FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『サウンド・オブ・ミュージック』 ジュリー・アンドリュース主演

Sound of Music ミュージカル映画といえばこれ、1965年制作の「サウンド・オブ・ミュージック」です!もともとは1959年に制作された大ヒット・ミュージカルで、「サウンド・オブ・ミュージック」「ドレミの歌」「マイ・フェイバリット・シングス」「エーデルワイス」などなど、有名曲がどっさり。

 映画はトラップ・ファミリーというオーストリアにいた家族合唱団一家を描いています。マリアというこの家族の継母(のちに本妻)となる人が子守係としてトラップ一家に来て、子供たちうと心を通わせます。しかし時代は第2次大戦前の暗雲立ち込める状況となり、ナチの手はオーストリアに伸びたところで、トラップ一家は亡命を目指して山を越えます。

 ナチス・ドイツがヨーロッパを席巻した時代のオーストリアが舞台なので、暗くてハードな内容の映画になっても良さそうなものですが、基本的に明るく楽しく作ってありました。ナチス・ドイツの方を持つ気はないけど、ナチ時代のドイツを絶対悪として描く映画や本は僕は嫌いで、この映画で嫌いだったのはそこだけ。あとは、3時間近くある映画とは思えないほど楽しく見ることができました。よかったのはやっぱり音楽で、特に「ドレミの歌」のコーラスの交換と、階段をピアノの鍵盤になぞらえて子供たちとあがったり下りたりするアイデアがよかったです(^^)。

 僕はもともとミュージカルやミュージカルが苦手だったうえ、この映画はママさんコーラスご用達っぽかったので、ずっと観るのを避けてたんです。ところがかなり大人になってから観てみると意外と面白かったのでした。でもたしかに「チャイナタウン」や「若者のすべて」が好きだった若いころに見ても面白く思えなかっただろうな(^^;)。ちょっと天然で能天気な主人公のマリアさんがいいです。
 ところで、この映画で描かれたトラップ・ファミリーは実在した家族コーラス隊なんですよね。トラップ・ファミリーは第2次世界大戦時にオーストリアからアメリカに亡命、アメリカで食べるために合唱を生業にして、数々の録音も残してるんですが、その話はまた次回にでも!


スポンサーサイト



Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『仁義なき戦い 完結編』  深作欣二監督、菅原文太主演

JinginakiTatakai Kanketuhen 初期の「仁義なき戦い」は5部作ですが、これが完結編です。「仁義なき戦い」の主人公は菅原文太さん演じる広能というヤクザなんですが、広能はこの5作目の最後で足を洗います。原爆を落とされた広島という地獄の状況では、やくざにでもならないととても生き残れなかったという側面もあったのかも知れませんが、堅気がいいですよね(^^)。死なずに堅気になれて良かった良かった。

 完結編らしく、広能の引退以外にも色々と決着がつきます。1作目から姑息な事をやり続けた卑怯者の田中邦衛がついに殺られた、ざまみろ!広能の引退の道連れのように、『代理戦争』以降は3作通じて対抗組織のボス(もともとは広能の盟友)だった小林旭も引退。こんな具合で、5作続けて大風呂敷を広げるだけ広げた話が見事に終息したのは見事、スッキリしました(^^)。
 
 しかし…いい形での完結を観れたのはいいんですが、シリーズを通じて、役者の芝居がだんだんダメになっていったように感じました(- - *)。1作目2作目に出ていた俳優をあげると、松方弘樹さんも梅宮辰夫さんも北大路欣也さんも、1作目2作目では渾身の演技。でも5作目になる芝居用の芝居みたいに大げさになってしまったように感じました。「仁義なき戦い」は俳優の演技にしびれる映画という面もあると思うので、ここはとっても残念。北大路さんなんて、2作目では迫真の演技だったのに、この5作目では歌舞伎のセリフみたい(゚ω゚*)。。まあ、これだけ登場人物が多いと、役者の人数が足りないから一人で色んな役を演じ分けないといけないとか、制作ペースが異常に速くて役者が役を掘り下げて演技を練習する暇がないとか、色々あったのかも知れません。

 とはいえ、仁義なき戦いシリーズは、初期5部作は間違いなく面白いです!群像劇なのでその後を続ける事もスピンオフ作品を作る事も出来たでしょうが、ここでいったん幕引きにしたのはいい選択だったと思います。ここまでは面白いんですよ。くれぐれも伝えておきたいのは、以降の「新・仁義なき戦い」シリーズは、好きなら見てもいいけど、見なくても全く問題なしです(^^)。


Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『仁義なき戦い 代理戦争』、『同 頂上作戦』  深作欣二監督、菅原文太主演

JinginakiTataka_dairiSensou.jpg 仁義なき戦い5部作の3~4作目がこの2本です。1作目2作目は単独で見ても大丈夫ですが、以降の『代理戦争』『頂上作戦』『完結編』の3作は連続しているので、続けて観た方が楽しめるの思います。ちなみに、友人の仁義マニアは「3作目の『代理戦争』が一番好き」といってました。観る人によって感想は様々ですね。

 これも群像劇。話が複雑で、それを追っかけるのがムチャクチャに面白いです。何回見ても、人の名前を憶えたり話の展開についていくので精一杯なほど進展がはやくて、頭をフル回転させてないとすぐついていけなくなります。だって、村岡組の主要幹部がいつのまにやら山守組の主要幹部になり、山守組幹部だった広能組は村岡組傘下だった打本組傘下に入って、一緒に打本組傘下に入った幹部たちと戦争する事になって…ややこしいでしょ?これを追っかけて行くのがジェットコースタームービーみたいでものすごく面白いんです(^^)。

 その複雑さを加速させているのが、前作までと同じ俳優が違う役をしている事。1作目で自分の親分に裏切られて殺された梅宮辰夫さんは、山口…じゃなかった明石組の幹部として復活!そういえば先日、山〇組系の抗争事件で射殺された組長さんが出ましたね、仁義なき戦いは映画の世界だけでなく、現実でもまだ続いてるんだなあ…。
 山守組の若頭だったけど殺されちゃった松方弘樹も別の役で復活!その他、殺された山守組幹部が続々復活!2作連続で惨殺された下っ端チンピラ役の川谷拓三さんは今回もチンピラでしたが、今回は無事最後まで殺されずに済みました、良かった良かった(^^)。伊吹吾郎演じた上田は他の俳優で復活!…と思いきや、これは別の上田みたいです、ややこしい。その他、とにかく同じ俳優が違う役でごっそり出てるので気をつけろ!でも、何回も見てると、この役者違いまで楽しくなってくるんですよ。

 『代理戦争』では、渡瀬恒彦さんの芝居が素晴らしかったです。1作目で狂犬のようなチンピラやくざ有田を演じた渡瀬さんですが今回はヤクザ見習いになって、認めてもらおうと功を焦って悲惨な死を迎える役です。複雑な群像劇で、ともすれば収拾がつかなくなりそうな映画が、渡瀬恒彦さんの人生を最初から最後まで追ってるから物語に一本ビシッと筋が通って見えました。一方の『頂上作戦』は、若い奴らみんなの暴走を描いてるもんで、『代理戦争』に比べると散漫…面白いんですけどね(^^)。

 ややこしい話ですが、要するに山守組と打本組の喧嘩を軸にして、これが広島ヤクザvs日本最大の暴力団神戸明石組の喧嘩に発展していくという所さえ押さえておけば理解しやすいかと。しかし、東映はほぼリアルタイムで進行中だった抗争事件を映画化していたわけですよね。映画人も命張ってたんだなあ。


Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『仁義なき戦い 広島死闘篇』 深作欣二監督、北大路欣也主演

JinginakiTatakai_HirosimaSitouhen.jpg 日本のやくざ映画最大のヒットシリーズ「仁義なき戦い」は、あまりにヒットしたもんだから続編がたくさん出ていて、観た事のない人は何から見ていいか分からないと思います。そんな中、『仁義なき戦い』シリーズで僕が最も感動したのが、この第2作『広島死闘篇』でした!いや~これは何十回見たか分からないぐらいに観ました。「広島死闘篇」は映像表現としても人間ドラマとしても日本映画屈指の作品といっていいものなので、「やくざ映画なんて」と思ってる方は、そういうレッテルを外してぜひ見て欲しいっす。僕の中では日本映画のベスト10に確実に入る映画です。

 ノンフィクションである「仁義なき戦い」初期シリーズは5作あるんですが、この映画だけが外伝的な扱いなので、他を見ていなくても楽しめます。この映画は、山上光治というヤクザの人生を描いた作品です。山上(劇中では山中正治)は、1950年代に起きた第1次広島抗争という暴力団同士の抗争で敵組織の主要人物を次々に殺して「殺人鬼」と呼ばれた人物で、これを演じたのが北大路欣也。その迫真の演技は北大路欣也生涯のベストじゃないかと。
 山中さんの生涯は壮絶なんですが、最後は拳銃自殺。この映画のどこが一番素晴らしかったかというと、最後の絶望と錯乱に見舞われた山中の心理表現です。夜の雨の中、電車の走る線路を横切り、潜んだ空家の外ではパトカーのサイレンが響き渡り、赤いライトがガラス戸の向こうにずっと見え、タバコを吸って気を落ちつけようとするも、身体の震えで咥えたタバコがブルブルと震えて火もつけられません。ようやくパトカーの音も去り、静まり返った空き家の中で山中は予科練の歌のメロディをかすれた口笛で吹き、拳銃を口に突っ込み…この人間の極限状態を映像化したラスト20分の映像表現、演出、芝居の3つの見事さは、映画史に永遠に残る名シーンじゃないでしょうか。だから、やくざ映画じゃなくて、日本映画として素晴らしいと思ったんですよね。

 演出やカメラも見事なら役者の演技も見事。今の日本映画の「役者が芝居してます」なんてものじゃなくて、これって役者じゃなくて本人なんじゃないかというほどに素晴らしかったです。あ、最後に…この映画での成田三樹夫さんの演技は、北大路欣也に並んで素晴らしい!成田さんは名優ですが、個人的にはこれと『探偵物語』の服部さんが印象に残ってます(^^)。


Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『仁義なき戦い』 深作欣二監督、菅原文太主演

JingnakiTatakai.jpg 昨日亡くなった梅宮辰夫さんの代表作と言えば、僕の中ではダントツでこれ!高倉健の任侠ものと並ぶ、やくざ映画の代表作、『仁義なき戦い』です!ついでに言うと、松方弘樹さん、菅原文太さん、伊吹吾郎さんの代表作もこれです。この俳優さんたちの俳優人生の一番輝いていた時期が、この映画には詰まってるんじゃないでしょうか。

 ビデオ屋のやくざコーナーに行くと、『仁義なき戦い』という名のつく映画がずらっと並んでいて、どれを見ていいのかさっぱり分からないと思うんですが、面白いのは最初の5作品で、ここまでで仁義シリーズは一区切り、あとは観なくていいです(゚∀゚*)エヘヘ。でもって、初期5部作は2作目『広島死闘篇』だけが外伝的な扱いで、あとは話が繋がっています。というわけで、仁義シリーズの王道を見るならまずはこれです。
 『仁義なき戦い』の5部作は、戦後に広島で起きた「広島抗争」というやくざ同士の抗争事件を描いた実話です。中心人物として描かれるのは菅原文太演じる広能昌三さんというやくざですが、広能以外にも細かく描かれている人物が何人もいて、そのヤクザを演じる役者の演技が素晴らしすぎるのです。
 個人的に演技が素晴らしいと思ったのは、梅宮辰夫(男気あってカッコいい)、伊吹吾郎(ドスの効いた声がすごい)、松方弘樹(貫録あり過ぎ)、渡瀬恒彦(彼だけ幹部クラスでないヤクザ役なんですが、それを演技で感じさせるのがすごい。渡瀬さんだけチンピラらしく狂犬っぽく危なっかしくてヤバい)。いずれ主演作が何本もあるような売れっ子俳優さんたちなのに、4人とも生涯ベストの演技はこの映画だろうなというぐらいの名演技が揃っているのです。梅宮さんなんて、この映画のために本当のヤクザにあって演技の参考にしたと言いますから、それがあれだけの迫力ある演技に繋がったんだな、みたいな。

 そして、裏切りやだまし上等というやくざ社会の話の経緯が相当にややこしくて、それがえらく話に深みを与えていて、見れば見るほど面白いです。途中で刑務所に入ってフェードアウトするヤクザとか、親分を失って別の組に吸収されるヤクザとか、時間経過で組織図まで変わっていく複雑さ。主要人物だけでも10人以上出てくる映画でこういう複雑な展開をするもんで、1回見ただけだと名前を覚えるのですら追いつかない状態。これが2回3回と見るたびに、「あ、こういう事だったんだな」と分かってきて病みつきになるのです(^^)。文字で書いてもこの面白さを伝えづらいのが悔しいぐらいに面白い。

 とはいえ、これはやくざ映画。ホラー映画みたいなもので、万人向けとは言えません。2作目の『広島死闘篇』だけは名画としてどんな人にも薦めたいけど、それ以外は女性やお堅い人には薦められない、まして彼女と一緒に見ては絶対にいけませんね(^^;)。でも、かつての日本映画で抜群の人気を誇っていたのがやくざ映画だった事も確かで、人気が高かっただけのことはあるとんでもない面白さでした。たぶん、見る前は「やくざ映画か、なんかキワモノっぽいな」という印象じゃないかと思うんですが(僕がそうでした)、見た後は「おいおい、こんなに面白いのか?!」と変わるんじゃないかと。大好きな映画、日本の戦後風俗史を知りたい方や、血の気が多い人はすぐに見るべし!


01 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS