FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『セブン セブン セブン アンヌ再び…』 ひし美ゆり子

SevenSevenSeven AnnuFutatabi 『セブン セブン セブン 私の恋人ウルトラセブン』の文庫化で、内容はほぼ同じです。違いは、文章の端々が改変されている事、最後にもう1章つけ加えられている事、寄せ書きをした人が違う事、そして掲載写真です。

 追加された1章は、最初の『セブン セブン セブン』出版後に起きたことが書かれています。10年で女優を引退した菱見さんが、あの本で大きく注目される事になったそうです。でも、基本的にその後に出した本とか写真集の宣伝文かな(^^;)。
 そして売りのひとつでもある菱見さんの写真ですが、以前の本に追加されたわけではなく、けっこう入れ替わってます。というわけで、ファンの人はどちらか1冊というわけにいかないのが商売上手ですね。「プレイボーイ」のグラビアを飾った有名な写真は、こっちには載ってませんが、今まで見た事ない写真がけっこう出てました。

 素晴らしかったのは、冬木透さんの寄せ書き。「私の恋人…」の方の寄せ書きは、ウルトラセブンのメイン監督を務めた満田さん他が書いていて、これが本章を上回るほどの名文だったんです。でも、こっちの冬木透さんの文章も素晴らしかったです。冬木さん、当時まだ女優になったばかりで「おみそ」のようだった菱見さんが、ロケ地でシャンデリアを壊してしまったり、「アンヌ!」とスタッフに呼び捨てにされたりしながら、ニコニコ頑張っていたから、みんながアンヌに気を留めるようになって、その人柄に惹かれたのではないか、なんて一節を書いていらっしゃいます。きっと、そうだったんでしょうね。仕事の技術があるだけでは生き残れるわけではなく、人から愛されもしないと生き残れないというのは、わかるなあ。ウルトラセブンの現場でのアンヌは、皆に愛された人だったんでしょうね。

 文庫化なので、猛烈なアンヌファンでなければ、「私の恋人ウルトラセブン」か「アンヌ再び…」のどちらか1冊を読めば十分かも。でもファンなら、写真なんかにけっこう違いがあるので、両方買わないわけにはいきませんよねえ。ウルトラセブンの裏話を知る事が出来る楽しさ以上に、60年代後半から70年代の日本のテレビ映画業界の世界の独特なムードを感じることのできる、いい本でした。セブン好きの人は必読の1冊ではないかと!



スポンサーサイト

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

書籍『セブン セブン セブン 私の恋人ウルトラセブン』 ひし美ゆり子

SevenSevenSeven WatasinoKoibito HisimiYuriko こっちは「アンヌ今昔物語」の20年前の1997年にアンヌ…じゃなかったひし美さんが書いた本です。いや、ウルトラセブン好きな僕としては「ひし美ゆり子」さんじゃなくて「菱見百合子」さんだな( ̄ー ̄)。「アンヌ今昔物語」が、タレントがサラッと書いたライトエッセイ的な感じだったのに対し、こっちはかなりちゃんと作られた本。文体も立派に校正がはいっていて(「アンヌ今昔」は、素のひし見さんの話し言葉というか、です・ます調とだ・である調がごちゃまぜとか、色々あります^^;)、文字数や写真もこっちの方が圧倒的に多いです。
 内容は、ウルトラセブンを含む菱見さんの出演映画・テレビの回想録と、ウルトラセブン出演者&制作関係者の思い出話。出演作回想録はウルトラセブンにいちばんページが割かれていて、セブンは各話ごとに書かれています。

 本全体としては、あの時代の女優という職業の事や、映画やテレビの世界の空気感が伝わってきて、すごく面白かったです。菱見さんという女優と、当時のエンターテイメント産業の空気感。菱見さん、真面目に作品に打ち込むタイプではなく、時間が来るとタイムカードを押して帰るような仕事感覚で女優業を捉えていたなんて書かれていますが、当時の映画役者の多くは映画会社所属だったわけですし、菱見さんに限らず、多かれ少なかれみんなそういう感じだったのでしょうね。当時のプロ野球選手も、試合が終わると酒や麻雀ばかりだったといいますし。終わると毎日のようにスタッフや役者仲間と飲み歩いた事。流されるようにヌードや汚れ役もこなしていった事。当時のゴールデン街の様子、女優をやめてバーを経営して、店が跳ねてから客と一緒に中華屋に行く…当時の俳優の人生の典型が、ありのまま書かれているようでした。

 でも菱見さんは、新劇やアングラ劇団から這い上がった女優ではなくて、オーディションで目をつけられて東宝に入った女優との事なので、俳優としては恵まれたスタートだったんではないでしょうか。そうなれたのは、それだけ周囲の目をひく何かを持っていたのでしょう。自分を飾らず、けっこう赤裸々に本音が伝わってくる本でしたが、そういう本を読んでなお僕は菱見さんに魅力を感じました。なにか、芝居の上手下手とか容姿ではないところにある菱見さんの魅力があるのかも。

 それってなんなのでしょうね。僕は物心ついた時にはもうウルトラセブンもダンもアンヌも知ってました。それは強烈な印象で、ダンは恰好よかったし、アンヌは…不思議な印象でした。正直にいえば、物語序盤は微妙、髪も猿みたいだったりバサバサだったり(^^;)。僕の中でアンヌの印象が間違いなく良くなったのは、「セブン暗殺計画」からでした。さらに、「ノンマルトの使者」あたりのウィッグをつけたあたりになると、人間像に魅かれるようになっただけでなく「美人だな」とも思うようになってました(^^;)。声は酒焼けしたかのようにちょっとハスキー、姿はブスにも美人にも見える。育ちが悪いようにもすれていないようにも、大人にも幼くも見えて、つかみどころがない女優。芝居がうまいという役者力でなく、何にでもなれるという役者力があるのかも知れません。この本を読む限り、彼女自体が実際にそういう人なのかも。
 すごいなと思うのは…僕は「ダーティー・ハリ―」という映画が大好きですが、仮に主役のイーストウッドがマックイーンに差し替わったとしても、すんなりうけいれられる気がするんですよね。ウルトラセブンでも、主役のダンは、森次浩司さんと阿知波信介さん(ソガ隊員役です)が入れ替わっても受け入れられそうです。でも、「セブン暗殺計画」や「史上最大の侵略」のアンヌにハマる女優は、他のどの女優でも代役がききそうにありません。あの21歳の時の菱見百合子さん以外にありえないです。それってなんなのか…そこが、役者の経験もなく、美人でもないのに、映画産業全盛期の東宝のオーディションに出て人の目をひきつけた菱見という女優の不思議な魅力なのかも。

 というわけで、「アンヌ今昔物語」より、もっと素のひし美ゆり子像に迫った本だと思います。カラーテレビの登場で映画産業がすたれていく時代を生きた女優の物語として、とても面白く読めた本でした。(^^)。


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

書籍『アンヌ今昔物語 ウルトラセブンよ永遠に…』 ひし美ゆり子

AnnuKonjakuMonogatari.jpg  読み終わった後、ジーンと来てしまいました…。アンヌ隊員の書いたウルトラセブン制作に関する本です。1967-68年制作の特撮テレビ番組「ウルトラセブン」のファンって、日本に何人いるんでしょうか。1000万人はゆうに超える気が…。僕もそのひとりで、今まで何十回見たか分かりません。セリフもそうとう頭に入っていて、僕が役者の喋る前にセリフを喋っちゃうものだから、一緒に観てたかみさんが驚くほど。DVDボックスもサントラも持ってます。そのぐらい好きなので、「セブン」と名のつくものは、つい手に取ってしまうんですよね(^^)。これは去年(2017年)の夏に発行された1冊で、ヒロイン役のアンヌ隊員を演じた、ひし見ゆり子さんが書いた本です。内容は、ひし見さんの幼少時、アンヌ隊員にキャスティングされた経緯、そしてウルトラセブン全話にわたる俳優の立場からの裏話です。

 まず、アンヌ隊員の立場からの、撮影時の思い出話が面白かったです。見た事のない写真もけっこう出ていて、そこも良かった(^^)。僕は昔ひし見さんのブログやウルトラセブンのマニアックなサイトなんかを読んでいた事があったので、知っている事もあったんですが、でも忘れてる事もあって、やっぱり面白かったです。第1話で、アンヌが主人公ダンに対して「ダン、あなたの地球がピンチに立たされてるのよ」というセリフをいう所がありますが、あれはその前にアンヌとダンが「あなたの一番好きなものは?」「地球」というやり取りをしていて、そのシーンがカットされたから浮いたセリフになったんだだそうで。
 そして、こういうトリビア的な裏話だけでなく、思い出話も面白かったです。いや、実はそっちの方が、あとから効いてきちゃいました。「栄光は誰のために」は千葉に一泊ロケで、旅館でメインゲストの山口暁さんに「おちょこに20杯ビール飲めるか」と煽られて飲んだ。「第四惑星の悪夢」で監督した実相寺昭雄監督に「この話で作戦室のアクリル板に映ったアンヌの顔が、僕のアンヌの一番のお気に入りだ」と言われた。…最初はなんてことない話と思ってたんですが、こういう思い出話をずっと読んでいたら、まるで僕自身がウルトラセブンの製作スタッフとしてリアルタイムで一緒に作ってる気分になってしまいました(^^)。

 そして、読んでいるうちに、心を締め付けられるような感慨が。このシーンに出ていたのはロケバスを運転していた○○さん、あの時に一緒に騒いだのは○○さん、このシーンの声はたぶん○○さん…この本の後半で、アンヌさんは、こんな事を書いています。「当時のスタッフとキャストが、どんどん旅立たれていきます。いつか、セブンに関わった人間は誰もいなくなってしまう。私が書いておかなくちゃ…」。今のアンヌさんは、旦那さんが家に帰って来なくなり、子どもたちもみんな独立して、独居生活になったんだそうです。今、ひし見さんは過去を振り返っています。近づいてきた自分の最期や人生についても考えているでしょう。
 その今のアンヌの心境が、自分に移ってしまいました。物心ついた時に、僕はもうウルトラセブンの作戦室にあった赤と青のアレを知っていましたし、「セブン暗殺計画」の不気味な深夜のシーンの記憶もありました。小学生になっても中学に入ってもセブンは観て、そのあと大学、社会人、結婚と、どんどん齢を取っていますが、ウルトラセブンは、あの時のままフィルムに残されていて変わりません。ダンもアンヌも、フィルムの中では齢をとりません。ウルトラセブンが見続けられる限り、ダンもアンヌも若いまま不老不死で永久なのです。でも実際には、この作品を作ってきた人はひとりずついなくなって、いずれはアンヌも、そして観ている僕も…そう思うと、胸がしめつけられるようでした。

 でも、だから人生の素晴らしかった時期が輝いて感じられるのかも知れませんね。アンヌさんも、女優以外の色々な事があって今にたどり着いている人生と思います。そして振り返った時に、まだ20代前半で、自分の残り時間なんて考えず前だけ向いて芸能の世界に入って、辛い事も含めて希望に満ちていた自分の人生の1ページとして、ウルトラセブンが輝いて見えたのではないでしょうか。この本で楽しげに、そして時に悲しく過去を振り返るひし見さんの文章を読んで、そんなふうに感じました。ウルトラセブン好きの方には、大推薦の1冊です!


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

小説『異邦人』 カミュ

Ihoujn.jpg フランスの思想家であるアルベール・カミュが、1942年に発表した小説です。当時のフランスの小説家って、小説を書くだけでなく、哲学者や思想家である人が多いですよね。サルトルもそうだし、バタイユもそう。
 主人公のムルソーは、ある事件に巻き込まれて人を殺してしまいます。相手が悪いやつだったし不幸な事故みたいなところもあったので、それ自体はそこまで問題じゃなかったのですが、彼が母親の死に際して涙ひとつこぼさなかった事や、殺人の理由を問われて「太陽がまぶしかったからだ」なんて答えちゃったもんだからさあ大変、彼は死刑宣告を受けてしまいます。そして彼は最後に、「自分が孤独でない事を感じるために、自分の処刑の日に大勢の見物人が俺に憎悪の叫びをあげる事を望む」と夢想、物語は幕を閉じます。

 この小説、フランスの熱い太陽光線を浴びて、日常生活がまるで白昼夢のように描かれている印象を覚えました。なんで自分への憎悪の叫びが、自分が孤独でない事に繋がるんでしょうか。私の解釈は的はずれかも知れませんが…それって、ママン(窪田啓作さんの訳では、母親をこう書いてあります^^)の死に対する、主人公の受け取り方に理由があるんじゃないかと。なぜママンは養老院から出なかったのかとか、なんで死ぬ前に許婚を持ったのかとか、そういう色々な事を考えて、ムルソーは(死を目前に控えた人生の)夕暮れは有終に満ちた休息のひとときであって、ママンはあそこで解放を感じたのではないか、そういう感覚にあるママンの気持ちをさておいて勝手に死を悲しい事として決めつけて泣く権利は誰にもないのではないか、と感じたんじゃないかと。だからママンが死の目前に感じたような感覚に同調するという事は、ひっくり返すとそういう所への無関心さにあふれている社会を拒絶しておきたいという意味で、だからそういう人たちからの「憎悪の叫びを望む」なんじゃないかなあ。この小説のテーマって、もしかしたら社会よりも正しい考え方や感じ方をしているのかも知れない人が、社会では「異邦人」的な疎外感を覚えてしまうという、ある種の現代的な問題を扱った小説なんじゃないかと。久しぶりに読んで、ああ、なんて哲学的な小説なんだろうか、たまにはこういう本を読んで人生を考えないと、日常生活に流されちゃうなあと思った次第です。
 それにしても、ほんの70年ぐらい前までのヨーロッパはいいですね。アイドルというのは哲学者や思想家や音楽家であって、フロイトやドフトエフスキーやカミュ、音楽家でいえばルービンシュタインみたいな人がアイドルです。つまり、人に道を示す人たちだったんですよね。人の上にある人を、人々は尊敬していた、みたいな。それが、1次大戦後にアメリカが浮上したあたりからアイドルといったらムービースターとか売れた人みたいになって、下にいるような人が分かるものがアイドルで、下の人が分からないものは「マニアック」「でたらめ」「意識高い系」とかいって避けられてしまうという。今の日本なんて、もうね(^^;)…。文学の大名作「異邦人」、大人になってから読むとまた格別でした!


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

小説『悪魔の手毬唄』 横溝正史

AkumanoTemari_book.jpg そんでもって、こちらが原作の「悪魔の手毬唄」です。「悪魔の手毬唄」も、金田一耕助の推理小説の中でも代表的なもののひとつ。あとは「八つ墓村」「獄門島」「犬神家の一族」「女王蜂」あたりが有名でしょうか。で、映画は、最初から犯人やトリックが割れたりしないように、犯人が変わっていたりと少し変化をつけられていることもあるんですが、「悪魔の手毬唄」は犯人やら何やらがそこまで大幅に違いません。僕は映画に感銘を受けたものだから小説まで読んでしまったクチです。ですから、この小説だけを読んで面白いかどうかは、今となっては自分では分かりません(^^)。ただ、映画を見た後に読んだという前提条件で話すと、面白かった!!

 映画版は、前の記事に書いたとおりに感動しまくったもので文句なし!では、その映画版と比べて、原作はどこが良かったか。まず、情景の描写が素晴らしかった!!舞台は田舎の温泉地なんですが、山のまわりに人気が少ない様、日本の原風景、夜道はちょうちんをともして歩くとか、昔の日本家屋の描写…こういったところが素晴らしくって、なんだか時間旅行している気分(^^)。。これは映画版ではあまり味わえなかった素晴らしさでした(^^)。
 次に、物語の軸になる手毬唄の読み解き。映画では、単に、昔からこの地に残る唄に沿って殺人が行われていく、という程度のものだった手毬唄が、原作だとその背景がかなり深く描かれていて、めっちゃくちゃ面白い(^^)。この辺りは、書いても犯人や動機のネタバレにならないと思うので、ちょっと書いてみると・・・原作では、冒頭から手毬唄に言及されてます。だから、手毬唄と事件の絡みが、昔の日本の風習や社会構造と絡み合うようで、これが独特のおどろおどろしさ。で、この手毬歌が凄い。これは数え歌(手毬歌なので、まりつきをしながら数が数えられるようになっている)なのですが、詞がえぐいのです。たとえば、その3番は…

 おらが在所の陣屋の殿様 狩好き酒好き女好き わけても好きなが女でござる
 女だれが良い錠前屋の娘 錠前屋器量よし小町でござる 小町娘の錠前が狂うた
 錠前狂えば鍵合わぬ鍵合わぬ 鍵が合わぬと返された


 この歌詞、パッと読むとただの歌に見えるんですが、実は隠喩になっていて、土地の暴君を揶揄する内容。こういう読みときをしていくと、めっちゃくちゃ面白いのです。すべての歌の韻になっている「かえされた」は「返された」。殿様に召されながら、気に入られないで「突き返された」、つまり「殺された」。錠前屋の下りは、「錠前と鍵が合わずに返された」、つまりセックスの相性が合わなかったので殺された、となるわけです。もう、こういう読みときからして推理小説のだいご味満載なのです!

 な~んて感じで、映画では犯人の悲しい動機を重点的に描いていましたが(時間的にこれは仕方がないし、それが成功していた)、小説は細部が見事!金田一ものの小説を初めて読むなら、僕は「獄門島」や「犬神家」よりも、これを推薦します(^^)。。



09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS