FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『デッドゾーン』 スティーヴン・キング原作、デヴィッド・クローネンバーグ監督

DeadZone.jpg スティーヴン・キング原作の映画といって思い出す映画のひとつで、1983年の作品です。スティーヴン・キング原作の映画って、他には『シャイニング』や『ペット・セメタリー』あたりも観た記憶がありますが、『デッドゾーン』はスティーヴン・キングではなく、監督のデヴィッド・クローネンバーグに興味を持って観た映画でした。

 教師であるジョニーは、交通事故で5年も意識を失い、目覚めた時には婚約者が別の男と結婚していて、自分は体が思うように動かなくなっています。代わりに人に触るとその人の過去や未来が見える超能力を手に入れていました。この千里眼の能力はジョニーにとっては辛い事でもありますが、次第にジョニーはこの能力を持つ自分の使命を感じるようになっていきます。ある日、ジョニーが大統領候補のグレッグと握手した瞬間に、核戦争の未来が見えてしまいます。この男が大統領になったら…


 あらすじだけ書くと、なんて事はない超常サスペンス映画に思えてしまうんですが、でもクローネンバーグ監督というのが面白い表現をする人で、80年代にはじめて彼の映画を見たときは、カット割とか色んなところに新しいセンスを感じて、ちょっと衝撃を受けたんです。つまりこの映画、僕はストーリーではなく、映像の見せ方に魅力を感じたんです。絵や構図が奇麗とかそういうのでもなく、なんというか…映画のストーリーとは直接関係のないところにフェティッシュなこだわりがあったり、分かる人にだけ分かるような暗喩が仕掛けてあったり、ストーリーを言葉で語らずにカットの繋ぎで見ている側に想像させたり。こういうところが、それまでの大資本映画会社が作ってきた映画とは違って、映画マニアが大資本を得て作った映画というか、音楽でいうニューウェーブに似て、良し悪しはともかくとしてそれまでになかった表現やセンスを感じました。
 80年代にはそういう監督が何人かいて、『ブルーベルベット』で見たデヴィッド・リンチ監督や『エレメント・オブ・クライム』で見たラース・フォン・トリアー監督あたりも、クローネンバーグと同じように、やたらと頭の良い映画マニアがそのまま映画監督になったような、カルトなムードを持った監督たちでした。「これは70年代までの映画とは違うぞ」みたいな。

 僕的なクローネンバーグ最高傑作は『戦慄の絆』で、『デッドゾーン』はそこまでは届かなかったけど、それでも独特な映画センスを感じる映画でした。いまの若い人が、ビッグネームになる前のクローネンバーグやリンチやトリアーが作ったこういうカルト気味な映画を観たら、どう感じるんでしょう…って、スティーヴン・キングの話をするつもりが、クローネンバーグの話ばかりになってしまいました(^^)。でもこの映画の魅力は、間違いなくクローネンバーグにあると僕は思っています。書いている暇があるか分からないけど、いつかこれまでに見たクローネンバーグ映画の特集もやってみたいなあ。


スポンサーサイト



Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『ショーシャンクの空に』

Shawshank no Sorani 『ショーシャンクの空に』、僕は小説よりも映画を先に体験してました。1994年のアメリカ映画で、スティーヴン・キング原作の脱獄もの感動映画です。やたら評判のいい映画で、「いい映画ないかな」な~んてネットで検索をかけると、この映画や『ニュー・シネマ・パラダイス』を推す人がけっこう多くて、それで観たようなものだったんですが、個人的にはそんなに面白くなかった(^^;)。たくさんの人が推薦するものだから、期待しすぎちゃったのかも知れません。

 冤罪で逮捕されてしまった若い銀行副頭取が主人公です。刑務所での彼はゲイの集団にしょっちゅう襲われて生傷の絶えない状態でしたが、銀行マンというキャリアを活かして看守たちの税金対策の面倒を見てやった事から待遇が変わります。しかしそれが裏目に出て、今度は出所のチャンスになっても出所させてもらえなくなってしまい、だったら逃げてやる!ってわけで19年掘りつづけた抜け穴からついに脱獄!…以上です。

 脱獄もの映画特有のドキドキがあるので、面白くないとは言いませんが、だからと言って脱獄に成功するかどうかという映画が名作かと言われると…いやいや、感じ方は人それぞれですから、他の人がどう感じたかに文句をつける気なんてないんです。きっと、脱獄した後の青い海岸線に生きるという自由で美しいこの世界に感動したりするんじゃないかと思うんですが、僕個人はメインとなっている「穴を掘りつづけて脱獄したというだけだろ?」という所が大きすぎたんですね、きっと(^^;)。世間では高評価だけど、僕にはさっぱりというものは、音楽だとクラプトンの461とか、ロリンズのサキコロとか、それなりにあります。こればっかりは、人の感じ方は人それぞれだし、しかたがないのかなあ(^^;)。。


Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

映画『オーメン/最後の闘争』

Omen3_Saigo no tousou 1作目に猛烈に魅了され、2作目でちょっと外したなと思った映画『オーメン』シリーズでしたが、結末が知りたくて、外すだろうなと思いつつ3作目も観た若い頃の僕でした。で、怖かったけど、やっぱり外した(^^;)。でも観ないとずっと「オーメンってどうやって話の落ちがついたのかな」と気になってしまっていただろうから、観ない選択肢はなかったんでしょう…制作側の思うつぼですね(^^;)。

 ダミアンは大人になり、巨大国際企業のCEOになってます。これで世界征服をするというわけですね。でも教会側も黙っていなくて、7人の神父がダミアンを倒そうとするも、悪魔的な力に消されていく、みたいな。

 神秘的な物語って、理屈で説得しようとすると裏目に出る気がします。昔、呪いのビデオを見ると死ぬという『リング』という映画があって、それは面白かったんです。でもなぜ呪いのビデオを見ると死ぬのかという科学的な説明をしようとした『らせん』という姉妹映画がありまして、これがクソつまらなかった…。「呪いのビデオを見たら死ぬ」なんてあり得ないんだから、その部分を語れば語るほど、むしろどんどん嘘くさくなっちゃうんですよ。オーメンもそうで、サタニズムが世界を席巻するというのは漠然とした不安として残しておけば怖いのに、具体的に世界企業のCEOになって…な~んて描いちゃうから神秘性も怖さもなくなっちゃったんじゃないかと。やっぱり映画のストーリーは穴があると興が冷めてしまうんですね、きっと。

 というわけで、オーメンの1作目に感動した人に僕が伝えたいのは、「2作目3作目を見たいという気持ちは分かるが、オーメンは1作目までだったと自分に言い聞かせて、続編は観ないのが一番たのしめる」という事です。でも、1作目が面白すぎるので観たくなっちゃうんですよね(^^;)。。


Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『オーメン2/ダミアン』 ドン・テイラー監督

Omen2_damien.png 映画「オーメン」が面白すぎて何度も何度も観たもので、当然のように続編も観ました。オーメンは3部作になってまして(4もあるけど、4は1のリメイク。僕は観てません^^;)、これは第2作。結論を言うと…かなり怖かったし、駄目な映画とも思わなかったけど、もう観なくていいかな、みたいな(^^;)。

 エレベーターのワイヤーで胴体が真っ二つになるとか、氷の下を人が流されるとか、ホラー映画としてのショッキングなシーンがよく出来ていました。そこは観ていて「やっぱりオーメンは怖いなあ」と思ったんですが、1作目のような見事なストーリーとは思えなかったのが、何度も観たい映画にならなかった理由かも。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の2作目みたいなもので、3部作を想定していて、物語の展開で必要な事を表現する事に終始したから、こうなってしまったのかな?
 1作目では聖書からの引用を用いるほどに神話めいて表現した「悪魔の子」ダミアンが、「これじゃ単に性格の悪いだけの人だよ」と思えてしまう所もちょっとダメでした(^^;)。。

 1作目だけが面白いと感じたシリーズもの映画といえば、僕の場合は『ダーティー・ハリー』や『猿の惑星』が思い浮かびますが、『オーメン』もこのパターンでした。ダミアンをもっと神秘的に描かないと、聖書という2000年前の預言めいた書物の神秘性が薄れてしまうってことなのかな?そう考えると、もしかすると僕は『オーメン』をホラー映画だと思って観ていないのかも。


Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『オーメン』 リチャード・ドナー監督、グレゴリー・ペック主演

Omen.jpg 1976年制作のオカルト映画の大傑作『オーメン』です。僕的にはホラー・オカルト系の映画は『サスペリア』と『オーメン』さえあればあとはいらないというほどの大傑作!初めて見たのは公開時ではなく、レンタルビデオ屋が広まったころで、中学2~3年ぐらい。ムッチャクチャ怖かったんですが、怖さ以上に映画の面白さに引きつけられました。そうそう、「omen」の意味は「前兆」だそうです。

 アメリカの外交官である主人公は、子供の死産にあたって、病院の神父から「いま子供を産んで死んだ母親がいるから、この子供を自分の子として育ててはどうか」と言われます。この提案を妻に内緒で受け入れ、子供にダミアンという名をつけて育てる外交官。美しい妻との幸せな日が続きますが、ダミアンの成長にしたがって奇怪な事件が起き始めます。ダミアンの乳母が首つり自殺をし、ダミアンの母を知っているという神父が不吉な忠告をしたあとに、十字架に串刺しとなって死にます。
 外交官付きのカメラマンは、不吉な前兆を示す写真を何枚も撮り、それを外交官に見せます。写真には、乳母にも神父にも死の予兆が写っていたのでした。そして、カメラマンにも死の前兆が。カメラマンとともにダミアンの秘密を探る外交官。すると…


 僕が中学生の頃はすでに「スプラッター」とか、より過激なホラー映画が出始めていたんですが、首が飛ぶとか血が噴き出すとかいうホラー映画はびっくりするだけで、映画としては低レベルに感じていたんですよね。ところが『オーメン』と『サスペリア』は違いました。どちらも当時ですら既に古典でしたが、精神的に来る恐怖だったんです。しかも、オーメンは新約聖書の黙示文書と関連づけられている話なので、話にも深さを感じたのです。そして、聖書の黙示文書を読んだり、映画の続編を見たりと、すごくのめり込みました(^^)。ああいう刺激や興奮って、もう人生には起きないんだろうなあ。。

 精神的な恐怖の例としては、ラストシーン。悪魔の子ダミアンはまだ小さい男の子で、次々に起こる不吉な事件がダミアンと関係あるのか分かりません。ダミアン自身じゃなく、彼を守ろうとしている悪魔たちの力がそうしているのか…そういうはっきりしない状態が続くのです。でもラストシーンで、育ての重症を負わせ、さらに父親も死んだというのに、ダミアンはあどけなく笑うんですよ。その笑顔ひとつで「こいつは悪魔だ」とゾクッと来てしまいました。こういう優れた演出が満載なのです。こういうのを見てしまうと、血がドバっと出て脅かすホラー映画なんて子供だましでしかないな、と思うようになりましたねー。

 そして、この話に深みを出していると感じたのが、最後に映し出される新約聖書の黙示文書の一節です。あまりに意味深で、その引用が「13章18節」だと覚えてしまったほど。「ここに智慧あり。賢明なるものは獣の数を数えよ。それは人間を示し、その数は666である」みたいな文書でしたが(映画の中ではダミアンの体に666という数字の痣がある)、これでこの映画が単なるファンタジー映画ではないように感じてしまったのです…中学生はあほだね(^^;)。で、そんなアホな中学生だった僕は、この一節の理由を求めて新約聖書の黙示文書を読んでしまうぐらいに感化されたのでした。この一節、意味深ですよね。いまだにこの文書の解釈には諸説あるそうなんですが、これをカバラの数秘術で読み解くと皇帝ネロのことを示すことになって、この説が有力なんだそうです。なるほど、「その獣は人間の数だ」とはそういう意味か…。

 好きすぎてあまりに何度も観たもんだから、今となっては怖いとはほとんど思わなくなって、ただひたすらに面白い(^^)。。出演のグレゴリー・ペックやキャサリン・ソーン(瞳孔を見開く演技が凄い!)の演技もすごいし、監督のリチャード・ドナーさんの映画はあまり見てないにもかかわらず、わずかに見た『オーメン』と『スーパーマン』がどちらも大傑作。70年代アメリカ映画の大傑作のひとつだと思います!


08 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS