fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『CREATION / スピニング・トー・ホールド』EP

CREATION_Spinning Toe Hold ブルース・クリエイションは、クリエイションになって終わった…そんな風に思った僕でしたが、この曲だけは別です。説明するまでもないですね、プロレスのザ・ファンクスの入場テーマ曲でした。全日本プロレスの選手のテーマ曲では、マスカラスの「スカイ・ハイ」やブッチャーのピンク・フロイドと並んで大好きな曲でした。全日は見なかったくせに、テーマ曲だけは好きだったんですよね~。

 70年代の日本人バンドがやる洗練されてないロック寄りなフュージョンってあったじゃないですか。高中さんみたいなやつです。ロックのような、少しファンクも混じってるような、でもジェフ・ベックも好きで、結果抜けきらないでこうなった、みたいな(^^;)。そのいなたい感じが逆に良かった!だって、洋楽だと「いなたいクロスオーバー」なんて聴けないじゃないですか。痛くない頭痛みたいなもので、相矛盾するようなもんですからね。

 個人的なツボは、ギターのリフのかっこよさと、1拍裏裏で入るハイハットのかっこよさ。執拗にリフを繰り返すのは、スピニング・トーホールドが何回も回るのを表現したものだと勝手に思ってましたが、これだけしつこくやられると病みつきになるんですよね(^^)。それにしても、テリー・ファンクのプロレスは芝居クサかったなあ。そうそう、ダイナマイト・キッドの自伝に、「テリー・ファンクの芝居は超一流。飛行機で、何も入ってない荷物を重そうに引きずる芝居をして、見かねたCAが「手伝いましょう」といってその鞄を力いっぱい引っ張ったもんだから、CAが吹っ飛んだんだよ、アハハ」なんて言ってました…あれ、何の話だっけ?


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『CREATION』

CREATION.jpg 1975年発表、ブルース・クリエイションからクリエイションに改名されてから初のアルバムです。クレジットを見るとプロデューサーに内田裕也さんの名が(^^)。当時の日本のロック・シーンではフィクサー的な大物だったんでしょうね。

 ヴォーカルは竹田和夫さん本人になっていました。全部英語詞なんですが、ブルース・クリエイションの伝統を引き継いで、すげえジャングリッシュ(^^;)。。日本語で歌えばいいのに。。

 音楽は、悪くはないんですが、型に嵌まって大人しいハードロックになっちゃってて、ブルース・クリエーションのデビュー作やライブ盤みたいな爆発力はもうありませんでした。クリームの曲のリフを遊びで使ってみたり、この次のアルバムのプロデューサーがマウンテンのフェリックス・パッパラルディだったりと、洋楽をそのままコピーして、それがカッコいいと思ってるバンドになっちゃったみたいで、僕にとってのブルース・クリエイションはこれで終わってしまいました(T-T)。でもそれは竹田さんだけじゃなくって、このへんから日本の文化全体がアメリカ万歳みたいになっていましたよね。歌謡曲も演歌や昭和歌謡から、洋楽丸パクリみたいになっていったし。こうして日本はアメリカの文化政策にまんまとハマって、心まで合衆国の衛星国家みたいになっちゃったのでした(^^;)アワレダネ。


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ブルース・クリエイション / LIVE! 白熱のブルース・クリエイション』

BluesCreation_Live.jpg 1971年、第2回フォーク・ジャンボリーに出演した時のブルース・クリエイションのライブを収録した1枚です。後年になってリリースされたので、オリジナル・アルバムじゃないですが、僕がブルース・クリエーションで一番好きなレコードはブッチギリでこれです(^^)。黎明期の日本のロックは、竹田和夫さんに洪栄龍さんに外道の加納秀人さんと、メッチャクチャかっこいいギタリストが何人もいたんですよね。ショーバンドと化していく同時代のアメリカやイギリスのロックや、エフェクター頼りになった90年代以降の日本のロックより、ぜんぜんカッコいいと本気で思います。日本のロックを聴くなら黎明期だ!

 いや~ギターがカッコいい、カッコよすぎる!!竹田和夫さんのギター炸裂しまくり、むっちゃくちゃいいです!ヴォーカルは一応いますが、歌パートなんてほとんどなし、ほぼスリーピースのインストロック。トゥッティで決めるところは決め、即興で突っ走るところは突っ走ります。即興といってもダラダラとしたジャムなんかではなく、熱くまっすぐ突きぬける!プレイもカッコいいですが、野太いギターやベースの音もメッチャかっこいい。「悪魔と11人の子供達」もやってますが、スタジオ録音の40倍はカッコいいです(^^)。

 若い頃に聴いた時も良かったですが、いま聴いてもこんなに悶絶してしまうとは思いませんでした。もう、演奏が完全に自分の肉声と化しています。洋楽とか邦楽とかなんていうのは、スタイルに耳が行くと起きることであって、個人の演奏に耳を奪われると、個人の表現に思えるので、洋楽とか邦楽とか関係なくなるのかも。この時期のブルース・クリエイションは、スタイルとしてはブラックサバスとかクリームとか似たスタイルをあげようと思えばあげられるかもしれないけど、このライブ盤はそんな所にはまったく耳がいかず、ひたすら竹田さんを中心としたバンドの白熱のプレイに耳を奪われるばかり。これはURCが出した1枚ですが、このCDが出た時に、はっぴいえんどや友部正人や遠藤賢司に目もくれずにブルクリとDEWを押えた若い頃の自分を褒めてあげたい。黎明期の日本のロックの大名盤だと思います!!


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ブルース・クリエイション / 悪魔と11人の子供達』

BluesCreation_Akumato11nin no kodomotachi 71年にブルース・クリエイションが発表したアルバムです。以前に紹介したデビュー作はメッチャかっこいい割にあんまり知られていませんが、こっちは日本のロックの名盤ガイドにはたいていセレクトされてる1枚。だみ声の迫力が凄いヴォーカルの布谷さんが抜けた事で、竹田和夫さんのギターが聴きどころになっていました。

 ギターがデビュー作とは段違い!ムッチャ弾きまくりな上にうまさもレベルアップ、カッコいい!音楽も変化していて、スリーコードでペンタトニック1発のブルースバンドだったブルクリが、リフを基調にしたロックやってる!おお~転調した…これはブラック・サバスっぽいな…これはグランドファンクっぽいぞ…というわけで、ブルースロックからブルース系ハードロックになってました。
 ところがヴォーカルがダメでした。。英語詞なんですが、ものっすごいカタカナ英語なんです。「えぶりでい」とか「ですてぃに~」みたいな。まともに英語を発音できないなら日本語でやれとあれほどいったのに(^^;)。。

 僕にとっては弾きまくりの竹田和夫さんのギターがすべての1枚。それ以外の部分は完全に洋楽の物まねで、日本音楽界がロックを学習していた時期では仕方ないのかな…と思いきや、以降の邦楽はさらに洋楽丸パクリになっていくんですよね。ここに戦後の日本文化を見る思いがするよお父さん。僕はこのアルバムを友人から借りて聴いたのですが、それ以降のクリエイションにあまり深入りしなかったのは、「洋楽の物真似なら洋楽聴いた方がいい」と思ったから…だったんでしょうね、きっと。


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Keith Jarrett / Creation』

Keith Jarrett Creation というわけで、聴けども聴けどもキース・ジャレットの音楽が面白いとは感じられなかった僕ですが(でもそれって、僕が聴いてきたアルバムに限って言えば、好き嫌いとは別に正当な評価だと思います…)、僕にとってのキース・ジャレットの評価が180度ひっくりかえり、猛烈に感動したアルバムがあります。それがこれ、2014年のライブ録音、キース・ジャレットのピアノ独奏を集めたCDです。録音は東京、トロント、ローマ、パリの4か所。たしかこれが最後の来日公演だったんですよね。

 恐らくどの曲も即興演奏なんでしょうが、音楽が見事でした。側だけ言えば、即興と言ってもアヴァンギャルドではなく強く調性を感じるもので、ジャズを感じる演奏は少なく、むしろ4度進行…というか、もっと露骨に言えばバロック(ヘンデルとかの華やかな方じゃなくて、宗教音楽時代のバッハ的な重厚な方向)を感じました。でもそういうことじゃなくて、こういうシリアスな音楽に真摯に向かっている人間性に惹かれるというか。
 特に良いと感じたのは1曲目と4曲目。入りのモチーフがよかったのが6、7曲。1曲目なんてコードプレスがほとんどなのに、これだけで感動してしまうって何なんだろう…バロック時代の宗教曲のような荘厳さを感じたとか、何か音楽の背景にあるものを感じさせられたのかも知れません。

 あと、ピアノの音…会場の響きや録音も含めて、音が素晴らしくて感動しました。場所も録音エンジニアも違うのに、こんなに音に統一感が出るものなんですね。もしかしてベーゼンドルファーのインペリアル指定のコンサートだったのかな?あれ、でも紀尾井ホールってスタンウェイだったよな。オーチャードでは曲が始まった途端に咳してるお客さんが…ホールにコンサートを観に行くときは、ぜったいにのど飴を持っていくようにしましょう。これでけっこう耐えられますよ(^^;)。。

 みんなすばらしい音でしたが、なかでもトロントのロイ・トムソン・ホールというところの音がヤバいほどの素晴らしさ。パリはちょっとあったかい感じ。これってミックスで機械リヴァーブを付加した音に聴こえるので、昔のクラシック録音みたいな純然たるホールの音ではないんでしょうが、だとしたらミキシングで音をここまで揃えても、ピアノの個体差って残るものなんですね。音数が少ない演奏だけに、ピアノのサウンドが音楽の優劣を決めているといってよいほど、ピアノのコンディションと録音が重要なアルバムかも。

 この録音の時にキース・ジャレットは70歳。さすがに速く強い演奏は出来ず、ゆったり嚙みしるような演奏しか出来ませんでしたが、それが若い頃に指を動かすだけの演奏の何十倍も素晴らしい、本当に素晴らしい。。音楽って頭と心と技術だと痛感させられました、指じゃない。
 このCDで最大に感動した音について。これ、レコーディング・エンジニアはマーティン・ピアソンという人で、ヤン・エリック・コングスハウクじゃなかったです。ECM っぽい透明感ある音でしたが、でもあの加工された変な音ではないです。キース・ジャレットのECM録音ではこのエンジニアさんの名前をよく見かけますが、キースさん指定のエンジニアなのかも知れません。


07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS