Amazon の2段階認証の設定 スマホなしで何とかする方法

 このブログをはじめた頃の目的のひとつは、たくさん持っているLPやCDや本やビデオの整理で、「これはもういいや」という本やCDは、Amazon やヤフオクなんかのネットで売ってました。ところが最近、不正防止のためかAmazon が2段階認証なるものをはじめまして、この認証のためにはスマホが必要らしいのです。ところが私、スマホの月額使用料が高くて家計が圧迫されるもんで(ネコの餌も最近グレードダウンした;_;)、ずいぶん昔にガラケーにカムバックしちゃったんです(゚m`;)アチャァ…。。しかも、SMSができない環境。。というわけで、スマホなしでなんとか出来ないもんかとがんばったんですが・・・やれば出来るもんで、なんとか出来ました!ただ、この方法がなかなか骨が折れたもんで、似たような悩みを抱えている人のためにメモしておきます。。

(必要なもの)
PCと電話

(やり方)
2段階目の認証に必要になるワンタイムパスワードが、本来はスマホに送られてくるんじゃないかと思うんですが、これを「WinAuth」という認証ソフトを使ってワンタイムパスワードを読む、という方法をとります。というわけで、まずは「WinAuth」をゲット!

 ・「WinAuth」を使うためには、「Microsoft NET Framework」が必要なので、それがPCにインストールされていない場合は、先にMicrosoft NET Framework をインストール (僕の場合は既にはいってました。入っていなくても、フリーソフトなのでネットで落として入れて下さい!)

 ・「WinAuth」をダウンロード (ダウンロードサイトはこちら

次に、Amazon側の設定。要は、SMSでの認証が出来ないのでそれを拒否し、認証方法を「認証アプリ」で行うようにします。

・Amazon にログイン →アカウント設定を変更 →高度なセキュリティ設定 →2段階認証の設定を開始 とすすむ

・[コードの受取方法を選択]画面で、[認証アプリ]を選択

・QRコードが表示されますが、これが読めないので、その下の[QRコードをスキャンできない場合]を選択

・文字列が表示されます。これを「WinAuth」に読み込ませればオッケー!「AinAuth」での読み取り方は…
 1. WinAuthを起動。
 2. 左下に「Add」と書かれたボタンがあるのでクリックし、一番上の「Authenticator」を選択。
 3. QRコードをコピペし、[Decode]ボタンを押す!
 4. 表示された文字列がワンタイムパスワード!

あと、このあとも暗証番号を聞かれますが、それは音声電話を選択すればオッケーです(^^)。

PCを含めたIT関連って、「それぐらいみんな持ってる」を前提にガシガシ進められることが本当に多いですよね。僕が今まで経験したのだと、Macのコネクターの規格がいきなり全部USBに差し替えられてそれまで使っていた外部機器が全部使えなくなった、内臓HDDのコネクター形状がいきなり変更されて読めなくなった、ある時から動画の規格が変わってそれを見るにはPCを買い替えないと駄目、仕事で使っているグラフィックソフトがアップグレードすると最新OSじゃないと使えなくなってその最新OSを使うにはPCを買い替えないとダメ、OSが変わってソフトが使えなくなった、などなど。。いや~、OSなんてプロユースとして使うんでもなければOSXとかXPで充分だし、PCユーザーとしてはスマホはいらないのでガラケーで充分だし…というわけで、IT関連事業をなさっている方は、自分の常識が当たり前だと思わず、ライトユーザーにもやさしい対応をして欲しいなあ。。
スポンサーサイト

Sonic Studio Sound Blade のインストール方法

Sonic.jpg Sonic Studio という音楽ソフトメーカーが出しているSoundBlade LE というマスタリングソフトを買いました。マスタリングソフトというのは、自分でCDを作る時、CDプレイヤーに入れた時にタイトルを表示させるとか、曲をハサミを入れて編集するとか、曲の途中でインデックスを表示するとか、ボリューム調整するとか、そういう事が出来るもの。そういう事をしたい人は、このソフトはプロのスタジオでも大定番のものらしいので、ぜひどうぞ!!そうそう、僕的にはインデックス機能が嬉しいっす。クラシックみたいに曲が切れていないのに次の曲にはいる時なんか、普通にトラックを分けてCDライティングソフトで焼くと曲の切れ目でパチッと音が入っちゃうんです。インデックス機能を使えばその心配がないので便利。。

 ところがこのソフトを買ったはいいけど、中にはシリアルナンバーの書いた紙が1枚入っているだけで、インストールの仕方どころか、ダウンロードサイトのアドレスすら書いてねえ(- -*)。これだから輸入物の音楽ソフトは怖い…。というわけで、これをインストールできずに苦しんでいる人は絶対にいると思うので、インストール方法なんぞを書いておきます。

1. ライセンス登録をする!
SoundBlade を使用するには、iLokが必要です。というわけで…

 a. iLokのアカウントを持っていれば、アカウントはあるのでOK。なければ、先にiLokのアカウントを作成しておく
   https://www.ilok.com/
 b. シリアルナンバーとして発行されているwebアドレスにアクセスしてログイン。
 c. 以下、指示に従ってアカウントへのライセンス登録する。
 d. ilokアカウントへのライセンス登録が完了したら、iLok License Managerにてライセンスをilokに移動。

2. インストーラをダウンロードする!
SoundBladeのパッケージにはインストーラが入っていないので、インストーラをダウンロードしてインストールする必要があります。

 e. 以下ページよりインストーラをダウンロード
  http://www.sonicstudio.com/sonic/support/support#downloads
 f. ダウンロードしたら、インストール!

ちなみに、SoundBladeのマニュアルは以下サイトでダウンロードできます。
http://download.minet.jp/DownloadItems/SonicStudio/soundBlade_Manual.zip

以上でした!!そうそう、安い方(LE)と高い方(SE)の違いは、色んなエフェクターが入っているかどうかの差で、単純にPQコードを打つとかタイトル入力するとかボリューム調整するするとか編集するとかの純粋なマスタリングソフトとしての使用なら、SEの方で充分と思います(^^)。

iLoK2 を壊した! その復旧方法

P4200372.jpg プロツールスを使うには、iLok というソフトウェアのライセンスの有無を確認するスマートキー(USB挿し込み型!)が必要です。これを蹴っ飛ばして壊してしまった(×_×;)。これがないと、プロツールスが動かないのだよ。でも、こんな事はいくらでもある事故だと思うので、簡単に対処できんだろ…と思ったら、これがやたらと大変でした。海外のiLok 本社とやり取りをしなくてはならない事が判明。しかも全部英語。。こういう事故は今後も起こると思い、対処手順をメモしておくことにしました。

 まず、「壊れたのでiLok 社に修理してもらう」のか、「無くしたのでiLok社に新たに送ってもらう」のか、「無くしたので日本で新たなiLoKを買って、無くしたiLoKに入っていたソフトにライセンスを再発行して貰う」のかを決める必要があります。
 Pro-Tools だけでなく、他社の色んなプラグインをiLoK に入れている場合は、すべてのソフトのライセンス再認証は大変なので、時間はかかるけど海外にiLokを送って直してもらった方が良いかも。でも、これは修理に1カ月ぐらいかかるみたいで、送料やら何やらも自分持ち。僕の場合は、iLok で認証しているものなんてPro-Tools 本体ぐらいしかないし、しかも1か月なんて待ってられないので、Pro-Tools だけを速攻で復旧したいなら「無くしたので新たなiLoKを買って、AVIDにPro-Tools のライセンスを再発行して貰う」方法が良いんじゃないかと。僕はこの方法で行く事にしました!

 以下、大まかな流れを。
1. ProTools のメーカーであるAVIDの日本代理店のサポートに電話:
 電話のガイドを2→2→2と進んで、留守電に「iLokをなくした」「新たにiLoK2を買ったので、そちらでpro-toolsが動くようにしてほしい」と伝言を残してコールバックを待つ!ほどなくしてコールバックが来て(今回は1時間半後ぐらいでした)、手早くやり方を教えてくれます。

2. iLok のメーカーであるiLoK.com にサインインして、紛失を伝えてRMA(修理)番号を発行
 このやり方は、AVID 社がメールでマニュアルを送ってくれます。PDFは、これ

3. iLok.com から送られてきたRMA記載のメールをAVID に転送

4. AVID から、ライセンスの再発行手数料と振込口座を書いたメールが届くので、振込み!
 代金は2016年時点で3700円でした。

5. ライセンスのリデポジデッドしてくれる
 AVID が、僕のiLokアカウントに、ProTools のライセンスをリデポジットしてくれます。

6. それを新しく買ったiLoK2 に入れて終了!
 これは、iLoK のライセンスマネージャー上で行います。やり方は、AVID がライセンスノリデポジットの時に、メールで細かく書いて送ってくれました。

******
 いや~、とにかくAVID 日本代理店の対応が迅速で的確で素晴らしい!!2~6の流れは、1日以内で終わりました!!というわけで、iLoK を壊した&無くしたという方がいらっしゃいましたら、ご参考までに(^^)/。


キャノンのインクジェットプリンター、プリントヘッド洗浄&ランニングコストを抑える!

ip4600.jpg 昔からプリンターを使ってます。今までに何台買ったでしょうか、10台ぐらい?メインではゼロックスのレーザープリンターを使ってるんですが、これは文句なし!本体は安くないですが、ランニングコスト安い、速い、綺麗、ぜんぜん壊れない、アフターサービス迅速。プリンターはこれだけで良い事にしたいんですが、ところがデザイナーはインクジェットを持てないとダメなのです(;_;)。で、うちには安いものだけ置いてあるんですが、デザイン以外にもCDやDVDのラベル印刷はインクジェットに頼らざるを得ません。

(キヤノンのインクジェットプリンターは年々悪くなってないかい?という話)
 こうして私はインクジェット複合機を買い続ける羽目にあっているわけですが、これがすぐに壊れるのでけっこうイラッとくる。簡単に言うと…
 ① 月3~4回の使用でも、数年で必ず壊れるようになっている
 ② 新製品になるほどインクを無駄に使用するよう設計が変わる
 ③ そのインク代がクソ高い


 まず、①について。エラーランプが出て、メーカー修理を強制されます。私がいま使っているのは、Canon製のpixsus というシリーズ。このシリーズ、すでに3台目なんですが、どれも3年ほどで壊れるんですよ。ネットを探すと「1年でダメ」とか言う人もいるみたいなので、毎日使うような人だと速攻なのかも。これ、買った機体がたまたまハズレなんじゃなくって、プリントヘッドのインク吸収体が一杯になったら、メーカー修理に出さないと動作しなくなる仕様…つまり、「ソニータイマー」とかの都市伝説とは違って、構造上、ある程度使用したら絶対に壊れる作りなんです。昔はヘッドを買い換えられたのに、今は売ってません。どんどん買い換えさせようというキャノンの企業姿勢に大変な不信を覚えます。。消費者から見れば、最悪の企業態度です。

 次に、②。インクジェットプリンターの弱点は、インクを吹き出す部分の詰まりだそうで。で、このキャノンのpixus シリーズ、新しい機種になるほど「電源を入れたら速攻でインクを吹き出してノズル洗浄」みたいになりました。昔はこそんなことなかったのに…。だから、あっという間にインクがなくなります。マジであっという間です。モノクロ印刷しかしてないのに、カラーインクがどんどんなくなってカラーインクを次々に買い替えさせられるというクソ仕様です(>_<)。。モノ印刷の時にはカラーカートリッジの残量は無視できる仕様にしてくれればよいのに…と思ったら、そういう仕様の機種はHP社の一部製品だけだそうで。

 ③。インクの値段は、僕が使っている機種の場合、純正で全色揃えると4000円ぐらいです。たけえ…。しかし、メーカー純正というやつじゃないのを使うと、半額ぐらい。最近見つけたんですが、100円ショップでも売っているのを発見(200円だったけど)、これだと4色全部で1000円ちょいぐらい。
 インクに関し、メーカーはクソ高い純正じゃないと動かないような仕組みを年々強化していってます。純正じゃないと修理が大変は分かりますが、その純正のインクがいくらなんでも高すぎ。インクで儲けようという事なのだと思いますが、考えてみたら、あんなちょびっとのインクが数千円とか、ありえないですよね。顔料だろうが染料だろうが、サインペンの値段を見ればそれが分かるはず。

(ランニングコストを下げる努力をしてみる!)
 この前、またしても3年に一度の行事「メーカー修理に出してください」メッセージが出て、プリンターが動かなくなりました。エプソンの印刷の汚さ&紙詰まりの多さに悩まされてキャノンに替えた経緯があるだけにエプソンには戻りたくない。でもさすがにどんどん金儲けばかり考えてユーザー視点のなくなったキャノンが嫌いになってきたので、メーカー乗り換えを調べてみたところ…HPは、カラーインクが空でもモノ印刷が動作できるみたいだから「おお、これか?!」と思ったんですが、ラベル印刷機能がない!おっと、カシオが安価でラベル印刷専用機なんて出してる!…と思ったら、印刷時に読み取り面が傷つくそうで(^^;)。うう、帯に短し…。というわけで、最後にもう一度だけ自分で修理してみようと思った次第。以下、もし参考になさるなら、自己責任でお願いします(^^)。

①プリントヘッドを自分で洗浄する!
 インク吸収体が吸収しすぎてヘルプミー状態になると思うので、これを自分で洗浄してインク塊を洗い流したらどうか。そういえば大昔にやった事があるぞ…ネットで調べたら、みなさん自分でやってました(^^)。やり方は…[インクカートリッジを全部取り外す]→[カートリッジの乗っていた黒いケースがプリンタヘッドなので、それを取り外す]→[お湯で洗浄]→[1日干して乾かしてから装着]。これを試したら…おおお、復活したあああ!!!何をやっても消えてくれなかったエラーランプも消えたあああ(o^ー^o)!!!
 えっと、Amazonには「プリンターのヘッド洗浄液」なんてものも売ってました。ヘッド洗浄は回数的な限界があるかもしれませんが、いきなりメーカー修理する前に、試してみる価値はあるかも(^^)。

②メーカー純正じゃないインクカートリッジを使う!
 これは自己責任。僕はとっくにやってて、ASKULで互換品を買ってました。ただこれ、カートリッジが別のメーカー製で、純正品じゃないとインク残量を示すランプがつかないとか、印刷がインク漏れ気味でなんか汚いとか、色々ありました(印刷できりゃそれでいいんですが)。ところが最近、100円ショップで、メーカー純正のカートリッジにインクだけ詰替えたものが売られているのを発見!試しに買ってみると…おおお、ちゃんと使える、発色もきれい、ランプもちゃんとついてる!!メーカー純正が@1000円、インク補充品だと@200円なので、1/5の値段で買えます。互換品を買う時は、どうせならキャノン純正のカートリッジにインクを補充したものを使ってみるといいかも。あと、昔1回やって「めんどくせえな」と思ってやめてたんですが、カートリッジに自分でインク補充するというのも、今度トライしてみたいと思います。

(注)純正じゃないインクカートリッジを使っている時の不具合の例
 これは憶測を含む記事です。キャノンのpixusの場合、エラーの状態は、エラーランプの点滅の仕方で、どのような故障が起きているかが分かる仕組み。点滅回数とエラーの関係は、マニュアルに書いてありました。ついでに、パソコンには「~のエラーですから、~してください」みたいなメッセージも出ます。私の場合、非純正のインクカートリッジも含まれていたからなのか、「電源を抜いて入れ直して!それでもエラーランプが消えなければだめならメーカーで修理して!」みたいなメッセージがPCに出て、それを鵜呑みにしてました。何回やってもダメ。くっそー、ヘッドの自己洗浄も数週間の延命処置でしかなかったな、もうダメか…な~んて思いかけた時に、本体のエラーランプが16回点滅してる事に気づきました。これを調べてみると…あれ?単なるインク交換サイン?試しに、残り少なそうなインクを交換してみると…復活しました(o^ー^o)!!憶測ですが、メーカー純正のカートリッジを使ってない場合、通信面で何らかの不具合が起きるのかもしれません。「互換インクを使う時は、メーカーカートリッジの詰め替え品がいいのでは?」なんて書いたのは、このためです。というわけで、非純正のカートリッジを使ってエラーになった場合、修理の前にインク交換を試してみるのも手かも。

 書いていて思い出したんですが、同じような事を昔も調べて、自分で洗って…って、やってた気がします。やっぱり、何年かに1回しかやらないけど、逆に何年かに1度やる事は、メモに残しておいた方がいいな。。キャノンのインクジェットプリンターのインク代&すぐメーカー修理という問題に悩んでいる方は、いきなり買い替えとか修理に出す前に、いちど試してみると良いかも知れません(あくまで自己責任でお願いしますね^^)。。あ、そうそう、ランニングコストや「金もうけ主義」じゃないユーザー視点での製品開発という点では、低価格帯のインクジェットプリンターって、今はどうもブラザーが良いみたいです。黒カートリッジだけでもひと月使えるとか、必要以上のヘッド洗浄モードに勝手に入らないとか、相当にいいらしいです。今度買う時はブラザーにしてみようかなあ。


ProTools でクリックを鳴らす方法

 自分用のメモです。でも、ProToolsを使って自宅でデモ録音なんかをしている人には、益ある情報かも。あまりに初心者っぽくって、恥ずかしいですが(^^;)。。

 今まで、ProTools でデモ録音するときにクリックが必要な時は、MIDI で4分音符を打ち込んで、それをMIDI機器で鳴らしてました。ADATとかDA88とか、昔のレコーダーでMIDI録音をしてた時は、みんなそうやってたと思います。ただクリックを作るならリズムマシンをフリーランさせてそれを録音してましたが、MIDI音源と同期させるときは、テープのアブソリュートタイムとシンクロさせたりして(^^)。MIDIって、けっこう大変だったなあ。
 ところが、この前ProTools のエフェクターの所をいじってたら…「click」というエフェクターがあるではありませんか!!あら?これってもしかしてMIDIデータなんかなしでクリックを鳴らせるのかな?と思い、やってみたら…鳴らせました。あちゃ~、今までずっと無駄な作業をやってたのか、貴重な人生の時間をロスしていたよ。知らなかった自分がアホでした(^^;)。というわけで、そのやり方をまとめておきます。

1. 「メニューバー」→「トラック」→「クリックトラック作成」
2. テンポトラックでテンポ調整、拍子トラックで拍子調整


 以上です、死ぬほど簡単でした。。あと、普通にmonoオーディオトラックを作って、そのトラックのエフェクト選択で"click"を選んでも同じ事かも。

追記:クリックトラックを作ったのに、クリック音が出なくなりました(×。×)。どうしたんだろうか、メーターも振らない。。えっと…どうも、トランスポート・ウインドウにあるメトロノームマークを選択しておかないと、クリック音は出ないそうです。ああ、一瞬ビビったよ。



プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド