『稲川淳二 / 生き人形』

Inagawajyunji.jpg 映画『悪魔の手毬歌』には、チラシや本のカバーには恐怖の日本人形が登場しますが(^^;)、劇中に日本人形が登場する事はなかった気がします。僕が日本人形を苦手になったのは、髪の毛が伸びるという「お菊人形」と、怪談を語らせたら日本一の稲川淳二さんの「生き人形」のハナシによるところが大きかったです(^^;)。。めっちゃくちゃ怖いんですが、怖いもの見たさというか、聴いていて話に引き込まれるんですよね~。

 僕が子供のころは、今よりも心霊とかそういうものに信憑性がありました。自分が子供だった事もあるんでしょうが、世間的にも今よりも信じていた人は圧倒的に多かったはず。心霊写真も「フォトショップ」というものがあるとは知らなかったもので、マジだと思ってたんです。本人の口は開いていないのにガラス戸に映っている人の口が開いているとか、正面を向いているはずの人物画の目が、下にいる人を睨んでいるとか、そういうのを見ておしっこちびりそうになっていた小学生の頃でした(^^)。でも、そこまで恐怖を覚えてるのに、翌日に友達と「本屋に心霊写真集見に行こうぜ」とか言って、見に行っちゃうんですよ。あれは何でなんだろうか。また、テレビでも心霊ものの番組はけっこうあって、見るたびにビビりまくってました。織田無道さんや宜保愛子さんが出るより前です。僕の周りでは、あれらの人は嘘くさく、しかし稲川淳二さんはマジという事になってました(^^)。たぶん、稲川さんの怪談にはそれぐらい説得力があったんでしょうね。稲川さんの怪談は本気で怖いものが多いですが、中でも一番ビビったのが「生き人形」という噺です。

 「生き人形」の話は、役者である稲川さんの実体験として語られます。人形を使った舞台の仕事をした時に、少しおかしなことが起こり始めた。帰りの高速道路で見ちゃいけないものが見えちゃうし、人形を作った人は行方不明になっちゃう。関係者でも変なことが起こり始める。相談した霊能者さんに至ってはなんと死んでしまい、人形も行方不明に。ようやく人形が見つかると、少女人形だったはずが、胸が膨らんできている。テレビのワイドショーで「最近こんな人形の話があるんですよ」と話し始めると、スタジオの照明のワイヤーが切れて宙ぶらりん、戦時中の「北北西に進路を取れ」みたいな変な音がスタジオ中に響き始め、稲川さんの腕時計の革のベルトがぶちっときれて時計がすっとび、スタジオはパニック。舞台の時も、暗幕が右から左に順に出っぱっていくので「ああ、幕の向こうを誰かが通ってるんだな」と思ったのだが、よく見ると向こうからこちらに出っ張るのではなく、こちらから向こうに出っ張っている(゚д゚ノ)ノ ヒィィ。

 こんな感じで話は進んでいくのですが、これを話す稲川さんの語りが実に巧みで、聞いていて引き込まれてしまいました(^^)。テレビを見ていると、お笑い芸人の人とか、よくもこれだけ話を面白く話せるなと思って感心するのですが、日本の伝統芸でもある「語り物」というのも、実に話がうまいですよね。落語、怪談、浪曲、いずれも語りのプロ、時間の経つのも忘れて話に引き込まれてしまいます。私の中では、稲川さんはこの日本の「語り物」の系譜に属する人だと思っています(^^)。

 さて、これは怪談という語り物なので、本来はライブの出し物。録音物にして…というものではありませんので、録音や録画で出ているものは、ライブ実況というものが多いです。僕が昔持っていたのはカセットテープで、むかし1000円ぐらいで売ってました。これ、中学の修学旅行に持って行って、夜中に皆で聴いたんですが、トランプをしていたグループも、マージャンをしていたグループも徐々にその話に聴き入り、最後には部屋の全員が聴き入ってしまいました。で、終わると最初の方を聞きのがした奴らが「もう一回頭から聴こうぜ」なんて感じで、もう一回(^^)。そのぐらい、話が巧みなんですよ。残念なことにこのテープ、修学旅行中になくなっちゃった。

 稲川さんの怪談は、CDになったり怪談のライブがDVDになっていたり、色々あります。それらに入っている「生き人形」が、僕が持っていたカセットと同じ音源であるかどうかは分かりません。でも、今聴いても、きっと怖いんだろうな~。しかも今少し調べてみたら、「生き人形」の続編もあるらしい、これは聴きたいぞ…。。大人になって、霊だのなんだのはまったく信じなくなってしまった僕ですが、怪談が本当かウソかなんてどうでもよくて、どこか抒情的で情感に訴える所があるじゃないですか。そこが僕は好きです。すこし、音楽に似ているところがあると思うんですよね。素晴らしい日本の伝統「語り物」を現代に引きついている素晴らしい芸と思うので、稲川さんの怪談未体験の方は、ぜひどうぞ!!


スポンサーサイト

『Ladysmith Black Mambazo / Homeless』

Ladysmith_Homeless.jpg 南アフリカの無伴奏コーラスグループであるレディスミス・ブラック・マンバーゾのCDでは、前の記事で紹介したものより、こちらの方が有名かも。僕が最初に買ったマンバーゾのアルバムはこれでした。これにやられた!!バス6人の男性コーラスのあったかい感じが気持ち良すぎです!!

 えっと、久々にこのCDを聴きながらライナーを読んでいたら、新たな発見が。以前に「アフリカのコーラスはあまり詳しくないので紹介できない!」な~んて書きましたが、バンツー族系(ブラック・アフリカの人種は色々あって、すごく背が低くて森の中に生息しているピグミー族とか、ブッシュマンで有名なコイサン族とかなんかもいますが、あの背の高い人たちはバンツー族と言って、現在のアフリカ大陸で一番人口の多い人たちだった気がする。あれ、語族だけの問題だったかな?やっぱりアフリカについては語れない(p*'v'*))のコーラスで、このブラックマンバーゾみたいな、アフリカのコーラスとキリスト教音楽が混ざったような「バンツー系合唱」というスタイルは、19世紀の床屋で生まれたそうで。なるほど~、アフリカだと床屋が一種の社交場で(昔の日本もそうだったらしいですね)、そこでみんなで歌を歌っているうちにどんどん洗練されていったんでしょうね。いや~、商売っ気抜きで、自分たちが楽しむためにやっている音楽って、ものすごい好きです(^^)。。で、南アフリカのこの合唱を売りにした合唱団は、1930年代に既にアメリカに渡って公演していたんだそうで(バンツー・グリーン・シンガーズというグループだそうで)。う~ん、歴史があるんだな。で、80年代あたりで一番世界に名の通っていたのが、このレディスミス・ブラック・マンバーゾという事ですね。

 このグループのCDを全部持っているわけではないのですが(結構出てます。30枚ぐらい?)、僕が聴いた範囲では、このグループの作品に外れなし!しかし詞がバンツー系の言葉みたいなので、出来れば日本語訳のついている日本盤を購入する事をおススメします。このアルバムの1曲目「ホームレス」なんて、歌詞を読んでいるだけで海路からヨーロッパ民族の侵入を許したアフリカの歴史を、当の現地人がどういう風に捉えているのかがすごく伝わってきます。…まあ、そういう面白さを度外視したとしても、このCDで聴く事の出来る合唱は、西洋の教会音楽とはまったく匂いの違う、アフリカの平和さとか暖かさみたいなものを感じます。大おススメ!!


『Ladysmith Black Mambazo / liph' iqiniso』

Ladysmith_Liph.jpg 暑くなってきましたね。というわけで、アフリカの音楽を!!「レディスミス・ブラック・マンバーゾ」と読む、南アフリカのコーラス・グループです。意味は「レディスミス(地名)の黒い斧」だそうで。無伴奏コーラスです。コーラスの縦線の揃い方、ピッチの良さなど、ちょっと鳥肌モノの凄さ。初めてこのグループのコーラスを聴いた時、あまりの素晴らしさにため息が出てしまいました。日本でも結構ヒットしたグループなので、そこそこ有名かとは思いますが、未体験の方は絶対に聴いてみてほしいです。大推薦です!!凄すぎます!

 とはいえ、僕はこのグループや、南アフリカの音楽について全然詳しくないので、紹介したくても色々書けない(・_・、)。え~っと、思いつくままに書いてみると…無伴奏合唱の素晴らしさはさっき書いた通り。音楽的には、すごくあったかいサウンドで、幸せを感じてしまうほど。でも歌詞を見ると「人を殺すな」とか「私の希望が息づく場所へいつ戻れるのか」とか、けっこう切実。商売音楽や宗教音楽とは違って、かなりフォークロアな感じがします。音楽はリードヴォーカルが歌うのに対して合唱が後を追うという意味では、ブラックアフリカの音楽によくあるコール&レスポンス形式ではあるんだけど(ジャケット写真を見るに、メンバーは全員ブラックアフリカン)、このレスポンス部分がえらく見事な和声で恐ろしく統制されたコーラスなので(バス声部まである!)、キリスト教音楽が混じっているのかも。この辺りが白人支配社会だった南アフリカ特有のものなのかも。で、合唱というと、僕の場合はどうしても教会とかホールとかの残響で素晴らしい響きで美しく混ざる合唱をイメージしてしまうんですが、これは何とエコーがほとんどナシ。たぶん、屋外でやっているコーラス音楽だから、エコーを掛けたら変だとか、そういう理由なのかも。しかしこれが素晴らしいサウンド!!

 いや~、支離滅裂なレビューになってしまいましたが、素晴らしい音楽です。ワールドミュージックの素晴らしさって、それを知った瞬間に、「ああ、俺はなんで今まで同じようなレコードばかり何百枚も買ってたんだろう、他にも素晴らしい音楽がいっぱいあるのに…」と感じられる点にあると思います。音楽好きなのに、同じジャンルばかりを掘っている人、それは寿司がうまいと言って寿司しか食わないようなもの。それが悪いわけではありませんが、焼肉や中華やハンバーガーの味も知った方が楽しいじゃありませんか。南アフリカのすごくほんわかとした無伴奏コーラス、ぜひ聴いてみて下さい!!


『ダーガル・ブラザーズ / 瞑想のドゥルパド』

DagarBrothers_Dhrupad.jpg 前々回、北インド方面のカジュアルな伝統ヴォーカル音楽の「ガザル」について書きました。じゃ、北インド方面のヴォーカル音楽で、もっとフォーマルなというと何があるかというと…僕が知っているのは、ドゥルパドというものがあります。これはそのドゥルパドのCDで、ドゥルパドと言えばこの兄弟、ダーガル・ブラザーズなのです。たしか、音楽一族としてはバッハよりも古くて、しかも今でも伝統が受け継がれているという、驚異の音楽一族w(゚o゚)w。これが聴いているとトリップしちゃいそうな浮遊感、気持ちいです。。

 どの辺がフォーマルかというと…
 まずは音楽。インドの伝統音楽って、ラーガとかターラなんていう理論があって、このルールの上で即興的に音楽が紡がれていくという感じだったハズ(あんまり詳しい事は知りません^^;)。しかし即興的と言っても、歌いながら西洋音楽でいう所の調みたいなものが決まっていって、次にタブラ(指で叩いたり擦ったりして音を出す打楽器)がリズムのパターンを選択していって…みたいな感じだったハズ。これがどういうふうに繋がっていくかは、一族が引き継いでいく門外不出の秘儀、みたいな感じ(たしか、です^^;)。日本でも有名なラヴィ・シャンカールなんかの音楽もラーガを使った音楽で、あれはどんどん陶酔状態に入って超絶的に盛り上がっていくのですが、このドゥルパドという音楽は、同じ陶酔でも、すごーくマッタリしているのです。日本のCDのタイトルに「瞑想の」なんて書いてありますが、これは本当にそういうものなのかも。途中で寝ちゃいそうになるぐらいに気持ちいいです(^^)。伴奏は、タンブーラという「ビヨ~ン」という音を延々出してドローンを作る楽器と、打楽器(タブラと音や奏法が似てますが、パッカワージという楽器みたい)だけ。音階も旋律型も全部声が作ってしまいます。そうそう、このドゥルパドは、いきなり二人のヴォーカルがびったりユニゾンしたりするので(しかも詞まで合ってる)、どこまでが即興でどこからが作曲部分なのか、シロウトの僕には見当もつきませんが、いきなりビタッと合うのでビビります。すっごいです。

 次に詞。ガザルは「あなたがいなければ~」みたいな俗っぽい詞が多かったですが、ドゥルパドは「崇高な魂と崇高な存在の神よ~」みたいな感じで、思いっきりヒンズーな感じです。この辺に来ると、聴いて好きか嫌いかなんてレベルのものじゃないですね。深いです。

 この独特の浮遊感も、やはりインド音楽なんですよね。60年代、ビートルズやヒッピー系のバンドがインドのこういった陶酔系の音楽を取り込もうとしてましたが、本家本元は凄すぎました(。・ω・)。静かに自分の意識の中に沈み込んでいくような感覚、おススメです!!


『ウルドゥーの歌姫 ~パキスタンのガザル GHAZAL FROM PAKISTAN』

Ghazal from Pakistan さっきまでテレビをつけてたんですが…面白いと思うのが、AKB48というグループの歌の歌い方。みんなわざと鼻声みたいにして、5度以上の跳躍をする時はしゃくる(絶対というわけではないんですが、上から落としてくる事は絶対に無い)。同じことを10年ぐらい前にも思った事があって、モーニング娘というグループも似たような感じ。ひとりじゃなくて皆そうするから、この手のグループでは、こういう歌い方がいい歌い方だという共通認識があるんじゃないかと。こういう「歌い方の傾向」って、各ジャンルごとにある気がして、面白いと思っています。
 で、話はインド/パキスタン系の音楽に移るわけですが…あっちの方の歌って、歌い方だけで「あ、インドだ」って分かると思いませんか(笑)?あれ、なんなんでしょうね。インドから流れてスペインにまで届いたジプシー音楽となると、もっとガヤついたハスキーな声が多くなる感じになるんですが、そのルーツのインド/パキスタン音楽はそのガヤつきがなくって、もっと優雅な感じがあります。で、個人的なインド/パキスタン系の女性ヴォーカルの歌で特に好きなのが、このCDです。アーシャ・サマンという人が歌、伴奏ではサラーマット・フセインバーンスリー:大きな竹製の横笛)という人が参加しているのですがこの人は有名で、もしかしてバンドマスターかも。あとはハールモーニヤム(小型のリードオルガン)、サーランギー(日本の琵琶のように立てて構え多弦の擦殺弦楽器)、そしてタブラ。もう、編成だけでおいしい音楽が聴けそうでしょ(^^)。これがエキゾチックでしびれるんですよ!!

 インド系の音楽は、芸術系に寄るか大衆系に寄るか、あるいは古典か現代か、な~んていう感じでとらえると、けっこう分かりやすいみたいです。パキスタンはインド北部で、政治的な経緯で今ではインドと分かれていますが、音楽文化という切り口で言えばインドと大体同じ。むしろ、南インド音楽と北インド&パキスタンという感じの分け方の方が、音楽的にはしっくりくるぐらい。で、北インドの歌音楽だと、ドゥルパドなんて呼ばれる音楽がかなり本格的なラーガ(イメージで言うと、クラシックでいうバッハみたいな感じで、けっこう厳格な感じ)。僕は聴いた事がないんですが、カヤールなんていう音楽もけっこうラーガを重要視する歌音楽みたいです。しかしこのCDに入っているガザルというものは、ドゥルパドに比べるともう少しカジュアルな感じで、ラーガよりも歌詞優先の歌謡音楽に近づく感じ(とはいえ、ライナーによるとやっぱり古典に入るそうです)。カジュアルというのは詩の内容もそうで、ガッチガチの宗教詩というんじゃなくって、「私があなたのものなら、運命を共にさせて」「思うのはあなたの事だけ」みたいな、今のポピュラーとあんまり変わらない感じです。で、これは日本人の僕が聴くと間違いなく「音楽」「歌」というジャンル分けをしてしまうんですが、これはインドでは「詩」「朗読」という扱いなんだそうで。そういえば、インドって、音楽単独という事はあんまりないですよね。踊りとセットだったり。実際、ガザルというのはウルドゥー語で朗読される定型詩の事なんだそうで(ウルドゥー語というのはパキスタンの国語でありかつインドの公用語のひとつ)。で、音楽そのものはというと…イメージで言えば、ラヴィ・シャンカールみたいなゴリゴリのインド古典芸術音楽と、インドネシアの宮廷ガムランの中間ぐらいな感じ。リズムの中核はインド音楽のリズムの中核にあるタブラが変幻自在に動くんですが、音自体は小型オルガンとサーランギーの音がほとんどドローンのように鳴り響いていて、この心地よさが尋常でない!!この部分と、さっき言ったような優雅な歌唱が「宮廷ガムラン」みたいな印象に繋がるんでしょうね(^^)。ちょっと他の音楽では味わえないムードなのです。

 民族音楽というのは、毛嫌いする人が結構多いジャンルの気がします。しかし、同じジャンルならCDを50枚も100枚も聴き続けるのに、他のジャンルはまったく知らないというのはあまりにもったいない。インド音楽はイラン音楽と同じで、西洋のクラシックに優るとも劣らないぐらいに高度な音楽。音楽の頂上に位置するもののひとつといってもいいぐらいの素晴らしすぎる人類の財産と思います。このマッタリとした感じ、たまらんです。超おススメ!!



プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中… 楽器屋で演奏してみたら、木製鍵盤で、タッチがけっこう本物のピアノに近かった!うちにあるアップライトがけっこうヤバいので、フルメンテして貰うか、こういうので間に合わせようか大いに悩み中。
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド