FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Perez Prado and his Orchestra / Latin Satin』

Perez Prado_Latin Satin 世代的な事もあって、僕にとってのキューバ音楽は90年代のブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブで一新されましたが(あれだって古いキューバ音楽のリバイバルですが^^;)、それ以前はペレス・プラードのマンボの印象がメチャクチャ強かったです。ペレス・プラードと言えば「マンボNo.5」「べサメ・ムーチョ」「チェリー・ピンク・チャチャ」でしょうが、僕にとって一番印象が強いアルバムはこれです。1957年発表。

 どの曲を聴いても、ブエナ・ビスタ体験以前の僕にとってのキューバ音楽の印象そのもの。ラテン・パーカッションの「ズ~ンチャズンチャ」みたいなリズムの上にビッグバンドが演奏して、トランペットやサックスが「ブオ~ン」みたいなブローをしながらねちっこい演奏をする、みたいな。このアルバムも、どの曲を聴いてもそんな感じ。もっとストレートに言うと、ストリップ小屋のBGM(^^)。

 で、なんで僕にとってのペレス・プラード楽団の最高傑作が「マンボNo.5」も「チェリー・ピンク・チャチャ」も入っていないこのアルバムかというと、このアルバムには「Tabu」が入っているから。「タブー」という曲はですね…コント番組「8時だヨ!全員集合」でカトちゃんがやった「ちょっとだけよ」の音楽なのです。この音楽が流れてピンクのスポットライトが当たっただけで爆笑してたなあ。。ついでに言うと、このアルバム収録の「Lamento Gitano」という曲も、まったく同じテイスト。ね、昭和のストリップ小屋のBGMでしょ?幼少時にカトちゃんに刷り込まれたもんで、いまだに僕はマンボを聴くと昭和のストリップ小屋を連想してしまうのでした(´∀`)。この認識が生涯改まる事はないでしょうが、それでいいと思ってます。カトちゃん万歳!


Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Astrud Gilberto / Beach Samba』

Astrud Gilberto_Beach Samba ブラジルの女性シンガーのアストラッド・ジルベルトが1967年に発表した5枚目のアルバムです。マジでアストラッドさんのアルバムと見れば何でもかんでも買ってたんだなあ。。

 気持ちよくて、リラックスしていて、楽しくて、大好きなアルバムです。僕的にはアストラッドさんのアルバムでいちばん好きなのはこれ。といっても、世界ヒットアルバム『Gets/Gilberto』から『Beach Samba』までのアルバムは、多少の好みの差はあれど、みんな好きなんですけどね(^^)。
 少しだけブラジル色をまぶしたポップスといった体のアルバムで、それってアストラッド・ジルベルトの姿勢と一致しているんだろうな、と思ったりして。「少しだけブラジル色」というのは、サンバやボッサ特有のクラ-ヴェのリズムを使う曲がそれなりにあって、管弦のアレンジの仕方が当時のジョビンやジョアン・ジルベルトのアルバムのそれに似ているから、そう感じるのかも。「ポップスのアルバム」というのは、選曲にもあらわれてます。ブラジル系でルイス・ボンファやマルコス・ヴァリの曲、ジャズ系では「My Foolish Heart」、ほかには映画の主題歌やなんとラヴィン・スプーンフルの曲なんかも。こういうアルバム構成の仕方はポップスそのものだと思うんですよね。昔は、ポップスってこういう構成をしていましたよね。アメリカだとカーペンターズが、フランスだとイブ・モンタンやフランス・ギャルが、日本でもキャンディーズがアルバムでもコンサートでもそんな感じでしたし。
 でもそれが日本のアイドル歌謡のようにならないのは、アレンジャーやプレイヤーが素晴らしいのだと思いました。だって、アレンジャーはドン・セベスキーにエウミール・デオタードだし、プレイヤーはロン・カーターやヒューバート・ロウズですから。ある時代の日本の歌謡曲の作家みたいに、ビートルズ系の音楽しか作れない人たちではなくて、ジャズもサンバもマンボもポップスも書けて演奏できる人たちが作っていたから、ポップスのアルバムといってもこれだけ幅の広い音楽が出来るんですね。

 作り手がプロフェッショナルである事は、このポップスが大人向けの音楽に仕上がっている事につながっている原因のひとつと感じました。だって、詞だけを考えても、「Misty Roses」や「My Foolish Heart」みたいな詞が子供向けじゃない事は間違いないじゃないですか。フィフティーズやロックといったアメリカのポップスが席巻する前は、ポップスも大人の音楽だったんですよね。だから僕が大人になった今でも、まったく自然に楽しむ事が出来ちゃう。音楽も言葉も、聴いているだけで人生を前向きに思えるようになってくるような、いいアルバムでした!


Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Astrud Gilberto / Look to the Rainbow』

Astrud Gilberto_Look to the Rainbow 1966年発表、なんとギル・エヴァンスをアレンジャーに迎えて制作されたアルバムです。ボサノヴァのアイドル系歌手にモダン・ジャズの中でもかなり硬派な事をやっちゃうギル・エヴァンスをぶつけて大丈夫なのか、しかも1曲目が音くさいバーデン・パウエルのビリンバウだぞ…な~んて今なら思ったかも知れませんが、若い頃の僕はクレジットすらろくに見ず、アストラッドさんの屈託のない笑顔があふれだしているLPの大きなジャケットだけでコロッといって買ってしまったのでした(^^;)。。

 凝りまくり、また斬新さにもあふれているアレンジが見事すぎます。ウルトラセブンに例えれば実相寺昭雄作品のような斬新なアーティスト性の強いアレンジで、こんなのボサノヴァのアルバムで聴いたことがないです。でもこれはニュージャズに踏み込んでいった時代のモダンジャズの美感であって、ボサノヴァやブラジルやアストラッド・ジルベルトというものが持っている美感とマッチしているかというと微妙かな(^^;)?
 でも僕はギル・エヴァンスの『Out of the Cool』にめり込んだことがあるもんで、アストラッド・ジルベルトとは切り離し、ギル・エヴァンスのアレンジの見事さを聴くアルバムとしてこのアルバムを聴いていました。

 というわけで、清廉潔白としたアストラッド・ジルベルトを聴きたい人にはミスマッチなアルバムかも。でも音楽の完成度が低いかというと、恐らく彼女のアルバムの最高峰じゃないでしょうか。僕的には、これはアストラッドではなくギル・エヴァンスのアルバムという事になっています(^^)。。


Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Astrud Gilberto / The Shadows of Your Smile』

Astrud Gilberto_Shadows of Your Smile デビュー・アルバム『The Astrud Gilberto Album』と同じ1965年にリリースされたアストラッド・ジルベルトのセカンド・アルバムです。ファーストがほぼジョビン作品集だったのに対して、このセカンドはボッサ、スタンダード、映画音楽を取り上げてバランスよく並べていました。

 なんというスター街道を歩んでいるんでしょうか、ピッチは悪い、声量はない、歌だって上手くないのに、天下のヴァーヴからデビューし、2作目のこのアルバムではドン・セベスキーやジョアン・ドナートがアレンジに参加、管弦入りのフルコースのバックをつけてました(^^)。時流に乗るとはこのこと、人間数少ないチャンスをものにできるかどうかが勝負ですね(^^)。
 ただ、1作目に比べるとオケがあまりにデラックスすぎて、歌が完全に負けてるように感じました。「Fly me to the moon」みたいな可愛らしい曲はまだいいんですが、「いそしぎ」みたいに重いし音程を取るのが難しそうな曲になると、ヴォーカルが「素朴でいい」ではなく、押されてしまって「これは技量不足だな」と感じてしまう、みたいな(^^;)。技術でなくて人柄や味で勝負の人だと思うので、伴奏の編成は小さければ小さいほどいいのかも、な~んて思ったりもしましたが、どうなんでしょうね。

 とはいえ、アストラッド・ジルベルトのアルバムは、彼女の素朴で人柄のにじみ出た声を聞いていられるだけですべてはオールライトなので、これも良し(^^)。30年ぶりぐらいに聴いたアルバムでしたが、幸福感に溢れたいいアルバムでした。歌ってそういうものであってほしいなあ。。


Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Astrud Gilberto / The Astrud Gilberto Album』

Astrud Gilberto_ Album 大名盤『Gets/Gilberto』でヴォーカルを務めて大評判となったボサノヴァの女性ヴォーカリスト、アストラッド・ジルベルトの初アルバム、1965年発表です。レーベルがヴァーヴなので、『Gets/Gilberto』での評判で急遽作り上げたアルバムなのかも。このアルバムはほぼアントニオ・カルロス・ジョビン作品集…なんで旦那さんのジョアン・ジルベルトの曲集にしないんだ(^^;)。。ジョビン本人がギターを弾いていたりします。

 アストラッドは、恐らくジョアンのレコーディングについてきてディレクターに「素朴で可愛らしい声をしてるから1曲歌ってみてよ」…ぐらいのノリでデビューしたんじゃないかと僕は踏んでます(^^;)。だって、音程は怪しいし、ヴォーカルに関する技巧なんてヴィブラートですら使えない、どう考えたってアマチュア…なのに、なんでこんなに良いと感じるんでしょう。人柄を感じるというか、飾らない感じがたまらないのかも知れません。そう考えると、歌もののボサノヴァって、技巧的な音楽じゃなくて、どこまでも詩とか曲とか雰囲気の音楽なのかも。
 このアルバムでジーンときた曲は、ヴォーカルもののボッサではこれ以上の曲はないんじゃないかという「Meditation」、ウェイン・ショーターのアルバムで知った「Dindi」、このへんは何度繰り返し聞いただろうかというほどに好きです。

 編成はスモール・コンボ、曲によって小さめの編成の管弦が入るというボサノヴァのヴォーカル物の典型。聴いているだけでイパネマ海岸で太陽に照らされて青い色の清涼飲料水を飲んでいるような気分になれる楽園アルバム。アストラッド、僕は大好きで中古屋でアルバムを見つけるたびに買っていたら、気がつくと何枚もアルバムを持っている状態になっていたのですが、外れがないんですよね。いやあ、夏は怪談とラテン音楽に限るなあ(^^)。。


04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS