仏教音楽は、前に色々と日記を書いた事があるぐらいに好きで、中古盤屋で見かけると間違いなく買ってしまうのです(^^;)。これは最近ゲットしたチベット仏教のCD。日本のキングレコードが1990年に制作したもので、日本のキングレコード第1スタジオでの録音。あ、そうそう、チベット仏教ってブータンネパールにもあったかと思うんですが、このCDに入っていたのは中国のチベット自治区にあるナムギュル学堂という寺院の僧侶によるものでした。

 それがいい事なのかどうかは聴き方次第でしょうが、さすがにスタジオ録音だと音が良いです!楽器ひとつひとつの音が明瞭だし、また低音の鳴りぐらいが現地録音とは比較になりません。チベット仏教の音楽って、トゥン・チェン dung chen という長低音の出るムチャクチャ大きい長官ラッパを吹くんですが、これが「ブオオオオオオ~ン!!」って感じの超重低音で強烈なんです。それだけに、重低音を見事に録音したこのCDの価値は大きいぞ!僕がいままで聴いたチベット仏教の読経の録音では、間違いなくナンバーワンのハイファイ録音です。

 そしてこのCD、「ヴァジュラバハイラヴァ成就降魔」という読経を収録してるんですが、CD1枚で1トラック、45分ノンストップです。もしかすると、この儀礼をフル収録したのかな…。でもって、これが今までに聴いてきたチベット仏教のちょっと違って感じました。
最初は僧侶みんなで読経。それがある程度続いたところで、銅鑼やトゥン・チェンが一斉に鳴り響いて突然の爆裂音!これが消えたと思ったら、余韻のうしろではさっきの読経が続いてた!こういうのを繰り返しているうちに、いつの間にか読経のうしろで低音の聴いた太鼓の伴奏がついていて、まるで魔を払うように鈴(金剛鈴ティルブ)がかすかに鳴り、そしてまた銅鑼やらトゥン・チェンの波状攻撃が!!つまりですね…こういう言い方が正しいかどうか分かりませんが、まるでバリのケチャやガムランみたいなコロトミー構造なんですよ。日本の読経だと、最初から最後までモニョモニョと詠まれて終わり、みたいな感じがあるじゃないですか。でもこれは緩急自在、静かに読まれたと思ったらドッカーン、波状攻撃が来たと思ったら一斉に引いてメゾピアノ…みたいな感じで、意識を反らしてるなんて暇がありませんでした。そしてこれをえんえん繰り返されると、意識がはっきりしたままトランス状態に入ってしまうぞ…。

 音や音楽の事ばかり書いてしまいましたが、「ヴァジュラバハイラヴァ成就降魔」というのは、徳の高いラマに従って曼荼羅世界を瞑想して、ヴァジュラバハイラヴァに生まれ変わっていくという儀式みたいです。ヴァジュラバハイラヴァが何かはよく分かりませんが、解脱の境地の擬人化みたいなものなのかな?チベット仏教のCDって当たりはずれが結構ありますが、これは大当たり。個人的にはチベット仏教レコードの1位です。いやあ、すごかった。。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Tibetan Buddhist Rites From The Monasteries of Bhutan Vol 2 / Sacred Dances and Rituals』

Tibetan Buddhist Rites From The Monasteries of Bhutan Vol2  ジョン・リーヴィーによるブータンのフィールド録音シリーズの第2弾です!70年代初頭の録音なので、今みたいにポータブルで高性能な録音機材があるわけではなかったと思うので、録音も決して楽じゃなかったんじゃないかなあ。テープだって多分オープンリールのものを持ち運んでいたんでしょうし。1972年のブータンの仏教音楽のフィールドレコーディングが残っているというだけでも、貴重な文化遺産なんじゃないかと。

 サブタイトルから想像して、チベットの儀礼音楽ではじめて舞踊系という、これまでと違ったタイプのものを聴けるのかと思って買ったんですが、意外とチベット仏教のマントラ軽音楽と変わらなかった(^^;)。でも他のチベット仏教系の録音に比べるとそうとうに音楽が全面に来ているものでした。日本だと、京都の祇園祭で独特な管楽器と打楽器を鳴らしながら山車がゆっくりと行進するじゃないですか、あれをブータン風にしたように感じました。

 なんで僕はブータンやチベット仏教の音楽にこんなに魅かれるんでしょうか。世界でも例を見ないほどの瞑想音楽という所もあるんでしょうし、昔に原始仏教の本を読んで猛烈に感動した事があって、その影響もあるのかも知れません。原始仏教の本、いつか感想を書きたいと思いますが、残りの人生で読み返している暇が果たしてるかどうか(^^;)。人生ってちょと短すぎますよね、人の一生が2000年ぐらいあってくれればいいのになあ…そういう考えをしている時点で、僕は仏教を理解できてないですね(゚∀゚*)エヘヘ。


Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Tibetan Buddhist Rites From The Monasteries Of Bhutan Vol.1 / Rituals of the Drukpa Order』

Tibetan Buddhist Rites From The Monasteries Of Bhutan Vol1 ネパールに続いて、ヒマラヤ山脈沿いにある国ブータンの音楽を!音楽だけで判断すると、ネパールはインド文化圏という感じでしたが、ブータンは仏教文化圏と感じました。この録音は、世界中でフィールドレコーディングを続けたJohn Levy というイギリス人の学者さんが1972年にブータン現地で録音したものの第1集です。

 これは思いっきりチベット仏教の音楽でした。チベットの仏教音楽については前に何回か感想を書きましたが、寺院によってけっこう違うんですよね。まあ、日本の読経が宗派によってかなり違う事を考えれば、それが自然なのかも知れません。日本のビクターのフィールド録音だと、ほとんどが読経でここ一番で重低音ホルンが「ブオ~ッ!!!」ときていたのに対して、これは重低音ホルンよりもその上で鳴っているとチャルメラ上の楽器の合奏が利きまくっていて、読経はのべつまくなしというわけではありませんでした。それだけに瞑想系ながらとても変化に富んでいて、僕が聴いてきたチベット仏教の音楽の中ではいちばん音楽的なものだったかも。そして読経部分は長い経文ではなく、同じ言葉を繰り返すマントラのよう。いやあ、これはカッコいい。。

 それにしてもチベット仏教の音楽のトランス具合はやばいです、これぞ瞑想音楽、聴いているだけでトリップしてしまいそうでした(^^;)。


Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Bharat Nepali Party / Himalaya Roots: Traditional Music of Nepal』

Himalaya Roots Traditional Music of Nepal これもネパールの伝統音楽のCDです。いやあ、これは民族音楽を聴かない人もぜひ聴いて欲しい素晴らしい音楽、シンセで作ったインチキじゃない、本物のヒーリングミュージック体験でした!

 楽器自体はインド音楽でした。タブラがリズムを刻んで、その上でナイみたいな管楽器と擦弦楽器(サーランギー)がメロディとドローンを奏でるというのもインド古典音楽に似ています。でも、この音楽はインド音楽みたいに大きく展開したり劇的構造を取るわけでなく、ず~っとたゆたうように同じ所をゆったりと動いている感じ。こうなるとドローンがじわじわと効いてきて、なんかトリップしちゃいそう。なんというか…ボリビアのフォルクローレなんかもそうでしたが、森林限界を越えた酸素の薄い高地で、鳥だけが飛んでいて、その中を余韻の長い音だけがず~っと鳴っているような心地よさでした。これは最高に気持ちいいです(¯﹃¯*)ヨダレダラー。。

 ネパールは中国やブータンに文化が近い国だと思ってたんですが、少なくとも音楽はインド系。同じ所をぐるぐる回る構造は仏教音楽的とも感じたので、宗教だけでなく音楽もシンクレディズムを起こしている地域なのかも知れません。これは最高のヒーリング・ミュージック、推薦!


Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ネパールの古典音楽 (世界民族音楽大集成21)』

Nepal no KotenOngaku_21 ヒマラヤ山脈沿いの国といえばネパールブータン!ヒマラヤはいちど登ってみたいですが無理でしょうね、今年もたくさん死んだらしいし…。これは現地録音ではなく日本のキングレコードの第1スタジオで録音したものとの事でした。収録されていたのは、サロードの演奏が2曲とシタールとサロードのデュオ。CDのタイトルには「サロード独奏」なんてクレジットされてましたが、どっちもタブラの伴奏が入ってるんですがそれは(^^;)。。

 楽器からしてすでにそうでしたが、北インドのヒンドゥスターニ音楽の系統でした。ネパールって仏教とヒンズー教とその他宗教が混在してると聞きましたが、ここに入ってた音楽はヒンズー文化系統という事かな?それにしても、ものすごくゆったりと演奏するサロードの美しさったらありません!1曲目はネパール民謡を演奏していて、2曲目はキールワーニーというラーガを用いてのの演奏。インドのサーロード演奏のテクニカルさに対し、ネパールのものは宮廷音楽のような優雅さでした。いやあ、このサロード演奏を聴くだけでも、このCDは買いです!めっちゃいい!!

Nepar_photo.jpg シタールとサロードの演奏も、めっちゃくちゃ心地いい!!これは共演というより、交互に演奏してました。使ってるラーガはアヒール・バイラブというもので、30分近い演奏はアーラープ/ジョール/ジャーラー/ヴィランビット・ティーンタール/ドゥルット・ティーンタール、という順。いやあ、インド音楽のCDって長い演奏抜粋してしまうものも多いので、こうやってフル収録してくれるのは嬉しいです(^^)。

 ネパールってもっと村の民謡みたいなのしか残ってない地域なのかと思ったら、インドから高度な音楽文化を吸収してるんですね。これはメチャクチャ良かった、超おススメです…といっても、今は世界民族音楽大集成のディスクって手に入れにくいんですよね、昔は中古盤屋でけっこう安く入手できたんですが(゚ω゚*)。


01 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS