FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: 小学生並みの感想   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

MJQ を面白くないと感じる人に捧げるMJQ の聴き方!

MJQ_Concorde.jpg モダン・ジャズ・カルテットのアルバム『Concorde』の感想文のコメント欄から、ブログ友達さんより「(MJQ は)さっぱり良さが分からなかった」という趣旨のコメントをいただきました。僕もしばらくずっとそうだったもんで、すごく分かる気がするご意見でした。そういう人って結構多い気がしますし、特に、リアルタイムではなく後追いで聴いた人だと「MJQは分からん」という意見は少なくないんじゃないかと。

 でも僕の場合、「面白くない保守的で退屈な音楽だな」と思っていたMJQ に、ある時から大ハマりしてしまいました。今では、ジャズ史に残る名アンサンブルのひとつだと思っているほどです。というわけで、コメント欄に返信させていただいた内容を以下に転記しておきます。名付けて、「MJQ を面白くないと思った人に捧げるMJQ の聴き方」!

* * * * * *

■MJQ には、たしかにカクテル・ジャズ風の退屈なアルバムがそれなりにある
 おっしゃっている事、すご~くよく分かります。MJQ、僕も最初はさっぱりでした。その最初というのは『ベニスに死す』と『ジャンゴ』で、これがどちらも大アウト。いま考えるとこの2枚は○○さんいうところの「カクテルジャズ」方向の色がメチャクチャ強かったという(^^;)。。どちらもジャズ評論家やSJ誌が大絶賛していましたが、今から思うとジャズ評論家のポンコツさや80年代以降のSJ誌のレコード会社の太鼓持ち加減って、罪だったと思います。あれのせいで日本でジャズが死んだといっても過言じゃないぐらい。というわけで、MJQ は、レイドバックしたカクテルジャズ、アンサンブル音楽、ショーバンド、この3つのバランスで出来ているグループで、カクテルジャズ方面に寄りすぎると、たしかに面白くないと思います。

■でもMJQ は室内楽風のアンサンブルをやると素晴らしい!
MJQ_SPACE.jpg 僕の転機はジャズやロックのミュージシャンがごっちゃで出演した『スーパー・ショー』というビデオを観た時でした。ツェッペリン、バリー・ガイ、MJQ、ローランド・カークなど、ジャンルを超えたミュージシャンが出演しているスタジオライブだったんですが、ここでのMJQがハーモニック・マイナーのモード4あたりを使いながらアドリブとアンサンブルが混然一体となった音楽をやっていて、これにぶっ飛びました。もう、音楽のレベルがケタ違い。このビデオは今では見るのが難しいかもしれませんが、その曲自体は『Space』というアルバムに入っています。
 というわけで、MJQ の本当の素晴らしさは、カノン以降の西洋音楽の作曲技法を色々使える音楽能力の高さと、それをアンサンブルにして表現できるアレンジ能力にあると感じます。そういう事をやっていたジャズって、MJQ 、ミンガス、ジミー・ジュフリー、シェリー・マン、ジョージ・ラッセル…限られるんですよね。やろうと思っても出来る知識があるジャズマンが少ないという事もあるだろうし。

■MJQ が室内楽アンサンブルをやればやるほど、アドリブの意味がジャズのメインストリームとは違っていく
 こういう枠で音楽をやっているので、MJQ の場合はアドリブの役割がバップ系統のジャズとは違う気がします。エスプレッシーヴォな表現ではなくてカデンツァやゲネラルバス的なんですよね。今回の記事でも書いていますが、初期MJQ はまだハードバップ色が強くて、アンサンブル面が安定してくるのはもう少し後からです。

MJQ_PorgyandBess.jpg そういうアレンジ面が絶品のMJQ のアルバムでおすすめは、『Pyramid』、『Blues on Bach』、『Porgy and Bess』、『Space』の4作です。スコアが本当に見事で、なぜベースとドラムがああやっているのかはこのへんのアルバムを聴くと分かるんじゃないかと思います。チェンバーミュージックの低弦の役割を理解しているコンバスってジャズでは多くないと感じますが、そんな中でパーシー・ヒースは相当にレベルが高いと思います。音から判断するに恐らくガット弦を張ってますし、アルコもうまいですし。もし僕が室内楽ジャズのグループを作るとしたら、バスはパーシー・ヒースかバリー・ガイかスティーブ・スワロウを指名したいぐらい。そうそう、ドラムのコニー・ケイも、ジャズやロックのドラマーでは珍しいぐらいにアンサンブルをよく聴いていると感じます。そうそう、MJQ のリズム・セクションの室内楽への対応能力の高さが分かる超優秀アルバムは、『Blues on Bach』や、ポール・デスモンドのアルバム『East of the Sun』あたりがおすすめです。ジャズのミュージシャンって出音が汚い人が多いですが、MJQ のリズム・セクションは音がものすごくきれい…タッチがぜんぜん違うので、やっぱりクラシックやってたんじゃないかという気がします。少なくとも、聴いて勉強はしていたでしょう。

■サード・ストリーム・ミュージックは、ジャズやロック/ポップスだけ聴いている人だと良さを理解するのが難しいかもしれない
 MJQだと、他には『Third Stream Music』や『A Quartet is a Qurtet is a Quartet』『Jazz Abstruction』などなど、サード・ストリーム色の強いアルバムも僕は好きですが、こっち方面はバロックや近代クラシックを聴いた後じゃないとピンとこないかも。最近書いた記事で言うと、バッハのブランデンブルグ協奏曲のゲネラルバスやヒンデミットの「室内音楽」が良いと思うようなら、サードストリーム方面もそうとうに面白いと感じる気がします。僕は、ヒンデミットやバッハは、若い頃はまったく分かりませんでした。

 いっぱい書いちゃいましたが、カクテルジャズ方面のMJQでは、僕の場合『コンコルド』や『Fontessa』は気持ちよさが退屈さを上回るのでセーフ、『ジャンゴ』や『ベニスに死す』は退屈さが優ってしまってアウトです。こういう境界線って、要するに個人差なんでしょうね(^^;)。


スポンサーサイト



Category: 小学生並みの感想   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

小室哲哉さんよりも、人のケツを追いかけまわして盗撮して生きてる奴や、したり顔で人を平然と批判する人の方が気持ち悪いと思う件

KomuroTetsuya.jpg ミュージシャンで音楽ディレクターの小室さんが不倫したとかで週刊誌にすっぱ抜かれて、本人が引退表明したそうですね。いろいろ苦労の多かった半生でもあったみたいですし、お疲れ様、充分稼いだでしょうし、どうぞゆっくりのんびり以降の人生を楽しんで下さいという気持ちです。

 ところで、相手は看護師さんで、肉体関係もないときいたのですが(いや、こういうのって全然興味ないんでよく知らないんですが)、もし肉体関係がなかったんだとしたら、それでも叩かれなきゃいけないの?って思っちゃいます。こんなんじゃ、結婚してる有名人は、異性に相談事をしただけでも、ミーティングでメシ食っただけでもつるし上げ食っちゃう事になるの?だいたい、不倫なんて人の事で、他人がつべこべ言うことじゃないと思うんですが。僕は小室さんの音楽は好きじゃないですが、それでも小室さんの音楽を好きだという人はたくさんいるでしょうし、人のケツを追いかけまわして隠し撮りして食ってる人や、個人の転落をエンターテイメントとして売って稼ぐテレビや雑誌や、したり顔でえらそうにペラペラと話してる人たちより、いい音楽をつくった人の方が、よほどたくさんの人を救ってきたと思うんですが。

 とっても気になるのは、ここ5年10年ぐらいで妙に目立ち始めた、炎上とかポリティカル・コレクトネスといった問題です。伴侶をだましたりないがしろにして不倫に走るとか、あるいは肉体関係を持ってしまったというのであればある程度の批判も分からなくはないですが、それだって他人がとやかく言うような事じゃない。まして、肉体関係もなく、伴侶の病気の面倒も見て仲も良い場合、無関係な他人の事にまで首を突っ込んできてつべこべ言う気持ち悪い人さえいなければ、誰も不幸になってなかった事態じゃないんでしょうか。こいうのって、ポリティカル・コレクトネスに限りなく近い問題と思います。ポリティカル・コレクトネスというのは、ほんのちょっとしたことでもすぐに社会が糾弾して、社会がある個人を簡単に抹殺するという現象の事です。たとえば、社会福祉もして、一生懸命働いてもいて、色々とよい事もしている人が、1回だけお金がなくってキセルをしたとします。このキセルを100万回も批判し、この人のすべてがまるで悪のように叩き続け、社会から抹殺してしまう、みたいな事。ちょっと前にダウンタウンの浜ちゃんが黒塗りでエディ・マーフィーの恰好をしたら海外のメディアが「黒人差別だ」と叩いてましたが、あれを黒人差別の意図でやってるわけないですよね。また、アフリカン・アメリカンの人たちが差別と感じたかというと、そのニュースに関する海外の掲示板を見るかぎり、当のアフリカン・アメリカンたち自体がまったく差別と感じていなくて、むしろ「報道が行き過ぎだろう」という声が圧倒的に多かったのが実情。悪意も犠牲者もどこにもないのに、騒いでいる奴だけで虚像の悪をでっち上げて、その虚像を叩きつづける詭弁を行ったわけです。今回の小室さんのケースなんて、それに近いんじゃないかと。

 不倫とか人の過ちを簡単に批判できる人の方が、僕は気持ち悪いと思ってしまいます。じゃあお前は過ちを犯した事がないのかと思うし、それを批判するなら、お前がちょっと過ちを犯しただけでも社会から抹殺される社会を自分で作りだしてる事になるんだぞと感じてしまいます。同じ過ちを何度もするのは駄目かもしれませんが、ちょっとの過ちですら他人を許さないという社会にしていいんでしょうか。許さないような口調で言っている人ですら、絶対に過ちをいくつも犯している筈だというのに。子どもの頃、自分が分からないものはすぐ否定するクラスメイトって、いませんでしたか?普通なら、大人になっていく過程で、自分とは違う価値観をもつものに出くわしたら、否定するより前にそれがどういうものかを理解しようと努力するのが普通。仮にそれでも自分の結論とは違うものであったとしてさえ、別の価値観はそれはそれとして尊重するのが普通です。そういう事が出来ず子どものまま大人になってる精神的未熟が、気持ち悪いポリティカル・コレクトネスの背後にある問題と思います。相手を尊重する、一緒に生きていくという気持ちをもう少し持てたら、たかが過失ぐらいで人に罵声を浴びせるような浅はかな人は減るだろうし、それだけで100倍ぐらい住みやすい社会になると思うんだけどなあ。



Category: 小学生並みの感想   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

Blue Note Jazz Festival in Japan 2017 の中止で思った事

開催中止のお知らせ Blue Note ジャズフェス20179月23日と24日に開催予定だったブルーノート・ジャズフェスティバルinジャパンが中止になったそうです。
http://bluenotejazzfestival.jp/
http://bluenotejazzfestival.jp/news/announcement/

発表が昨日の9/14なので、開催9日前の発表ですか。参加アーティスト数がけっこうな数なので、よく中止に出来たもんだと逆に感心しちゃいました(^^;)。しかし、いちばんびっくりしたのは中止の理由。「ヘッド・ライナーであるドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズを軸に各アーティストに出演のお願いをし、プログラムを組み立ててきたなかで、主催者としてはドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズの出演無くしては、この音楽フェスティバルを成り立たせることは難しいと考え、開催中止」とのこと。ええ~、ジャズ・フェスティバルのメインアクトがドナルド・フェイゲンだったのかよ(;_;)。こういうフェスをジャズファンは観に行くんだろうか、やったとしても客席にはジャズファンではない人しかいないんじゃなかろうか。ついでに他の出演者もチェックしてみたところ…ぜんぜんジャズじゃねえええ(;_;)。そりゃ日本でジャズの人気もなくなるわな、これじゃジャズってどういうものか知らない人は知らないまま終わる気がする。こういうプログラムが悪いというわけじゃないけど、こういうプログラムで「ジャズ・フェスティバル」と名乗るのは反則な気がするなあ。
 ドナルド・フェイゲンさんって、スティーリーダンとか、大ヒットした『ナイトフライ』とかの人。来日できなくなったナイトフライヤーズというのも、僕が聴いたかぎりではほぼスティーリー・ダン。フュージョンタッチのポップスです。当初からフュージョン寄りの都会的なポップスをやってましたし、すばらしいポップスの作り手だとは思いますが、これをジャズと言っちゃうのはやっぱり違うんじゃないのかなあ。それって、人気があるからってソフトボールの選手を野球の代表のキャプテンに選ぶようなものなんじゃなかろうか。そして、そういうものを野球のファンが「なんだよ、人気があれば何でもいいのか」と怒っても当然という気がするんだけどなあ。まあ、ブルーノート東京自体が、音楽どうこうよりも金持ちのデートコースみたいな匂いプンプンだし、ジャズに愛情があってそれを聴かせようという店とも思えませんが…。

 似たようなことを経験したことがあります。僕が若いころ、マウント・フジ・ジャズ・フェスティバルというのをやってまして(今もやってる?)、最初の頃はカーメン・マクレエとかの大物からアンドリュー・ヒルみたいなちょっと通好みの人まで出てて、ディレクターが本当にジャズ好きなんだろうなあ、ジャズをよく知らない人もディープなファンも楽しめるような、良く練られたキャスティングとプログラムだなあ、という感じでした。ところが、集客がつき始めたころからスポンサーやら事務所やらレコード会社やらの意向をきかなきゃならなくなったのか、どんどんつまらないプログラムになっていって、最終的には聴く前から「こんなの面白くなるわけがないじゃん、これで観に来いっていうの?」となり、ファンだってそんなのに行くわけもなく、けっきょくにフェスティバル終了。

 意味や内容をここまでないがしろにして集客や金儲けを優先する風潮って、いつからなんでしょうね。雑誌でもCDでもフェスティバルでも、ディレクターさんは本当に伝えたいものをちゃんと前に押し出さないと、音楽なんてろくにわかってないスポンサーの担当者のいいなりになっちゃうだけで、内容なんてどんどん落ちてしまう気がします。音楽ってマジメに追及するとジャンル問わず広く深いもので、ライトなものもディープなものも、左派も右派も、未熟なものも熟練したものも色々ありますが、そういう中でフェスティバルみたいに複数の人が出演できるイベントで、ことごとく上澄みばかりすくってるのを見せつけられると、狙ってるんじゃなくってそもそも分かってないんじゃないかと疑ってしまうんですよね。通好みのもので固めろとは言わないけど、ディープなファンもライトファンも楽しめるプログラムだって組めるはず。こんなプログラムじゃ、「なんだよジャズフェスとかいってぜんぜんジャズじゃねえ、ポップスに毛が生えた程度のものばっかり。ジャズを好きな人がこんなプログラム組むなんて考えられないし、ジャズ好きな人が聴きに来るとも思えない。ポップスに毛が生えた程度のジャズしか知らないシロウトか金儲けしか頭にないギョーカイ人が金儲けしたくてやってるだけなんじゃないの」と思われたってしかたがないんじゃないかと。音楽を好きで何年も追いかけてる人に「いくらなんでもこりゃ酷すぎるだろう」って思われちゃうレベルのものを提供するって、それでいいのかなあ。なにやるにも、もうすこし意味や内容をちゃんと考えてほしいなあ。


Category: 小学生並みの感想   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

日野皓正さん、中学生にビンタ


 ジャズ・トランぺッターの日野皓正さんが、日野さんが指揮をする子供たちのジャズアンサンブルの本番中に、演奏者のひとりである子供に往復ビンタをしたと話題になってます。ありゃ、リアル「白昼の襲撃」をやっちゃったか(^^;)。
 このバンドは世田谷区教育委員会の主催で、区が取り組む「新・才能の芽を育てる体験学習」の一環で組まれたものだそうです。毎年、公募で区内の中学生が集められ、4カ月間、日野さんのもとで練習を積んで、8月のコンサートでその成果を発表する、のだそうで。そして、その動画をYouTubeで発見。見てみたところ…

・ある中学生がドラムをたたき続ける(ソロ?)
・日野さんが子供からスティックを取りあげる
・中学生、それでも手でドラムをたたき続ける
・日野さん、その子供を押さえつける
・中学生、なおも叩く
・日野さん、中学生のアタマを持ち上げ、他のドラムの子の方を指さしたりしながら何か説明
・それでも中学生叩く
・ビンタ

 もう、大体何があったか分かる気がする…。フォーバースのソロ回しかなにかでひとりだけ4小節を超えても延々叩き続け、他の人にソロを回さず、止められても無視した、みたいな感じなんでしょうね。動画を大きな音にして聴くと、日野さんは「みんなでやってるんだろ、おまえだけの○○じゃないだろ・・・」と叱ってるように聴こえます。ボク的には、行きすぎた中学生に言っても聞かないからちょっとビンタしただけで問題になってしまう、こっちの方が驚きです。動画見る前は「あ~あ~日野さんそりゃいけないよ」と思ったんですが、見た後は「スティック取りあげられても口で注意されてもルール破りをつづけるなら張り倒されない方がおかしいわ」と思ってしまいました。この中学生にとっても、成人になる前にこういう事を教えて貰えたのは良かったんじゃないかと。ドラマー君、若いうちに悪いことを悪いと叱ってくれる先生に出会えてよかったね(^^)。



Category: 小学生並みの感想   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ワールド・ベースボール・クラシックで聴いたイスラエル国歌

Israel baseball まったくチェックしてなかったんですが、テレビでやってた野球の世界大会がメッチャ面白いっす(^^)。日本代表の試合は初戦からずっと大激戦で、試合終了まぎわまでハラハラの試合の連続。おもしろすぎて、日本の試合をぜんぶ見てしまう始末(^^)。特にすごかったのはオランダ戦で、延長にもつれて5時間近くの大激戦、見おわった後も興奮してなかなか寝れませんでした。

 そのWBCのダークホースがイスラエル。イスラエルって野球やってるのか…と思ったんですが、どうもメジャーリーグなんかで活躍しているユダヤ教徒たちの連合チームみたい。1次リーグをまさかの全勝で勝ち抜け、2次リーグの最後の試合で日本と激突。楽しみにしていた僕は、試合前の国歌斉唱から見てました。イスラエル国歌って、皆さん知ってます?メロディはすごく有名なので、聴けば「ああ、この曲か」ってわかると思うんですよね。レクイエムっぽくって僕は大好きな曲なんですが、今回はじめて歌詞を知りました。いやあ、こんなにシオニズムを前面に打ち出した歌詞だったのか、おどろきだよ(・ω・ノ)ノヒョエ~。。帽子のロゴもダビデの星で、なんか色々と感じる所がありました。そして、そういう事は全然知らなそうな日本のサムライがそんなイスラエルをメッタ切り(^^;)。でも、試合が終わった後に握手している姿が良かったです。スポーツって、こういう所が気持ちよくて好きだなあ。

 音楽って怖いです。ユダヤ教徒でもなんでもない僕が、しかもイスラエル国の成立に対してとっても批判的な感情を持っている僕が、あのメロディと歌詞を聴いて心を動かされちゃうんですから。いつか、民族感情を乗り越えて、過去の事は皆で許しあって、人類がお互いに仲良くなれるようになる日が来るといいなあ・・・な~んて思って見てます。サッカーは一部の客が変な民族感情をぶつける残念な競技になってしまったので、野球はそうならずにこのまま行ってほしいなあ。といいつつ、僕は日本チームを応援するけどね(^^)。




08 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS