FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

詩集『ヘッセ詩集』 ヘルマン・ヘッセ 高橋健二訳

Hesse sishuu_TakahasiKenji リヒャルト・シュトラウスの「4つの最後の歌」のCDをいくつか聴いてきましたが、あの歌曲集で使われた詩の4つのうち3つがヘルマン・ヘッセのものなんですよね。ヘッセは1877~1962年まで生きたドイツ生まれのスイスの文筆家で、「荒野の狼」「車輪の下」「シッダールタ」あたりの小説が有名。ロック好きな僕がヘッセの名を最初に知ったのは、映画『イージー・ライダー』の主題歌を歌ったステッペン・ウルフ。このロックバンドの名前の由来がヘッセの『荒野の狼』だったのです。そして、コリン・ウイルソンの書いた名著『アウトサイダー』にヘッセの思想が紹介されていたもので、興味を持ってヘッセの『荒野の狼』を読んだところ、大衝撃。文学なんて学校でやる奇麗ごとの世界だと思っていたものがとんでもない、命がけのムチャクチャ深遠な世界、魂を奮い起こされるとはこのことでした。そしてヘッセの本を片っ端から読んだ事があります。これは新潮文庫から出たヘッセの詩集で、初期から晩年まで隔たりのないようにヘッセの詩を収録してありました。「4つの最後の歌」収録のものでは、「九月」が収録されていました。

 まず、詩の内容。新ロマン主義にくくられるだけあって、19世紀から20世紀に生きた詩人とは思えないほど、キリスト教的な世界観を背景にした幻想性が全面ににじみ出ていると感じました。たとえば、「精神は神のごとく永遠である。われらはその似姿であり道具であって、われらの道はこの精神に向かっている」(沈思 Besinnung)みたいな。これ、ヘッセと知らずに詩だけ読んだら、ヘルダーリンやノヴァーリスあたりの詩と思っちゃうんじゃないかなあ。仏教圏に生きている僕は、間違ってもこういう見方はしませんから、やっぱり西洋のパラダイムの上にある言葉なんだな、みたいな。

 そして、死を意識した詩が多くて、ちょっと後ろ向きというか、暗い感じ。また、かなり頭が良さそうというか、感性だけで書いているのではなく、後ろに思想があるなと感じました。例えば、こんな感じ。「私は花をつみに行こうと思ったが、今はすべての花を咲くにまかせて、家に帰っていく。老いた人として」(最初の花 Die ersten Blumen)。ね、死生観とか人生観とか出まくりじゃないですか。しかもこれは死を意識した人が、命あるものはあるがままにしておきたい、みたいな事を言っているんじゃないかと思うんですが、これが意識的であるように思えてならないんですよね。そもそもヘッセの書く小説って、これは宗教か哲学じゃないかというものが多いので、感性だけの不思議ちゃんな文学者のわけがないですし。

 僕が良い詩と感じたのは6篇で、「眠れぬ夜 Schlaflosigkeit」、「花咲く枝 Der Blutenzweig」、「最初の花 Die ersten Blumen」、「イタリアを望む Blick nach Italien」、「九月 September」、「笛のしらべ Flotenspiel」。以下に、紹介程度に、心を動かされた詩の一部だけ抜粋しておきます。

瞬間のうちに無数の生を幻のように生き、熱に疲れながらいつまでも休もうとしない。 (眠れぬ夜)

私はかつて生きた時の長い列が砕かれもせず永遠の日の中を通るのを見る。 (眠れぬ夜)

人生のあわただしい戯れも 楽しさに満ち、むだではなかった、と告白するまで。 (花咲く枝)

私は花をつみに行こうと思ったが、今はすべての花を咲くにまかせて、家に帰っていく。老いた人として (最初の花)

この世界は私をあんなにもたびたび欺いたが、私はやっぱり世界をいつもいつも愛している。愛と、孤独。愛と、満たされぬあこがれ。それが芸術の母だ。私の一生の秋にもまだ、それらは私の手を引いて導いてくれる。そのあこがれの歌が、湖と山々と、別れを告げる美しい世界に不思議な力で輝きをひろげる。 (イタリアを望む)

この世の秘められた意味が、彼の呼吸の中にあらわれていた。そして心はいそいそと浸りきっていた。そしてすべての時が現在となっていた。 (笛のしらべ)


 こういう詩なので、ロマン派らしく幻想的でステキ…な~んて上っ面だけ読んでると大事な事を読み逃しちゃいそう。ランボーやトラークルみたいなモロに知的だったり硬派だったりではないんですが、読めば読むほどグッとくる。「眠れぬ夜」や「笛のしらべ」なんて、ヘッセが体験したヴィジョンの言語化じゃないのかと思ったほど。これは深いぞ…。
 訳がちょっと噛み砕きすぎだとは感じましたが(僕は堀口大學みたいな噛み砕いた口語調の訳より、小林秀雄みたいなド直球の文語調の訳の方が好きなんです。分かりやすくなんてしなくていい、解釈はこっちでするから噛み砕きすぎないで訳してほしい、みたいな)、でも素晴らしい内容の詩集だと思いました。ヘッセは、小説がさらに凄いので、いつかまた感想を書きたいと思います。でも、残りの人生でレコードを全部聴きかえす事が難しいのと同じで、本を全部読みかえすのは絶対に無理なんだよなあ、どうしよう。


スポンサーサイト



Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

小説『ゴールデンボーイ』 スティーヴン・キング、朝倉久志訳

GoldenBoy_StephenKing.jpg スティーヴン・キング『恐怖の四季』秋冬編がまあまあ面白かったもので、春夏編も読んでみました。それがこの文庫本で、日本版のタイトルは『ゴールデンボーイ』でした。「ゴールデンボーイ」は夏編にあたり、この本には春編の「刑務所のリタ・ヘイワース」も収録してありました。「刑務所のリタ・ヘイワース」は、映画『ショーシャンクの空に』の原作です。スティーヴン・キングって、ホラー映画の原作者だと思ってましたが、この短編~中編小説4つのうち3つが映画化され、うち2本がホラーではない名作扱いってすごいです。

 「刑務所のリタ・ヘイワース」は、無実の罪で終身刑を喰らってしまった男の話です。映画『ショーシャンクの空に』とほとんど同じでした。原作なんで、同じなのは当たり前ですが、原作小説と映画がけっこうかけ離れたものってそれなりにあるじゃないですか。邦画の『寒椿』なんて、似ても似つかない作品だったし(^^;)。違いは微々たるもので、主人公の無実を証明できるトミーが殺されるわけではない事と、主人公の前に図書係を務めていた人の描写がちょっと違うぐらい。ここまで同じだと、小説か映画のどちらかを見てれば十分かも。しいていえば、小説の方が、19年も刑務所に入ってるというのが、伝わってきやすかったです。映画よりも小説の方が文字が多いので、色々と表現しやすいのかも。

 「ゴールデンボーイ」は、少年と、近所に住む元ナチの将校の老人が交流しているうちに、お互いに狂気に見舞われ、人殺しに走っていくというもの。お、『恐怖の四季』4作の中で、やっとスティーブン・キングっぽい小説が出てきました。でも、長い割にはあんまり面白くなかった(^^;)。まったく知りませんでしたが、これも映画化されたみたいです。

 読んでいて思ったのは、それなりに面白かったんですが、そもそも小説って、面白い面白くないというだけのものならもう興味を持てない年齢になってしまったのかも知れないな、という事でした。面白いだけだと娯楽にしかならないし、娯楽にしては時間がかかるというか手間がかかるというか。僕は子どものころから本が好きで、小説もけっこう読んだ方だと思うんですが、高校生ぐらいからあんまり読まなくなりました。小説じゃなくて、科学や学問の本の方が圧倒的に面白くってね。だって、「宇宙がどうやってできてるか」なんていう物理の本は、本当に宇宙がどう出来ているかを教えてくれるわけだし、心理学の本を読むと人間の精神構造が理解できてきたりというわけで、そういう本の方が小説より全然面白いと感じるようになったんですよね。小説でも、いつか紹介したカミュの『異邦人』みたいに、重要なテーマを扱ったものはいいのですが、人が捕まって脱走したとか、人を殺したくなったとかのフィクションって、余暇を潰す娯楽程度にしか感じられなくなった自分がいました。この本も確かに面白くはあったので、若いうちに読んでいたらもっと楽しめた1冊だったかも知れません。


Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

小説『スタンド・バイ・ミー』 スティーヴン・キング 山田順子・訳

Stand By Me_StephenKing 古本屋で見つけた1冊です。映画「スタンド・バイ・ミー」に猛烈に感動した事があるものだから、見つけた途端に「おっ!」と思って、買ってしまいました。あのめちゃくちゃに良い話をホラー小説の大家が書いている点も興味があったんです。映画も、ある死体をめぐるストーリーだったので、原作って本当はホラーだったんじゃないかと思ってね(^^;)。
 「スタンド・バイ・ミー」は、スティーヴン・キングの「恐怖の四季」という春夏秋冬に分かれた四部構成の小説の秋の部分でした。でも、元タイトルは「The Body」となっていたので、この文庫版小説のタイトルは原作ではなくて映画から拾ったんでしょうね(^^;)。僕が買ったこの文庫本は、「恐怖の四季」の秋と冬が収録されていました。

 「スタンド・バイ・ミー」=「秋」=「The Body」。本当にホラー小説じゃなくて、ほぼ映画と同じストーリーでした。そして面白い!!映画との違いは大きく言うとふたつだけで、ひとつは、小説には、映画には出てこない主人公ゴディの書いた物語がいくつか出てくる事。これは、実際にある種の比喩になってるとは思いますが、僕的にはあんまり面白くなかったので、映画でカットしたのは正解だったのではないかと。小説でもカットして良かったような(^^;)。そして、もうひとつの違い、これはけっこう大きな違いで(ここから、ネタバレを書くので、読みたくない方は少し先に飛んでくださいね^^)…最後に銃を撃つのが、主人公ではなくて親友のクリスになっている事。へ~そうなのか!こうすると、ちょっと意味が変わってくると思うんですが…いや、このシーンを、少年たちの少年期の終わりの象徴として書いてるんだとしたら、どちらがやったにしてもそこまで意味は変わらないのかな?ついでに書くと、バーンはのちに焼死し(バーンだからか?)、デディは自動車事故で死にます。クリスの結末は、映画と同じ。ゆく川の流れは絶えずして…ですね。諸行無常。

 「マンハッタンの奇譚クラブ」。ページ数は「The Body」の半分以下でしたが、これも面白かったです!こっちの方がスティーヴン・キングっぽくて、幻想的でした。ある法律事務所に勤める紳士が、その事務所のトップのおじいさんからとある紳士クラブに誘われ、そのクラブに通うようになるというもの。そのクラブは高層ビルのあるフロアで開催されていて、珍しい本があったり、上等な酒を出してくれたり。しかし、ビリヤード台が観た事のないメーカー製であったり、深い質問をすると諭されたりと、少し不思議な空間なのです。そしてこのクラブ、クリスマスになると、クラブ会員の誰かが面白い話を持ち回りで話す事になっています。
 以降、ネタバレを書いてしまいますが…あるクリスマスに話された話は、とある産婦人科医が、父なし子を産む決心をした魅力的な若い女性の話。医師は彼女に大変な関心を抱き、妊娠からお産までをがんばって助けています。いざお産の日になると、ニューヨークはひどい渋滞で、タクシーに乗って駆け付けた彼女はタクシーの中で産気づいてしまいます。そして、病院の前で事故に巻き込まれ、首が飛んで死亡。でも医師は、何とか子供だけは取りあげ、それを見ていた彼女の首は医師に礼を言います。また、主人公の紳士は、この奇譚クラブのある空間自体が、普通でない異次元にあるものなのではないかと確信を抱くようになった…スティーヴン・キングっぽくて、面白いでしょ? ある種ラヴクラフトっぽくて、なかなか魅力的な話でした(^^)。

 映画抜きにしても、あるいはホラー抜きにしても、小説として面白かったです。内容的には、あくまで電車の中などの空いた時間に読んで捨てる本だとは思いますが、読んでいる最中は夢中になってしまう面白さでした。スティーヴン・キング、なかなかやるな。。これで僕は、「恐怖の四季」の春と夏も読むことになったのでした(^^)。


Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

小説『時の石』 栗本薫

Toki No Isi パンデミックで人類が滅びてしまう物語では、栗本薫さんが書いた「黴」という話も覚えています。子供のころ、栗本さん作の「グイン・サーガ」というヒロイック・ファンタジーとクトゥルフ神話が混じったよう長編小説が好きで、彼女の小説をむさぼるように読んでいた事があります。この本は、「黴」を含む栗本さんの短編小説集。僕がこれを読んだのは中学生。他に、「時の石」と「BURN~紫の炎~」という話も入ってました。最後の小説は完全にディープ・パープルですね(^^;)。そういえば、小説「グインサーガ」のあとがきで、栗本さんはキーボードを弾いていたとか書いてあったっけ。ブルーノートがまったく理解できなかったそうで。そうそう、僕が栗本さんを初めてみたのは、中島梓(栗本さんの別名)としてクイズ番組の「ヒントでピント」の女性チームのリーダーとして出演していた時でした。「ヒントでピント」、覚えてる人も少ないだろうな(^^;)。。

 「時の石」。ある石を握ると過去の幸福だったころの自分を思い出してしまい、色々と事件が起こります。主人公の友人は自殺し、学校の女教師もおかしくなって…みたいな。

 「黴」。黴が世界で大繁殖してしまって人類がほぼ滅亡。ただ、病院にいてアルコール消毒していた人など、一部だけが生き残って、新しい世界で生きていくという話。

 「BURN~紫の炎~」。これも世界滅亡もので、どうして滅んだんだっけな?覚えてません(^^;)。でも、様子の変わった世界の中で、わずかに生き残った主人公やほかの人がサバイバルしていくという話でした。たしか、ロボという犬が出てきて、生きるためにその犬に毒見係をさせていたら、羽が生えて飛ぶようになっちゃったんですよ(^^;)。

 栗本さんは器用な人で、SF小説でもホラーでもファンタジーでも推理小説でも何でも書いてしまう人で、子供の頃の僕にとっては栗本さんが書いたものはどれもこれも面白かったです。でも、今にして思えば、そのすべてが何かの小説の模倣のようで、しかも軽い内容。つまり、読み捨てる大衆小説を書く職業作家だったんですね。そういう小説なので、僕は人生のどこかで栗本さんを卒業しちゃいました。それでも読んでから30年以上たっても読み直さずにこれぐらい思い出せちゃうんですから、優れた職人だったんじゃないかと。


Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『メルケルと右傾化するドイツ』 三善範英

Merukeru to ukeikasuru doitu これもヨーロッパやアメリカや日本など、なんで今世界の先進国が右傾化してるのかを知りたいと思って読んだ本です。『EU騒乱 テロと右傾化の次に来るもの』がかなりフランス視点での本だったので、ドイツ視点の本も読んでみたいと思いまして、「ドイツ」「右傾化」でググったらこの本がヒットした次第(^^)。グーグルやアマゾンでの検索を考えると、本のタイトルって重要ですね。著者の三善範英さんという方は、読売新聞で長年にわたってベルリン特派員を務めていた方だそうです。

 タイトルから「メルケルによって右傾化していったドイツ」という事が書かれてるのかと思ったら、それ以上に「メルケルの話」と「右傾化するドイツの話」でした(^^;)。首相になる前のメルケルのプロフィールだけで7章中4章が割かれてましたが、この部分はわざわざ本を買わなくたってウィキペディア見れば充分だった(゚ω゚*)。
 というわけで、「右傾化するドイツ」、の理由を知りたい僕にとっては、1~5章は前提の理解のためには読まないわけにはいかないけど、内容は薄かったかな?読むべきは6~7章でした。メルケルさんは才女で、あのEUが吹き飛ぶんじゃないかという危機を乗り越えたのも、原発停止を決断したのも、シリア難民の受け入れを決断したのも全部メルケルさん。

 ただ、この本の主張は、メルケルさんが周辺国に気を使わずに決断するので、ドイツとは違う状況のEU加盟国までドイツの決断に引きずられてしまってそれは倫理的独裁だ、というものでした。難民を救うはいいけど、人道的見地だけで判断して制限なしに受け入れたもんだから、治安は悪化するわテロは起きるわ財政は圧迫されるわで、それに反対する形でヨーロッパ各国で極右政党が票を伸ばしちゃったじゃねえか、という事でした。なるほど、ひとつの正義だけでものを判断してはうまく行かない事もあるという事か、一理あるのかも知れません。

 まあとにかく、起きた事をどうとらえるかは個々人が判断すればよい事だと思いますが、EU危機がどのように回避されたか、難民受け入れの経緯、ここ10年でヨーロッパ各地で次々に起きている実態などなど、ヨーロッパやドイツがこの10年でどう動いているかを知る事が出来たという意味で、良い本でした!


07 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS