心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『ある日どこかで』

AruhiDokokade.jpg 1980年制作の、アメリカの恋愛映画です。普通のラブロマンスと違うところは、タイムトラベルが絡んでいる事。いい映画と検索すると必ず出てくるぐらい支持する人の多い映画ですが、僕はこのタイムトラベル部分だけが気にかかってなかなか見なかったんですが、ある日ついに観たのでした。決め手は、主役が「スーパーマン」を演じたクリストファー・リーブだったから(^^)。

 主人公は脚本家志望の大学生リチャード(クリストファー・リーブ)。彼の処女作上演パーティーに、品のよい老婆が来て、意味深な言葉を残して去ります。その後、夢かなって脚本家となったリチャードでしたが、ふと滞在したホテルに飾られていた女性の写真に魅入られてしまい、彼女に恋してしまいます。この写真は、昔このホテルで講演をした女優の写真で…

 最初観た時の感想は、いい映画だけど、やっぱり時間旅行というところがちょっと興ざめだな…みたいな。胸がギュッとするいいラブロマンスなんです。だからこそ、なにも時間旅行なんていうギミックを使わなくたっていい作品にできたんじゃないか、と思っちゃったんですよね。この部分は今もそう思うんですが、なんども見ているうちに、それが気にならないぐらいに好きになってしまったのです。理由は音楽。素晴らしいラブロマンスに胸を締め付けられそうになるんですが、その効果は、ストーリーや芝居や映像だけでなくて、音楽が大きかったんじゃないかと。この映画で重要な曲は主にふたつで、ひとつはラフマニノフの「パガニーニの主題によるラプソディ」、もうひとつは映画のメインテーマです。音楽については、サントラの感想をあらためて書くとして、これがロマン主義音楽の神髄みたいな音楽である事が重要なんじゃないかと。

 さらに、音楽に感動しはじめると、他の効果が。今でいう「ロマンチック」って、ムードがあるみたいな意味になってる気がするんですが、18世紀19世紀のロマン主義って、文学でも音楽でも、もっと神秘主義とか個人尊重とかをないまぜにした思想だと感じるんですよね。ラフマニノフもそうだしマーラーなんてもっとそうですが、そこにあるロマン主義の何に感動するのかというと、そのとんでもなく美しい響きと、それがやがて終わるという事。むずかしい事じゃなくって、長時間続く至福のロマン主義交響曲を聴き終わった後のあの感慨、あれです。あの感覚って何かというと、劇的で長大な至福の音楽の終わりは、劇的で長大な至福の人生の終わりと何が違うのか、ということなんじゃないかと思っています。つまり、ロマン派音楽の感慨の行きつくところって、それが人間の人生の象徴となっている、と感じるんです。
 この映画の場合、映画の中でロマンスがあり、そしてそのロマンスからひとりの人間の死までという一生が、タイムトラベルをギミックとして圧縮して描かれます。これはロマン派音楽の交響曲や協奏曲とまったく同じ構造じゃないか、と思うんですよね。映画製作者の意図とは違うかも知れませんが、ロマン主義音楽の根底にある思想と、この映画が暗に持つ事になったテーマが、意図せずとも同調したんじゃないかと感じるのです。ラストシーンは象徴的で、あのラストにかかる音楽が、もう救いそのもの、人生で最大のロマンス、幸福感を感じた瞬間の音楽と同じ。そして、それは死の瞬間と同じなのです。これは、映画全体の構造がしっかり掴めるようになるまでは感じなかった感慨でした。なるほど、多くのファンがいるというのもうなづけます、いい映画だ…。


スポンサーサイト

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

映画『野生の証明』

Yaseinoshoumei.jpg 「人間の証明」の翌1978年に公開された角川映画です。原作は前作と同じ森村誠一さん、主演は高倉健。社会巨悪と戦う推理サスペンス調の映画なんですが、健さんは無口で仁義を通してメチャメチャ強いので、東映任侠映画の頃の健さんとなんにも変らないです(^^)。健さん、カッコいい。子供のころは、友達のお兄さんが「あの映画は自分の腕の肉食ったりしておっかないぞ」というもんだから、恐ろしくて見れませんでした。あのお兄さんは性格悪かったな。

 この映画、人に説明しようとすると、なんと説明して良いやら分かりません。自衛隊の特殊部隊が東北の寒村を全滅させるとか(*追記:「あれは自衛隊が全滅させたんじゃなくて、全滅させたところに自衛隊が居合わせたんです」とのご指摘をいただきました。ご指摘いただきました名無しさん、ありがとうございました!)、生き残った少女が超能力を持ってるとか、なんだかとんでもない要素が色々と入ってるのでね( ̄ー ̄)。その殺戮現場にいた自衛隊の隊員(高倉健)が、自衛隊退役後に生き残った少女(薬師丸ひろ子)を養女に貰いますが、命を狙われます。ある刑事は、この隊員が少女の両親を殺した犯人ではないかと疑いはじめます。自衛隊では、彼をマークします。まあこんな感じで、主人公がいったい何者であるのか、また事件の真相が何であるのか、こういうものを軸に話が展開するので、メッチャ面白い!そして後半はランボー張りのサバイバル。そして話は回収できず( ̄ー ̄)。構図やら編集やら色々とアマチュアっぽいのは相変わらず角川映画っぽいですが、そういう所はさておいて面白いというのも角川映画っぽいです。やっぱり本の会社だからストーリーがメインになってしまって、映像や音楽はアマチュアなんですかね。そうそう、音楽は大野雄二さんが担当していますが、「ルパン三世 カリオストロの城」とそっくり。カリオストロの城の公開は翌年、この2年のうちに映画音楽を8本も担当しているので、新しく作ってる暇がなかったのかも(^^;)。

 「人間の証明」は途中で何度も見るのをやめようと思ってしまった僕でしたが、この映画は面白くって、最後まで目が離せませんでした。前作の主演・松田優作さんとの共演は、この約10年後のハリウッド映画「ブラック・レイン」で実現します。ブラック・レインでは優作さんの圧勝ですが、この時点では健さんに軍配かな(^^)。あ、そうそう、このあと角川映画の看板女優となる薬師丸ひろ子さんは、この映画が銀幕デビューです。



Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

映画『人間の証明』

Ningennoshoumei.jpg フラワー・トラべリン・バンドでヴォーカルだったジョー山中さんですが、僕にとっては俳優の印象の方が強いです。歌が僕にはイマイチわからなかったというのもあるんですが、それ以上に子供のころに夢中で見てた「探偵物語」や、この映画での役者としての印象が強いんですよね。セリフは棒読みくさいんですが(^^;)、なにかを感じる俳優さんでした。

 映画『人間の証明』は、77年の邦画。音楽は大野雄二さんで、この時代の映画やテレビでジャズっぽい劇音楽といったら、もう大野さんか深町純さんのどちらかという感じ。映画の方は…まあ、角川映画なので、クオリティは推して知るべし(^^;)。ストーリーは、ニューヨークのハーレムで貧しく生きていた男(ジョー山中)が、父が悪事で得た金を使って日本に来たのはいいけどすぐに刺殺されちゃって、その犯人を追っていくという刑事推理もの。

 角川映画って、クオリティはともかく面白いものがちょくちょくあるんですが、この映画はもう一歩だったかな(^^;)。。冒頭にファッションショーのシーンが4分ぐらい続くんですが、ストーリ-上大きな意味を持たないこういうシーンにこんなに長い尺が必要なのかなあ。カメラや美術照明も、みんな影も角度もつけずに正面から狙って、フォーカスや構図もほんとに無頓着で、絵がかなりダメ…。いろんなところが、映画じゃなくてテレビドラマぐらいのレベルに感じました。でも今の邦画って、テレビ局が作るものも増えたし、その先駆けっぽいと言えばぽいのかな?
 ストーリーはまあまあ楽しかったです。最初30分は本当につまらなくってどうしようかと思ったんですが(^^;)、事件の謎にせまる中盤から終盤はそこそこ面白かった!でも、終盤でまたしても無意味に長いファッションショーのシーンが(ノω=;)ヤメテクレ。。もし市川崑さんとか、映画づくりのプロの人がメガホンをとって、いいカメラマンや美術スタッフを揃えられて作れたら、3倍は面白くできたかも。あと、ストーリー以外で個人的に面白かったのは、70年代後半のNYが実際に見られた事、特にNYのハーレムが見られた事(当時のここはアフリカ系アメリカ人以外が入っちゃいけないな^^;)、夏八木勲さんの愛人役の范文雀さんが美人だった事。大好きな俳優の松田優作さんには期待大だったんですが、この映画ばかりはミスキャストだったかも。演技がカッコつけすぎというか、いつもの殺し屋役とか探偵役とかだったらこれでピタッとはまったのかも知れませんが、警視庁特別対策チームの50人ぐらいのチームの下っ端刑事が偉そうにカッコつけてると、さすがに違和感を覚えてしまいました(^^;)。優作さん、アウトサイダーでない役は、どうもしっくりこない。きっと、本当にアウトサイダーだったんでしょうね(^^;)。


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『続・黄金の7人 レインボー作戦』

ZokuOugonnoShichinin.jpg 黄金の7人の続編です!1966年のイタリア映画、時代的にキューバ危機をパロディ化してると思うんですが、こういうのを笑いに変えられる軽妙さがイタリアっぽくてしゃれてます(^^)。

 以下、ちょっとあらすじにふれちゃうので、読みたくない人は◆印のところまで飛んでください(^^)。今回は、泥棒の天才教授と仲間の7人と、色気で男をたぶらかす悪女の8人組が、アメリカ政府と取引をして、軍事政権のトップを誘拐。その代償に軍事政権が持っている金塊を頂戴しちゃおうというもの。例によってドロボーじたいはうまくいくんですが、取ったあとが問題。みんな自分だけのものにしようとするので、話がこんがらがっちゃいます。

 ◆というわけで、今作は第一作に比べて最後の2重3重のどんでん返しが面白かったです(^^)。また、前作よりコメディ色がさらに増した感じ。犯罪ものの映画なのにシリアスにならずに笑えるのは、音楽に寄るところが大きいと思いました。催眠ガスで人を眠らせるシーンがあるんですが、そこでBGMがだんだん遅くなって最後にいびきをかき始めるとかね(^^)。前作に比べるとストーリーがあまりに現実離れしすぎているので、見始めた時にはやり過ぎ感があってちょっと引きましたが、後半からは前作をうわまわるスピード感で良かったです。あまり難しくないくだらない映画が見たい時に、おススメです!



Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『黄金の七人 Sette uomini d'oro』

OugonnoSichinin.jpg テーマソングが超有名な1965年のイタリア映画、痛快な泥棒劇です!

 泥棒の天才教授、6人の協力者、教授の連れのやたらと色っぽい女、彼らが組んで銀行の金庫に眠った黄金を盗みます。計画は用意周到、地下から穴を掘って金塊をごっそりいただきます。でも、そこからが騙し合い、女は裏切り、教授は罠を張り、6人は金塊を追い・・・

 いや~、クライムサスペンスなので、シリアスになってもおかしくないと思うんですが、この映画は終始痛快!この映画、ルパン3世の元ネタだそうですが、それも納得、ハラハラドキドキしながらも楽しく見る事が出来ました。また、オチもいやな気分にならない感じで良かったです(^^)。
rossanaPodesta.jpgあと、ルパン3世でいうところの不二子にあたる女性役をロッサナ・ポデスタという女優さんが演じてるんですが、65年でこの美人さ、ファッションも今より全然いい・・・というより、昔の方が女優が美人で、ファッションもお洒落に感じたりするのはボクだけですかね?

 泥棒の映画なのにこうやって終始痛快なのって、音楽によるところが大きいんじゃないかと思います。ジャズ調のメインテーマは、日本ではカードローンか何かのCMで使われたりするので、皆さん知ってるんじゃないかと。他にも、ブッカーT&MG’s みたいな電子オルガンのインストとか、軽快な音楽が満載!音楽はアルマンド・トロヴァヨーリという人で、ジャズ系の映画音楽の作曲家として知られた人ですが、「黄金の7人」の音楽がいちばん有名なんじゃないでしょうか?!気軽に重くない映画でも見ようかな、な~んて方におススメです(^^)。



02 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS