心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『ある日どこかで』

AruhiDokokade.jpg 1980年制作の、アメリカの恋愛映画です。普通のラブロマンスと違うところは、タイムトラベルが絡んでいる事。いい映画と検索すると必ず出てくるぐらい支持する人の多い映画ですが、僕はこのタイムトラベル部分だけが気にかかってなかなか見なかったんですが、ある日ついに観たのでした。決め手は、主役が「スーパーマン」を演じたクリストファー・リーブだったから(^^)。

 主人公は脚本家志望の大学生リチャード(クリストファー・リーブ)。彼の処女作上演パーティーに、品のよい老婆が来て、意味深な言葉を残して去ります。その後、夢かなって脚本家となったリチャードでしたが、ふと滞在したホテルに飾られていた女性の写真に魅入られてしまい、彼女に恋してしまいます。この写真は、昔このホテルで講演をした女優の写真で…

 最初観た時の感想は、いい映画だけど、やっぱり時間旅行というところがちょっと興ざめだな…みたいな。胸がギュッとするいいラブロマンスなんです。だからこそ、なにも時間旅行なんていうギミックを使わなくたっていい作品にできたんじゃないか、と思っちゃったんですよね。この部分は今もそう思うんですが、なんども見ているうちに、それが気にならないぐらいに好きになってしまったのです。理由は音楽。素晴らしいラブロマンスに胸を締め付けられそうになるんですが、その効果は、ストーリーや芝居や映像だけでなくて、音楽が大きかったんじゃないかと。この映画で重要な曲は主にふたつで、ひとつはラフマニノフの「パガニーニの主題によるラプソディ」、もうひとつは映画のメインテーマです。音楽については、サントラの感想をあらためて書くとして、これがロマン主義音楽の神髄みたいな音楽である事が重要なんじゃないかと。

 さらに、音楽に感動しはじめると、他の効果が。今でいう「ロマンチック」って、ムードがあるみたいな意味になってる気がするんですが、18世紀19世紀のロマン主義って、文学でも音楽でも、もっと神秘主義とか個人尊重とかをないまぜにした思想だと感じるんですよね。ラフマニノフもそうだしマーラーなんてもっとそうですが、そこにあるロマン主義の何に感動するのかというと、そのとんでもなく美しい響きと、それがやがて終わるという事。むずかしい事じゃなくって、長時間続く至福のロマン主義交響曲を聴き終わった後のあの感慨、あれです。あの感覚って何かというと、劇的で長大な至福の音楽の終わりは、劇的で長大な至福の人生の終わりと何が違うのか、ということなんじゃないかと思っています。つまり、ロマン派音楽の感慨の行きつくところって、それが人間の人生の象徴となっている、と感じるんです。
 この映画の場合、映画の中でロマンスがあり、そしてそのロマンスからひとりの人間の死までという一生が、タイムトラベルをギミックとして圧縮して描かれます。これはロマン派音楽の交響曲や協奏曲とまったく同じ構造じゃないか、と思うんですよね。映画製作者の意図とは違うかも知れませんが、ロマン主義音楽の根底にある思想と、この映画が暗に持つ事になったテーマが、意図せずとも同調したんじゃないかと感じるのです。ラストシーンは象徴的で、あのラストにかかる音楽が、もう救いそのもの、人生で最大のロマンス、幸福感を感じた瞬間の音楽と同じ。そして、それは死の瞬間と同じなのです。これは、映画全体の構造がしっかり掴めるようになるまでは感じなかった感慨でした。なるほど、多くのファンがいるというのもうなづけます、いい映画だ…。


スポンサーサイト

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『移調楽器入門』

IchouGakkiNyuumon.jpg 前回に管弦楽法の本を紹介しましたが、僕はそれだけでは管弦楽を書けるようになれませんでした。正確にいうと、管弦楽の曲は作れたんですが、そのスコアがうまく書けなかった(;>_<;)。ブラスバンド部にいた人とかジャズの管楽器奏者とかだったら楽勝なのかも知れませんが、ピアノだった僕には移調楽器のスコアライティングに悪戦苦闘。なんていうんですかね、ピアノ科とか作曲科っていうと、他の楽器奏者からは「音楽をよく知ってる人」って思われてる感じがするんですが、落ちこぼれだった僕がそんなはずもなく、そう思われてる事がかなりのプレッシャー。でも苦手なものは仕方ない、仲間うちでは総譜にはぜんぶCメロで書いてあとはプレイヤー個々に直してもらってたんですが、ちゃんとしたコンクールに応募するようなスコアやパート譜がそんなんで通用するわけない。。そんな時に出たのが、この本でした!
 この本、「入門」なんて書いてありますがぜんぜん大丈夫、プロの使用に耐える素晴らしい本です!!移調する時の僕の苦労って幾つかあるんですが、鬼門のひとつはオクターブ。たとえばE♭管への移調って、ジャズなんかだとオクターブなんか関係なしにメロ譜を書いたって、プレイヤーさんが勝手に好きな音域に読み直して演奏してくれるじゃないですか。だから、E♭管を短三度下げて調号を#3つ分足す!みたいな単純作業で良かったんですが、これが管弦楽を書く時となると、たとえば同じE♭管への移調でも、ピッコロクラは実音より短3度高くて、アルトクラは長6度低くて、バリトンサックスはオクターブ+長6度低くて…みたいになって、音域を正確に書かないといけなくって混乱(;_;)。。で、この本は、移調をどうやればいいかのリクツも丁寧に書いてあるし、もっと単純に「この楽器はこの手順で移調しろ」と理屈抜きの機会作業の方法も書いてある!これは助かったなあ、僕にとっては救いのアンチョコでした。あ、あともうひとつよかったのは、木管や金管を含めた楽器の使用可能音域と実音と棋譜音の表が出ていた事。管弦楽法の教科書にも音域は載ってるんですが、一覧になってると本当に助かりました。
 今は便利な時代になって、フィナーレみたいな優秀な楽譜作成ソフトを使えば勝手に移調してくれるしパート譜も打ち出してくれますが、それでも移調楽器を含めたアンサンブルの曲を書く人は、「どういうリクツで、どういう風にやるのか」というアンチョコを持っておいた方がいいと思います。そして、そういう本というと、もうこれしかない。いろんな移調楽器を演奏する人や作曲家のマストアイテムだと思います(^^)。。



Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > 本(音楽関係)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『管弦楽法』 ウォルター・ピストン

Kangengakuhou_piston.jpg 管弦楽の曲を書きたいと思ったら、和声法の勉強だけだとちょっと足りません。オーケストラで使われる楽器の音域とか特性とか使える奏法とか、また管楽器は移調楽器が多いのでその勉強とかもしないとね(^^)。そういう勉強は「管弦楽法」なんて呼ばれてます。これは、管弦楽法の本の中でも比較的ポピュラーな1冊。これ以外だと、有名作曲家のベルリオーズが書いた本とか、ゴジラの音楽で有名な伊福部さんが書いた本とか有名ですが、伊福部さんの本とかは2万円以上しますしね、ちょっとかじってみるには量も値段もあまりにヘビー、この本ぐらいから始めるのが一番いいかも。

 管弦楽法というのは、オーケストラで曲を書く方法が懇切丁寧に書かれているわけじゃなくって、楽器の特性や奏法、注意点、その楽譜の書き方…そういうのを学ぶのが最初です。第1バイオリンを2班に分けて二つのメロディを演奏させるときの書き方とか、ダブルリードのオーボエやバスーンは素早いフレーズの演奏をさせようとしてもけっこう難しいとか、音域によって音色が変わってしまう楽器の注意とか、そういうのですね(^^)。この本は大きく2部に分かれていますが、前半はまさにこれ。丁寧に書かれていて、これから管弦楽法を学ぼうという学生の頃の僕にはとても分かりやすかったです!
 後半は、管弦楽のオーケストレーションにかんする分析。この本の場合、「こういう場合はこうです」みたいな手取り足取りな教科書じゃなくって、色んな曲のオーケストレーションを分析して、それを類型化してある感じです。この本でのオーケストレーションの分類は、ユニソン、オブリガート、旋律と伴奏、パートライティング(主に4声部書法)、対位法、和弦という感じ。これらの実例を楽譜を見ながら分析して注意点とか効果のあったところとかを学ぶ感じです。いや~これは良かった、この第2部は管弦楽を書いてみようという人だけじゃなくて、管弦楽を聴いて楽しむ人も読んでおくと管弦楽がいっそう分かるようになって何倍も楽しめるようになるんじゃないかと思います(^^)。

 知識としては和声法とこの本ぐらいの管弦楽法ぐらいあれば十分で、あとは自分の好きな管弦楽を自分で分析して吸収していくのが、管弦楽作曲家への道なんでしょうね。管弦楽法の本は日本でもいっぱい訳されてそれなりの数が出てますが、あまりに初心者向けすぎて書いてないに等しい本というわけでもなく、かといって初心者にとって難解すぎる事もないので、管弦楽法の本を1冊だけ読むならこれじゃないでしょうか!


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『パックマン』 アーケードゲーム

Pac-man.jpg 賀正~ん(^^)。あけましておめでとうございます!
 正月はもちを食いまくりながら、パックマンにハマってました(^^)。パックマンというのは、僕が小学生の頃にゲームセンターで大流行したビデオゲーム。当時のゲームセンターといえば「子供がいったらカツアゲされるから行くな!」と言われていた、室内は暗いし悪そうなお兄ちゃんもいっぱいいた子供の不健全スポット(^^;)。でも僕の友達はちょっと元気な子が多かったし、なんてったって神戸なので大物の子供がいたりして(・ω・)、僕はその子におごってもらってよくゲーセンに行っていたのでした。
 子供のころは、パックマンの面白さが分かりませんでした。ギャラクシアンみたいな撃つゲームの方が感覚的に面白かったし、画面も宇宙が流れていて綺麗だな、と思ってたんです。パックマンは鬼ごっこのゲーム(敵4匹から逃げまくって、捕まる前に画面上の通路に落ちているえさを全部食べたらクリア)なので、画面には動きがないし、そもそも「こんなのコンピューター側が有利に決まってるじゃん」と思ってたのです。あ、あと、曲がりたい時にレバーがうまく入らないで死ぬことが多くって、「ちゃんと右に曲がったじゃん!」みたいなストレスもありましたねえ。ところが大人になってパックマンをやってみると…面白れえええ!!
 大人になってやってみたパックマンの面白さ。それは、自分を追いかけてくる敵のアルゴリズムを読む頭脳ゲームだった点でした。子供のころはただ敵から逃げてるだけで、こういう所に気づかなかったんですね。。敵は4匹、それぞれに性格があります。赤いやつは追いかけてくるし、ピンクの奴は先回りしてきます。これだけだったら、まず自分が絶対不利だと思うんですよね。ただ、敵のアルゴリズムにはもうひとつ特徴があって…自分を追いかけてくる時とは別に、定期巡回コースをパトロールする時があるのでした。この「追跡」と「定期パトロール」が時間で切り替わるんですが、これを見極めながらエサを食う!メッチャクチャ頭を使いながら瞬時に状況判断をする頭脳系アクションゲームだったのです!!あ、あと、敵が絶対に通らない一方通行路があって、これを発見した時は大興奮。「おおっ!これを利用出来たらいけるんじゃないか?!」と思ったのでした。そして、次のステージに進むごとに、少しずつ敵のスピードが上がり、アルゴリズムの切り替えのタイミングも変わっていくので、「くっそ~、さっきと同じルートじゃダメなのか…」みたいに、必死に逃げながらもずっと頭を使いまくる必要があって燃えるのでした。40年近くも前のゲームに今ごろ熱くなってアホですね(^^;)。。
 このゲーム、敵のアルゴリズムが切り替わるタイミングはランダムではなく、各ステージごとに決まってます。でもって30面ぐらい(?)まで行くと、その先はアルゴリズムは変わらなくなるらしい。だから、「こういうルートで餌を食っていけば絶対大丈夫」というルートを各ステージごとに作り上げてしまえば、考えなくってもこのゲームを制覇出来てしまうそうです。僕はそれを知って、ズルと言われようがネット上に転がっていた情報を見て攻略しようとしたんですが…ダメでした(゚∀゚)。こんな複雑なルートを面ごとに全部覚えるなんてとても無理、これならピアノ曲を暗譜する方がよっぽど楽だよ(^^;)。あと、攻略ルートどおりにやってみたんですが…「うおおおっ!これ、アルゴリズムの切り替わるタイミングが違うぞ!!」…なんと、家庭用ゲーム機(PS)のパックマンは、アーケードゲームとアルゴリズムが違うんだそうです。インチキしちゃいけないという事だな…。
 ゲームの面白さって、正解を導く思考過程にあると思うんですよね。だから、なにかのストーリーを追うとか、そういうのはゲームの面白さとはちょっと違うものだと思ってます(あ、否定はしないですよ。そういうものの面白さはゲームとしての面白さではない所にある、という事)。相手のアルゴリズムは分かってる、それをあのスピード感の中で判断して正解を導くパックマンは、ゲーム的な面白さ満載のゲームでした!!嫁とずっと「次は俺にまかせろ!」とか、何時間もぶっ通しでやってました。なんというだらけた正月でしょう( ̄ー ̄)。というわけで、本年もよろしくお願い致します!


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 8  Trackback: 0  

『スタークルーザー』 SEGAメガドライブ ゲーム

starCruiser_MD.jpg このゲームはヤバかった!!僕には人生をちょっと駄目にしてしまったものがいくつかあるんですが、そのひとつがこのゲーム。面白すぎて夢中になりすぎ、幾夜明け方までゲームをしてしまった事でしょうか(^^;)。このゲーム、もともとは1988年にパソコン用のゲームソフトとして発売されたみたいです。でも僕がやったのはそれじゃなくって、メガドライブというゲーム機に移植されたもの。自分はフリーランスの宇宙船乗りになって、前後上下左右に広がる広大な宇宙空間を宇宙船に乗って飛び回り、いろいろな任務をクリアしていくというもの。

 最初に驚いたのは、x軸とy軸だけでない、z軸も持つ宇宙空間を、ポリゴンで3Dに描かれた宇宙船に乗って飛び回るところ。ポリゴンなんて、当時まったく実用化されていなかった技術だったんですよね。それが家庭用ゲーム機で出来るなんて、とんでもない技術革命でした。僕はゲイングランドというゲームをやりたいがために、メガドライブというゲーム機を持ってたんですが、そのゲームしか持っていないというのも寂しいなと思って、なんとなくレンタルビデオ屋にあったゲームコーナーを眺めてたんです。そしてビックリ。「ええ、このスターウォーズみたいな3DのCGが実際に動くのか?!」しかもこのゲーム売れないらしく、新品なのに6割引きぐらいで売ってたので、速攻で買って帰ってプレイ。そして、本当に3Dで宇宙を飛び回ることが出来た!遠くの立体に描かれた星が、だんだん近づいてきた(しかも自転してる)!宇宙を飛び回っている敵の戦闘機とドッグファイトになった!いやーすごかった。ぜんぜん有名じゃないゲームですが、ゲームの歴史に残るすごいことをやってのけた作品じゃないでしょうか。

StarCruiser_1.jpg 次に驚いたのが、ストーリーの素晴らしさ。本格的なSF小説とスタートレックが混ざったみたいな内容でした。自分はフリーランスの宇宙船乗りなんですが、木星から地球まで荷物を運ぶ仕事をしたりと、いろんな依頼を受けながら、大きな宇宙の事件に巻き込まれていきます。このストーリーが面白くて、やめられなくなっちゃいました。何世代にもわたってひとつの宇宙船の中で街を作って生活している人たちが乗った世代宇宙船に遭遇したりするんですが、これなんかSF小説の名作「宇宙の孤児」じゃないですか。いや~、めっちゃSF小説にリスペクトのある、面白いストーリーでした。
 音楽も素晴らしかった!音楽についてはサントラのところに書きましたので、興味がある方はそちらを読んでみてね(^^)。

 僕がやったメガドライブ版は、PC版をやった人に言わせると、つまらないんだそうです。僕はPC版をやってないので何とも言えないんですが、メガドライブ版だけをやった身からすると、人生でやったゲームのベスト5には入れたくなるほどの面白さだったけどなあ。今の時代にメガドライブのゲームのレビューをしたところで、出来る人が何人いるのか分かりませんが、僕的には超おススメのレトロゲームです!


02 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS