FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『旋律学』 エルンスト・トッホ著、武川寛海訳

Senritugaku_Tohho.jpg ヒンデミット『作曲の手引』以外の本で旋律論を述べた本では、こんなものもありました。トッホ著、その名もずばり『旋律学』!トッハは19~20世紀のオーストリアの作曲家で、戦争の時にナチから逃げて後にアメリカに亡命しています。旋律そのものの作曲法で1冊を費やした本って、僕はこの本しか知らないです。そして、すごく勉強になりました!

 クラシックをベースにした旋律の教科書ですが、ほとんど機能和声について書かれているので、普通の西洋ポピュラーやジャズでもまったく問題なく使えると思います。章の構成はこんな感じでした。

 1章:序説/2章:旋律の概念/3章:直線/4章:波状線/5章:旋律と律動の弾力性/6章:和声法の支配下にある旋律/7章:旋律構成手段としての非和声音/8章:連打と阻止・旋律の視点/9章:律動雑考

 かなり基礎的な事からセオリー化していました。例えば、「旋律にとっては音高よりも律動の方がはるかに重要」とか、「スケールを直線に登るときは主音から始めない」とか。こういう所から丁寧に書いてくれている所が素晴らしかったです。さらに、参考として引用されている実際の曲の多さも素晴らしいです!やっぱり実際のスコアを見せられると「ああ、なるほど」と思えていいですね(^^)。

 言われてみれば「なんだ、そりゃそうだよな」と思うかもしれませんが、基礎的な事をきちんとセオリー化できるかどうかが重要だと思うんですよね。例えば、「スケールを直線に登るときは主音から始めない」って、当たり前と言えばそれまでですが、知らない人にとっては金言のはず。僕だって、ジャズのアドリブの勉強をしてなかったら、これを当たり前だと思えたかどうか…。また、この本を読んで「あ、僕の作曲は音高ばかりに気をとられて律動が作曲できてないんだな」と思い知らされることにもなりました。マジで読んでよかったと思います。
 いずれの点にしても、知らない人は他の曲を分析し、何十曲と書く中で「主音から始めない方がいいんだな」と、相当な時間を使ってからそれぞれのセオリーにたどり着くと思うんですよ。セオリー化の大切さは、音楽以外のものも同じと思います。プロ野球を見ていても、セオリーを知らない監督や選手がかなりいて、セオリーを知っている選手が多いチームが明らかに強い事が観ているだけでも分かるので、どの世界のプロだってセオリーを言語化して押さえることが出来ているかどうかで雲泥の差だと思うんですよね。

 古い本なので、日本語訳がちょっと古めかしい事と(でも旧仮名遣いはなかったはず)、原文自体が例え話が多くて、例えられるとむしろ分かりにくくなってしまう所もありましたが、要点を抑えて読めば実はシンプル、しかも金言の宝庫!掲載されている楽譜を見ればさらに素晴らしい!「いいメロディが書けないなあ」という方、あるいは作曲をする方は、けっこうサクッと読める本ですので、ぜひご一読を。これも大推薦です!

スポンサーサイト



Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『作曲の手引』 ヒンデミット著、下総皖一訳

Sakkyoku no Tebiki_hindemith 新古典主義の大作曲家のひとり、ヒンデミットの書いた作曲本です。音大生だった頃、作曲関係の本を見つけると、古楽だろうが対位法だろうが音列技法だろうが手当たり次第に読みまくっていました。そんな頃に大作曲家ヒンデミットが書いたこの本を発見!タイトルからはまったく想像がつきませんが、半音階法についても触れられている貴重な本です!

 大雑把にこの本の主旨を言うと、従来の7音音階だけではなく半音階法を視野に入れて和音を6種類に分類し、その6種類の和音の結合から音楽の組織、和声、旋律の作曲を再定義するというもの。少し難しいですが、この点さえ理解しておけば混乱しなくて済むんじゃないかと。あ、そうそう、巻末に「和音規定表」という一覧がついてるんですが、この表がついていることに気がつかないと意味がさっぱり分からないので注意(^^)。
 でもって、この本は上記の趣旨に沿う形で、6章に分けて書かれていました。1章が作曲論、2章は素材論、3章組織論、4章和声論、5章旋律論、6章は実際の楽曲の分析例です。

 僕が音大で習った和声法とは、音の眺め方がちょっと違うのが驚きでした。例えば転回の理解と、そこからくる和声判定の方法。例えば、長3度と短6度は転回すれば同じものですが、では和声においてどちらと取るべきか。これは機能和声に従った音ならルールの上にあるものなんでしょうが、そうでない音楽を構想した時に重要になると思うんですよ。ヒンデミットによれば、ここに聴覚上の原理のものさしを最初に作って、その結果「長3度のほうが第1音列的に優位であるから、長3度優位でとらえる」と結論するのです。うおお、すげえ!
 こんな感じで全体が素晴らしすぎるのですが、それが和声法や作曲全体だけでなく、旋律論にまで発展しているのがありがたかったです。旋律の作曲の教科書ってほとんどないので、それだけでもありがたかったし、その上この本の旋律論は「あ、なるほど」と思わされることが多くて、自分が作曲する時にものすごく役立ちました…ちょっと高度ですけどね(^^;)。教科書って読めば読むだけ有利になると思うんですよね(^^)。

 以上のように、あくまで機能和声法をベースにして、もう一歩踏み込んだ作曲の基準を示した本でした。なるほど、今考えてみれば、ロマン派がいっぱいいっぱいまで来たところで、新ウィーン楽派は無調や音列技法に向かったのに対してヒンデミットは新古典に向かったわけで、まさにヒンデミットの音楽観そのものな理論書いと感じました。
 西洋音楽を学んできたプレイヤーや独学作曲家が、どうやって作曲の勉強を進めていけばいいかは難しいところですが、僕なら機能和声法→その延長線上のジャズ→古典対位法→新古典(これ!)→音列技法→メシアン作曲法→セリー…みたいに進めていくと効率がいいんじゃないかと思います。つまりこの本は、近現代作曲法の入り口ではないかと。超がつくほどおすすめの本ですが、今は絶版になっていて、超高値がついてます(アマゾンで3万円!)。音楽之友社の本は、読みたいと思った時に買っておかないとこうなるんですよねえ。。


Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

詩集『ヘッセ詩集』 ヘルマン・ヘッセ 高橋健二訳

Hesse sishuu_TakahasiKenji リヒャルト・シュトラウスの「4つの最後の歌」のCDをいくつか聴いてきましたが、あの歌曲集で使われた詩の4つのうち3つがヘルマン・ヘッセのものなんですよね。ヘッセは1877~1962年まで生きたドイツ生まれのスイスの文筆家で、「荒野の狼」「車輪の下」「シッダールタ」あたりの小説が有名。ロック好きな僕がヘッセの名を最初に知ったのは、映画『イージー・ライダー』の主題歌を歌ったステッペン・ウルフ。このロックバンドの名前の由来がヘッセの『荒野の狼』だったのです。そして、コリン・ウイルソンの書いた名著『アウトサイダー』にヘッセの思想が紹介されていたもので、興味を持ってヘッセの『荒野の狼』を読んだところ、大衝撃。文学なんて学校でやる奇麗ごとの世界だと思っていたものがとんでもない、命がけのムチャクチャ深遠な世界、魂を奮い起こされるとはこのことでした。そしてヘッセの本を片っ端から読んだ事があります。これは新潮文庫から出たヘッセの詩集で、初期から晩年まで隔たりのないようにヘッセの詩を収録してありました。「4つの最後の歌」収録のものでは、「九月」が収録されていました。

 まず、詩の内容。新ロマン主義にくくられるだけあって、19世紀から20世紀に生きた詩人とは思えないほど、キリスト教的な世界観を背景にした幻想性が全面ににじみ出ていると感じました。たとえば、「精神は神のごとく永遠である。われらはその似姿であり道具であって、われらの道はこの精神に向かっている」(沈思 Besinnung)みたいな。これ、ヘッセと知らずに詩だけ読んだら、ヘルダーリンやノヴァーリスあたりの詩と思っちゃうんじゃないかなあ。仏教圏に生きている僕は、間違ってもこういう見方はしませんから、やっぱり西洋のパラダイムの上にある言葉なんだな、みたいな。

 そして、死を意識した詩が多くて、ちょっと後ろ向きというか、暗い感じ。また、かなり頭が良さそうというか、感性だけで書いているのではなく、後ろに思想があるなと感じました。例えば、こんな感じ。「私は花をつみに行こうと思ったが、今はすべての花を咲くにまかせて、家に帰っていく。老いた人として」(最初の花 Die ersten Blumen)。ね、死生観とか人生観とか出まくりじゃないですか。しかもこれは死を意識した人が、命あるものはあるがままにしておきたい、みたいな事を言っているんじゃないかと思うんですが、これが意識的であるように思えてならないんですよね。そもそもヘッセの書く小説って、これは宗教か哲学じゃないかというものが多いので、感性だけの不思議ちゃんな文学者のわけがないですし。

 僕が良い詩と感じたのは6篇で、「眠れぬ夜 Schlaflosigkeit」、「花咲く枝 Der Blutenzweig」、「最初の花 Die ersten Blumen」、「イタリアを望む Blick nach Italien」、「九月 September」、「笛のしらべ Flotenspiel」。以下に、紹介程度に、心を動かされた詩の一部だけ抜粋しておきます。

瞬間のうちに無数の生を幻のように生き、熱に疲れながらいつまでも休もうとしない。 (眠れぬ夜)

私はかつて生きた時の長い列が砕かれもせず永遠の日の中を通るのを見る。 (眠れぬ夜)

人生のあわただしい戯れも 楽しさに満ち、むだではなかった、と告白するまで。 (花咲く枝)

私は花をつみに行こうと思ったが、今はすべての花を咲くにまかせて、家に帰っていく。老いた人として (最初の花)

この世界は私をあんなにもたびたび欺いたが、私はやっぱり世界をいつもいつも愛している。愛と、孤独。愛と、満たされぬあこがれ。それが芸術の母だ。私の一生の秋にもまだ、それらは私の手を引いて導いてくれる。そのあこがれの歌が、湖と山々と、別れを告げる美しい世界に不思議な力で輝きをひろげる。 (イタリアを望む)

この世の秘められた意味が、彼の呼吸の中にあらわれていた。そして心はいそいそと浸りきっていた。そしてすべての時が現在となっていた。 (笛のしらべ)


 こういう詩なので、ロマン派らしく幻想的でステキ…な~んて上っ面だけ読んでると大事な事を読み逃しちゃいそう。ランボーやトラークルみたいなモロに知的だったり硬派だったりではないんですが、読めば読むほどグッとくる。「眠れぬ夜」や「笛のしらべ」なんて、ヘッセが体験したヴィジョンの言語化じゃないのかと思ったほど。これは深いぞ…。
 訳がちょっと噛み砕きすぎだとは感じましたが(僕は堀口大學みたいな噛み砕いた口語調の訳より、小林秀雄みたいなド直球の文語調の訳の方が好きなんです。分かりやすくなんてしなくていい、解釈はこっちでするから噛み砕きすぎないで訳してほしい、みたいな)、でも素晴らしい内容の詩集だと思いました。ヘッセは、小説がさらに凄いので、いつかまた感想を書きたいと思います。でも、残りの人生でレコードを全部聴きかえす事が難しいのと同じで、本を全部読みかえすのは絶対に無理なんだよなあ、どうしよう。


Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『デッドゾーン』 スティーヴン・キング原作、デヴィッド・クローネンバーグ監督

DeadZone.jpg スティーヴン・キング原作の映画といって思い出す映画のひとつで、1983年の作品です。スティーヴン・キング原作の映画って、他には『シャイニング』や『ペット・セメタリー』あたりも観た記憶がありますが、『デッドゾーン』はスティーヴン・キングではなく、監督のデヴィッド・クローネンバーグに興味を持って観た映画でした。

 教師であるジョニーは、交通事故で5年も意識を失い、目覚めた時には婚約者が別の男と結婚していて、自分は体が思うように動かなくなっています。代わりに人に触るとその人の過去や未来が見える超能力を手に入れていました。この千里眼の能力はジョニーにとっては辛い事でもありますが、次第にジョニーはこの能力を持つ自分の使命を感じるようになっていきます。ある日、ジョニーが大統領候補のグレッグと握手した瞬間に、核戦争の未来が見えてしまいます。この男が大統領になったら…


 あらすじだけ書くと、なんて事はない超常サスペンス映画に思えてしまうんですが、でもクローネンバーグ監督というのが面白い表現をする人で、80年代にはじめて彼の映画を見たときは、カット割とか色んなところに新しいセンスを感じて、ちょっと衝撃を受けたんです。つまりこの映画、僕はストーリーではなく、映像の見せ方に魅力を感じたんです。絵や構図が奇麗とかそういうのでもなく、なんというか…映画のストーリーとは直接関係のないところにフェティッシュなこだわりがあったり、分かる人にだけ分かるような暗喩が仕掛けてあったり、ストーリーを言葉で語らずにカットの繋ぎで見ている側に想像させたり。こういうところが、それまでの大資本映画会社が作ってきた映画とは違って、映画マニアが大資本を得て作った映画というか、音楽でいうニューウェーブに似て、良し悪しはともかくとしてそれまでになかった表現やセンスを感じました。
 80年代にはそういう監督が何人かいて、『ブルーベルベット』で見たデヴィッド・リンチ監督や『エレメント・オブ・クライム』で見たラース・フォン・トリアー監督あたりも、クローネンバーグと同じように、やたらと頭の良い映画マニアがそのまま映画監督になったような、カルトなムードを持った監督たちでした。「これは70年代までの映画とは違うぞ」みたいな。

 僕的なクローネンバーグ最高傑作は『戦慄の絆』で、『デッドゾーン』はそこまでは届かなかったけど、それでも独特な映画センスを感じる映画でした。いまの若い人が、ビッグネームになる前のクローネンバーグやリンチやトリアーが作ったこういうカルト気味な映画を観たら、どう感じるんでしょう…って、スティーヴン・キングの話をするつもりが、クローネンバーグの話ばかりになってしまいました(^^)。でもこの映画の魅力は、間違いなくクローネンバーグにあると僕は思っています。書いている暇があるか分からないけど、いつかこれまでに見たクローネンバーグ映画の特集もやってみたいなあ。


Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『ショーシャンクの空に』

Shawshank no Sorani 『ショーシャンクの空に』、僕は小説よりも映画を先に体験してました。1994年のアメリカ映画で、スティーヴン・キング原作の脱獄もの感動映画です。やたら評判のいい映画で、「いい映画ないかな」な~んてネットで検索をかけると、この映画や『ニュー・シネマ・パラダイス』を推す人がけっこう多くて、それで観たようなものだったんですが、個人的にはそんなに面白くなかった(^^;)。たくさんの人が推薦するものだから、期待しすぎちゃったのかも知れません。

 冤罪で逮捕されてしまった若い銀行副頭取が主人公です。刑務所での彼はゲイの集団にしょっちゅう襲われて生傷の絶えない状態でしたが、銀行マンというキャリアを活かして看守たちの税金対策の面倒を見てやった事から待遇が変わります。しかしそれが裏目に出て、今度は出所のチャンスになっても出所させてもらえなくなってしまい、だったら逃げてやる!ってわけで19年掘りつづけた抜け穴からついに脱獄!…以上です。

 脱獄もの映画特有のドキドキがあるので、面白くないとは言いませんが、だからと言って脱獄に成功するかどうかという映画が名作かと言われると…いやいや、感じ方は人それぞれですから、他の人がどう感じたかに文句をつける気なんてないんです。きっと、脱獄した後の青い海岸線に生きるという自由で美しいこの世界に感動したりするんじゃないかと思うんですが、僕個人はメインとなっている「穴を掘りつづけて脱獄したというだけだろ?」という所が大きすぎたんですね、きっと(^^;)。世間では高評価だけど、僕にはさっぱりというものは、音楽だとクラプトンの461とか、ロリンズのサキコロとか、それなりにあります。こればっかりは、人の感じ方は人それぞれだし、しかたがないのかなあ(^^;)。。


07 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS