FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『楽式論』 石桁真礼生

Gakusikiron_IsiketaMareu.jpg ひとつ前の記事に書いたシェーンベルクの『作曲の基礎技法』を読めるためには、ある程度は楽式が解ってないと読むのがきついはず。というわけで、クラシックの曲の様式を学びたいなら、最初は絶対にこれ、というほどの鉄板本です!クラシックと書きましたが、ポップスやロックはもとより、ジャズでもフラメンコでもタンゴでも全部これで通用します。なんてったって、それらの音楽はクラシックより楽式がシンプルですからね(^^)。ただしこれは古典派からロマン派という、クラシックの中でも、ある程度楽節で分割しやすい音楽を中心に書かれていて、声部が重層的に絡み合う純粋対位法みたいなのはカノンとフーガのあたりでチョロッと出る程度、12音音楽やセリー音楽は未対応。まあでもそのへんの音楽は、こういう基礎を学んでから学ぶのが順序というもんだと思いますし、そういう超専門分野を学びたい人は、もうこのあたりはとっくに通過してると思うので、問題ないんじゃないかと(^^)。

 この本では、楽式を構成する前の基礎知識が書いてあって、そこがとってもわかりやすい!動機、小楽節、大楽節、こういう言葉が分からない作曲初心者の人こそ、この本を読むのに適してると思います。そして、ここからが本番、楽式の説明に入ります。基礎として、最初に1部形式、2部形式、3部形式を学んで、そこから本格的な楽式であるソナタとフーガがメインディッシュとしてガッツリ説明。最後にそれ以外の楽式をざっと説明するという構成になっています。
 ソナタ形式の分析に取りあげられるのはベートーヴェンのピアノソナタで、1番と23番「熱情」。口だけで「こういうのが動機、こういうのが大楽節、こういうのが第1主題、こういうのが展開部…」というんじゃなくって、譜例を示して「ここが動機、この動機とこの動機がこういう関係で4つくっついて大楽節。次のここは経過句…」と具体的に教えてくれるので、異常に分かりやすいです(^^)。ただし、楽譜は抜粋しか掲載されてないし、実際の音を聴いたら書いてある意味がものすごく分かりやすくなるので、出来れば別途CDを自分で用意できると、なお捗るんじゃないかと。僕は、ベートーヴェンのピアノソナタの楽譜を持っていたので、それを見て演奏しながら勉強していました。説明が丁寧なので、メッチャわかりやすかったです。

 フーガの分析に取りあげられるのは、バッハの平均律クラヴィーア曲集1巻の11番と16番のフーガ部分(平均律クラヴィーア曲集はプレリュードとフーガが常に一対となって書かれています)。フーガの説明はここでは省きますが、あの旋律の複雑なつづれ織りをすごく分かりやすく説明してくれてます。この本で対位法やカノンやフーガの作曲を出来るようになるかというとそれは難しいですが、入門編としてはすごく分かりやすくていいです(^^)。フーガを学んだことがなかったころの僕にとっては、メッチャありがたかったです。

 この本、クラシック以外のジャンルの人も、作曲をしないプレイヤーも、音楽やるならみんな必読だと僕は思ってます。というのは…たとえばジャズを例にとると、マイルス・デイビスのアドリブって、めっちゃよく出来てるじゃないですか。あれってアドリブと言えどその瞬間に作曲しているのであって、その構造化がこの本に書いてあるような主題の処理や展開を行なってるからなんですよね。つまり、楽式をマイルスはどこかで学んだはずなのです(多分ジュリアード音楽院)。ロックの曲でも、たた3回繰り返して終わる人と、同じ3回繰り返しでもそれを劇的に出来る人っているじゃないですか。あれも楽式論が入ってるかどうかの差だと僕は思ってます。というわけで、基本的な和声が終わって、いざ作曲に進みたい人に、超おススメの1冊です。作曲科に行った人はスルーでいいかも知れませんが、演奏を専攻したけど作曲もしてみたい人、独学で音楽を学んでいる人なんかは、ロックでもクラシックでもジャズでも、作曲したいなら読んでないなんて許されないほど鉄板の一冊じゃないかと。


スポンサーサイト

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『作曲の基礎技法』 シェーンベルク著

SakkyokunoKisogihou_Schoenberg.jpg クラシックの大作曲家にして高名な音楽教師でもあったシェーンベルクの書いた有名な作曲のための教科書のひとつです。シェーンベルクは他にも「和声法」なんていう本も書いてます。僕はこの本で思いっきり作曲の技術をあげる事が出来たと思っているので、大推薦!ロックでもジャズでもクラシックでも、この本を読んでいるのといないのでは、作曲が雲泥の差になるはず。ただ、いきなりこの本から始めるのは不可能、その点だけは注意が必要です。

 基本的には楽式論の本で、楽式を押さえた上でどうやれば作曲できるかという作曲方法の具体的なアドバイスがされています。こうした枠のなかで、動機の作り方みたいなミニマルな所から、大楽節の作り方、そして大きな形式の作り方まで書いてあります。つまり、ベートーヴェンとかショパンみたいなクラシックのメインストリームを中心に見た、ジャズやら今のポップス/ロックまでを含めた西洋音楽の機能和声音楽全般の作曲の教科書。シェーンベルクが書いたからといって現代音楽の作曲法じゃないので気をつけろ!!シェーンベルクは12音列技法の創始者のくせに、その教科書は書いてません(゚∀゚)アハハ。教育者としてもすぐれた人だったので、書いて欲しかったなあ…。譜例もいっぱい出てくるので超ていねいでわかりやすい(^^)。本は3部に分かれていて、第1部はテーマの構造、第2部は小形式、第3部は大形式。和声や、作曲の構造分析(楽式)の本はそれなりにありますが、具体的にどうやって作ればいいかという指導書は、ポップスの音楽初心者向けみたいな本以外には僕はあまり見たことがないので、これはありがたい本でした!

 ただし、ちょいと注意が必要でして…たとえば「動機」とか「楽句」とか「大楽節」「楽段」…なんて言葉がどんどん出てきますが、これらの言葉の説明はほとんどありません。つまり、こういう言葉を知っている前提で書かれた本。もし「動機」とか「大楽節」という言葉の意味が分からない人は、この本を読むのはちょっとはやいかも。話によると、モチーフという言葉を楽式の分析に使ったのは、シェーンベルクが最初という話もきいたことがあります(←裏を取ってないので間違ってたらゴメンナサイ。たしか、シェーンベルクの『和声法』の教科書に書いてあった気が…)。

 というわけで、タイトルからすると初心者向けの本のようですが、和声法や楽式論をざっと修めて「じゃあ実際に作曲に進みましょうか!」というところまで来た音大1年生ぐらいの人が読む本だと思います。和声法や構造の勉強が終わった人が対象。基本的にクラシックの作曲を対象にしてますが、ジャズやポップスやロックに使うなら、第2部の「小形式」までで充分 ( ̄ー ̄)v。そしてこの本、絶対に読まないと曲が作れるようにならないというものじゃなくって、さっき書いた和声法と楽式論(こっちはロックやポップスみたいな単純な楽式の場合は読む必要もないかも)ぐらいまで知ってて、もう自分で曲が書けちゃう人は読まなくても大丈夫。でも、作曲してみたもののどうも美しくないとか、いまいちシロウトくさいからベートーヴェンとか過去の大作曲家がどうしていたのかをちゃんと学びたいとか、そういう人にこそビンゴなんじゃないかと。僕個人は、大楽節内のモチーフを、接続物を使ってなめらかに繋ぐとか、そういうテクニックがすごく勉強になりました。あと、最後の方にソナタ・アレグロ形式とか、ソナタ・ロンド形式の説明とその作曲の仕方が出てきますが、これはすごかった。というのは、ロンドの形式をここまで細かく分けて説明してくれた本を僕は他に読んだ事がなかったし、ソナタ・アレグロ形式なんて、この本を読むまでそんな形式の名前があることすら知りませんでしたし。

 無意識に自分でやってたことも「ああ、そういう事なのか」と意識できるようになったのも大きかったです。原理が分かるとセンスまかせにならないのでスランプになりにくいんですよね。いちおう作曲の基本勉強は済んだけど、実践でなかなか曲をうまくまとめられなかった若いころの僕を助けてくれた、とてもためになった本でした。ポップス、ロック、ジャズ。クラシックを問わず、ひと通り和声法も何もやったけど、実際に曲を書くとなるとうまくいかない人に超おすすめです!そうそう、構造が主なテーマなので、和声が分かってない人は先に和声をやらないと、この本にはついていけないかも(^^;)。



Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『現代音楽を考える』 ピエール・ブーレーズ著

Boulez_GendaongakuwoKangaeru.jpg ブーレーズの作品に関する(じゃっかん否定的な?)事をあれこれ書いてしまいましたが、これは間違いなくかわいさ余って憎さ百倍の典型です。だって、若い頃、現音でいちばんすごい人ってこの人だと思ってましたし、実際にメシアン以降でいちばん研究したのもブーレーズでした。この本、現代音楽をまったく聴いたことのない人は、読んでも理解するのはむずかしいと思います。でも、シェーンベルクやメシアンや前衛三羽烏あたりの現代音楽の有名曲を聴いて「面白いなあ、でもどういう事をやってるのかまではちょっと分からん。ちょっとマジメに勉強してみようか」みたいな人にはジャストフィットじゃないかと!なんてったって、現音のなかの名著のひとつですからね(^^)、仮に苦手と思っても、現代音楽を勉強したいなら避けては通れない一冊だと思います。

 国内の二流コンクールですら4位入賞が精いっぱいだった僕は、クラシック・ピアニストになるのは無理だと痛感、自分なりにあれこれ考え、ピアノはクラシックのリサイタリストは断念してジャズに絞り、音大では作曲科への転科を目指しました。せっかく音大に入ったんだから、ピアノの道が無理なら、せめて大好きな現代音楽の作曲の勉強だけでもしてから卒業したい、願わくば作曲家の道が開けるかもしれない、みたいに考えたんです。その転科を目指した時期に、この本に出会いました。現代音楽の中心人物ブーレーズが書いたもので、新ウィーン楽派の作曲に触れながら、ブーレーズのセリー作曲に関する考えをザックリと書いてあります。セリーの概論を、音高、持続(分かりやすく言えばリズムやテンポ)、強度、音色に分けて、それがどのように組織化されていくか…という所を、分かりやすく大まかにかいてある感じです。

 この本を読んだ時、なんで現代音楽の作曲技法に教科書がないのか、その理由が分かった気がしました。たとえば、この本で書かれているセリーの音高に関していえば、その音高上での音列とそのグループ化のあり方によって、音を組織化するルール自体がおのずと変わっていくから…みたいな。バッハやベートーヴェンの頃のフーガやソナタなら、和声法も楽式も既定があって、その中で作曲します。そういう意味でいうと、今の産業ロックや産業ポップスに似てます。ところが現代音楽は、その和声法や楽式自体も半分自分で作曲するような世界だったのです。今は、「これはセリー」「これはミニマル」みたいな産業ロック的な職業現代音楽もあるんですが、当時の世界の最前線はそうじゃなかったように感じます。硬派だったんですよね。
 僕は「人生が掛かってるんだ、意地でも作曲科に転科したいんじゃ。基礎から教えてくれ!」と必死だったんですが、「セリーの基礎はこれだけ。この先は自分で作れ!」と、サッカーでいえば基礎的なルールだけ教えられて突っ返された感じ、パスやドリブルのコツすら教えてくれない(^^;)。教えてもらって当たり前という学生気分が抜けていなかった僕は、放り出された気分でした。「そうか、自分で研究して自分で作曲技法自体を創って切り開く世界なんだ」と分かっただけでも前進というほど、僕は無知だったんです。当時は実際に独学で原音を学ぶと言っても教科書が少なかったですし、それも仕方なかったかも。でも、本当の意味で自分で創るということをはじめて知った気がして(与えられた枠の中で創るポップスの作曲やジャズのアドリブは、実は作曲もアドリブ演奏もヴァリエーションを生み出してるだけで自分で創ってるわけではないんだと、この時にはじめて感じました)、ワクワクもしたし夢も勇気も沸いてきました。メシアンの「世の終わりの四重奏曲」や武満徹の「ノーヴェンバー・ステップス」という、今までまったく聴いたことのない衝撃の音楽世界を経験してから何年も経ち、いまやっとその舞台裏入り口が見つかった…そんな気持ちでした。この後、必死こいて勉強した甲斐あって作曲科への転科に成功(でも転科試験に現音はほとんど出なかった^^;)、限られた移調もセリーの基礎も無事授業で学ぶ事が出来ました(^^)。買い集めたCDやLPは売っても、作曲家一門だけに伝えられる門外不出のこの時のノートだけは一生手放さないぞ。

 当時、独学でセリーの技法を学ぼうとしたら、最初に音列技法メシアンの技法を学んで、そこから先はこの本を含めたブレーズやシュトックハウゼンの本、それに「20世紀の作曲」ぐらいしか突破口はないというほど、この本は重要でした。あとは、海外音大の現代音楽作曲家クラスのノートを何とかして手に入れるとか、僕にはそれぐらいしか道が見つけられませんでした。いまだと少しは状況が違うんかなあ…。どうしていいか分からずに途方に暮れていた僕の目の前に垂れ下がった一本の蜘蛛の糸、それがこの本でした。これ、メッチャいい本です。現代音楽が好きな人は、たとえ作曲をしない人でも、現代音楽の軸のひとつがどういうものなのかが分かりやすく理解できるので、とってもおすすめです!


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『西洋音楽の歴史 上』 柴田南雄

seiyouongakunorekisi_jou_sibataMinao.jpg ひとつ前の日記で書いた、バロック以前の西洋音楽最良のガイド本というのはこれです!著者の柴田南雄(しばたみなお)さんは、作曲家としても、音大で多くの後進を育てた音楽教育者としても有名な方で、単なる音楽好きが書いてるロックやジャズやクラシックのガイド本とはレベルが違います。それは音楽の形式の分析に思いっきり出てるのですが、そんなわけでグレゴリオ聖歌からルネサンス音楽までの西洋音楽の情報が欲しかったらまずはこれ!詳しいのに難解になりすぎず、ページ数も多くなく、要点がまとめてあってとても分かりやすいです(^^)。

 子どもの頃、親にせがんで「クラシック音楽事典」というとんでもなく分厚い本を買ってもらった事があるんですが、そんな事典本ですら17世紀バロック以前の事は書いてありませんでした。そして、僕が子どもの頃に、アーリー・ミュージックの大ブーム。ところが古楽の情報はとにかく少なくて、CDやLPの解説頼りという状態でした。そんなわけで、僕は古楽関連の本を見つけるたびに読んでいたのですが、これが初心者向けに要約しすぎてむしろわかりにくかったり(「アルス・ノヴァ」と書いてあるだけで説明がなかったり、代表的な作曲家の名前だけ出てたり^^;)、おすすめCDがバーっと出てるだけで書法や音楽史の説明がなおざりだったり。そんな中、この本はメッチャわかりやすかった!その時代の文化的背景、様々な作曲技法や音楽の特徴、そして代表的な作曲家の作曲の特徴、さらに推薦のレコードと、じつに丁寧に、それでいて分かりやすく書いてあります。ルネサンス以前の西洋音楽をアーリー・ミュージックというんですが、僕がこれまで読んできた何冊もの本の中で、アーリー・ミュージックについて一番わかりやすかったのがこの本でした。アーリー・ミュージックに興味ある方は、CDと合わせてこの本を1冊持ってるだけで、音楽がより深く味わえるようになるんじゃないかと (^^)。

 ところでこの本は「上」。僕は「中」と「下1」までは見た事あるんですが、「下2」というのを見たことがありません。未完の本って、読んでる方としてはもどかしいです(^^;)。そういえば幻魔大戦も20巻まで読んでいきなり打ち切りのように終わったし、グイン・サーガなんて90巻あたりまで読んでいい加減あきらめたら、完結する前に栗本さんが他界しちゃったしな。。



Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 1  Trackback: 0  

楽譜『J.S.バッハ / 平均律クラヴィーア曲集』ヘンレ社 2007年校訂版

Bach_WellTempered score 久々にバッハの平均律クラーヴィアをまとめて聴いたのは、あらたに楽譜を買ったからでした。この楽譜、バッハの演奏で有名なアンドラーシュ・シフの運指が書かれている事と、けっこう新しい校訂だったから、欲しくなってしまったのです。古い音楽の楽譜って、運指の記載や、何を原典としたのかなど、出版社や版によっていろいろ違うんです。ましてバッハの頃だと今とはけっこう楽譜の書き方も違って、表現記号もなかったりするので、楽譜の選択で難易度やら色々と変わってきます。フーガみたいないくつもの旋律が同時進行する系のピアノが大の苦手な僕は、運指が書いてあるものが有り難いのです。自分でいい運指を発見できればいいんですけど、そういう才能がぜんぜんなくって(T_T)。。

 ヘンレ社の楽譜は、すごく読みやすくていい!いまだにパソコンじゃなくて手作業で作ってるらしいですね。楽譜って、写譜屋さんが作ったものはすごく読みやすいけど、それと似た感じでしょうか。
 そしてバッハの平均律クラヴィーア曲集って、仮に声部を正確に聴き取れたとしても、それが逆行カノンだったのか拡大カノンだったのかオルゲルプンクトだったのかを、構造的に分析して理解できる人は多くない気がします。たとえば、「きすふのまし」と聴いて、なにかすぐ理解できますか?これ「シマノフスキ」の逆行ですが、この音バージョンを一発で聴き取れって、なかなか難しいです。フーガの技法を知ってるから、下向きの旋律になったから反行なんじゃないか…みたいな推理は出来ますが。まあそんな具合で、僕なんて22歳まで音楽を教えてもらえるという幸運に恵まれたのに、この曲集の4声フーガになると聴いてるだけではアナリーゼは厳しい始末なのです。でも、楽譜を見ると、どの旋律がどれに照応しているとかいうのが、グラフィカルに分かりやすい!今までまるで和音伴奏のように聴こえてしまった部分も、各声部ごとに聴こえるようになったりする!仮に楽譜が読めなくても、なんとなく似たような形な所とかはグラフィカルに分かるはずです。平均律クラヴィーア曲集みたいな音楽って、その構造が重要と思うんですよね。だから、CDだけ聴いて印象だけ何となく捉えても、ぜんぜん音楽を聴いたことにならないんじゃないかと。というわけで、聴く専であったとしても、平均律クラヴィーアが好きという人が、スコアを持ってないというのは片手落ちな気がするのです。だから、楽譜が苦手でも、楽譜を見て聴いたほうがいいんじゃないかと。

 あ、そうそう、2冊あるのは、平均律クラヴィーア曲集というのは、もともと第1集と第2集があるからです。しかしよくこんな曲書けるな、しかも「アマチュアの人が楽しみとして弾ける音楽として」とか言ってこんなの書くバッハは、やっぱり音楽の基礎レベルが高すぎる人だったんじゃないかと(^^;)。


09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS