心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > テレビ番組   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

TVドラマ『探偵物語』 松田優作主演

tanteimonogatari_TV.jpg やっぱり「探偵物語」といったら、工藤ちゃんですよね!あのハードボイルドなアクション俳優・松田優作が喜劇を演じたという伝説的なドラマ、メッチャ面白かった!子供のころ、夢中になって観たテレビドラマがいくつかありますが、僕的にはこれか「ゆうひが丘の総理大臣」のどちらかがナンバーワン。再放送があるたびに絶対に観るほどの熱狂的なファンっぷりで、DVDボックスが出た時には飛びついて買ってしまいました(^^)。

 物語は探偵のところに舞い込んでくる依頼を探偵が解決していき、その中に人間ドラマが起きるという展開。喜劇といっても話そのものはしっかり作ってあるものが多くて、笑える部分はちょっとしたセリフのやり取りとか、ライターの火がやたら大きいとか、手錠を外しちゃうとか、そういう細かいところだけです。あ、あと、次週予告がふざけてて、これもめちゃ面白かった(^^)。で、そういう笑える部分は、ほとんどがアドリブだったそうで。アドリブといえば、最終回の「昔、女がいて…」という伝説のひとり芝居の部分、あれも優作さんの完全なアドリブで、台本には何も書いてなかったんだそうで…すごい、そのアドリブ能力はマイルス・デイヴィスもビックリだよ。そしてアドリブやら細かいギャグやらが物語を流れるように楽しく見せる潤滑油の役割を果たしていて、1時間があっという間、ケラケラ笑いながら観てました。僕は松田優作初体験がこれだったもんで、あんなハードボイルドな人だったというのはあとから知ったぐらいでしたし。

 役作りも魅力的。30歳前後の男が、ボロボロの探偵事務所に一人暮らししていて、隣にはかわいい女の子が住んでいてたまに電話番を手伝ってもらったり。街には入れ墨もんがいたり、ポン引きがいたり、そういう人ともうまい事やって友だちだったり。なんか、そういう生き方をしてみたくなるような魅力がありました。このドラマの大きなテーマは「街の人間模様」だと思うんですが(オープニング曲には「Bad city」、エンディングでも「Big City」なんて詞が出てくるし、各話タイトルも「サーフシティ」に「ダウンタウン」ですからね)、とにかくドラマの中で人が生き生きと生きてる感じが素晴らしかったです。優作さんって、演技がうまくないというコンプレックスがすごくあって、それだけに役作りには死ぬほど拘る人だったらしいです。その成果は、このドラマに見事に結晶したんじゃないかと。
 そして、コメディ色の強いドラマだけに、たまにシリアスになる話がコントラストになってグッときます。最終回「ダウンタウン・ブルース」がハードボイルドなのは有名ですが、制作1話(放送2話)の「サーフシティ・ブルース」も見事なドラマ。失踪した男の影を負う女の物語「影を捨てた男」、范文雀の恨みに燃える未亡人の演技が見事な「復讐のメロディ」、悪女になりきれない女を演じるホーン・ユキ登場回「誘拐」など、脚本も素晴らしいものがひしめいてます。日本のテレビドラマに残る大名作、観てない人は必見、観た人も100回ぐらい見直す価値のあるドラマだと思います!


スポンサーサイト

Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > テレビ番組   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

TVドラマ『私が愛したウルトラセブン』

WatasigaaisitaUltraSeven.jpg 僕の目が、作品としてのウルトラセブンだけでなく、そのバックステージにも目がいくきっかけとなったテレビドラマです。放送は1993年、スペシャル番組の形でした。ウルトラセブンの大ファンだった僕は、放送から何十年も経っていきなりウルトラセブンを題材にしたテレビドラマが作られた事に大興奮、夢中で観ました。名作のリメイクとか続編って外すことが多いですが、これは感動するほどに素晴らしかったです!

 ウルトラセブンの制作現場にスポットライトが当たっていて、半分フィクション、半分ノンフィクションという感じです。いいものを作ろうと夜通し奮闘するスタッフ、仕事以外にも青春の葛藤があるまだ若い俳優たち、実社会への疑問を脚本にぶつけるシナリオライター陣…いやあ、感動しました。ウルトラセブンとか抜きにして、とても見事なドラマでした。そうそう、ウルトラセブン・ファンにとっては、本編で没になった脚本の映像化もされています。最初観た時は「こんな話セブンになかったよな」と思ったんですが、没ストーリーだと後で知って感涙もの。この話のタイトルは「300年の復讐」、300年前に妹を人間に殺された宇宙人が復讐をしようとするが、復讐する時に妹とそっくりの顔をしたアンヌ隊員に出会って…というストーリー。いやあ、セブンって没台本まで素晴らしいわ。。

 僕はセブンのリアルタイム放送時には生まれていないんですが、再放送されるたびに何度も見ていたので、本放送が終わった10年後でも20年後でも、ウルトラセブンが過去のものという感覚がなかったんですよね。でも、制作サイドからすると、ビデオのない時代のテレビドラマは、放送されたらあとは消え去るものだったんだそうです。それが、このドラマ放送でセブンが再ブレイク。セブンでヒロイン役を務め、すでに女優を引退していた菱見百合子さんにスポットが当たったり(このドラマの主役はアンヌ。アンヌさんの書いた「わたしの恋人ウルトラセブン」なんて、明らかにこのドラマからタイトルを借用してます)、翌年からセブンの続編が制作されたりしました。でも僕は、あれだけ好きだったセブンなのに、続編と言われてもまったく興味がわかず。大人になっていたというのが理由のひとつですが、それ以上にセブンは「史上最大の侵略」でのダンとアンヌの別れで終わって欲しかったですし。しかし、このドラマだけは別。安保闘争に世間が揺れ、人類初の月面着陸が間近に迫り、テレビも音楽もマーケティングやら費用対効果やらではなく製作者側のダイレクトな思いが熱く感じられた60年代後半という時代の熱気が伝わる、素晴らしいドラマでした!


Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > テレビ番組   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

アニメ『のだめカンタービレ』

NodameCantabile_DVD.jpg こちらは、テレビアニメ版の「のだめカンタービレ」です。これもメッチャ面白い!内容は原作のコミックにかなり忠実です。昔のアニメといったら、タイガーマスクにしてもデビルマンにしてもバビル2世にしても、原作とは似ても似つかないものもいっぱいありましたけどね(^^)。というわけで、内容そのものについては前回に書いた原作「のだめカンタービレ」の方を見てくれるとうれしいです。

 さて、アニメ版のなにが素晴らしいかというと、演出です。落ち込んだ時に、うしろにもやっとした黒いオーラが見えてゆらゆらしてたり、その時のBGMがホラー映画の女性ソプラノみたいだったり、とにかくこういう笑わせどころの演出センスが抜群にいいです(^^)。これは漫画でも実写でもできない芸当です。あくまで個人的な感想ですが、この辺の演出面での笑いのセンスって、今のテレビドラマよりもアニメの方が上なんじゃないでしょうか。って、テレビドラマもアニメもほとんど見てないで言ってますが(^^;)。

 僕は子供のころはアニメも特撮ヒーロー番組も浴びるほど見たんですが、中学生あたりからはほとんど見なくなってしまったので、批評なんて出来ないです。ただ単に、僕が見て面白かったかどうかしか言えません。ここ5年のうちに観たテレビアニメって、この「のだめカンタービレ」と「おそ松さん」だけなんですが、どちらも大人が見ても爆笑できるぐらいに笑いのセンスがいい(^^)。日本のアニメってすごいなあ。



Category: 本・映画・テレビ・ゲーム > テレビ番組   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ツイン・ピークス』 (映画/テレビドラマ)

TwinPeaks.jpg 音楽のブログだというのに、しかも書きたいと思っている音楽がまだまだゴマンとあるというのに、サントラを聴いた事を切っ掛けにとうとう映画/TVドラマに手を出してしまった(^^;ゞイヤァ。前の記事で書いたツイン・ピークスです!1990年頃、制作国であるアメリカはもとより、世界中で大ヒットした映画/TVドラマです!大学生の頃に夢中で見たのですが、かなり記憶が曖昧になってきたので現在見なおしている途中なのですが…やっぱり面白い!!観ていない方には、是非とも視聴をおススメしたい作品です(^^)。。

<内容> *まだ見ていない人が読んでも、大丈夫なように書いたつもりです(^^)
 内容をザックリ言うと…ある日、寒そうなアメリカのちいさな地方都市の湖のほとりに、ビニールで梱包された若い女性の死体が流れ着く。その死体の名はローラ・パーマー、この町の高校で美人として噂されていた娘。解剖したところ、爪の下からアルファベットの印刷された紙切れが出てくる。同日、ボロボロになって痴呆と化した同年代の女が線路を歩いているところを確保され…と言った感じです。サスペンスですね、面白そうでしょ(o^ー^o)?面白いんですよ、これが!!中学生や高校生ぐらいだと面白さに気づかない可能性もありますが、大学生以上であれば絶対に面白いと感じるんじゃないかと!!それから…いま、40歳以上の人であれば、日本でも大ヒットした(当時、レンタルビデオ屋で人気がありすぎて、次の巻がレンタル中でなかなか見れなかった思い出があります^^;)ので、観た人も多いかと思いますが、そういう人にもおススメです。何を隠そう、あれだけ夢中になって観ていた僕が、話を半分も覚えていませんでしたから(゚∀゚*)エヘヘ。

 さて、見始めたら止まらなくなる事確実なので、ストーリーや内容に関してはこれ以上僕が書く事もないかと思います。ストーリー以外の部分の感想で、すごくいいと思っているところがありまして…。ここ、カナダ国境近くのアメリカの小さな町が舞台でして、町の主要産業は林業。小さな町に、材木を運ぶ大型トレーラーがあって、皆が集まるいかにもアメリカチックなレストランがあって、ちいさな警察署があって、自然があって、滝があって…町そのものが魅力的なんです。ドラマとは別の部分で、この町と、町のそれぞれの場所で生きている人々の日常生活を眺めているだけでも、異文化に触れるみたいですごく楽しいです。事件の解決以外にも、こういう「知らない街をワクワクしながらうろつく」ような楽しさも撮影したいという意図があったのかも知れませんね。

<これから見る人の為に:ツイン・ピークスの見る順序について>
 今からツイン・ピークスを見るとすると、DVDやBlue-Rayを借りるという事になると思うのですが…いっぱいあって、どれから見ていいか分からないと思うんですよ(^^)。しかもこれ、どういう順で見てもいいという訳ではなくって、観る順番があるので注意!!ツイン・ピークスは、以下の3つがあると思います。
①一本で完結している「ツイン・ピークス」という作品
 これを最初に見なくてはなりません!これが全ての発端であると同時に、これだけを観てもひとつの作品として成立していて、しかも面白すぎる!!これ、「パイロット版」とか「ヨーロッパ映画版」なんて呼ばれているようで、僕は、ヨーロッパ映画版のVHSビデオだけは持ってるんです(^^)。要するに…TVで連続ドラマとして放送できるかどうかのテスト版として、テレビスペシャルとして制作された「パイロット版」が元、次にそれをヨーロッパで映画として公開するために、これ単独でも完結した作品となるように再編集した「ヨーロッパ映画公開版」、このふたつがあるというわけですね。で、VHSで出ていた単独もの「ツインピークス」は、ヨーロッパ映画版。TVドラマのDVDって、いっぱいありすぎてみるのが面倒臭いという人は(僕がそのタイプ^^;)、ヨーロッパ映画版だけを観ましょう!イマイチ趣味に合わなくても、これを見るだけで尻切れトンボになる事はありません。また、もしそれでオモシロかったら先を見て、ツインピークスの世界にどっぷり浸る方針で(^^)。。

②「ツイン・ピークス」vol.1、vol.2… みたいにナンバリングされている作品
 これは、①の続きとなるTVドラマ版です。というわけで、第一回は①のヨーロッパ映画版と重なるところもあるんですが、まったく同じという訳でもありません(あれ?テレビの第一回がパイロット版という事だったっけ?自信がなくなってきた…あまり信用しないでください。でも要するに「ヨーロッパ映画版」→「TV放送」という順で見ておけば間違いありません^^)。ここで何が起きているかというと…①がそれだけで完結している作品であるという事は、①で犯人が確定しているわけですよね?確定しているんですが、しかし実は…という事が起きちゃうわけです。多分、映画を完結させるためには映画で犯人を明らかにする必要があり、TVドラマを続けるには犯人が分かっていてはまずいという理由があり…という大人の事情でそうなったんだと思うのですが(^^;)、しかしこれがドラマに奥行きを与える事になるとは、何が吉と出るか分からないですね。。

③「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最後の七日間」という映画
 これは絶対最後に見てください!そうしないと、TVドラマの犯人がいきなり分かっちゃう事になります!
 要するに、ここまでのツイン・ピークスでは、町で人気者の女子高生が殺される所から始まって、その事件をきっかけに町の人の人間関係や色々な事件の絡み合いが見えてきて、事件の真相がわかってくるわけです。という事は、実際に女子高生が殺されるにいったった経緯は、推理で語られる事はあっても描かれてないんですよね(^^;)。で、それをちゃんと描き出したのが本作、という事になります。
 音大時代、友達がこの作品を見て「つまらなかった」と言っていたもので、僕は見てませんでした。しかし、20年近く経って初めて見たわけですが…おもしれええええ!!!!あ、もちろん、ここまでのツインピークス全部を見ていないと面白さは半減してしまうと思うのですが(^^;)、TVシリーズを全部見た人は、絶対に見ましょう!!すごくすっきりすると思います!!しかし、前半部分でまた新たな疑問点が浮かんでしまった僕は、もう一度全部見直す必要があるかも(^^)。。

 でもって、DVDとBlue-Rayでは、ボックスセットが出てます。これらは、①と②がフル収録で、かつ①の「パイロット版」と「ヨーロッパ映画版」という編集違いを、切り替えてどちらも観る事が出来るそうで(^^)。ツイン・ピークスにどっぷりと浸かりたい方は、ボックスセット&「最後の7日間」を手に入れれば完璧という訳ですね(=^▽^=)。。

<メモしながら観よう!!>
 メモを取りながら観る事をおススメします!!いや、これは僕がアホなだけかもしれませんが…。
 このドラマ、登場人物が「町の人全員」で、名前のある町の人だけでも結構な人数が登場します。また、名前は登場するが本人が登場しないとかいう事も結構あります。で、会話の中に、突然「シェリーは…」とか出てきたりした時に、「あれ?シェリーって誰だっけ?」とかいう事が、僕の場合は結構起きました。さらに、僕的に厄介だったのが、アメリカ人の典型的なあだ名の知識が僕になかったこと。「ベンはどうした?」みたいなセリフで、「あれ?ベンって誰だっけ…」となり、どうしても思い出せない。これ、ベンというのはベンジャミンさんの略だったんですね(^^;)。こういう事が頻発。他にも、誰が誰の愛人で、誰が何の商売をやっていて、新たにこういう事が起きて…とかいう事がどんどん起きるので、メモを片手に、自分自身が捜査官になったつもりで、人名事典&捜査メモを作る事を強くおススメします。

 というわけで、今さらながらの、ツインピークスガイドでした。本当は、「あの赤い部屋はなんなのか?」とか「あの小人は何なのか」とか、深く突っ込んだ感想も書いてみたいのですが、それはプロのツインピーカーに任せる事にしよう、そうしよう。。

 な~んて行っている間に、2016年にツインピークスの続編が始まるそうですね!!マジか、これは楽しみ過ぎる!!





06 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS