心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『移調楽器入門』

IchouGakkiNyuumon.jpg 前回に管弦楽法の本を紹介しましたが、僕はそれだけでは管弦楽を書けるようになれませんでした。正確にいうと、管弦楽の曲は作れたんですが、そのスコアがうまく書けなかった(;>_<;)。ブラスバンド部にいた人とかジャズの管楽器奏者とかだったら楽勝なのかも知れませんが、ピアノだった僕には移調楽器のスコアライティングに悪戦苦闘。なんていうんですかね、ピアノ科とか作曲科っていうと、他の楽器奏者からは「音楽をよく知ってる人」って思われてる感じがするんですが、落ちこぼれだった僕がそんなはずもなく、そう思われてる事がかなりのプレッシャー。でも苦手なものは仕方ない、仲間うちでは総譜にはぜんぶCメロで書いてあとはプレイヤー個々に直してもらってたんですが、ちゃんとしたコンクールに応募するようなスコアやパート譜がそんなんで通用するわけない。。そんな時に出たのが、この本でした!
 この本、「入門」なんて書いてありますがぜんぜん大丈夫、プロの使用に耐える素晴らしい本です!!移調する時の僕の苦労って幾つかあるんですが、鬼門のひとつはオクターブ。たとえばE♭管への移調って、ジャズなんかだとオクターブなんか関係なしにメロ譜を書いたって、プレイヤーさんが勝手に好きな音域に読み直して演奏してくれるじゃないですか。だから、E♭管を短三度下げて調号を#3つ分足す!みたいな単純作業で良かったんですが、これが管弦楽を書く時となると、たとえば同じE♭管への移調でも、ピッコロクラは実音より短3度高くて、アルトクラは長6度低くて、バリトンサックスはオクターブ+長6度低くて…みたいになって、音域を正確に書かないといけなくって混乱(;_;)。。で、この本は、移調をどうやればいいかのリクツも丁寧に書いてあるし、もっと単純に「この楽器はこの手順で移調しろ」と理屈抜きの機会作業の方法も書いてある!これは助かったなあ、僕にとっては救いのアンチョコでした。あ、あともうひとつよかったのは、木管や金管を含めた楽器の使用可能音域と実音と棋譜音の表が出ていた事。管弦楽法の教科書にも音域は載ってるんですが、一覧になってると本当に助かりました。
 今は便利な時代になって、フィナーレみたいな優秀な楽譜作成ソフトを使えば勝手に移調してくれるしパート譜も打ち出してくれますが、それでも移調楽器を含めたアンサンブルの曲を書く人は、「どういうリクツで、どういう風にやるのか」というアンチョコを持っておいた方がいいと思います。そして、そういう本というと、もうこれしかない。いろんな移調楽器を演奏する人や作曲家のマストアイテムだと思います(^^)。。



スポンサーサイト

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『管弦楽法』 ウォルター・ピストン

Kangengakuhou_piston.jpg 管弦楽の曲を書きたいと思ったら、和声法の勉強だけだとちょっと足りません。オーケストラで使われる楽器の音域とか特性とか使える奏法とか、また管楽器は移調楽器が多いのでその勉強とかもしないとね(^^)。そういう勉強は「管弦楽法」なんて呼ばれてます。これは、管弦楽法の本の中でも比較的ポピュラーな1冊。これ以外だと、有名作曲家のベルリオーズが書いた本とか、ゴジラの音楽で有名な伊福部さんが書いた本とか有名ですが、伊福部さんの本とかは2万円以上しますしね、ちょっとかじってみるには量も値段もあまりにヘビー、この本ぐらいから始めるのが一番いいかも。

 管弦楽法というのは、オーケストラで曲を書く方法が懇切丁寧に書かれているわけじゃなくって、楽器の特性や奏法、注意点、その楽譜の書き方…そういうのを学ぶのが最初です。第1バイオリンを2班に分けて二つのメロディを演奏させるときの書き方とか、ダブルリードのオーボエやバスーンは素早いフレーズの演奏をさせようとしてもけっこう難しいとか、音域によって音色が変わってしまう楽器の注意とか、そういうのですね(^^)。この本は大きく2部に分かれていますが、前半はまさにこれ。丁寧に書かれていて、これから管弦楽法を学ぼうという学生の頃の僕にはとても分かりやすかったです!
 後半は、管弦楽のオーケストレーションにかんする分析。この本の場合、「こういう場合はこうです」みたいな手取り足取りな教科書じゃなくって、色んな曲のオーケストレーションを分析して、それを類型化してある感じです。この本でのオーケストレーションの分類は、ユニソン、オブリガート、旋律と伴奏、パートライティング(主に4声部書法)、対位法、和弦という感じ。これらの実例を楽譜を見ながら分析して注意点とか効果のあったところとかを学ぶ感じです。いや~これは良かった、この第2部は管弦楽を書いてみようという人だけじゃなくて、管弦楽を聴いて楽しむ人も読んでおくと管弦楽がいっそう分かるようになって何倍も楽しめるようになるんじゃないかと思います(^^)。

 知識としては和声法とこの本ぐらいの管弦楽法ぐらいあれば十分で、あとは自分の好きな管弦楽を自分で分析して吸収していくのが、管弦楽作曲家への道なんでしょうね。管弦楽法の本は日本でもいっぱい訳されてそれなりの数が出てますが、あまりに初心者向けすぎて書いてないに等しい本というわけでもなく、かといって初心者にとって難解すぎる事もないので、管弦楽法の本を1冊だけ読むならこれじゃないでしょうか!


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『指揮法』 マックス・ルードルフ著、大塚明訳

Sikihou_Rudorff.jpg というわけで、学校の授業で買った『指揮法教程』だけだと「フェルマータはどうやって振るんだ?」とか「パウゼ(休符で止める所や曲の最後で音を切る所)はどうやるんだ?」とか「左手はどうやって使うんだ?」とか、疑問点満載で不完全燃焼でした。そこで僕は、音大の図書館に直行、指揮法の本を片っぱしから見たのでした。そして、その中でいちばん分かりやすかったのがこれ、マックス・ルードルフという人の書いた指揮法の本です!これは『指揮法教程』の教科書でも推薦されていた本で、海外だと、かつてはこれが指揮法のバイブルだったらしい(今はどうか知りませんが…)です。

 まず、図が見やすいです。言葉だけの説明じゃなくって、指揮棒を振る軌道がぜんぶそのまま書いてある!独学にはこれほど助けになるものはなかったです(^^)。あと、「あとは各自でご自由に」と突き放す事がなく、細かいことも全部書いてあります。『指揮法教程』ではざっとっしか書かれてなかった疑問点の数々が、この本でぜんぶ解消されたのでした!スタッカートはどうするか、マルカートはどうするか、アインザッツ(キュー)はどう出すべきか、クレッシェンドとデクレッシェンドやアゴーギグの振り方、アウフタクトからの開始はどうするか、パウゼの止め方、フェルマータの指揮棒の軌道、変拍子の振り方…もう全部書いてありました、完璧です。古い本なので言葉づかいとかが分かりにくいんじゃないかと心配でしたが、全然大丈夫、むしろすごく分かりやすかったです。指揮法の教科書っていっぱい出てますが、指揮に関してはこの一冊さえ持ってればあとはなんにもいらないんじゃないでしょうか。ただし、370ページほどでそれなりの分量があるので、中学生ぐらいまでだとちょっと厳しいかも。でも高校生以上だったら問題なく読めると思います!日本で指揮を学ぶなら斉藤秀雄先生の『指揮法教程』は避けられないかも知れませんが、それで分からない所がいっぱい残る人はけっこういる筈。そういう人には、ぜひこの本を推薦したい!

 あ、あと…音楽之友社さんって素晴らしい本をたくさん出してますが、すぐに絶版にしちゃいますよね、これは残念。この本もメッチャすばらしいのに今は絶版、欲しい人は古本があるうちに買っておきましょう(^^)。


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

書籍『指揮法教程(改定新版)』 斎藤秀雄

ShikihouKyoutei_saitou.jpg 指揮の教科書です。たぶん、日本で「指揮法」というと、まずはこの本なんじゃないかと思います。指揮法を学ぶと、それがナンチャッテでも、オーケストラの演奏を見たり聴いたりしながら指揮者ごっこが出来てメッチャクチャ楽しいです(^^)!

 僕は指揮者になりたかったわけじゃないんですが、いちおう指揮の授業も履修しました。大ホールでオーケストラを振るなんていう大それたものじゃなくって、合唱やブラスバンド部ぐらいは指揮できるようになれたらな、ぐらいの軽い気持ち(^^;)。本格的な指揮者志望の人はどうなのか分かりませんが、僕みたいなライトな人は、この本の著者の斎藤秀雄先生の指揮法をベースにしたものを教えられることが多いと思います。というのは、日本で指揮法を授業として最初にちゃんと教えてメソッド化した人が斎藤先生らしいので(^^)。あ、そうそう、斎藤秀雄先生というのは、東京フィルの指揮者やったり、桐朋学園の音楽クラスの設立に関わったりした人で、レジェンドらしいです(^^)。最近(2016年)出たアルテスパブリッシングの指揮法の本も、斉藤メソッドの流れにある指揮法なんじゃないかと。というわけで、「ちょっと指揮の勉強してみたいな」という人は、最初に手にするべき本はこれなんじゃないかと(^^)。

 ただ…物わかりの悪い僕には、ふたつ不満がありました。
 ひとつは、指揮棒の運動が分かりにくい事です。指揮って運動じゃないですか。これを文章で書かれても分かりにくい、もう少し気の利いた図を入れて欲しかった。。この本の図って、他の指揮に関する本に比べても、わかりやすい方じゃないと思います。たとえば「撥ね上げ」とか「先入」とか「ひっかけ」というタクト捌きなんか、もしこの本だけで学ぼうと思ったら、ここに書かれている文章と図だけでどういう運動なのかを理解するのは至難の技なんじゃないかなあ…。
 もうひとつは、ちゃんとぜんぶ書いてない事です。初心者向けの本でも、いちおう指揮が出来るところまでは全部書いてないとダメだと思うんですよね。上級者テクニックとかは書かなくていいけど(というか、この本にはたぶん書かれてないです)、いちおう1曲通して問題なく指揮できる、ぐらいまでは書いて欲しかったです。。たとえば、指揮を始める最初って、アウフタクトでなければ4拍目から振りはじめると思うんですが、それって最初の一振りはどうやって始めればいいの?というのが、「一拍前から振る」みたいにひと言書かれてるだけで、その軌道が書かれてないです(+_+;)。。あと、左手の使い方とかも、さいごに「附記」としてちょっと書いてあるだけ。つまり、せっかくこの本をひと通りやっても最初の出始めのタクトの振り方の時点で戸惑ってしまう、ディミネンドの左手で戸惑ってしまう…などなど、学生の合唱の指揮ですら満足に指揮できない可能性があるんじゃないかと。う~ん、僕の理解が浅いだけなのかなあ…。

 というわけで、かゆい所に手が届く本とは言えないとは思いますが、弱点があろうがなかろうが指揮を学びたければ何はともあれこの本から!ああ、あと、独学の人のために、この本の補助としてDVDも出てるみたいです。DVDの方はボクは見てないんですが、たしかにタクト捌きに関しては映像で見ればものすごく分かりやすいんでしょうね(^^)。


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『精神と音楽の交響 西洋音楽美学の流れ』 今道友信・編

SeisintoOngakunoKoukyou.jpg ひとつ前の日記で紹介した本『音楽の原理』は、音の科学や作曲技法や身体まで、音楽に関する何もかもを体系づけた壮大な本でしたが、えらく論理的なので、ただでさえ難解な美学方面がかなり難しかったです(^^;)。僕の場合、美学というのは、音大の授業で習ったヘーゲルが最初の出会いで、面白そうなので自分でいろんな本を買ってきては読んだもんでしたが、ちょっと哲学が入るんで、むちゃくちゃムズカシイんですよね。音楽に限らなければ、いろんな哲学者が有名な美学書を書いてますが、けっこう美術系が多くって、音楽は少な目だったりもするし。アホなボクにとっては、今まで読んだ音楽に関する美学書の中では、この本がすごく分かりやすかった!!この本がなかったら、美学系はお手上げだったかも。
 
 この本は、西洋音楽に関する美学の流れを、古い時代から現代まで、各時代で有名な音楽論を書いた人の考えを紹介していきます。各章につき一人という感じで、いちばん古いのは2世紀の天文学者プトレマイオス、いちばん新しいのはマイアーという現代の音楽学者。ぜんぶで15章ですが、アドルノという社会学者は2回でてくるので、合計14人かな?やっぱり古い時代の人の音楽論は科学が追いついてないので、かなり抽象的になってしまって同意できなかったりしましたが、でも当時の人が世界をどうやって見ていたかとか、音楽をどういうものだと感じていたのかとかが分かって面白かったです。そしてやっぱり「おお~すげ~」ってなるのは近現代。ワーグナーやニーチェが信奉しまくったショーペンハウアーの音楽美学あたりから、一気に面白くなります!!「芸術は理念(Ideen)を再現したものである」(ショーペンハウアーの章P.296から抜粋^^)とか、すごいと思いましたね~。。

 この本、それぞれの章は、違う専門家が書いてます。そして500ページ近いので、色んなものの観方が出来るようになってる半面、論点がぼやけて見えがちでしたが、こういう本というのは論文の持ち合いが普通。というわけで、読む側が「これは音楽の美学について書いてある本なんだ!」という所を見失わないように気を付けておかないと、迷子になるかも。逆にいうと、そこさえ見失わなければ、音楽美学の入門書として、これほど分かりやすい本もないかと思いました。むずかしい音楽の美学書についていけなかった経験がある人はけっこういると思うんですが(僕がそう^^;)、そんな人にもおすすめです!!


02 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS