fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(文芸・科学・哲学)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『孤独な群衆』 デイヴィッド・リースマン著、加藤秀俊訳

Kodoku na Gunshuu_DavidRiesman 社会学の本です。内容は、1950年代のアメリカ合衆国市民の社会的性格を、それ以前の合衆国市民と比較して分析しています。上巻は第1部「性格」を収録、下巻は第2部「政治」第3部「自律性」を収録しています。

 おすすめは第1部「性格」です!著者のリースマンは、人間の性格のうち、その個人が所属している文化や社会集団から与えられる性格を、「社会的性格」と名づけています。そして、50年代合衆国では、時代によって社会的性格のマジョリティが変わっていって、いちばん古いのが伝統指向的性格。次に内部指向的性格、いちばん新しいもの(といっても、50年代ですが)が他人指向(または外部指向)的性格、としています。
 伝統指向的性格は、社会的慣行が制度化され定型化している高度成長潜在的な社会における社会的性格。この性格の人は、伝統に対して服従的な態度をとる。

 内部指向的性格は、人口が過渡的成長期を迎えた社会で強くなる社会的性格。伝統に頼らず、自分の中に培った価値に従って、目標に向かって生きる性格を持つ。

 他人指向的性格は、人口の初期的減衰期に生まれる性格で、個人の方向づけをするのは伝統でも自分の内部でもなく、まわりの同時代人になる。例えば、友人達とか、メディアを通してとか。

 第2部「政治」は、言ってる事は理解できましたが、でも130ページも使って書くことか?と思ってしまいました。内部指向は道徳屋になって、他人指向は情報屋になる…まあそりゃそうだろうけど、そりゃ球の速い奴がピッチャーになると言うようなもんですよね(^^;)。
 第3部「自律性」。これは、社会で人々がどう振る舞ってるかと照らし合わせながら述べているかんじでした。これも、第2部さえ読んでれば、わざわざ書かれないでもそうだな、と思える程度のものだったので、いらなかったかな(^^;)。

 性格に関していうと、この分析、人口が過渡的成長期を迎えた戦後日本や、人口の減衰期にある今の日本に当てはまってるように思えて、面白かったです。心理学系の本にもいえる事ですが、こういう本って、自分と照らし合わせて「ああ、分かるわ」とか「そういう事だったのか、なんとなく納得がいった」と思えるところがいいですね。僕たちが知りたい事って、結局は世界の事か、社会の事か、自分の事のどれかだと思うのですが、自分の事がいちばん把握しにくいと思うんですよね。それが「ああ、俺はこのパターンだわ」というのを、学術的に研究している本で知るって、本当に有益だと思います。それにしても、社会的性格の分類というのは、人権問題で色々言う人もいそうな内容ではあるけど、でも実際に当たってそうですよね(^^)。


スポンサーサイト



Category: アート・本・映画 etc. > 本(文芸・科学・哲学)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『動物にとって社会とはなにか』 日高敏隆

Doubutsunitotte Shakaitoha Nanika_Hidaka どうやって生きればいいのか、そもそも人間って何なのか、こういう事をマジメに考えて落ち込む暗い青年に育った僕は、本が好きでした。趣味として好きとかそんなんじゃなくて、「この世界って、人間って、私って」という事に回答してくれるかもしれない本が好きだったのです。だから小説にはあまり興味がなく、読む本は哲学、物理学、心理学などの実学が多かったです。とうぜん社会学や動物学にも興味を持つわけで、動物学と社会学の両方をまたいだこの本を見つけたときに飛びついたのは言うまでもないことでした。古本で安かったしね(^^)。

 この本、タイトルに偽りなしの素晴らしい内容でした。至極ざっくりいうと、以下のような構成。まず、種とは何かを定義します。そして、種というものは子孫を残し繁栄するという大前提のもとに定義できるものと示したうえで、この「種の繁栄」とは何かを紐解きます。これが動物にとっての社会というヤツなんですね。
 でもって、面白いのはこの先です。種の繁栄というと、いかに子孫を増やすかという事になりそうですが、それだけでなく、いかに種の数を減らすかという事にも気を使ってるんだそうで。へえ、そうなのか!例えば、ゾウリムシは、種の数が増えすぎるとそれ以上分裂しないんだそうです。それ以上分裂すると、ひとつの個体を維持するだけの捕食する細菌がいなくなってしまい、種が共倒れになってしまう、みたいな。種の人口抑制の内的要因としては、こうした自分たちでの人口抑制のほか、バッタやネズミなんかは増えすぎると一部が一気に他の場所に移住することで種の一部を捨てるんだそうで。

 また、捕食者ですら種にとっては有益なんだそうです。かつて北米アリゾナで、人間の猟の対象だったシカの数を増やすために、シカの天敵のオオカミやピューマを狩ったら、一時は鹿は増えたんだけど、詞かが自分たちの餌を食いつくしたもんで、長い目で見るとむしろシカの数は減ってしまったんだそうです。で、種の外的要因の調節機構としては、捕食者、流行病、細菌なんかがあるそうです。

 大型哺乳類になると、バッタやネズミのようにたくさん産んでたくさん捨てるという戦略が取れないため、順番制やハレム制を作って、まるで優生学のようにより良い遺伝子を引き継いだ子を育て、そして死ぬ場合にはエサの順番が後回しになる貧弱な個体から削るようにするんだそうです。

 そして、人間。人間は本能的な抑制機構が著しく欠如している種なんだそうです。たとえばセックスにしても、性衝動はあるけどそのやり方は本能として知らず、それは学習に頼ってるんだそうです。そんなわけで、人口抑制の内的要因は持っておらず、殖えっぱなし。しいて内的要因をあげるとすれば戦争なんだそうで、でも人口抑制を名目に行われた戦争はいまだかつてなく、結果としてそれが人口抑制につながってるというだけなんだそうです。
 一方、人口抑制の外的要因は飢餓、流行病、ウィルスなど。かつては捕食者もいたんでしょうが。流行病は、不思議なことに人口の1/3が死ぬころには薬が開発されていない時代でもだいたい収束したんだそうです。

 この本を書いた日高さんという方は昆虫生理学、理学博士で、京都大学の教授などを務められた方です。このが書かれたのは1966年。古い本なので、科学が進化した今、この本に書かれている内容が今どこまで有効なのか分かりませんが、読んだ当初に受けた衝撃は大きなものでした。こういう諸科学の研究によって明らかになった事を人間が有効に活用できれば、人間の未来はもっと明るいと思うのですけどね。。


Category: アート・本・映画 etc. > 本(文芸・科学・哲学)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『ウイルスの意味論』 山内一也

Virus no imiron_YamauchiKazuya コロナ禍となり、「ウイルスって何なのか、僕はよく分かってないな」と思って読んだ山内一也さんの本『新版ウイルスと人間』が分かりやすくて素晴らしかったので、山内さんが書いたウイルス関係の本をもう一冊読んでみました。先に読んだ本が入門的な内容だったので、もう少し学術的に踏み込んだ内容のものを探して選びました。

 まずは、もし自分がウイルスの基礎知識を持っていないと思うなら、この本を読む前に、入門編のウイルス本を読んでおいた方がいいと思いました。ウイルスはDNA型とRNA型があるとか、代謝機能を持ってないとか、ウイルスは宿主の動物には悪さしないどころかいい働きをする事すらあるとか、そういう事はあらかじめ知っている前提で書かれているようでした。
 そして本文。11章に分かれていて、各章それぞれがテーマに掲げた内容を詳述する形でした。僕の目に留まった記述は、以下のような所でした。

・生物は死んだら生き返る事は無いが、ウイルスは「多重感染再活性化」という現象で死んでも再生する事がある(1章)

・生物の定義のひとつが自己複製であるなら、ウイルスは生物ではない。ウイルス粒子は外界にいるうちはたしかにそうだが、しかし細胞内に入るとそれは生きている。つまり、ウイルスの存在によって生物の無生物の境界があいまいになった。(4章)

・ヒトのゲノムには約25万のHERV(ヒト内因性レトロウィルス)が入り込んでいる。このうち、HERV-Wというファミリーの働きによって、父親の遺伝形質を受け継いた胎児が母親のリンパ球により排除されずに住んでいる、つまり、ウイルスがもたらした遺産によって人間は生まれる事が可能となっている。(5章)

・アメリカのイエローストーン国立公園にあるパニック・グラスという植物は、土壌の温度が50度ともなる環境でも生きる。その理由はクルヴラリア・プロトゥベラータというカビが寄生しているためで、このカビに強制しているウイルスによってパニック・グラスは高温でも生き延びる事が出来ている。(6章)

・ウイルスは海中にも数多く存在し、ウイルスによって生態系の有機物の配分が強く影響を受ける。(8章)

・水中では太陽光と微細藻類が光合成により二酸化炭素を有機物に変換しているが、その際分解された自らは酸素が放出される。こうした海の炭素循環で発生する酸素の量はちきゅうの2/3を占める。ウイルスは二酸化炭素を吸収する微細藻類を死滅させるため、ウイルスは地球温暖化に影響を与えていると考えられる。(6章)

・ウイルスの多くは、恐らく数百万年から数千万年にわたって宿主生物と平和共存してきた。それが人間社会と派手に接触したのは20世紀から。これは人間にとっても激動だが、ウイルスにとっても激動。(11章)

 そして、最後にこれらを総括してウイルスの意味を問う…というのがこの本が狙った所だったと思うのです。だってそれをやらないと意味論にならないのでね。でも総括されていなかったので、単にウイルスの知識をバラバラに語ってるだけになっちゃってる気がしました(^^;)。
 というわけで、僕が勝手に総括して意味を立ち上げておくと、以下のような感じ。ウイルスは人間が思っているところの生と死を乗り越えた存在であって(1・3章を帰納)、人類の誕生にも生きるためにも必要なウイルスもあって(5章を帰納)、地球の生命環で大きな影響を持っている(6章を帰納)。最後の、「(ウイルスは)地球の生命環で大きな影響を持っている」が、地球や生物にとってのウイルスの意味、というところなのかな、と思いました。

 コロナ禍にあって、WHOにしても各国政府にしても、ワクチン研究を進めるとかワクチンを打つとか、家から出ないようにするとか、せいぜいそんな対策しかしないじゃないですか。でも僕が読んだウイルス関係の本によれば、ウイルスはある一定割合で変異するし、もし人間が集団免疫を得るというのは、政府がやってることとはぜんぜん違う事。だから、応急処置としてはワクチンや戒厳令を敷くとかしかないだろうけど、根本的にはそれは付け焼刃であって、人間がこれまで接触してこなかった生物と接触しないで済むぐらいまで地球全体の人口を抑制するとか、それをしないのであれば大きく見たら本当に集団免疫獲得のために一定数の人が死ぬのを覚悟するとかをしないといけないのだと思います。だいたい、根本のところで「ウイルスは今の人間にとって良かろうが悪かろうが、地球の生命環の一部となっている」のだから、それを排除するなんてこと自体が方途として大間違いだとしか思えないんですよね。「人間は水に溺れるから、地球から海を無くすようにする」とか、しないですよね?それと同じことだと思うんだけどなあ。
 そういう重要な事を考えるベースになる生命/ウイルスに関する教養を与えてくれる良い本だと思いました!


Category: アート・本・映画 etc. > 本(文芸・科学・哲学)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『性的虐待を受けた少年たち』 アンデシュ・ニューマン/ベリエ・スヴェンソン著

SeitekiGyakutai wo uketa SHounentachi もともと心理学系の本が好きという事もあったんでしょうが、リチャード・ガートナーの書いた『少年への性的虐待』を読んで、あまりに面白かった(というと、ちょっと語弊があるかも…)ものだから、勢いあまってこんな類書も読んでしまいました。スウェーデンには国際NGOが運営している少年専用のクリニックがあるそうで、そこでの研究をまとめた本です。それにしても、性的虐待を受ける少年ってこんなにいるんだな、そりゃ太宰治も病みますよね。。

 類書だけあって内容は、ガートナー『少年への性的虐待』とあまり変わりませんでした。見解の食い違うところもなかったので、この分野の研究はおおむね一致しているという事かも。
 そんな中でも興味深かった点がいくつか。虐待者が近親者であった場合、子どもの中ではその虐待者をふたりの別人として認識する事がある事(p.76)。たとえば父親が虐待者の場合、虐待をしている人と普段の父親は別の人、といったぐあいです。
 子どもたちが虐待を受けて子供同士がお互いを求めあって性的なまでに親密になる場合がある事(p.125)。これをヘンゼルとグレーテル症候群と呼ぶんだそうです。

 内容がほぼ丸かぶりなので、『少年への性的虐待』と『性的虐待を受けた少年たち』は、どちらか一冊を読んでおけば問題ないかと思います。で、どちらが詳しいかというと、治療まで踏み込んでいるという意味で前者が圧倒的。でもあっちはけっこう専門的なので、大学生以上じゃないと読むのは大変かも。難しい本を読んだことがないという人は、こっちの方が分かりやすいかも知れません。


Category: アート・本・映画 etc. > 本(文芸・科学・哲学)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『少年への性的虐待 男性被害者の心的外傷と精神分析治療』 リチャード・B・ガートナー著、宮地尚子ほか訳

Shounenheno Seitekigyakutai 太宰治『人間失格』を読んでいて引っかかったのが、主人公が幼少期に受けたという性的虐待。サラッと流されて細かくは書かれていないのですが、それは自己否定という人格を形成した重要な契機のひとつで、とても書けなかったか、解離(トラウマになるほどショッキングな出来事を、自分の体験ではない事として切り離してしまう精神の働き)を起こして記憶の彼方に握りつぶしてしまっているのか…な~んて思いました。そんな精神科医みたいな感想を持ったのは、この本を読んだから。
 この本の筆者は心理的トラウマを専門にする精神分析の専門家さんで、訳者も精神科医で医学博士。ともすればエロそうな本にも見えますが(実際のところ、性犯罪が関連するので、見ようによってはちょっとエロい)、480ページを超える立派な専門書でした。

 この本の構成は、おおむね以下の通りでした。この分野のこれまでの常識や用語の紹介(1章)、被害者の少年がそれを性的な通過儀礼と捉える傾向について(2章)、男が性的虐待を受けるというところから生じる男性性をめぐる苦悩(3~4章)、虐待の家族や文化的な背景(5~6章)、抑圧や解離や多重自己状態といった虐待から引き起こされた精神障害について(7章)、不信やサディズム/マゾヒズムといった性格への影響(8章)、医者の性別や、医者が患者から受ける影響など、治療一般に関する注意点や問題点(9~11章)、という章立てでした。

 祖父や実父からフェ〇チオを強要されるとか、年長の同姓数人にマワされるとか、そりゃトラウマにならない方がおかしいだろうといった実例が次々に出てくるので、耐性がない人は読まない方がいいかも(^^;)。女教師など年上の女性に関係を迫られるのは「おおっ!」と思いもしましたが、もし自分が小学生の時に担任のあのクソばばあと関係を持ったとしたら…うああああああ絶対に嫌だわ、想像するだけでもたしかにトラウマだ!
 というわけで、実際に被害体験をしていない僕は(まったくないわけじゃないんですけどね^^;)、ついついある種の偏見をもってしまうのですが、実際に性的虐待を受けた少年はそんなものじゃないとつくづく思わされました。

 そんでもって、そのトラウマになる心理過程が実に興味深かったです(ここを読みたかった)。恐怖や苦痛だけでなく快感でもあった事で自責の念に駆られる。信頼できるはずの大人を信頼できなくなって、以降の人生でまともな人間関係を築く事が出来なくなる。ショックな出来事を処理しきれず、「あれは僕が実際にした体験じゃないんだ」とその体験を切り離す事で、解離とか多重人格といった症例を引き起こす。男性から被害を受ける事で「僕は男なのに男らしくないんじゃないか」とジェンダー意識に深い傷を負ってある種の自己錯誤に陥る。う~ん、人間の精神の構造ってつくづく面白いです。

 僕は精神医学は学生時代から興味があったので、こっち系の本を何冊か読んだことがありますが、読むたびに発見があって驚きです。人間のマインドってこういう風に出来ているんだと思わされるというか。これはメッチャクチャ面白かった、500ページ近くあるというのに、2日で読み切ってしまいました。精神医学に興味がある人はおすすめです!

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS