FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(漫画・サブカル)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

コミック『ルーズ戦記 オールド・ボーイ』 原作)土屋ガロン、作画)嶺岸信明

LooseSenki OkdBoy 原作者の土屋ガロンさんは、狩撫麻礼さんの別のペンネーム。『迷走王ボーダー』『ハード&ルーズ』が愛読書だった僕は、狩撫麻礼さんの漫画を見つけるたびに買って読んでいたのですが、別名で書かれると分からん。この漫画が狩撫麻礼さんの本だと知ったのは最近で、慌てて読んだのでした(^^)。サイコ・サスペンスな映画の原作だったんですね。

 東京の下町出身のある男が、まったく身に覚えがないまま10年間も監禁生活を強いられます。そして10年が経過したのち、突然解放されます。男は自分を監禁した人物が誰かを探り、また監禁犯も男に接触してきます。そして、なぜ10年も監禁したのか、その理由をめぐって男と監禁犯の間で駆け引きが始まります。

 犯人は誰なのか、またなぜ監禁したのか。ここはサスペンス・タッチに描かれていて漫画的に面白かったです。でもこの話の主旨はサスペンスではなく、犯人の犯行動機の裏にあるアウトサイダーの問題なのだと思いました。実際、この漫画の中にも「アウトサイダー」という言葉が出てきていましたし、狩撫麻礼さんはコリン・ウィルソンの『アウトサイダー』を読んでいて、自分の苦しみはこれなのだ、と思っていた人なんじゃないかと。
 ただ、アウトサイダーがどういう問題なのかという点については、狩撫さんは自分の中で上手く整理できていなかったのではないかと感じました。『迷走王ボーダー』も『ハード&ルーズ』も、それがテーマでありながら、またそれでは駄目だと強く感じながら、ではどうすればいいのかは見えず、間接的あるいは詩的な表現でしかそれを言い当てられないんですよね。『ハード&ルーズ』だと、夢の中に暴れ馬が出てきて幻視するとか、どうしてもそういう表現になっちゃう。この漫画の場合、犯人が「お前さえいなければ、俺は社会的な成功をおさめる事で人生に納得することが出来た。しかし、お前が俺のある一面を看過したことで、それで納得する事が俺は出来なくなってしまった」と感じたという、非常にまわりくどい表現になっていました。

 アウトサイダー問題は、要するに20世紀の実存主義を分かりやすく再解釈したもので、それについて回ったペシミズムの問題の超克にあるのだと思います。狩撫麻礼さんもアウトサイダーであって、でもその解決策が見えないまま作家という人生を歩むことになったんじゃないかと。物語であれば、アウトサイダーについて回るペシミズムの解決策を提示する必要はなく、その物語を書けばいいんですものね。
 ちなみに、この漫画と似たような物語を狩撫さんは既に書いています。アウトサイダーとそれに敵対するものの対決という物語は、要するに現状の社会通念と「より正しいだろうあり方」というふたつの論理のアウフヘーベンであって、これは『ボーダー』の中の超金持ちとの対決そのもの。唱歌「花の街」が幼少時のアイデンティティとなり、その歌の中で自殺していくというプロットは、『ハード&ルーズ』の中にまったく同じ形で登場しています。つまり、過去作品の焼き直し。『リバースエッジ 大川端探偵社』も過去作品の焼き直しでしたが、どこかで狩撫さんは挑戦を諦めて、職業的な漫画原作者になったのかも知れません。この漫画も全巻読むほど面白かったですが、やっぱり狩撫さんは『ハード&ルーズ』と『ボーダー』がベストだなあ。そうそう、この感想がチンプンカンプンな人は、コリン・ウィルソンの『アウトサイダー』や『宗教とアウトサイダー』あたりを読んだらちょっと分かるかも(^^)。


スポンサーサイト



Category: アート・本・映画 etc. > 本(漫画・サブカル)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

コミック『ストップ!! ひばりくん!』 江口寿史

StopHibarikun.jpg 『きまぐれオレンジ☆ロード』で思い出すのが、この漫画です。少年ジャンプに連載されたラブコメという記憶のされ方なんだろうな(^^;)。作者の江口寿史さんが書いた漫画では、小学生のころ友人に「『すすめ!パイレーツ』という漫画が面白いよ」と勧められたこともあったんですが、そちらは結局読まずじまい。
 僕が中学生だった80年代なかばにリアルタイムで連載されていたラブコメは、『きまぐれオレンジ☆ロード』『ストップ!!ひばりくん!』『うる星やつら』『かぼちゃワイン』あたり。これら80年代のラブコメ漫画には共通項があって、「皆があこがれる学校の美人が、一方的に主人公のことを好きになってくれる」ことです。ただ、『ストップ!! ひばりくん!』だけは一筋縄に行きませんで…

 親を亡くし、親戚のやくざの家にやっかいになる事になった主人公の少年・耕作。その家には飛び切りの美少女ひばりがいました。ところがこの美少女、実は男。しかもちょっとエロい。こうして出鱈目でスラップスティックなラブコメディが始まります。

 この漫画の存在は知っていました。たしかアニメ化もされたんじゃないかなあ。でも読んだのは成人してからで、後輩が楽屋に置いていた廉価版の単行本を流し読みした時でした。これが面白いだけでなくかなりハイセンスに感じて、引き込まれました。だって、学校中の男子がみな憧れる美少女のひばり君が男という設定からして、ぶっ飛んでいると思いませんか?それだけでなく、絵柄、ギャグ、ストーリー展開など、どれもとびぬけたセンスに感じたんですよね。未成年者がやくざに酒を勧められ、「アルコールはちょっと」と断ると「なに?覚せい剤の方がいいか?」と言われるなど、設定もギャグもシュールなんですよ(^^)。

StopHibarikun_1-1.jpg 恋愛がファンタジーである事は『きまぐれオレンジ☆ロード』と一緒。80年代なかばのラブコメに感じるある種の気恥ずかしさは、それが幼児じみた願望である事です。そしてそれを好むという事は、自分が幼稚と公言するようなものだから気恥ずかしい…こういう事ではないかと思います。
 要するに、恋愛版のドラえもんなのです。ちいさい子供が持つ「欲しいもの全部手に入ったらいいな」という願望を空想の世界で叶えているのがドラえもんだとしたら、その恋愛版が少年誌掲載のラブコメ。「ああ~学校でいちばんの美人が一方的に好きになってくれたらいいな」とか、それを気恥ずかしく思う自分には「こっちはうっとしく思ってるけど、向こうが好きなのは仕方ない」という言い訳が用意してあったり。現実世界でこういう心理が他人に見透かされると最高に恥ずかしいだろうけど、ファンタジーの中に閉じこもっている間は願望を全て叶えてくれるんだから、最高のファンタジーではあるんですよね。ヤングアダルト誌掲載の『めぞん一刻』や『サムデイ』あたりになると、もうちょっとちゃんと恋愛するんですが、『ひばりくん』『オレンジロード』といった少年誌掲載のラブコメは幻想。

 僕は、全部読む前に音大の後輩と一緒に回ったツアー仕事が終わりました。読んだのは廉価版のコミック2~3冊分ぐらいだったと思うのですが、それが物語のどの辺だったのかも分かりません。後輩に、「面白いから続きは全巻まとめ買いして読もうかなあ」なんて話すと、後輩いわく「この漫画、途中で作者が失踪してしまって未完なんですよ」との事。ああ、続きを読んでも終わらないんだったらいいやと思い、そこで僕のひばり君体験はおしまい。
 というわけで、面白かったけど未完の作品…と思ったら、今はコンプリート・エディションというのがあるのか?!もしかして、結末部分を作者が書き足した?もしそうだとしたら最後まで読んでみたいです。『幻魔大戦』『グインサーガ』『バガボンド』など、僕には作者に最後まで書いて欲しかった作品がいくつかありますが、そのうちのひとつが解決したかも(^^)。


Category: アート・本・映画 etc. > 本(漫画・サブカル)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

コミック『きまぐれオレンジ☆ロード』 まつもと泉

KimagureOrangeRoad.jpg 1980年代のなかばに、週刊少年ジャンプに連載されていたラブコメ漫画です。僕は中学のクラスでの漫画雑誌の回し読みで読んでいた程度で、語れるほどには詳しくないですが、でも漫画雑誌が回ってくれば優先して読むぐらいには好きでした。

 主人公は超能力を持った中学生の男の子・恭介。彼が、不良で頭がよく運動神経抜群の美人の同級生・鮎川まどかに一目ぼれ。一方、まどかを慕う中学生の後輩・ひかるは恭介に一目ぼれ。この三角関係を軸に、ラブコメが展開していきます。

 三角関係、自分のことを一方的に好きになってくれるちょっとエッチな学年でいちばんの美人同級生…以前、『翔んだカップル』というラブコメ漫画の感想を書いたことがありましたが、フォーマットが完全に同じです。これはライバル誌の少年マガジン連載『かぼちゃワイン』も、サンデー連載『うる星やつら』もそうだったので、少年漫画のラブコメの基本フォーマットだったんでしょうね。でも、『きまぐれオレンジ☆ロード』は、『翔んだカップル』や『かぼちゃワイン』とは何か違う印象でした。それはたぶん時代のコンテキスト。

 『翔んだカップル』は、極端に言えばスポ根の価値観がまだ少し残っていた時代の恋愛観であって、『オレンジロード』はトレンディ・ドラマの時代の恋愛観。あまりガツガツと来ないフワッとした雰囲気でした。『翔んだカップル』の時代だったら、フワッとでは終わらず、三角関係で自殺者が出たり、親友と殴り合いになったりして、話が強く進行していくと思うんですよ。もうちょっと前の『愛と誠』なら更にそうで、恋愛で死者が出るわ殺し合いが始まるわ、みたいな(^^;)。でも80年代半ばになるとそうはならず、よく言えばスマート、悪く言えばハングリーさのない「女性の発言権が強い」恋愛文化になっていました。女子大の卒業式に彼が迎えにきて校門の前に車がずらっと並んでるとか、クリスマスは若い恋人の予約でホテルが一杯でその金は男が出すとか、そういう時代。女性優位だったんですよね。

 そういう「男にとっては面白くなかった時代」に、ティーンエイジャーな男子にとってのご都合主義でうれしい漫画が、『きまぐれオレンジ☆ロード』だったんじゃないかと。硬派が通じない時代になり、まだ彼女が出来た事のない不安いっぱいな中学生男子にとって、「美人が勝手に向こうから好きになってくれる」「何をやっても受け入れてくれる」は、恋愛における最高のファンタジーだったんじゃないかと。
 オレンジロードのフワッとしたファンタジーなムードは、作画にもあらわれていました。ポップで奇麗で、女の子がリアリティ追及の劇画調ではなくポップアートのように描かれ(ヒロインは中森明菜のイメージなんだろうな…)、スクリーントーンを三角に切って貼ったり、登場する喫茶店が出窓で白い壁のリゾートペンションのようだったり…作画もやっぱりファンタジーでした。

 80年代中ごろは、ポップなパステルカラーが流行していて、時代もバブル絶頂期。70年だったら、彼女とディズニーランドでデートなんて、男にしたら「幼児趣味で人に言えない」感じだったのではないかと思うんですが、この頃はそれがあこがれのようにもなり、現在にまでつながる日本の精神年齢の幼児化が始まりだったんじゃないかと。でもそういったぬるま湯なファンタジーは、それなりの心地よさもあるんですよね、そこに浸りすぎると現実とのギャップに苦しむかもしれないけど。当時のポップでウキウキするファンタジーの雰囲気が、『きまぐれオレンジ☆ロード』にはありました…って、半分も読んでない人間の感想なので、あまり信じないでね(^^;)。


Category: アート・本・映画 etc. > 本(漫画・サブカル)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『恐怖の心霊写真集』 中岡俊哉編集

Kyoufu no Sinrei Shasinshuu 僕が幼い頃から高校ぐらいまでの1970~80年代なかばは、心霊や怪談のブームが細く長く続いていました。それ以降になるとテレビで見かける心霊番組もヤラセっぽくなっていきましたが、70年代はかなりガチっぽい見せ方だったんです。異種格闘技戦をやる時の新日本プロレスみたいなもんでで、「他はフェイクだけどこれはマジ」みたいな。心霊系でいうと、宜保愛子さんや織田無道さんあたりが出てきたあたりから「ヤラセっぽいな」と冷めていった僕でしたが、自分が子どもだった事もあるのか、それ以前のものはかなりビビるものが多かったです。

 でも、『世界妖怪図鑑』で鍛えられていたので、子ども向けな「ドロロン閻魔くん」ぐらいではビビらずにいられました。でもこれはマジで怖かった。中岡俊哉さん編集の心霊写真集です。だってアニメや絵じゃなくて写真じゃないですか!フォトショップなんて当然知らなかった年頃なので、いかにもなトリック写真以外は「うわ、マジか…」なんて心の底からビビってました。夜にふとんを頭までかぶって寝るほど怖いくせに、翌日になるとまた友達と一緒に本屋まで行って一緒に見てビビる…そんな感じでしたね(^^)。

 新書サイズのこの「恐怖の心霊写真集」シリーズは、宇宙戦艦ヤマトや猿の惑星のように「続」とか「新」とか、どういう順で見たらいいのかさっぱりわからないほどいっぱい出てました。大ヒットしたんだろうな…。というわけで、どの本に出てた写真かは覚えてないんですが、個人的なトラウマがいくつか。
 ひとつは、縁側で撮影した女の人の写真。女の人は口をあけて笑っているのに、窓ガラスに移った女の人の口は閉じてるんです。怖ええええ!!!小学生だった僕が寝れなくなったのは言うまでもありません…寝たけどね(^^)。あと、後ろに飾ってある肖像画の目が、記念撮影している人をにらみつけているもの。車の中に人の影が見えるもの。映していないテレビの中に目があるもの。仏壇全体に髪の長い女の人が重なって映っているもの。


 今となってはアマチュアですらフォトショップやアプリを使って合成写真なんて簡単に作れるようになってしまったので、心霊写真の信ぴょう性がなくなったもんで、心霊写真の見方が僕の中では変わってしまいました。プロレスと同じで、嘘と分かったうえで完成度を楽しむ、みたいな。でも昔は違って、嘘か本当か疑心暗鬼の状態で、中でも強烈なものが「さすがにこれはマジだろ…」と本気で思ってました。今見たって、完成度の高いものはフェイクと分かっていても怖いですからね(^^;)。
 変な話ですが、友だちとこういうものを見てビビったという事ですら、大人になると懐かしくていい思い出と感じるんだから面白いです。本気でビビってたから、強烈な体験として記憶に残っているのかも知れませんね。僕が心霊写真集に嵌まっていたのは小学3~4年ごろでしたが、本気で怖かったなあ。。


Category: アート・本・映画 etc. > 本(漫画・サブカル)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『日本妖怪図鑑』 ジャガーバックス刊

NihonYoukaiDaizukan.jpg 『世界妖怪図鑑』の日本編です。これも子供の頃に家にありまして、「絶対に見てはいけない本」として自分の手の届かないタンスの上の方に隠してました。でも怖いもの見たさで引っ張り出しちゃうんですよねえ。で、夜にトイレに行けなくなるという。。

 幼い頃の僕は、表紙のリアルさで「世界妖怪図鑑」の方が好きだったんですが、怖さは日本の方が上だった!西洋の方は怖いだけじゃなくて面白かったんです。絵は油絵調で、単純に絵の見事さに感動していましたし(むっちゃ怖かったですけどね^^;)、中世ヨーロッパ風の雰囲気に異国情緒を感じたりもしましたしね。
 一方、日本のお化けの方はおどろおどろしくて情緒なんて言ってられないレベルで、子ども向けなのにリアリズムの追及が半端なくて、ガチでビビらせに来てました(゚ω゚*)。なかでもヤバいのは幽霊系。昔の幽霊画の引用がけっこうあったんですが、この薄気味悪さったらありゃしない。河童や天狗なら家にいれば大丈夫に思えたんですが、部屋に出る幽霊はこっちの安全地帯がない。これはヤバい、お願いだから来ないでくれ…子供のころ、幽霊ほど怖いものはありませんでした。馬鹿だったんだな(^^;)。。

 もうひとつヤバかったのが写真。この本、絵だけじゃなくて写真もけっこうあったんです。大映あたりの妖怪映画から取ってきたものだと思いますが、ウルトラマン以前の日本の特撮技術はガチなのでマジで怖い!のっぺらぼうやろくろ首のページはトラウマ、まだ幼稚園にも入っていない僕は見ては絶対にいけないページでした。マジで夜にトイレ行けなくなったし。

 そしてこれもなんと復刻されていたではありませんか!でも5000円は高い、もう少し値段が落ちるまでちょっと保留かな。いや、ぎゃくに値段が上がってしまう可能性もあるぞ、どうしよう。。


03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS