FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > Finale関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Finale で「五線を隠す」が選択できなくなった!その対処法

 僕は楽譜作成にフィナーレを使っています。楽譜って、ずっと休んでいるパートは非表示にして、紙を節約&楽譜を見やすくするじゃないですか。歌とピアノの曲なら、イントロの歌がいないところは歌の五線を非表示にする、みたいな。僕はこれを活用しまくってます。ところが…
 ある日、非表示にしたはずの五線が表示されていました。あら、何か操作ミスをしたかと思って非表示にしようとすると…なんと、「五線を隠す」の項目自体がなくなってる!ソフトが壊れたのかと思って悪戦苦闘すること数時間、どうもある楽譜でだけ「五線を隠す」の項目が消えているので、ソフト自体がエラーしているわけではなさそう。というわけで、消えた「五線を隠す」の復活方法を!

1. 「ファイル」メニュー →「ライブラリを開く」を選択
2. 「楽譜スタイル」を読み込み


 以上でした!たぶん、「楽譜スタイル」のところに使用可能なスタイルを削除する項目があるので、何かの拍子で誤って「五線を隠す」のスタイルを削除しちゃったんでしょうね(^^;)。というわけで、「五線を隠す」以外のスタイルでも、もし選択できなくなってしまったらこの方法で復活できそう。お困りの方はお試しください!


スポンサーサイト



Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > Finale関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Finale で、ページごとの段数を変更する方法

Finale Dansuu no henkou 久々に楽譜作成ソフトのフィナーレを使いました。普段はフリーハンドで書いてしまうもんで、たまにしか使わないんですよね(^^;)。でもって、久々に、ページごとの5線の段数を指定しようと思ったら、やり方を忘れてしまった(^^;)。。というわけで、忘れた時のためにメモを残しておこう、そうしよう。

(Finale で、ページごとの段数を変更する方法)

1. 画面右上にある「ページ・レイアウト・ツール」ボタン(紙のような形のロゴ)を選択
2. 「ページ・レイアウト」メニューから「組段の均等配置」を選択
3. そこで任意に変更できる!

 ちなみに「1ページごとの組段」というのは、5線譜の数ではなく、楽器すべてをひっくるめての数です。例えば、ヴォーカルが1行、ピアノがG clef と F clef の2行、ベースがF clef の1行の場合、この全4行でひとつの組み段、というわけです。

 いや~、ソフトって、使わないとすぐ忘れちゃいますね(^^;)>。脳の退化を防ぐためにも、なるべく覚えるようにしよう、そうしよう。。


Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > Finale関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Finale 速度標語を追加したいとき

楽譜作成ソフトのFinale で速度標語を書きたい時って、発想記号ツール([mf]みたいなマークのところ)から選びますが、あらかじめ用意されている速度標語が少ないですよね、Lento もLargo もVivace もPresto もないなんて、自分で作れと言われてるに等しいです(T_T)。ボクみたいに「molto Adagio」みたいにひと言加えたくなる人の場合、余計に困るんじゃないかとおもいます。。というわけで、速度標語を追加する方法をメモ!

(速度標語を追加する方法)
 既に登録されている標語を複製し、複製した方の表記と設定を変更するという方法が一番楽だと思うので、その方法でやります。

①速度標語を何かひとつ選択し「複製」
②複製された速度標語を選択し、「編集」
③「テキスト」の項目で表示テキストを変更、「プレイバック」の項目でプレイバック時の絶対テンポを変更

おお~意外と簡単ですね(^^)。




Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > Finale関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Finale 2音が交代するトレモロの入力

マニアックな記事の連投になってしまってスミマセン(^^;)。。


さて、今回はトレモロ記号の入力方法。一音のトレモロなら、アーティキュレーションツールからトレモロ記号を選択してオシマイですが、2音が交代するトレモロ、これが問題です。こういうやつです。↓
tremolo2.gif

マニュアルには「選択ツールで小節を選択して…」みたいに書いてるのですが、それだと最後に「範囲が選択されていません。すべてそうしますか?」みたいに訊かれ、yesを選ぶと曲ぜんぶがトレモロになるというマンドリン演奏みたいになってしまうのです(゚m^;)アチャー。。というわけで、そのやり方を。

(2音が交代するトレモロの入力)
①ひとつのペアのトレモロの総音価の半分の音価でそれぞれの音符を入力
②ブロック編集ツールを選択後、[編集]→[小節の一部分を選択] にチェックを入れる
③トレモロをかけたい2音を選択
④[プラグイン]→[TGツール]→[簡易トレモロ]を選択
⑤連桁の本数を設定!

いや~、この方法はネットを調べてもなかなか出てこなくて(とくに②の部分が難関だった^^;)、しかたなく「Finale User's Bible」を開いてしまいました(2005~2007版では290~293ページ)。そしたらあっという間に解決^^;。ただし今回の場合、譜例だと2小節目ではうまくいくんですが、1小節目下段のような状況でこれをやってプレイバックしようとすると、なんどやってもフィナーレがフリーズ(^^;)。この小節だけで連符の特殊変更に連桁の変更にトレモロなので、色々まずい事が起きてるのかも。それとも、音価の入力が間違ってるのかな…まあいいや、最後に手で書きくわえれば(^^;)。
ところでFinale User's Bible という本、詳しすぎて調べるのが大変という弱点はあるものの、楽譜制作での僕の悩みはたいがい解決できてしまう優れものです。逆に、初歩的な操作は載っていないというマニア仕様(^^;)。写譜屋さんが書いたんじゃないかというぐらい、ムズカシイ楽譜にも対応しています。クラシック系の楽譜制作に取り組んでいる人は、ぜひ!!


Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > Finale関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

FInale 連桁の分断や連結を行う方法

前回に続いて、FInale の操作関連を。機械音痴は苦労するよ(^^;)。。

さて、フィナーレで楽譜入力していると、連桁(「れんこう」と読みます。隣り合った8分音符同士をつないでいる棒の事です。名前を知らなかった人は、この機会に覚えてね^^)を8分音符2つずつを3組にしたいのに、勝手に8分音符3つずつ2組に連桁を掛けられてしまったりする事があります(ノД^*)アチャー。。それを修正すべく連桁の分断や連結を行うほうほう、というわけです。

(連桁の分断や連結)
①ステップ入力ツール(上部にある8分音符のマーク)をクリックして選択
②変更したい連桁の直後の音符Ctrl+クリック
スラッシュ( / )キーを押す

 これで直前の音符と連桁で結ばれていた場合は連桁が分断、結ばれていなかった場合は連桁で結ばれる!!あー助かった(^^;)。

 それにしても、クラシックのスコアを書く時って、近代曲ですら手書きの方が速いっすね。まして現代なんてなったら、finale の入力方法を調べてる間に書き終わっちゃうよ。楽譜制作の時だけは、ジャズやロックやポップスが羨ましくなります(^^;)。。





01 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS