FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『コンテンポラリー・シンガーのためのヴォーカル・ワークアウト』 Anne Peckham

ContemporarySinger no tameno Vocal Workout ジャズ・ヴォーカルの女王のアルバムをたくさん聴いたところで、歌の勉強のために読んだ本のまとめ、ジャズ&ポピュラー編に突入!って、シリーズだったのか(^^;)。
 クラシックの声楽系の素晴らしい本『発声法の手引』は、呼吸法や発声法という基礎から、どうやって歌うのかという説明は完璧だったのですが、知りたい事がふたつ分かりませんでした。ひとつは具体的な練習方法(特に毎日の基礎練習の仕方)、もうひとつはヴィブラートのやり方でした。
 また、僕が指導しないといけなくなった歌い手さんはポップスの人だったので、クラシック系のメソッドである『発声法の手引き』でもいいんですけど、願わくばポピュラー系のちゃんとしたメソッドがあれば…となるとバークレーあたりのジャズ関連からという事になりそうですが、ポピュラー系のヴォーカルをきちんとメソッド化した本の中でビブラートについて書いてある本は、僕が探した本の中ではこれと、この姉妹本『ザ・コンテンポラリー・シンガー』が唯一。というわけで、ポピュラー系のヴォーカル・メソッドではこれが唯一の選択肢でした(^^)。
 この本はCDがついていて、基本的にそのCDを聴きながらの練習という体裁のものでした。本はパート1と2に分かれていて、1が基礎の確認、2が本編のワークアウト。基礎から学びたい僕は、当然パート1から(^^)。

(基礎練習)まず、ヴォーカルのルーティン練習はこんな感じらしいです。トータルで50分強。いやあ、こういうのを知りたかったんですよ!
 ・ウォームアップ:12分
 ・基礎ワークアウト:15分
 ・アドヴァンスのワークアウト:12分
 ・ハーモニーのエクササイズ:8分
 ・クールダウン:5分


(ニュートラルな姿勢)パート1では、まずは正しい姿勢が書いてありました。色々書いてありましたが、自分で勉強になったのは頭の位置。
 ・正しい頭の位置:耳、肩、腰、ひざ、足首が直線に来る。この位置は、頭をなるべく前方に出してみた時と、なるべく後ろに引いた時の中間ぐらい。

(ウォームアップ1:ストレッチ方法)
 1.背骨のストレッチ/2.肩のストレッチ/3.肩を回す

(ウォームアップ2:ヴォーカルウォームアップ)
 ・リップ/タング・トリル:あごを緩める&息を続ける練習
 ・声をスライドさせる:咽頭の筋肉をゆるめる
 ・ハミング(くちびるを閉じて歯を少しだけ開ける):共鳴の感覚を覚える
 ・あくびからのため息:口蓋を持ち上げて開いた音を作る
 ・あとは、スコアに合わせてロングトーン、スタッカート、アルペジオ、アイウエオ、ダイナミックの変化、声域を広げる、など。

(クールダウン)ウォームアップと同じ事をやる

(ヴィブラート)これが知りたかった!!!で、結論を言えば、ヴィブラートは何か特別な技巧を凝らして作るのではないみたいです。息がバランスよく支えられていて、のど、首、あごの筋肉が自由になっていると自然に起きるんだそうです。つまり、力が入ったらダメって事ですね、なるほど。。で、ヴィブラートのスピードと振幅はピッチやヴォリュームによって変化するんだそうです。つまり、どれぐらい抜けばヴィブラートが綺麗に掛かるかを覚えておいて、使いたいところでそういう抜き方をするという事かな?昔、とあるプロのジャズヴォーカリストさんに訊いたら、やっぱり「息を軽く抜くと自然にかかるもの」と教えてくれたことがあります。その人は「アタマの方から息を下ろすように抜くとよりきれいにかかる」なんて言ってました。どうやるんだろう(実践中‥)おお!!ヴィブラートが生まれて初めてきれいにかかった!たぶん、「アタマの方から息を下ろす」というのは、鼻腔にちゃんと息を通すという事なんだな。。でも、きれいにヴィブラートになる確率が低いので、練習してこの抜き加減をコントロール出来るようにするのが練習なんじゃないかと。で、好きなヴォーカリストの見事なヴィブラートを真似するのが練習法だとか。ちなみに、宇多田ヒカルみたいなギザギザのヴィブラートは「ちりめんヴィブラート」といってダメらしいですね。ポピュラーだとアニタ・オデイとかエラ・フィッツジェラルドとかを参考にするのが良いんだろうなあ。

(ベルティング)ベルティング自体がよく分かりませんでしたが、要するに大きな声で歌う事みたいです。で、これをやる時は首やあごの筋肉をリラックスさせてやらないとしわがれ声になったりして声帯を壊すので気をつけてね、みたいな。

 パート2は、CDを聴きながらの具体的なワークアウト。これがこの本の本当の価値だと思うんですが、取り急ぎヴォーカリストじゃない僕にはいらなかったです。でも、ヴォーカリストならひと通りやってみて損はないのかも。

 というわけで、個人的にはウォームアップ/クールダウンののやり方とヴィブラートを学習できたところがとんでもない収穫!西洋のポピュラー・ヴォーカルをやりたい人なら、確実に目を通しておきたいメソッドじゃないかと!


スポンサーサイト



Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『芸術歌唱のための発声法』 エミー・ジットナー

GeijyutuKashou no tameno Hasseihou 僕が歌い手さんへのアドバイスのために読んでみた本の中で一番高度なものが、これと『うまく歌えるからだのつかいかた』でした。たぶん、すごく良い本なんだろうと思います。ただ、この本は本格的に声楽を学んでいる人(しかも恐らく中級以上)のための本だったので、僕みたいな初心者にはハードルが高いかも。でも、声楽のレッスンってこんな感じなんだろうな、というのを垣間見れただけでも貴重な経験でした。

 著者のエミー・ジットナーさんという方ですが、昔の音楽教師みたいに、けっこう癖が強いです。例えば、最初に語られているのは人間形成についてですし、「そうする事で宇宙に開かれる」みたいな表現も…こういう音楽教師の方って、僕も人生で何人も出会いましたが、先生が伝えようとしている事を理解するのが本当に難しかった。。でも、若い人がこういうのを「不思議ちゃんだな」と馬鹿にして読むのをやめちゃったらそこでオシマイ、だから先生が本当にただの不思議ちゃんなのか、それとも本当に素晴らしい人なのかを見極めたうえで、後者なら何とか理解しないといけない。この本を読む人って、きっと声楽で何らかの行き詰まりを覚えた人が読むのだろうから、先生がどういう事を言いたいのかを理解しようとする姿勢や能力が問われるんじゃないかな(^^;)。
 こういう感覚的というか主観的な表現になってしまうのって、身体技術的なものではどうしても仕方がないと思うんですよね。たとえば「横隔膜を下げる」とか「鼻腔を広く保つ」といっても、どちらも目に見えるものではないので、体性感覚としてどんなイメージや感触なのかを伝えるしかない、みたいな。あくまで僕の印象ですが、この人がイメージして使ってる言葉って、実際にそれを出来た人の言葉なんだろうな、とは感じました。

 で、本題。この本、声楽のいろんな発声に対してかなり具体的な対処を書いているんですが、ベースには「自然な体勢で」とか「力を抜いて」とか、あくまで基礎がメインになっているように感じました。それを守った上で、それぞれの対処について書いてある、みたいな。
 で、それぞれの指導ですが、ムチャクチャ実践的です。たとえば、コロラトゥーラは「初めの音は十分に保つ」、「コロラトゥーラが続いている間は口の構えはずっと同じ」とか。僕は声楽のシロウトなのでぜんぜん知らないんですが、「へえ」って思いました。こういうのって、うまくできないで悩んでいる実際のプレイヤーにはものすごいヒントになると思うんですよね。声楽じゃないけど、僕はピアノでそういう体験を何度も何度もしたので、なんとなく分かる気がします。
 で、具体的な指導は、「高い位置による発声法」、「声の矯正」、「母音を均質化する訓練」、「頭部共鳴腔を広げる練習」、「フラジオを得る練習」、「高音を得るための練習」、「コロラトゥーラのための練習法」など。ね?初心者やポピュラーではちょっと高度すぎるでしょ?でも、クラシックの声楽家にとってはまさにここ!ってところのアドバイスなのかも。そして、すごく実践的なアドバイスだらけでした。しかも、アドバイスは実践的だけど我流じゃなくて、ちゃんと科学的なものと参照しながら「科学的にはこうらしいけど、イメージとしてはこんな感じで…」みたいになってるのが素晴らしかったです。

 エミー・ジットナーさんという方は、ウィーン国立音大などでも教鞭をとっていた優秀な指導者らしいし、この本も海外では名著と言われているんだそうです。声楽家じゃない僕が評価出来るようなレベルにはない高度な内容でしたが、クラシックの歌手で何か悩んでいる人には、読んでみると大きなヒントになるかもしれない本なんだろうな、と思いました。いやあ、まじで高度だった(^^;)>。。


Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『はじめての発声法 基礎を学ぶポイント30』 ジャン=クロード・マリオン

Hajimete no Hasseihou_Jan Kuroudo Marion 人にアドバイスをする以上、適当なことは言えないので発声法関連の本を読みまくりました。講師自体がちょっとアヤしいポップス系初心者向け本は避けたのですが、この本はタイトルが「はじめての」と書いてあるところがちょっと心配だったものの、出版社が音楽之友社だったし、初心者向けの方が実際の初心者の僕にはいいのではないかとも思い、トライ!

 な~んて舐めてたら、装丁やタイトルとは裏腹に、本格的な本でした(^^)。書いてあることは他の発声法の本と大体同じだったので、発声法のメインテキスト候補に入れてもいいんじゃないかと。他の発声法関連の本より良いと感じたのは、図や写真が多く、そこが分かりやすかったです。デメリットは、ページ数は少なく図が多い分だけ言葉が少ないので、説明が分かりにくかったです。正直言うと、もし僕が最初に読んだ発声法の本がこれだったらピンと来ない事が多かっただろうという意味で、2択なら、僕なら『発声法の手引』を先に読むかも。で、それで問題ないようなら、この本は読まないで終わらせそうです。

 でも、1冊で問題点が残った場合は、メソッド本は何冊でも読んで問題を解決させるべきと思うので、そういう時にはやっぱり候補に入れてもいいんじゃないかと思いました。セカンドオピニオンの本として良さそうだったのは、、喉頭、咽頭、舌の構造と使い方と、それらのエクササイズやチェック方法が書いてある事でした。他の本だと、姿勢や呼吸法などは素晴らしく良く書いてあるんですが、咽頭や舌はあまり細かく書いてなかったんです。咽頭が3つあるなんて知らなかったよ(^^;)>。図版を期待するなら、『うまく歌える「からだ」のつかいかた』という本が素晴らしくて、そっちを推薦したいです。あ、その本についてはまたいずれ紹介したいと思います。

 というわけで、なかなか良かったけど、初学者が読むなら、『発声法の手引』や『コンテンポラリー・シンガーのためのヴォーカル・ワークアウト』を先に読む事を推奨でしょうか。あ、でも間違いなくいい本でした!


Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『発声法の手引』 狩野了衛

Hasseihou no Tebiki_KanooRyouei ちょっと前に、あるヴォーカリストさんに曲を提供しまして、その流れでその曲の簡単な歌唱指導をする事になりました。作曲家が歌唱指導する事ってたまにありますが、あくまでメロディを伝える程度で、僕もそれぐらいのつもりでした。それって、ピッチやリズムやブレス位置の指摘程度のもので、それ以上は越権行為でもあるし、だいたい発声もろくに勉強した事もない僕に指導なんて出来るわけないっす(^^;)。でも今回のヴォーカリストさんはそういう訳に行かなかったんです。ピッチもリズムも発音(ちゃんとアイウエオになってるかとか、その程度の事なんですが)も、何回指摘しても直らないので、どうやれば治るのか、何が障害になってそれが出来ないのかまで入り込む必要が出てしまったのです。
 で、指導しているとだんだん分かってくる事があって、高低とか音を伸ばすとかだけでも、姿勢とか呼吸法とか色んな事が関わってるんだな…みたいな。これは発声法からやらないと修正出来ないんじゃないかと思いまして、発声法に関する本を何冊か読みました。7冊かな?これはその中の一冊です。ちゃんと学びたいと思ったので、ポップス系ではなく、クラシックの声楽を学んだ指導者か、ジャズならバークリーでメソッド化されたもの、そして初心者の僕にも分かりやすそうなものから選んだわけです。教科書を間違えるのがもっともやってはいけない事で、ここを誤るといくらやったってうまくなりませんものね。

 おお~これは分かりやすい、そしてものすごく的確!自分でやってみながら読んだんですが、こんなに違うものなのか、驚くほど効果てきめん…まあ、すぐに成果が出るという事は、自分がどれだけダメな歌い方をしていたかという事なんでしょうけど(^^;)。。

 内容は基礎に重点が置かれていて、以下のような構成でした。僕的には6章は不要なので、大事だったのは1~5章、特に2章がものすごく大事でした!

第1章 姿勢
第2章 呼吸法
第3章 構音(調音)
第4章 発声の方法
第5章 技術的な各種唱法
第6章 変声期の実態とこの時期の歌唱指導

 1章の姿勢。胸より上は完全に脱力して、下半身に乗せるような形でまっすぐ立つみたいです。で、目線は自分の目より少し上ぐらいが正解。当たり前と思うでしょ?でも、これが実際にやってみると簡単でない、舐めちゃダメ。出来る人には簡単なんでしょうが、ヴォーカリストでも出来る人は多くないのだろうし、つまりほとんどの人はこのベストポジションをキープするために何年も練習を続けるんでしょうね。。で、脱力しての姿勢が出来ないと、次の呼吸法が出来ないのです。いやあ、やっぱり教科書は読むべきだな、我流で太刀打ちできるものじゃないと1章にして痛感(^^;)>。

 2章の呼吸法、これが白眉!呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸がありますが、歌を歌う時には腹式呼吸で歌うという事。この腹式呼吸、シロウトの僕には出来てるんだか出来てないんだか自分で判断するのがとっても難しかったです。実際、腹式呼吸で歌えてない人は、ポップスやロックだとそれなりにいるんでしょうね。もちろん、ポピュラーなら腹式じゃないとダメという訳でもないんでしょうけど、僕が良いと思うヴォーカリストで胸式の人っていない気がするので、胸式だとやっぱり最初からある程度ハンデを背負うのかも。腹式って、はじめは腹や胃も動いてしまうけど(今回のヴォーカリストさんがそうでした)、練習しているうちに横隔膜そのものをコントロールできるようになるそうです。そして横隔膜を下げて支えを作り、横隔膜より上の胸や顔はとにかく脱力。いやあ、「支えを作る」という言葉は声楽の世界でよく聴きますが、実際にやってみて初めて何となく分かった気になれました。横隔膜で支えを作るという事なんですね。横隔膜を下げた状態でその部分だけ少し力を残し、ここで呼吸を制御する…なるほど、理屈は分かったしどうするかも何となくわかったけど、これがけっこう難しい。横隔膜が通常時より上に来た状態で歌うようでは全然ダメ、常に通常時より下に下げた状態で歌うのだそうです。
 横隔膜の下げ方は2種類あって、ひとつは下腹部に押し下げる方法、もうひとつは横隔膜を両脇腹の下に抱え込む形にする方法。どっちでも良いそうなんですが、自分では2つ目はどうやればそうできるか分かりませんでした(^^;)。。
 もうひとつ大事なことは、腹式呼吸で吸い込んだ息を留めておくことだそうです。
 腹式呼吸の具体的な練習方法。
 1. 横隔膜を中心に胴回り一帯に充分吸い込む
 2. 横隔膜を支えたまま呼気をいったん止める
 3. 上下の歯の隙間より「ス…」という音を、ムラのないように30~40秒をかけて出す。


 第3章の構音(調音)。まずは、のどの開き方。開くのが理想ですが、開きすぎはダメ(共鳴を失う)。じゃあどこがちょうど良いかというと、笑う時やあくびの時ぐらいがちょうどいいんだそうです。で、口腔(こうくう)と鼻腔(びくう)の両方に、腹から来る呼気を通すという事ですね。で、首や舌根に力が入ると、呼気が通りきらずに音がこもるので注意。こういうのが、読んでると何でもないんですが、ヴォーカルのレッスンをやっていて、歌い手さんの声が鼻づまりになる事があって、その原因はここなんじゃないかと思ったので、当たり前と思っても出来てない人は多そう。AKB なんてみんなこれですしね。。
 アイウエオ、この口の形をしっかり作って歌う。これも当たり前のようで、歌い手さんは「ア」が「エ」に近くて、口が横に広がるんです。これも当たり前のようで、ヴォーカルさんは何回指摘しても直せませんでした。基礎って大事だ。。

 第4章の発声の方法。これも「ム」と「ン」の発音方法とか、ものすごく勉強になりましたが、特に自分の勉強になったのは声区(声のレジスター)のところ。声区は、胸声、頭声、中声、ファルセット、地声、の5つ。頭声も言葉は知っていましたが胸声と何が違うのかぜんぜん知りませんでしたが、頭を響かせた声。頭声を作るには笑顔にして歌うと出しやすくなるそう…マジか?(ただ今実践中…)おお~本当だ、確かに胸じゃなくて頭を響かせてる感じがする!で、胸声~中声~頭声というのは明確に境界を作のではなく、低い音から高い音までを発音して境界を滑らかにしていく訓練をするんだそうです。ファルセットは西洋でいうと上頭声の事、地声は声帯自体が力で振動されている状態の発声だそうです。いやあ、まじで僕は何にも知らないんだなあ。理解が正しいかどうかは分からないけど、自分でやってみるとなんとなく分かった気がする。
 で、腹式呼吸の呼気で振動させられた声帯が諸共鳴腔に直行できるフォームを作る、と。で、「声帯の振動を自然にするために首筋や舌根に力を入れては絶対にダメ」、「横隔膜の支えで共鳴腔をひろげてやる」みたいな。

 5章は技術的な各種唱法。まずはピアノとフォルテ。この技術が簡単そうで一番難しいんだそうで。ピアノでも喉を詰めたり共鳴腔を縮小してはダメで、フォルテと同じように共鳴腔を開いておくんだそうです。マジか…。フォルテは、喉頭部や胸部を締め付けるのは論外、横隔膜から鼻腔までを一体として共鳴を目指すんだそうです。
 トリル。喉元の力をぬいて、うがいの要領で口蓋垂を震わせながら発生。ええ~そうやるの?!ちょっとやってみよう…なるほど~!!うまくはできませんでしたが、どうやるのかはじめて知った!!いずれにせよ、僕がカラオケで歌ってる歌い方はすべて間違いじゃないか…。
 メザ・ヴォーチェ。ごめんなさい、これだけは読んでも分からなかったです(^^;)。こういう歌唱法があるんですね、音楽ってどの分野も奥が深い。。

 この本が扱っているのは発声法の基礎の基礎だと思うんですが、それがいい加減じゃなくてきちんと根拠をもって書かれているのが素晴らしかったです。そして、実際にやってみると、すぐにはうまく出来なかったけど、なるほどこうやって歌うものなのかとちょっと感動。で、出来ない時は難しい事をやるんじゃなくて、基礎の何かが出来てないんでしょう、だからここがきちんとした教本がある事が重要なのかな、と。今回、発声法の本を7冊ほど読んだんですが、歌を始める人の最初の一冊として良さそうだったのはこの本でした!この本、ジャンル問わず使えると思います。超おススメ!


Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『マリア・カラス オペラの歌い方 ジュリアード音楽院マスタークラス講義』 ジョン・アートイン著

MariaCallas_Opera no utaikata マリア・カラスがジュリアード音楽院で行った講義録です。これは聴く専の人が読むものではなく、アマチュアであるにせよ自分でオペラをやっている人向けでした。というのも、この本の大半が、オペラの有名な演目のある個所をどのように解釈し、どのように歌うかという事に割かれていたもんで、そう思いました。僕が読む本じゃなかった(^^;)。

 でもって、ベル・カントとか呼吸法とか発声法とかディクションとかの指導はしていなくて、それは出来るのが大前提で書かれていました。なるほど、マスタークラスですね。この本、ニコラ・レッシーニョという指揮者とマリア・カラスによる短めのプロローグ、そして本編の講義が73曲分300ページ超!そして短いエピローグという感じです。本編は、この間日記に書いたヴェルディ「リゴレット」「アイーダ」とか、他に自分がCDで持ってるオペラの曲のところしか読んでません(^^;)。

 というわけで、この本の本来の読み方じゃない事は重々承知してるんですが、僕は最初の序文で大いに勉強させられました。指揮者レッシーニョの言葉では、長年の上演で形成されてきた「こうすると良い」という伝統が、学ばれもせずに壊されるのはどうなんだい?かといって伝統になんでも従えというのも違う。要は、伝統的な歌い方が求められる理由を学ぼうとも理解しようともしないところがまずいんだ、みたいな。で、この本は、口伝で伝えられてきたオペラの伝統がはじめて書物としてまとめられたものなんだそうで。
 マリア・カラスの序文で、みのがしやすそうだけど重要な事を言ってそうな部分。「歌えるようにするには、どのように呼吸をしたらよいか等をきちんと学ぶ」、「声はしかるべきポイントに運ばれれば、音量は大きすぎず、同時に響くようになる」。特に個人的にずっしり来たのは、「ステージに立ち始めると勉強に戻るのが難しくなって、これは深刻な問題。だからといって、謙虚さはこの世界に生きるには美徳とならない」。なるほど、これって出来るようになるまでステージに立つのを拒んでばかりではダメだと言ってますよね。出来ないのにステージに上がる決断をすればいいわけではないでしょうが、出来なくてもステージに上がる決断をする何かを持っておけ、ぐらいに覚えておきたい言葉でした。

 本当のマスタークラスのところは1/3も読んでないんですが、なるほどプロの世界はこれだけ細かい所まで考えを張り巡らせて作りあげてるんだな、と感動を覚えました。アマゾンのレビューとかで、どう見ても音楽を学んだことすらなさそうな人が偉そうな上から目線で書き込んでる事がありますが、こういう本を一度でも読んだ事があるなら、絶対にああいうことは書けないんじゃないかと思っちゃったりして(^^)。ピアノだとショパンの弟子がこういう本を書いてくれていますが、オペラをやる人は絶対に読んでおくべき本じゃないかと思いました!


12 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS