心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフトなど > PC関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Windows で「許容範囲外 画面の設定を下記の設定に戻してください」と表示された時の対処

P8170240.jpg 少し前から、デスクトップPCのデスクトップ画面がモニター画面ピッタリに表示されず、ちょっと気持ち悪かったんです。まあでも右端1cmほどが黒くなってる程度だったし、作業に不都合はないので放っておいたんですが、先日、今度はモニターの左端1/4ぐらいが黒くなってしまい(まん中に縦に線が入ってる)、センターがあってない感じの表示になってしまいました(表示されるはずの画面1/4ほどが右に追い出されてる- -*)。使っていたモニターはI・O DATA 社のもの。これを修正しようと思いまして、[コントロールパネル→ディスプレイ→ディスプレイの設定の変更] と進んで、解像度やら詳細設定やらをいじっていたら…「許容範囲外 画面の設定を下記の設定に戻してください」というメッセージが出てデスクトップが見えなくなってしまい、操作不能に陥ってしまいました(T_T)/。。これは辛いっす、復旧にえらい時間がかかったので、復旧方法をメモしておこう、そうしよう。

(症状の確認)
・「許容範囲外 画面の設定を下記の設定に戻してください」のメッセージが出る。
 メッセージ以下は、モニタ解像度とリフレッシュレートの値が表示されてる。
・再起動しても、Windowsのロゴまでは表示されるが、そこから先は同じメッセージが出て先に進めない
・そこでパスワードを入れると入れた音が鳴るので、モニターが見えないだけで起動してるっぽい

(テスト1:IO DATA 社製のモニター側をいじってみる)
 これはうまくいかなかった対策で、対策を調べてみたところ載っていた方法のひとつ。やり方は…
・PC の電源オフ状態で、モニターと電源のケーブルのふたつを抜き、数分放置。
・ケーブルを繋ぎ、モニター電源を先に入れてからPC の電源オン!
 うちでは、この方法では改善せず(>_<)。。

(テスト2:セーフモードで立ち上げてディスプレイ設定を変更する)
 これも駄目だった対処。
・PC をセーフモードで立ち上げ
・セーフモードでディスプレイ設定を変更後、再起動すれば設定が反映される!
 この方法だと、どうもセーフモードで立ち上げた時と通常起動の時で認識するグラフィックドライバーが違うらしく(たぶん、セーフモードだとwoindowsに元々入ってるドライバーでモニターを認識し、通常だとWin7を後から入れた時にインストールしたAMD Catalyst というドライバーで認識する)、改善せず。

(テスト3:違うモニターで試す)
 ここが突破口。予備のディスプレイモニターを持ってなかったら出来なかった方法。持っててよかった(^^)v。
 ネットで調べた限り、どうもこのエラーはI・O DATA 社製のモニターで良く起きる症状との事(本当かどうかは分かりません)。もしPCだけでなくディスプレイモニター側にも問題があるのだとしたら何とかなるかもしれないと思い、他社製(今回はMITSUBISHI)のディスプレイモニターを繋いだところ…おおお~映った!!ここで、元のI・O DATA 社製のモニターに戻すと…おお~映った(^^)v!でも、解像度が妙に低いので、[コントロールパネル→ディスプレイ→画面の解像度] と進んで、[検出] ボタンを押して自動で設定させようとすると…また「許容範囲外」メッセージが出て画面真っ暗(T_T)/。。ここで、「許容範囲外」メッセージは、恐らくI・O DATA 社製のモニターとそれを認識しているAMD Catalyst のモニタードライバーの組み合わせのどこかで問題が発生しているために起きているのではないかと予測

(テスト4:ディスプレイドライバーのアンインストールと再インストール)
 これは直接の解決にはつながっていないですが、やらないわけにはいかないだろう作業という事で。AMD Catalyst のアンインストール&再インストールと、Windowsに入ってる元々のグラフィックドライバーの入れ替えです。

・AMD Catalyst は、インストーラーを先にネットでゲットしておいてから、アンイストールと再インストールを実行。
・Windows の元々入ってるグラフィックドライバーは、[コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム→デバイスマネージャー→ディスプレイ アダプター] と進み、ディスプレイ アダプターの一覧を表示、右クリックして該当ドライバー(標準VGA グラフィックアダプター)を削除!そしたら再起動。再起動したら、勝手にディスプレイアダプターが再インストールされます。

(結果)
 これで取りあえず問題は解決(^^)。ただ現在は、モニターは「AMD Catalyst」ではなく「標準VGA グラフィックアダプター」で認識している模様。ぜんぜん違うかもしれませんが、なんでわざわざCatalyst をあとから入れたかというと、たしかWindows 7 の半透明のグラフィックを生かすために入れたと思うので、いまはその半透明な感じが薄れたような気が?します。あと、解像度の推奨は、うちの場合は「1280x1024」と表示されてるんですが、これだと端っこがやっぱり切れるので、現在は手動で「1280x960」に設定してます。今また「検出」ボタンを押して自動検出するとまたあの症状に陥る可能性があるので、「検出」ボタンは押さないようにしないと(^^;)。あ、そう考えると、使ってないならCatalyst は削除しておいた方がいいのかな…そういえば、最近音声も調子が悪いっす。

(まとめ)
 というわけで、原因究明はさておき、同じ症状に陥った時の対処法だけ書いておくと…
①別のディスプレイモニターを繋いで一度違うモニタードライバーでディスプレイを認識させる
②認識した所で元のディスプレイに戻す
③モニタードライバーをアンインストール&再インストールする
④「画面の解像度」または「ディスプレイの設定の変更」から、手動で正常値に設定する


 こんな感じでした!いまだにwindows 7 を使ってるのが悪いと言われるかもしれませんが、僕はサポートが切れるまでは絶対に7で行きますよ、メーカーの買い替え推進戦術には絶対に乗らないで行きたい、ブルーレイも買わない、Super Audio CD も買わない、PSも2までで充分、携帯もガラケーで充分、この方針をつらぬくのだ、またまた貧困になっていく日本国市民のせめてもの抵抗だ~(^^;)。。



スポンサーサイト

Category: PC・PCソフトなど > PC関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Amazon 2段階認証でエラーが発生したとき

 今年(2017年)の5月から、Amazon に「ログインするときの2段階認証を設定しろ!」と言われてそうしていたのですが、少し前の7/27に認証2段階目になってエラー発生、「内部エラー. 後でやり直してください。」というメッセージが出てAmazon にログインできなくなってしまいました(T_T)。いつまでたっても解消されないのでカスタマーセンターに連絡。話によると、私に限らず2段階認証でエラーが発生していたそうで。というわけで、2段階認証でエラーが発生した時の対処法を。

対処法:アマゾンさんのカスタマーサービスに対応して貰う
 メールでも電話でも受け付けできるんですが、結論から言うと僕の時は「なぜエラーになるのか原因が分からんので、いちど2段階認証を解除してくれ」という事でした。それってつまり、エラーが出てしまったらもう解除するしかないということですよね(゚ω゚*)ダメダコリャ。。というわけで、解除方法をメールを送ってもらい、2段階認証解除の手続きをした次第。ちなみに、解除には免許証のコピーとか身分を証明するものが必要で、しかも解除まで1~2日かかるとの事。メンドクセエ(- -*)。。

 僕はすぐに2段階認証の解除を申し出たので、2日ほどでアマゾンにログインできるようになりました。2段階認証のエラーの方は、翌7/28復旧せず、翌々7/29も復旧せず、7/30も「引き続き担当部署での調査、対応を行っております」、7/31以降今日の8/5まではまったく音沙汰なし。アマゾンめ、原因究明をやめて逃げたんじゃ^^;…もし待ってたら延々待たされてイライラしたでしょうね。もしこうなったときは、復旧を待たずに2段階認証の解除を申告して、システムが復旧してから再度2段階認証を設定した方がいいと思います。
 ちなみに…数か月前に2段階認証の登録をした時、「2017年7月から2段階認証が必須になるよ」みたいなアナウンスを読んだ記憶があって、それで2段階認証をする事にしたんですが、7/28のサービスセンターの説明では、2段階認証は強制ではないとの事でした。そりゃそうですよね、色んな状況がある人に対応できるシステムじゃない上に(僕の場合はガラケーがネックだった、誰もがスマホを持ってる前提でシステムを作らないでくれ…)、システム上でもこんな不具合が出るようだとね。。


Category: PC・PCソフトなど > Finale関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Finale 速度標語を追加したいとき

楽譜作成ソフトのFinale で速度標語を書きたい時って、発想記号ツール([mf]みたいなマークのところ)から選びますが、あらかじめ用意されている速度標語が少ないですよね、Lento もLargo もVivace もPresto もないなんて、自分で作れと言われてるに等しいです(T_T)。ボクみたいに「molto Adagio」みたいにひと言加えたくなる人の場合、余計に困るんじゃないかとおもいます。。というわけで、速度標語を追加する方法をメモ!

(速度標語を追加する方法)
 既に登録されている標語を複製し、複製した方の表記と設定を変更するという方法が一番楽だと思うので、その方法でやります。

①速度標語を何かひとつ選択し「複製」
②複製された速度標語を選択し、「編集」
③「テキスト」の項目で表示テキストを変更、「プレイバック」の項目でプレイバック時の絶対テンポを変更

おお~意外と簡単ですね(^^)。




Category: PC・PCソフトなど > Finale関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

Finale 2音が交代するトレモロの入力

マニアックな記事の連投になってしまってスミマセン(^^;)。。


さて、今回はトレモロ記号の入力方法。一音のトレモロなら、アーティキュレーションツールからトレモロ記号を選択してオシマイですが、2音が交代するトレモロ、これが問題です。こういうやつです。↓
tremolo2.gif

マニュアルには「選択ツールで小節を選択して…」みたいに書いてるのですが、それだと最後に「範囲が選択されていません。すべてそうしますか?」みたいに訊かれ、yesを選ぶと曲ぜんぶがトレモロになるというマンドリン演奏みたいになってしまうのです(゚m^;)アチャー。。というわけで、そのやり方を。

(2音が交代するトレモロの入力)
①ひとつのペアのトレモロの総音価の半分の音価でそれぞれの音符を入力
②ブロック編集ツールを選択後、[編集]→[小節の一部分を選択] にチェックを入れる
③トレモロをかけたい2音を選択
④[プラグイン]→[TGツール]→[簡易トレモロ]を選択
⑤連桁の本数を設定!

いや~、この方法はネットを調べてもなかなか出てこなくて(とくに②の部分が難関だった^^;)、しかたなく「Finale User's Bible」を開いてしまいました(2005~2007版では290~293ページ)。そしたらあっという間に解決^^;。ただし今回の場合、譜例だと2小節目ではうまくいくんですが、1小節目下段のような状況でこれをやってプレイバックしようとすると、なんどやってもフィナーレがフリーズ(^^;)。この小節だけで連符の特殊変更に連桁の変更にトレモロなので、色々まずい事が起きてるのかも。それとも、音価の入力が間違ってるのかな…まあいいや、最後に手で書きくわえれば(^^;)。
ところでFinale User's Bible という本、詳しすぎて調べるのが大変という弱点はあるものの、楽譜制作での僕の悩みはたいがい解決できてしまう優れものです。逆に、初歩的な操作は載っていないというマニア仕様(^^;)。写譜屋さんが書いたんじゃないかというぐらい、ムズカシイ楽譜にも対応しています。クラシック系の楽譜制作に取り組んでいる人は、ぜひ!!


Category: PC・PCソフトなど > Finale関連   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

FInale 連桁の分断や連結を行う方法

前回に続いて、FInale の操作関連を。機械音痴は苦労するよ(^^;)。。

さて、フィナーレで楽譜入力していると、連桁(「れんこう」と読みます。隣り合った8分音符同士をつないでいる棒の事です。名前を知らなかった人は、この機会に覚えてね^^)を8分音符2つずつを3組にしたいのに、勝手に8分音符3つずつ2組に連桁を掛けられてしまったりする事があります(ノД^*)アチャー。。それを修正すべく連桁の分断や連結を行うほうほう、というわけです。

(連桁の分断や連結)
①ステップ入力ツール(上部にある8分音符のマーク)をクリックして選択
②変更したい連桁の直後の音符Ctrl+クリック
スラッシュ( / )キーを押す

 これで直前の音符と連桁で結ばれていた場合は連桁が分断、結ばれていなかった場合は連桁で結ばれる!!あー助かった(^^;)。

 それにしても、クラシックのスコアを書く時って、近代曲ですら手書きの方が速いっすね。まして現代なんてなったら、finale の入力方法を調べてる間に書き終わっちゃうよ。楽譜制作の時だけは、ジャズやロックやポップスが羨ましくなります(^^;)。。





09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS