FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > スポーツ・プロレス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『野村克也 野球論集成』 野村克也

NomuraKatsuya YakyuuronShuusei プロ野球の頭脳・野村克也さんは、とんでもない量の本を出してるんですが、ほとんどは似た内容だったりします(^^;)。選手としては数々のタイトルを取り、監督としてはID野球と言われるほど野球術の革命を起こしたのに、技術書や戦術書をほとんど書いてないんですよね。そんな中、2017年という晩年のノムさんがついに上梓した野球の技術・戦術書がこの本です!

 読む前は、バントシフトやピックオフプレイなどの戦術指南書かと思っていたんですが、実際に読んでみると戦術面だけでなく、どうやって人を育てるかとか、打撃や送球や走塁の基礎など、野球に関することすべてが網羅されている本でした。これはすごい。子供の頃にちょっとやっていた程度の僕にとっては、目からウロコの話の連続。読み返すたびに「なるほど」と思わされて、この本を読んだ状態で少年野球時代からやり直したい、な~んて思ってしまいました(^^)。それぐらい、「これを読んでから野球やったらできるようになれそう」と感じたのです。
 
 中でも素人の僕にとって白眉だったのが、カウント論。カウントによって攻めや守りが変わるのはアマチュアの僕でも何となく知っていますが、でもそれでどう狙い球を絞り、どう目付けをして、どう待って…と具体的に実践できるほどには全く知らず。だいたい、カウントには12種類あるというのですら、いわれて「なるほど」と思ったほどでしたし。
走塁論も、ものすごく勉強になりました。例えば、奏者2・3塁の2塁ランナー。これはアウトカウントや3塁走者がゴロ・ゴーかどうかなどによって変わって、その為には…みたいな。なるほど、巨人や横浜みたいなこういう面で雑な球団って、2走がアホなミスする事を、たまに見ますよね。こういうところがチームとしてケアできてないんでしょうね。
守備のバントシフトも、すごく勉強になりました。走者1塁だけでも、これだけバリエーションがあるんですね。僕は、球場に野球を見に行くと、バントシフトを観るのが一番楽しいです。チームによって様々ですし、テレビ中継だと映らないんですよね、野球という戦術ゲームの中でも、一番戦術性の出るところなのに。

 上の例はあくまで一例で、こういう野球の基礎的な知識が満載。ノムさんのテレビ野球解説の行間とか、92年の日本シリーズ7戦での広沢の本塁突入などから判断するに、本当はもっともっと深い戦術や戦略、技術的なポイントなどを持っていらっしゃったのだと思いますが、それでも400ページ超の本ですから、野村さんにとっての「プロですら守られていない本当の野球の基礎」は、このへんからなのでしょう。野球でも音楽でも、プロの一流はまったくレベルが違う、アマでもプロでも、結果を残せない人がどれだけ隙だらけでぬるいのかと痛感させられる本でした。野球をやっている人なら、これを読んでいるかどうかで雲泥の差が出る本ではないかと思いました。見るだけの人でも、これを読んでいたら野球の見え方がまったく変わるんじゃないかと。超がつく良書、野球好きなら必読!!


スポンサーサイト



Category: アート・本・映画 etc. > スポーツ・プロレス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

DVD『熱闘!日本シリーズ1993 ヤクルト‐西武』

Nettou NihonSeries 1993 Yakult Seibu 日本シリーズ史上最高の戦いとの評判もある1992年の森西武vs野村ヤクルトは、翌93年にまでもつれます。野村ヤクルト、あと一点に泣いた92年のリベンジなるか?!この93年の日本シリーズも最終戦までもつれる激闘になりました。これもすごかった!夢中になって見ていた10日間でした。。

 驚くのはヤクルト側の投手陣。前年は岡林がエースで大車輪の活躍だったのに、この年は岡林無し。そして、去年はいなかった川崎と西村という投手が先発の柱。いやあ、強いチームってすごいエースや4番が決まってるから強いんだと思ってましたが、主力選手を入れ替えながら2年連続でリーグ制覇したのか、やっぱり野村さんって凄いんだな。。
 そして、7戦をとおして、力はヤクルトの方がちょっと上と感じました。前年度は西武が圧倒的なところをヤクルトが色んな策を講じてもつれにもつれましたが、93年はその逆。それでももつれた原因は、西武がヤクルトの古田を封じた事。逆にヤクルトは西武の秋山を封じます。短期決戦では主力打者の誰かを封じて打線を分断してしまうのが戦術の柱になるなんて言いますが、両軍ともそれに成功したもんで、戦力差があっても打線が分断されて点が入りにくいのでもつれたのかも。いやあ、こういうのは知将同士だからこそ見る事の出来る戦いなんでしょうね。。

 ただ戦うだけでなく、策を講じて勝ちに行くのが、シロウトの僕にもわかりやすかったのは、例えば第2戦の西武・郭泰源の攻略。前年の日本シリーズで郭にぴしゃりと抑えられたヤクルトは、絶妙のコントロールをもつ郭にはやく追い込まれて、最後はスライダーで料理されていました。その郭のコントロールの良さを逆手にとって、絶好球じゃなくても1球目からカウント球を打ちに行きます。これで郭はヤクルトの作に気づく前に4失点。いやあ、ただ茫洋と戦ってるんじゃなくて、本当に策に策を講じて戦ってるんですね。。

 弱小球団ヤクルトの選手を改革に行った野村監督の成果は、随所に出てきます。第3戦は1対0の投手戦をヤクルトが制するんですが、その1点が池山のライトへの犠牲フライ。池山と言えばどんな時でも振り回すバッターだったのが、ここは一点でいいとフライをあげに合わせに行きました。これがあのブンブン丸がやる野球か、変わりましたね。。

NihonSeries1993-4.jpg 同じく1点を争う展開になった第4戦は、8回に、今も伝説になっているセンター飯田の奇跡のバックホームが炸裂!1対0のワンアウト1・2塁で強打者鈴木健。外野が前進守備にしてしまうと抜かれた時に一気に逆転になってしまうので、中間守備か深めが定跡だと思うんですよ。でも飯田はここでチームの指示に背いて前進守備をとり、走者を本塁で刺します。なんでこうしたかというと、この試合の西武のピッチャーの石井丈裕はシーズンMVPの上にこの試合は絶好調。だから、ヤクルトが勝つためには虎の子の1点を守る以外にはない…みたいに考えたんじゃないでしょうか。これは勝手な憶測ですけど(^^;)、こういう事を考えながら観ることが出来るから、戦略系のスポーツは面白いです(^^)。ファインプレーの裏には頭脳があるんですよね。それにしてもこれは鳥肌が立つ驚異のバックホームでした。

 このDVDでは細かい説明はなかったんですが、第7戦1点差でもつれた展開での3塁走者古田の走塁も見事なID野球。前年の第7戦でそっくりなシーンがあって、内野ゴロが飛んで広沢が本塁で封殺されたんです。内野ゴロが飛んだ時、3塁走者は普通は自重なんですが、前年度の反省から編み出した「状況によっては、ダブルプレーや本塁憤死のリスクを負ってでも3塁走者は打った瞬間に突っ込む」というギャンブルスタートを古田はここで仕掛け、内野ゴロで本塁生還!いずれのプレーも、ただすごいピッチャーとバッターを並べるだけの王ダイエーや長嶋巨人の野球とはまったく違う、見事な野球術でした。

 そして、この日本シリーズは運もヤクルトに味方した印象。先発の枚数もそろい、抑えも3枚持っている西武の豊富な投手陣に比べて、ヤクルト投手陣のやりくりは厳しくて、伊東昭光というワンランク下の投手を先発に使って捨て試合を作るほど。そんな時に第6戦が雨で順延となり、これでエースの川崎を最終戦に使えることになります。ずっと不敗、連覇連覇の西武相手に精神面で「やっぱり西武には勝てない」という心理があったように見えたんですが、最終戦の川崎先発の試合でヤクルトが勝ったのは野球術を含めた力の差だったように見えました。そして、この時の川崎の投球の凄まじさは、今度は頭脳や戦略でなく、全身全霊という感じで、見ていて痺れるほどの命がけの投球。これは感動しました。ヤクルトは前年の借りを返して悲願の日本一!!


 いやあ、音楽でも野球でも、エンターテイメントよりプロフェッショナルの凄さ深さを見せてくれるものほど感動が大きいと僕は思うんですが、92~93年の西武vsヤクルトは野球のプロフェッショナルを見せてくれた凄い戦いでした。野村監督や森監督というという指揮官だけでなく、状況を見ていちかばちかで前進守備を選択した飯田、ギャンブルスタートを選択した古田といった選手の野球術もすごい。野村監督、こんな素晴らし物を見せてくれて、本当にありがとうございました。この激闘の10日間を、僕は一生忘れないでしょう。


Category: アート・本・映画 etc. > スポーツ・プロレス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

DVD『熱闘!日本シリーズ1992 西武-ヤクルト』

Nettou NihonSeries1992 seibu yakult 世代的な問題で、野村克也さんといえば、僕にとっては選手や解説者としてより監督のイメージが強いです。現役でかろうじて知ってるのは有名な南海時代ではなくロッテや西武時代で、それだってプロ野球チップスのおまけカードで見たことがあるぐらい(^^;)。一方、監督としての野村さんはID野球として一世を風靡し、弱小球団を優勝させてしまう手腕は、日本の野球のやり方自体が変わるレベルの凄さでした。中でも、クソ弱かったヤクルトを3年でセ・リーグ優勝に導き、以降は何年にもわたってヤクルト最強という時代を築いたのは、野村さんが達成した数々の偉業の中でもいちばん凄い事だったと思います。この日本シリーズは、ノムさんがヤクルトを優勝させた最初の年の日本シリーズで、7戦中4戦が延長線、そして西武の森監督とヤクルトの野村監督の両方がプロ野球きっての知将という事で、ものすごい高度な野球になったのが最高に面白かった!

 第1戦から大熱戦、延長12回までもつれた試合の決着をつけたのは、大昔の広岡監督時代に唯一優勝を経験していた14年前のヤクルトにも在籍していた杉浦の代打満塁ホームラン!いやあ、1試合目からこれは熱い、しかも西武圧勝という下馬評を覆しての先勝はアドレナリンあがりまくりでした(^^)。こういう興奮って、スポーツならではと思います。

 第2戦は西武の郭泰源~潮崎という西武投手陣の完封リレー劇。この頃の西武の投手陣の凄さは圧巻ではあったんですが、それ以上にハウエル、広沢、古田といったヤクルトのクリーンアップがシリーズ通して西武に抑え込まれたのが印象的でした。力だけでなく、弱点を徹底駅に研究されて攻められたんでしょう。野村さんに目が行きがちですが、現役と監督時代を通じて日本シリーズ無敗の森監督は、やっぱりとんでもない知将なんですね。それにしても、現役時代の荒木大輔はめっちゃくちゃ2枚目、そして途中まで西武を完全に抑え込んでいたんですが、カーブが素晴らしいんですね。なるほど、プロだとストレートとカーブの両方がないと厳しいけど、これだけのカーブを持っていたから高校野球で無双だったのかも。

 第3戦は野村監督が奇襲を仕掛けて、なんとシーズン0勝のサウスポー・石井一久を先発!しかしこの奇策は失敗(^^;)。一方の西武はシーズン最多勝のエース石井丈裕…もしかすると、野村監督はこの試合を捨て試合と見ていたのかも。もう、この辺はきつねと狸の化かし合いですね。それにしてもヤクルトは主力打者が抑え込まれての完敗で1勝2敗、これは西武圧勝のムードが…。

 第4戦、またしても西武の完封リレーが炸裂!今度は渡辺智~鹿取(ロングリリーフ)~潮崎です。ヤクルト打線は研究されつくしてますね、投球ミスやヤマ張りでも当たらない限り打てそうにありません。これで1勝3敗となって早くも西武は優勝リーチ。これはワンサイドゲームになりそう。

 第5戦、後がない野村ヤクルトはここで手を打ちます。なんと、橋上とパリデスという西武がノーマークだろう選手をふたり先発に起用。なるほど、データがなければ弱点攻めは出来ないという訳ですね。しかもこの戦略は当たり、パリデスは2安打、橋上は1安打1フォアボール。また、相手チームの分析攻略はヤクルトも行っていて、西武の4番清原を完全にブレーキにしています。この試合、ヤクルトの策が功を奏して一時は6対0となるんですが、西武が息を吹き返して6対5となった事で西武はリリーフエース潮崎を投入してしまい、切り札を休養させる事が出来ず、その上で延長の末に敗戦。こういう所は勝負の綾。戦略性の高いチームスポーツって、メッチャ面白い。。

 第6戦これぞ死力を尽くした大勝負、数ある日本シリーズの試合の中でも最も面白かった試合かも。だって、6回も逆転して、またしても延長戦の末に決着ですから、こんなに面白い試合もない(^^)。大激戦の上に最後は7対6でヤクルトの勝利!しかしその裏で、ヤクルトの古田と広沢、西武の清原が完全に封じられるという双方のデータ野球がすごい。。

Nihon Series 1992 7-9 そして第7戦。この試合、7回裏のヤクルトの攻撃で、広沢が本塁憤死というシーンがあるんですが、これはヤクルトのチーム指導で、内野ゴロの際の3塁走者の走塁の方針に「ダブルプレーを防ぐためにキャッチャーにチャージを掛けろ」というものがあったんだそうです。そんなわけで、広沢はキャッチャー伊藤にチャージしに行ったためにタッチアウト。もしキャッチャーを避けて滑り込んでいればセーフで勝ち越しだったかもしれないプレーで、このプレイから野村監督は競った場面でのギャンブルスタートという作戦を思いついたそうで、以降の現代野球でギャンブルスタートは定石化しました。ただし、そういう説明はこのDVDではなかった(^^;)。これが勝負を決めるプレーとなり、1点差でヤクルト敗戦。。あと1点で日本一というところを逃した無念の戦いでした。

 素晴らしい日本シリーズは79年の広島vs近鉄とか85年の阪神vs西武とかいくつかありますが、もっとも高度だった日本シリーズはこれだったと僕は思っています。負けはしたものの、金や囲い込みを行って最強球団を作った西武を崖っぷちまで追い込んだ野村ヤクルトは凄かった!そして翌93年、またしても日本シリーズはこの両者の対決に。そして…その話はまた次回に(^^)。。


Category: アート・本・映画 etc. > スポーツ・プロレス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『エースの品格』 野村克也

NomuraKatsuya Ace no Hinkaku プロ野球の頭脳、ノムさんの書いた本です。現役時代はキャッチャーだったので名投手をたくさん見てきたし、ホークスの選手兼監督時代に阪神の剛腕エースだった江夏豊さんをリリーフエースに変身させた名監督でもあるので、投手に関する薀蓄があるという事なんでしょう。この本が書かれたのは2008年の初頭、まだ楽天イーグルスの監督をしていた頃で、あのクソ弱い球団だった楽天をクライマックスシリーズに進出させてしまったし、その前も超弱小ヤクルトスワローズをセリーグ最強にしてしまったので、本当にすごい監督なんだと思わされたものでした。

 さて、この本のタイトルは『エースの品格 一流と二流の違いとは』でしたが、タイトルと内容はほぼ関係ないです(^^;)。たしかに最初の方は、野村さんが現役時代や監督時代に見て触れてきた投手に触れてますが、エースどころか投手にすら触れていない話もいっぱいで、ほぼ野村さんの自伝でした(^^;)。それはそれで面白かったからいいんですけどね。江夏に関する記述では、「私が長い野球人生で目の当たりにした最高の速球投手は、まぎれもなく江夏豊である」(P.50) というぐらいかな?
 勉強になったのはエース論ではなく、野村さんの人生哲学の数々でした。まず、現役時代の教訓。練習量が普通でない!そして、ただ練習するのではなく、どうすればよいのか常に頭を使っていたのがよく分かりました。そして、指導者になってからの数々の名言が素晴らしかったです。「恩情に報いる力」という言葉を言っておられます(p.104)。情けをかければ、人はそれに報いようとする、というものです。これは自分でも思いあたる事が人生で何度もあった事で、心に響きました。

 というわけで、タイトルに偽りあり、でもプロ野球の内側にいた大監督から見たプロ野球のベンチ裏風景や人生訓は、すごく面白かったです。あと…落合監督の本を読んでもそうなんですが、専門の世界でトップを取る人は、どうやればできるようになるかを考えまくっていて、ただ練習しているんじゃないんですよね。そして、練習量が尋常でないんですね。口でいうのは簡単ですが、それを実践している人が実際にいると知る事が出来るだけでも、音楽家にも参考になる本じゃないかと思いました。野球好きな人というよりも、どうすれば組織が向上するかに悩んでる人向きな本かも。


Category: アート・本・映画 etc. > スポーツ・プロレス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

プロ野球のレジェンド中のレジェンド、野村克也さん逝去

Nomura Katuya うああ、プロ野球のノムさんが逝った…。王貞治に次ぐ本塁打数、三冠王獲得、監督になってからはID野球を標榜して超弱小球団のヤクルトを何度も優勝させ、これまた超弱小の東北楽天イーグルスを日本シリーズに導き…偉業を数え始めたらきりがないほどの人。日本のプロ野球で重要な10人をあげろと言われて、この人が外れる事はないでしょう。

 そんな偉業の中で一番すごいのは、やっぱり選手時代の数々の記録や改革なんでしょうが、残念ながら僕は現役時代のノムさんの記憶がほとんどありません。世代がずれているために、ようやく野村さんの事を知り始めたのは、全盛期の南海時代ではなく、ロッテから西武に移った頃でした。少年野球をやっていた友達のお兄ちゃんが、「野村って3冠王取ってるんだぜ。しかも、キャッチャーってあんまり打たないのに、ホームランも王の次にいっぱい打ってる。とんでもない選手なんだよ」なんて言っていた事を覚えていて、それが最初の記憶。テレビでは巨人戦か阪神戦しか放送されていなかったので、僕はパ・リーグの選手のことを全然知らなかったんです。たまにプロ野球チップスでパ・リーグの選手のカードが出ると「あ、外れだ」と思ったぐらいでしたし(^^;)。そんな時に、そんな話を聞かされたもんだから、実はパ・リーグってすごいのか、そこには闇の帝王みたいな知られざるすごい人たちがいて、野村や福本はそういう人たちなんだな…みたいな印象を持った事を覚えてます。

 そして、本当にノムさんの凄さを思い知ったのは、ヤクルトの監督時代。まさにID野球で、広島で使い物にならなくなった小早川を取ってくるやいなや、小早川は相手チームを無双しまくっていた全盛期の巨人斎藤から3打席連続ホームランを打ってしまうのでした。これが開幕戦で起きたことで、優勝候補だった巨人がヤクルトの足元にひれ伏す始まりとなったのでした。
 これ、「カウント1-2になると斎藤はスライダーでカウントを整えに来る」というデータがあって、「1-2になったらスライダーを打ちに行け」と指示していたらしいです。それで打っちゃう小早川もすごいですが、このホームランの本当の主役は、スコアラーをフル活用してデータ解析させ、指示を出した野村監督でしょう。ヤクルト時代の野村監督の凄さは、数えだしたらきりがありません。

 解説時代のノムさんにビビらされた事もありました。バッターは長嶋一茂。プロ1軍としては平凡以下の選手で、親の七光りと言われても仕方がない成績の選手でした。ところが、その長嶋の仕草を見て、解説のノムさんが「今の長嶋の待ち方からして、カーブだけは投げちゃダメ。カーブを投げたらホームランもあり得ますよ」と言ったんです。打率は2割前半、ホームランなんて年に何本打てるだろうかというバッターが、そんな簡単に打てるわけねえだろ…と思っていたら、カーブが来てそれをホームラン…度肝を抜かれるとはこのこと。江川や赤星のハッタリばかりのでたらめ解説とはレベルが違い過ぎ、野球を知っているとはこういう人のことを言うんだと思わされました。

 星野仙一、金田正一、野村さん…僕が少年時代に夢中になった野球選手が次々に世を去っていきます。そして、プロ野球選手を「あの人はすげえ」とか、友人と話しながら草野球をやっていた頃は楽しかった。僕の少年時代の楽しい記憶の一部分に、野村さんもちょっと食い込んでるんですよね、きっと。日本野球の中でもっとも野球能に優れた素晴らしい野球人、ご冥福をお祈りします。


07 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS