fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Sonny Boy Williamson & The Yardbirds』

Sonny Boy Williamson and The Yardbirds 1965年リリース、ブルースハープ&ヴォーカルのサニー・ボーイ・ウィリアムソン2世ヤードバーズの共演盤で、ロンドンのクロウ・ダディ・クラブでのライブ録音です。ヤードバーズ側にはエリック・クラプトンがクレジットされてます…ブルース狂いのギター小僧にとっては嬉しい共演だったでしょうね(^^)。
 ヤードバーズにバックバンド演奏の依頼が来たのだと思いますが、かわいそうなのはヤードバーズのヴォーカルのキース・レルフ。サニーボーイじいさんが歌いまくって大活躍なものだから、手拍子しか打たせてもらえません(^^;)。。サニーボーイとアニマルズの共演の時は、アニマルズが向こうを張って頑張っていたんですよね。依頼通りの仕事をしたのはヤードバーズの方なんでしょうが、評価をあげたのは意地を見せたアニマルズの方だろうことを考えると、ミュージシャンは依頼に従うばかりではいけないのかも。このへんはプロレス的な感性をもってないと駄目ですね。負けブックでも「こいつは強いな」と思わせておかないと
 それにしても、サニーボーイ爺さんのヴォーカルとハーモニカの迫力が凄すぎて、ヤードバーズでは支えきれません。ヤードバーズとの共演より、サニー・ボーイのヴォーカルとハーモニカだけのパフォーマンスの方が良いと思ってしまうほどでした。

 僕、シカゴブルース以降のバンドブルースではハーモニカが一番好きなんですが、若い頃はサニーボーイ2世のハープはあんまり好きじゃなかったんです。リトル・ウォルタージュニア・ウェルズに比べて軽いというか…実際、演奏だけじゃなくて使ってるハーモニカも違うんでしょうが。でも久々にこのレコードを聴いたら、「これのどこが軽いんだ、すげえじゃねえか!」とのけぞってしまいました。ハープだけでなく歌の迫力と表現力も凄くて、こんな不良な爺さんになれたらカッコいいな、なんて思ったりして。

 ヤードバース側で面白かったのは、1曲だけTボーン・ウォーカーばりのモダンブルースなアプローチをしているギターが入っていた事。あの6度と9度を使うジャジーなサウンドのやつです。このギターを弾いたのがクラプトンなのかクリス・ドレヤなのか分かりませんが、ビートルズローリング・ストーンズもアニマルズもこういうテンションを使えていなかった時代に、ヤードバーズのギターはモダンブルースあたりまでは来ていたんですね。

 というわけで、僕的にはこれはサニーボーイとヤードバーズが対等ではなく、サニーボーイのバックバンドをヤードバーズが務めたものに聴こえました。ヤードバーズやクラプトン目当てで買っても良いことないでしょうが、サニー・ボーイ・ウィリアムソン2世のレコードとしては普通に優秀と思いました!


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Sonny Boy Williamson / One Way Out』

Sonny Boy Williamson One Way Out これもサニー・ボーイ・ウィリアムソン2世コンピレーション・アルバムです。とはいえ、15曲中8曲が未発表(シングルとかでは出ていたのかな?)なので、『Real Folk Blues』シリーズを買った人でも聴く価値あり!な~んて言って、若いころはそんな事どころか、これがオリジナル・アルバムかどうかも分からないまま、「うおお、ジャケットのじじいかっこいい!」ってだけで買ってたんですけどね(^^;)。

 すべてバンド・ブルースで、作詞作曲も1曲を除いてサニー・ボーイおじいさん本人。オーケストレーションの番頭となるギタリストはほとんどがロバート・ロックウッドJr。というわけで、スローブルースは少なくて、ミドルからアップ・テンポの曲が多かったです。昔はそれが苦手だったんですが、いま聴くとめっちゃくちゃカッコよく感じるのは何でなんでしょう…ブルースハープの演奏がクソカッコいいんだなあ。あ、そうそう、「Cool Disposition」でのオーティス・スパンの転がすように弾くピアノもカッコよかったです(^^)。

 そして、「Born Blind」など、曲によってはブルースハープの音がえらく太くなるものがあって、これが特に好きです。ほら、ブルースハープって、58あたりのダイナミック・マイクを手に握り込んで演奏する時があるじゃないですか。近接効果なのか、あれをやると音がすごく太くなるんですよね。あれってサニーボーイ2世よりもリトル・ウォルターな印象があったんですが、久々にこのレコードを聴いたら、普通にサニーボーイさんもやってました。

 このレコードを買った若い頃は、ブルースというとギターばかりに注目していたので、ハーモニカに耳が行ってなかったのかも知れません。チェス録音のシカゴ・ブルースのレコードはあらかた整理しようと思ってたんですが、少なくとも僕が持っているサニーボーイ2世のレコードは全部当たり…またしてもレコードの整理が進みません (^^;)。。


Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Sonny Boy Williamson / The Real Folk Blues』『More Real Folk Blues』

Sonny Boy Williamson Real Folk Blues ブルース・ハーモニカ奏者サニー・ボーイ・ウィリアムソン2世のアルバム、どちらも50年代後半から60年代までにチェス・レコードに吹き込まれた音源のコンピレーションです。僕がはじめて買ったソニーボーイ2世のアルバムはこの第1集でした。

 ラジオ番組での演奏音源『キング・ビスケット・タイム』同様、基本的にシカゴ・スタイルのバンド・ブルースでした。ただしこちらの方がバンドが豪華で、ドラム、ダブルベース、リズムギター、リードギター、ピアノ(時にはオルガン!)という編成が多かったです。音楽も『キング・ビスケット・タイム』ほどではないにせよ、R&Bと呼んだ方が近い曲がけっこうあって、戦前のアコースティック・ブルースやディープなスロー・ブルースに馴染んでいた僕は戸惑いました。バンド音楽として聴くなら、ロックの方がカッコイイとも思ってましたしね(^^;)。
 ところがいま聴くと、サニー・ボーイ2世のヴォーカルとハーモニカが強烈!ついでに、ピアノがあのブルース特有の指をパラパラと転がすような演奏をしていて、これもいい!リードギターもクソカッコいい人がひとり混じってる…あ、マット・マーフィーか、そりゃかっこいいですね(^^)。
Sonny Boy Williamson more Real Folk Blues そういう所に気づき始めると、レッド・ツェッペリンがカバーした「Bring It On Home」はたしかにバンド・ブルースでないとこのビートを活かしたカッコよさは出ないと思うし、途中で挟まるスローブルースが余計にしびれるし、なるほどこれはたまらない音楽だな、みたいな。はやまって処分しなくてよかったです。

 なんで若い時はこの音楽のいい所に耳が行かなかったんでしょうか。思うに、若いころって誰でも大なり小なり「俺は○○が好き!」というのがあって、そこから外れたものはどういう長所があろうがダメなんでしょう。認知の根っこにはYesとNoしかないって心理学の本で読んだことがありますが、だからそうなるんでしょう。でも大人になるにつれ、物差しは増えるし、いろんな角度から眺められるようになるし、そうやって相手の物差しの上に乗れるようになっていくのかも知れませんね。ましてや娯楽音楽なんて楽しんだもの勝ち、低い価値にまでわざわざ自分が下りていく事はないにせよ、違う価値にはそっちの価値を受け入れて楽しんだ方が人生面白いっすよね(^^)。
 というわけで、どちらもサニー・ボーイ2世のヴォーカルとブオ~~~と唸るハーモニカのカッコよさがヤバすぎる、最高にカッコいいバンド・ブルースでした!


Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Sonny Boy Williamson / King Biscuit Time』

Sonny Boy Williamson_King Biscuit Time ブルースの世界にはサニー・ボーイ・ウィリアムソンという名ハーピストがふたりいます。ふたり目を「2世」なんて区別して表記する事もありますが、表記に区別をつけていないのが普通なので、ややこしいです。しかもたまたま同姓同名なのではなく、ふたり目は元祖にあやかってつけた芸名だそうですし(^^;)。より有名なのはチェス・レコードと契約した2世の方で、これは2世が持っていたラジオ番組での1951年のパフォーマンス集です。ラジオ番組のスポンサーがキングというビスケットのメーカーなので、番組名が「キング・ビスケット・タイム」だったんだそうな。

 基本的にドラムやギターも入ったバンド・ブルースで、なるほどシカゴ・ブルースでした。ラジオ番組用のパフォーマンスだからか、スローブルースは少なくて、R&Bかと思うようなミドル~アップテンポのナンバーが多く、演奏も短かめ。戦前のアコースティック・ブルースにしびれていた若い頃の僕は、こういう芸風に馴染めなかったんですが、いま聴くとハーモニカはうまいし歌は表現力あるし、シカゴのバンドブルースと思って聴けば素晴らしい内容でした。サニーボーイじいさんのシャウト、メッチャかっこいい。

 若い頃というのは自分が持っている物差しが少なすぎて、ひとつの物差しで測れないものはみんな「つまらない」「悪い」でした。このレコードもそうやって切り捨てた一枚でしたが、日本のPヴァインが作ったCDの装丁が素晴らしかったもんで、なんとなく手放しにくくて取っておいたんです。それを久々に聴いたら、50年代のシカゴの黒人外のホコリっぽい匂いがプンプンして良かったです。いやあ、ブルースやモノクロ映画は若い時につまらないと思っても切り捨ててはいけないですね。歳をとってから「めっちゃいいじゃん!」と思う日が来るかもしれません(^^)。


Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Buddy Guy / I Was Walking Through the Woods』

Buddy Guy I Was Walking Through the Woods 発表は1970年ですが録音は60~64年、つまりバディ・ガイのチェス初アルバムとなった『Left My Blues in San Francisco』よりも古いバディ・ガイのチェス録音集です。そういう事はまったく知らなかった若いころの僕でしたが、このジャケットにしびれて買ったんでした。

 デビュー・アルバムより古い録音とはいえ、デビュー・アルバムにはないバディ・ガイのルーツが聴けるというわけでもなくて、この時点から同じような音楽をやっていました。ブルースだけでなく、R&BもR&Rもやるバンドブルース、みたいな。ビートに合わせてメロディが裏から入る「Watch Yourself」なんて、思いっきりカッコいいR&Bでした。変わり種では、思いっきりマイルス・デイヴィスの「Freddie Freeloader」までやってました…詩をつけて、作曲者がバディ・ガイという事になってましたけど(^^;)。
 とはいえ、本筋のスロー・ブルースの比率がたしかに高かったです(アルバムの6割ぐらい?)。さすが本職、スローブルースも良かったです。スローブルースでは間違いなく単旋律でチロチロとギターで合いの手を入れていましたが、「キュイーン」みたいなチョーキングが入って、スケベオヤジっぽくてエロカッコよかったです(^^;)。

 マイナス面は、ホーンセクションがうまくない事と、ヴォーカルが僕の趣味にどうしてもあわない事でした。ホーンセクション、2管だしスコアも冴えないのでプレイヤーだけを責めるのは酷ですが、50~60年代あたりのR&Bやソウルに入っているホーン・セクションってたいがい下手ですよね…。これだったら入れないほうが良いと思っちゃうなあ。「I got a strange feelin’」ではブルースハープが入っていて、こっちは表現力抜群なので、ホーンセクションじゃなくてハーモニカにしておけばいいのに、と思ってしまいました。これはステージ上の音圧を稼ぎたいとか、ステージ栄えの問題なんでしょうか。
 バディ・ガイのヴォーカル、叫ぶように歌うスタイル自体はカッコいいんですが、いかんせん声がかん高くて(^^;)>。なるほど、頭の中でヴォーカルをマディ・ウォーターズやサニー・ボーイ・ウィリアムソンに差し替えたら、文句なしにカッコよくなりました!ヴォーカルって大事だなあ。

 なんだかんだ言って、聴いていてすごく楽しかったです。なんだろ、聴いていると60年代初頭のシカゴで賃金労働している黒人になった気分、夜にバーやビリヤード場に寄ったような空気感というか。シカゴブルースはファーストフードや演歌と同じで、いい所はあるけど露骨な弱点もあれば似たもののキンタロー飴でどれも60~70点ぐらいと感じますが、一度ハマると次々に聴きたくなっちゃう魅力があります。チャック・ベリーリトル・リチャード登場後のブラック・ミュージックは、ブルースもロックに寄せていったんだな、なんて思いました…あ、それがR&Bなのかも、いま初めて理解出来た気がしました!ブルース、R&B、R&R までをフォローした60年代初頭の黒人音楽を目の当たりにした感じで、とても楽しかったです。


07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS