コミック『風の谷のナウシカ』

KazenotaninoNausica_comic1.jpg 「風の谷のナウシカ」の原作コミック。僕が小学生の頃、「アニメージュ」というアニメ専門雑誌がありまして(今もあるのかなあ…)、それに連載されてました。当時のアニメというと松本零士さんのSF作品やガンダムなどのロボットアニメ、そしてうる星やつらあたりの美少女ものがメジャーで、その中にあって「風の谷のナウシカ」は、コミックも映画も異質でした。特にコミックは、独特の絵柄に、大人が読んでも難しいテーマやストーリー展開。僕はアニメージュという雑誌をたまに立ち読みしていたんですが、ナウシカの連載は内容がまったく理解できずに読まなくなってしまいました(^^;)。全部読んだのは、もう30歳を超えたぐらいの時。古本屋で全巻セットを見かけ、「あ、そういえば子供のころにアニメージュに連載されていたな、懐かしいな」な~んて軽い気持ちで手に取ったのです。そして…いや~~~~深かった!!

 映画に描かれていたのは物語の序盤も序盤、ほんのさわりだけで、設定も少し違います。映画は、背景にうっすらと色んなメッセージがあるものの、あくまでナウシカという主人公の描き出しがメインで、あくまでストーリーを追う娯楽映画という所を崩さずに作られていたと感じるんですが、このコミックはメッセージが思いっきり前。テーマは、命、人間、自然…ザックリ言ってしまえばこういう所で、それが自然賛美とかそういうのではなく、現代人に対する警鐘として描かれている所がグサッときます。僕の印象では、ナウシカというのは宮崎駿さんの作家としての生涯のテーマを凝縮したもので、「生命」とか「人間」という所に向いていると思います。人間というのも、心とか感情とか、主人公がどう感じたかとか、そういう小さい所じゃなくて、生命としての人間というところ。このテーマって、正直言って芥川賞や直木賞の受賞作品なんかの作品が取りあげているテーマなんかより、よっぽど重要なものと感じます。けっきょく、小説であるかマンガであるか音楽であるかなんていうものはあくまでも手段の違いであって、素晴らしいものというものは扱っているテーマが素晴らしいんだな、と思わされました。映画に大感動した僕だったので、映画とはずいぶん趣の違うコミックは最初は違和感だらけ、内容もちょっと複雑で、最初に読んだ時は「???」と理解できないところも結構あったんですが(ストーリーすら追い切れなかった(^^;ゞ)、何度も読んでいるうちに、「これはとんでもなくすごい本だな」と思うようになりました。極端に言うと聖書みたいな本で、こういう人類に対する重要なメッセージを正面から扱った本は絶対に読まないといけないと思ってしまいます。コミックだから、先入観でそう思われる事は少ないんでしょうが…。これは映画とは別の意味でとんでもなく重要な本、コミックだなんて軽く見たらいけない、現代人が一度は読まないといけない重要な本。映画しか見た事のない人は、ぜひ!

スポンサーサイト

コミック『みゆき』 あだち充

miyuki.jpg H2Oの「思い出がいっぱい」は、「みゆき」というテレビアニメのエンディングテーマでした。この曲は大好きだったんですが、アニメはまったく見てませんでした。でも、原作のコミックは子供のころに全部読みまして、面白かった!!

 小学校高学年から中学生ぐらいの時にクラスで人気のあった作家さんというと、小説では赤川次郎、マンガだとあだち充でした。でも僕にはどちらも軽すぎて合わず(>_<)。あだちさんは野球マンガが多かったんですが、高校の途中から野球を始めた奴が甲子園に出ちゃったりするので、いくらマンガだからってあまりのご都合主義がどうにもね( ̄ー ̄)。でも、「みゆき」というマンガは別でした。主人公が都合のよいスポーツ万能ヒーローじゃなくって、どこにでもいそうな普通の帰宅部の学生というのが、等身大で良かった!しかも、人がいいんですよね、ここに好感を覚えました。
 このマンガ、基本的にラブコメです。主人公の高校生の男の子が、同級生で美人のみゆきちゃんと、高校になってから久々に再会した腹違いの妹みゆきのふたりの間で揺れ動くというもの。で、基本的にドロドロしたものやシリアスな所はなく、でもちょっといい話や甘酸っぱい感じがあったりで、そういうところがポップで80年代的です(^^)。あとは、恋愛もののコミックの面白さ満載。こういうのって、恋愛疑似体験的なかんじになるのがいいんでしょうね、きっと。さらっと読んでいて、嫌な気分になる事がありませんでした。

 こういうポップさって、若い頃はどこかで嫌悪感を覚えていたんですが、おとなになると、好ましく思えてきました。もっと力を抜いてもいいんじゃないか、みたいな感覚でしょうか。みゆき、面白かったっす。。


コミック『翔んだカップル』 柳沢きみお

TondaCouple.jpg はっぴいえんどのデビュー作(70年)と大瀧詠一のアルバム(81年)を取りあげましたが、僕にとっての日本の70年代と80年代のイメージは、暗くシリアスでハードなのが70年代、明るく軽薄なのが80年代、といった感じ。そういう意味でいうと、頭脳警察矢沢永吉や松田優作やあしたのジョーは70年代的で、山下達郎や松田聖子や角川映画は80年代的と感じます。まるで真逆ですが、じゃあその境い目って、どんな感じだったっけ?そのへんの空気をすごく感じる事が出来るものに、「翔んだカップル」というマンガがあります(^^)。映画やTVドラマにもなるぐらいヒットしましたが、原作のコミックが断トツで面白い!!

 このコミック、マセガキだった小学生の頃に、夢中で読んでました。主人公は男子高生の田代くんで、ドロッドロのメロドラマ(^^)。それなのに面白い。このマンガの場合、男1女2の三角関係が悩みの中心で、ヒロイン(圭ちゃん:画像左)じゃない方の女性(杉村さん:画像左から二人目)が異常に魅力的。ヒロイン圭ちゃんはおてんばでヒステリックで生意気なんだけど、ライバル杉村さんはクールで理知的で、主人公を好きでいてくれて、才女で、学年一の美女で、しかもエッチ(*゚∀゚)b。。男からすると申し分なし、恋してしまいそうなぐらい魅力的なキャラでした。読者心理としては、杉村さんとくっつけばいいのにという一心なんですが(きっと多くの読者がそう感じたんじゃないかと)、葛藤やら事件やら色々あって、なかなかそうはならず。

 なんでこのマンガに70年代と80年代の境いを感じるかというと、時代による人間の重要なテーマの移り変わりをそこに感じるから。「翔んだカップル」の前のマンガやTVドラマだと、テーマが生き方であったり人間ドラマであったりします。それが80年代になると、テーマのひとつに恋愛が加わったんじゃないかと。もちろん、70年代以前も恋愛は重要なテーマだったでしょうが、80年代以降の恋愛に対する切迫感や危機感は、前の時代のものと違う質のものの気がするんですよね。
Tondacouple_sugimura.jpg ダーティーハリーでも高倉健でも、70年代以前のヒーローはアウトローと相場が決まっていたのが、80年代で女性の地位が向上して、そうはいかなくなった。ついでに80年代で見合いも激減して、恋愛できないとパートナーの作りにくい時代になった。これで、恋愛が「たかが恋愛」では済まなくなったんだと思います。このマンガの主人公の勇介くんは青春で人間関係や部活や勉強など、悩みがいっぱいですが、悩みの大半は恋愛。これがマンガの中だけの話とは思えなくなってしまった所が、70年代と80年代の境い目あたりで起きた変化のひとつだったんじゃないかと。こういう恋愛的な危機感というのは、現在にまで繋がっているんじゃないかなあ。女性アイドルやタレントが、大人の美女から子供っぽい愛嬌ある子にシフトしているのも、「このぐらいなら」みたいな、今の男の子たちの自信のなさのあらわれにも思えます。少子化問題も、恋愛と無関係ではないですよね。恋愛が、軽く見ることの出来ないテーマになったんだろうな、と。

 まあでも、こんふうに感じるようになったのはずいぶん後になってから。子供のころは、単純に恋愛を克明に描き出したところが新鮮で面白かった。ファーストキスとか、同棲とか、初体験とか、そういうのが克明に描かれているこのマンガはドキドキでしたし、その恋愛の心理描写が実にリアルだったのが夢中になった理由だとおもいます。しかし主人公は残念だ、俺なら迷わず杉村さんを選ぶのに(^^;)。翔んだカップル、若い頃に面白くって夢中で読んだ人も多いと思います。久々に読んでみるのも面白いかも(^^)。


小説『悪魔の手毬歌』 横溝正史

AkumanoTemari_book.jpg そんでもって、こちらが原作の「悪魔の手毬歌」です。「悪魔の手毬歌」も、金田一耕助の推理小説の中でも代表的なもののひとつ。あとは「八つ墓村」「獄門島」「犬神家の一族」「女王蜂」あたりが有名でしょうか。で、映画は、最初から犯人やトリックが割れたりしないように、犯人が変わっていたりと少し変化をつけられていることもあるんですが、「悪魔の手毬歌」は犯人やら何やらがそこまで大幅に違いません。僕は映画に感銘を受けたものだから小説まで読んでしまったクチです。ですから、この小説だけを読んで面白いかどうかは、今となっては自分では分かりません(^^)。ただ、映画を見た後に読んだという前提条件で話すと、面白かった!!

 映画版は、前の記事に書いたとおりに感動しまくったもので文句なし!では、その映画版と比べて、原作はどこが良かったか。まず、情景の描写が素晴らしかった!!舞台は田舎の温泉地なんですが、山のまわりに人気が少ない様、日本の原風景、夜道はちょうちんをともして歩くとか、昔の日本家屋の描写…こういったところが素晴らしくって、なんだか時間旅行している気分(^^)。。これは映画版ではあまり味わえなかった素晴らしさでした(^^)。
 次に、物語の軸になる手毬歌の読み解き。映画では、単に、昔からこの地に残る手毬歌に沿って殺人が行われていく、という程度のものだった手毬歌が、原作だとその背景がかなり深く描かれていて、めっちゃくちゃ面白い(^^)。この辺りは、書いても犯人や動機のネタバレにならないと思うので、ちょっと書いてみると・・・原作では、冒頭から手毬歌に言及されてます。だから、手毬歌と事件の絡みが、昔の日本の風習や社会構造と絡み合うようで、これが独特のおどろおどろしさ。で、この手毬歌が凄い。これは数え歌(手毬歌なので、まりつきをしながら数が数えられるようになっている)なのですが、詞がえぐいのです。たとえば、その3番は…

 おらが在所の陣屋の殿様 狩好き酒好き女好き わけても好きなが女でござる
 女だれが良い錠前屋の娘 錠前屋器量よし小町でござる 小町娘の錠前が狂うた
 錠前狂えば鍵合わぬ鍵合わぬ 鍵が合わぬと返された


 この歌詞、パッと読むとただの歌に見えるんですが、実は隠喩になっていて、土地の暴君を揶揄する内容。こういう読みときをしていくと、めっちゃくちゃ面白いのです。すべての歌の韻になっている「かえされた」は「返された」。殿様に召されながら、気に入られないで「突き返された」、つまり「殺された」。錠前屋の下りは、「錠前と鍵が合わずに返された」、つまりセックスの相性が合わなかったので殺された、となるわけです。もう、こういう読みときからして推理小説のだいご味満載なのです!

 な~んて感じで、映画では犯人の悲しい動機を重点的に描いていましたが(時間的にこれは仕方がないし、それが成功していた)、小説は細部が見事!金田一ものの小説を初めて読むなら、僕は「獄門島」や「犬神家」よりも、これを推薦します(^^)。。


小説『病院坂の首縊りの家』 横溝正史

Byouinzaka_book.jpg でもって、「病院坂の首縊りの家」の原作です。けっこう長いです。金田一耕助ものの小説の中でも1~2を争う長さじゃないかと思います(^^)。

 事件は、哀れな女性の首つり自殺から始まります。ある名家の愛人が、戦争を機に幸福から転落、愛人と幸せに暮らした家で首つり自殺。彼女には子供がおり、さらにこのお金持ちの病院にまつわる写真が他の事件を引き起こし、世代を跨いでいくつもの事件が交錯していきます。面白そうでしょ?面白いんですよ、これが(^^)。メッチャ面白かったです!!
 横溝正史さんの探偵小説全般に言える事ですが、人間関係がちょっとややこしいうえに、本題に入るまでの背景部分の記述にまあまあページをさいているので、最初は若干だるかったです。しかしそこを過ぎると引き込まれる!!僕が読んだ金田一ものの小説は5~6冊なんですが(長編小説だと全部で20~30ぐらいあるらしい)、その中では一番複雑な展開をする本でした。で、この展開がスリリングで、明らかに怪しい人、逆に怪しくない人、大体見当のつくトリック、その逆に意表を突かれる部分、こういうのがグチャグチャに絡まり合って、「こういう事なんじゃないか?」と、いつの間にか自分が探偵みたいになっていて、真相を知りたくて、後半は一気に読んでしまいました(^^)。。

 この小説、映画版とは人間の縁戚関係なんかがちょっと違っていたりして、映画を見た後に読むと、余計に混乱します(^^;)。逆に言うと、映画版を見た人でも相当楽しめるんじゃないかと(←僕はこのパターン)。あと、僕の友達に、洋の東西を問わず推理小説なら何でも読むという推理小説マニアくんがいるのですが、彼が一番好きな小説家は横溝正史だそうです。なかでも、「病院坂はかなり上位」だそうで。う~ん、たしかに面白かった。ちょっと長いので、金田一ものお最初に選ぶときついかも知れませんが、いくつかよんで金田一が肌に合っていそうでしたら、ぜひ!!


プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド