『ペルシア絶唱 イスラム神秘主義の歌声 CLASSICAL VOCAL ART OF PERSIA』

PersiZesshou.jpg ペルシャは現在イランと呼ばれてます。ペルシャは西洋から見た呼び方であって(日本をジャパンと呼ぶようなもの?)、欧米と犬猿の仲になったペルシャはそれに反発して国名を自国での呼び方であるイランに代えた歴史があるみたい。そして、ペルシャといえば魔法のじゅうたん・・・じゃなくって詩。オマル・ハイヤームの「ルバイヤート」なんかもペルシャです。詩をリスペクトする傾向は音楽にもあって、ペルシャの古典芸術音楽(インドもそうですが、世俗音楽と芸術音楽は明確に区別されてる)では、ルーミーやハーフェズといったイスラム教の神秘主義系の古典詩が使われる事が多いそうです。このCDもそうした流れにあるペルシャの古典芸術音楽です。ペルシャの芸術音楽はアーヴァーズ(avaz)という即興的でルバート的な部分と、タスニーフ(tasnif)という作曲されたインテンポな部分で構成される事が多くて、これが同じコーラスをくりかえすアメリカンソング形式に慣れてしまった僕みたいな軟弱者からすると、要所要所はスケールとか定型フレーズとかを使うという意味でジャズ的なアイデアで演奏されるけど、形式はまさに芸術音楽。最初があってドラマがあって最後にたどり着くという、壮大な音楽を聴く事が出来ます(^^)。

 まず、聴いてびっくりするのは、女性ヴォーカルがヨーデルみたいに地声と裏声を高速で切り替える歌唱。これ、ペルシャ音楽ではタハリール(tahrir)というテクニックらしいんですが、僕はヨーデルは聴いてて笑っちゃうんですが(^^;)、ペルシャの声楽によく出てくるこれはすごい。あと、ペルシャの音楽って芸術音楽系とそれ以外でレベルがけっこう違うんですが、芸術音楽系は楽器演奏者のレベルが高いです。このCDは歌重視の感じですが、それでも楽器演奏の妙はかなり堪能できます。あと、ペルシャ音楽やインド音楽は7音音階が多いので、実はけっこう西洋音楽に似てます。違うのは、モードだったり転調感のさじ加減。

 1曲目は西洋でいえばハ長調ですが、途中の転調パートではH音をフラットさせてBとなっていて(実際には1/4かも?)、これがすごくペルシャっぽくてゾクッと来ます。そして、この手の仕掛けがいろいろあった後にインテンポのタスニーフになった時の快感といったらないです。1曲目は、イントロ→アーヴァーズ→タスニーフという単純な構造ですが、それだけで見事なドラマ。
 2曲目はネイ(篠笛みたいな管楽器)大フューチャーの、メフレヴィー教団の開祖ルーミー(イランではモウラヴィー)の曲。メフレヴィー教団というのは、音楽に合わせて踊りながら無意識の境地に入っていって神と合一するという教団です。スケールは、微分音程を無視して言えばFのナチュラルマイナーかな?これも、アーヴァーズ→タスニーフという順ですが、実際の宗教儀式ではなくって日本での公演という事もあってか、長時間で狂ったようになる前にコンパクトにまとめてます。
 3曲目はいきなり歌入りのタスニーフからで「おお、こういうのもあるのか!」と思ったんですが、解説を読むと、編集でタスニーフ部分だけを取り出しただけみたい(^^;)。。でも、よく聞くと5拍子じゃないですか。ゆったりしてるから気づかなかったよ。さすが芸術音楽だけあって、色々な所に工夫があるなあ。
 4曲目はインストのタスニーフから始まり、以降はアーヴァーズとタスニーフが交互に出てくる感じ。詩はハーフェズという14世紀のペルシャの有名な詩人の詩で、形式はガザル(5詩句から10詩句が一般的)という形式。昔、カッワーリーというペルシャの歌曲のCDを紹介した事がありましたが、そこで使われる事が多い形式でもあります。この曲、スケールがめっちゃエキゾチックで、いかにも中東(^^)。西洋的なスケール名がハマらないんですが、しいていえばコンビネーション・オブ・ディミニッシュドに近いのかな?解説書に書いてあるのとは違いますが、聴いた感じだとG・A♭・B♭・C♭・D♭・E♭・・・みたいな。いや~、これはメッチャクチャ芸術的だわ、すばらしい。

 というわけで、ペルシャ古典芸術音楽というと、もっとハードな演奏のものもけっこうあるんですが、このCDは詩に注目して、ゆったりした感じの演奏や曲のものでした。これは日本の民俗音楽研究の権威だった小泉文夫さんがディレクターを務めたビクターのワールドミュージックシリーズの1枚ですが、小泉さんの意図かな?イラン芸術音楽の歌音楽をフルで収録したというより、いい所取りのガイドCDみたいな感じですが、かなりゾクッと来るCDでした(^^)。あ、あと、日本録音という事で、録音がメッチャクチャよかったです。。


スポンサーサイト

『チベット密教 聲明の驚愕』

Buddhist Chant2 チベット密教の音楽ばかり紹介するマニアックなブログになってきました(^^;)。でもチベット密教の声明のとんでもない男声低音はいつきいてもすごい…。西洋の声楽の男声最低音よりさらに5度低いんだそうで、もう人間の声とはおもえない、洞窟のなかを風が通ったかのような音。そして、ぼくがチベット密教の声明のレコードでいちばんすごいと思うのが、これ!いくつか前の記事で紹介した「音楽の原理」という本のなかで、チベットの音楽としてこれが紹介されていて、我慢できずにアマゾンでポチッとやってしまったというわけです(^^;)。あの本のせいで、ボクのワールドミュージック熱が再燃してしまいそうっす。。現地録音ですが日本のJVC制作、音のクオリティがハンパない!ほかの音楽ではきく事が出来ないぐらいの超低音なので、まるでオーディオの性能が試されてるみたい(^^)。いや~日本の技術ってやっぱりすごいんだなあ。

 これは1989年の録音で、ギュートゥ僧院であるナムギャル寺院の声明。チベットでは「声と言えばギュートゥ」だそうで、ナムギャル寺院はダラムサーラという地にあって、ダラムサーラというのはダライ・ラマ14世が中国から亡命して亡命政権をつくった場所。というわけで、ひとつ前の観光客のおみやげCDみたいなインチキでない、ほんもののチベット密教の声明をきくことができます。呪文のような文言が続く超低音の斉唱が17分近く続いたところで、いきなり全員で半音あがった瞬間は鳥肌が立ちました。。ふたつ前の日記で紹介したCDと比べると、こっちの方が楽器がすくないです。金属打楽器もいますがほとんど出てきません。いきなり低音のホルンみたいな楽器がブオ~~って鳴って、打楽器がドカドカと鳴らされるのは、CDが始まってから20分以上経過したところ。なんでこんな低音で斉唱するのかとか、楽器が途中ではいってきてまたしても低音でブオ~っていったりするのとか、なんか意味があるんでしょうけど、そのへんはCDの解説にも書いてませんでした。

 ラテンにせよ欧米にせよ、西洋系の音楽ばかり聴いていると、あれだけが音楽だと思い始めてしまう自分がいますが、西洋音楽の影響がすくない音楽を聴くと、「うわあ・・・」とうならされてしまいます。これも強烈な音楽、大推薦ですので、未体験の方はぜひ!

『Tibetan Incantations』

Tibetan Incantations 続いて、チベットがらみのCD。こちらは前のCDとは反対に、思いっきりイタい目を見たやつです。CDのタイトルは「チベットの呪文」、そしてこのCDのジャケット。この人、ダライ・ラマ14世ですよね?僕はこのふたつに思いっきりだまされました(=_=)。いや~、左上の文字デザインを見て「リアルな民族音楽や宗教音楽じゃなくって、スタジオで作った安っぽいおみやげCDっぽいな」というところまで見抜かないといけなかった。。

 このCD、「チベットの呪文」というタイトルです。BGMに乗って、たしかに同じマントラが繰り返し歌われてます。そういう意味で「チベットの呪文」はウソじゃない。でも・・・音楽が、思いっきり中国の漢人音楽です。しかも、中国音楽と西洋の軽音楽がフュージョンして出来たライトな中華ポップス。シンセサイザーの3和音の上で胡弓がてきとうにメロディーを奏でて、バイトで雇ったような歌手が当たり障りのない声でマントラをくり返してます。ああ、これと似たような音楽を、僕は日本のインチキ臭い新興宗教団体の勧誘ビデオで耳にしたことがあるぞ・・・。チベット文化を貶めたい、またはみんな中華化してしまいたい中国の漢人同化政策の一環で作られたんじゃないかと疑ってしまうレベル。中国のライトポップスを聴きたいのなら別ですが、リアルなマントラを聴きたいとか、チベットの音楽を聴きたいと思うのなら、買っちゃいけないCDだと思います。いや~、このブログで「買うな」と書いたのははじめてかも(^^;)。。


『Tibetan Chants for World Peace』

Tibetan Chants for World Peace ずっとアメリカ音楽ばかり聴いてたら飽きてしまった(- -;)q。いくら好きな音楽でもずっと聴いてたら飽きるか。。というわけで、アメリカから遠い音楽を聴きたいなあ(ゴソゴソ)・・・あ、アジアの宗教音楽のCDがあった!これ、けっこう最近買ったんですよね、といっても4~5年前かなあ。

 これはチベット宗教の音楽で、僧侶たちの斉唱です。基本は無伴奏ですが、チリンチリンと鈴の音がうしろで鳴ってたり、曲によっては何か金属系の打楽器っぽい音とか音程の変わらない管楽器の音が後ろで鳴っているもの、パーカッションだけの演奏もあります。で、キリスト教音楽みたいな合唱とは全然違くって斉唱にちかく、最初に独唱が行われた後に斉唱になるものが多いです。日本人の感覚でいうとほとんど読経。チベット密教だから「マントラ」という事になるのかな?どの辺に特徴があるかというと、とにかく声が低いっす。わざとやってるんじゃないかと思いますが、男性が出せる一番低い声ってあるじゃないですか。みんな、それぐらいとんでもなく低い声でゆったりと経文を読むので、聴いてるといつの間にかトランスしそうです(゚∀゚*)。。

 このCDもそうなんですが、最近の民俗音楽系のCDって、音がメッチャよいものが多いです。昔の民族音楽系のCDって、現地にテープレコーダー持って行って録音だからだと思うんですが、妙に音が悪かったりするじゃないですか。でも、最近のCDは、マイクを何本も立ててあとでミックスしたんじゃないかというぐらいに音がいいです。これは、僕的には良し悪し。いいと思うのは、自分がそんなに馴染んでいない種類の未知の音楽を「部屋で聴く観賞用のための音楽」としてすごく楽しめるという事。音がいいんだから、まあそりゃそうか。。悪いと思うのは、実際にこういう音楽だったのかどうかを疑っちゃうところ。このCDだと、音楽がけっこうバラエティに富んでいて飽きずに聴けるんですが、他のCDだともっと経文だらけだったりするので、何か聴きやすいように編集したんじゃないかと疑っちゃったりね(^^;)。あと、なんかものすごくエコーがかかってるんですが、これが洞窟かどっかでついた自然なものなのか、あとから機械的につけたものだか分かんない(^^;)。僕はチベット宗教の読経音楽が、アジアの密教の極致の現場に触れているみたいで妙に惹かれるものがありまして(実際のところこういうん音楽ってアジアかネイティブアメリカンとかのモンゴロイド系の文化以外ではまったく聴いたことがないです)、他にもCDを持ってるんですが、他のものはエコーとかぜんぜんついてないんですよ。でも、チベット仏教とひとくくりにしても地域によってばらつきは出るだろうし、もしこれが洞窟っぽい岩の壁でついた本物のエコーだったら、生で聴いたらものすごいんだろうな・・・。
 そうそう、肝心なチベット仏教について何も述べてませんが、僕は語れるほどの知識がない(;_;)。そこに踏み込めなかったら、この音楽を聴いたなんて言っちゃいけないんじゃないかとは思うんですが、原始仏教に一番近い形で残っている仏教の一派という意味で、「ああ、解脱を目指す宗教が儀式で音楽を使おうとするとこういう形になるのか」とか勝手に想像したりして、ものすごく引きつけられるというのは、いつも思う率直な感想です。チベット仏教のチャントって、映画なんかで聴かれるインチキっぽいやつと違ってマジで呪文のよう。聴いた事のない方はぜひ!強烈です。。


『稲川淳二 / 生き人形』

Inagawajyunji.jpg 映画『悪魔の手毬歌』には、チラシや本のカバーには恐怖の日本人形が登場しますが(^^;)、劇中に日本人形が登場する事はなかった気がします。僕が日本人形を苦手になったのは、髪の毛が伸びるという「お菊人形」と、怪談を語らせたら日本一の稲川淳二さんの「生き人形」のハナシによるところが大きかったです(^^;)。。めっちゃくちゃ怖いんですが、怖いもの見たさというか、聴いていて話に引き込まれるんですよね~。

 僕が子供のころは、今よりも心霊とかそういうものに信憑性がありました。自分が子供だった事もあるんでしょうが、世間的にも今よりも信じていた人は圧倒的に多かったはず。心霊写真も「フォトショップ」というものがあるとは知らなかったもので、マジだと思ってたんです。本人の口は開いていないのにガラス戸に映っている人の口が開いているとか、正面を向いているはずの人物画の目が、下にいる人を睨んでいるとか、そういうのを見ておしっこちびりそうになっていた小学生の頃でした(^^)。でも、そこまで恐怖を覚えてるのに、翌日に友達と「本屋に心霊写真集見に行こうぜ」とか言って、見に行っちゃうんですよ。あれは何でなんだろうか。また、テレビでも心霊ものの番組はけっこうあって、見るたびにビビりまくってました。織田無道さんや宜保愛子さんが出るより前です。僕の周りでは、あれらの人は嘘くさく、しかし稲川淳二さんはマジという事になってました(^^)。たぶん、稲川さんの怪談にはそれぐらい説得力があったんでしょうね。稲川さんの怪談は本気で怖いものが多いですが、中でも一番ビビったのが「生き人形」という噺です。

 「生き人形」の話は、役者である稲川さんの実体験として語られます。人形を使った舞台の仕事をした時に、少しおかしなことが起こり始めた。帰りの高速道路で見ちゃいけないものが見えちゃうし、人形を作った人は行方不明になっちゃう。関係者でも変なことが起こり始める。相談した霊能者さんに至ってはなんと死んでしまい、人形も行方不明に。ようやく人形が見つかると、少女人形だったはずが、胸が膨らんできている。テレビのワイドショーで「最近こんな人形の話があるんですよ」と話し始めると、スタジオの照明のワイヤーが切れて宙ぶらりん、戦時中の「北北西に進路を取れ」みたいな変な音がスタジオ中に響き始め、稲川さんの腕時計の革のベルトがぶちっときれて時計がすっとび、スタジオはパニック。舞台の時も、暗幕が右から左に順に出っぱっていくので「ああ、幕の向こうを誰かが通ってるんだな」と思ったのだが、よく見ると向こうからこちらに出っ張るのではなく、こちらから向こうに出っ張っている(゚д゚ノ)ノ ヒィィ。

 こんな感じで話は進んでいくのですが、これを話す稲川さんの語りが実に巧みで、聞いていて引き込まれてしまいました(^^)。テレビを見ていると、お笑い芸人の人とか、よくもこれだけ話を面白く話せるなと思って感心するのですが、日本の伝統芸でもある「語り物」というのも、実に話がうまいですよね。落語、怪談、浪曲、いずれも語りのプロ、時間の経つのも忘れて話に引き込まれてしまいます。私の中では、稲川さんはこの日本の「語り物」の系譜に属する人だと思っています(^^)。

 さて、これは怪談という語り物なので、本来はライブの出し物。録音物にして…というものではありませんので、録音や録画で出ているものは、ライブ実況というものが多いです。僕が昔持っていたのはカセットテープで、むかし1000円ぐらいで売ってました。これ、中学の修学旅行に持って行って、夜中に皆で聴いたんですが、トランプをしていたグループも、マージャンをしていたグループも徐々にその話に聴き入り、最後には部屋の全員が聴き入ってしまいました。で、終わると最初の方を聞きのがした奴らが「もう一回頭から聴こうぜ」なんて感じで、もう一回(^^)。そのぐらい、話が巧みなんですよ。残念なことにこのテープ、修学旅行中になくなっちゃった。

 稲川さんの怪談は、CDになったり怪談のライブがDVDになっていたり、色々あります。それらに入っている「生き人形」が、僕が持っていたカセットと同じ音源であるかどうかは分かりません。でも、今聴いても、きっと怖いんだろうな~。しかも今少し調べてみたら、「生き人形」の続編もあるらしい、これは聴きたいぞ…。。大人になって、霊だのなんだのはまったく信じなくなってしまった僕ですが、怪談が本当かウソかなんてどうでもよくて、どこか抒情的で情感に訴える所があるじゃないですか。そこが僕は好きです。すこし、音楽に似ているところがあると思うんですよね。素晴らしい日本の伝統「語り物」を現代に引きついている素晴らしい芸と思うので、稲川さんの怪談未体験の方は、ぜひどうぞ!!


プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド