FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Amália Rodrigues / The Art of Amália』

Amália Rodrigues The Art of Amália 僕がポルトガル音楽と言って最初に思いつくのは、やっぱりファドの女王アマリア・ロドリゲスです(^^)。太平洋に開けたポルトガルの古い音楽で、短調系で切ない曲想をうたうので、何となく「海に出て行った船員の彼を待っている女の歌」みたいなイメージをしちゃうんですが(^^;)、Wikiで調べると「それは先入観で、ファドには明るい曲もいっぱいある」ときっぱりと否定されていました(^^;)。
 数あるアマリアさんのベスト盤からこれを選んだ理由は、CD1枚に18曲も入っていた事、録音が1952年から70年までと広範囲だったこと、そしてブックレットがまあまあ厚かったからでした。ジャケットデザインも良かったですしね(^^)。で、帰ってブックレットを開けてみると…おお!英語とポルトガル語のバイリンガルで解説が丁寧!録音も音楽もいい!これにして正解でした(^^)。

 で、聴いて思った事は…Wikiは否定していたけど、やっぱり短調系の切ない音楽が多かった(^^;)。楽し気な民族舞曲っぽいものも入ってましたが、やっぱり全体的にウェット。伴奏陣はだいたい2~3人の撥弦楽器だけで、メロディ楽器はマンドリンみたいな低音のない複弦楽器みたいな音なので、これだけで「あ、ファドだな、ヨーロッパの港町の哀愁を感じるぞ…」みたいな。古典タンゴもそうですが、大西洋の交易の歴史から生まれた民間音楽にもの悲しいものが多いのは、やっぱり男と女が離れる事が多い港町独特の情緒なんでしょうか。これが古い海洋小説を読んでいるような独特の雰囲気で、「いいなあ…」と毎度のように感じてしまいます。この音楽にアイデンティティを感じる事はないんですが、異国情緒というか、こういう世界があるんだと惹きつけられてしまう、みたいな。

 驚いたのは、50年代の録音も70年の録音も、音質にも音楽にも差を感じなかった事でした。これと同時代の音楽でいうと、ビートルズですら、音質も音楽も数年でどんどん変わっていったじゃないですか。ジャズだって52年と70年では相当に変わりました。ところがアマリアさんのファドは変わりません。つまり、ずっと一貫してこういう独特の民族感情を感じるような歌を歌い続けていた、という事なのかも。音質が50年でも良いのは、アコースティック楽器だからなんでしょうね。エレキ楽器の50年代録音のショボさと言ったら目も当てられないですし(^^;)。

 アマリア・ロドリゲスのベスト盤は、他の物を前に紹介したことがありますが、つまり僕はベスト盤より先に踏み込めてないニワカ (^^;)>。聴くたびにすごく良いと感じるけど、深入りしたくても分からなくて踏み込めない感じ。このへんはシャンソンのジュリエット・グレコなんかと同じで、踏み込んでいったら間違いなくのめり込むんだろうけど、どうのめり込んでいいか分からず、またのめり込んでいる時間も金も自分にはない、という感じなのかも。というわけで、僕はアマリア・ロドリゲスはベスト盤にお世話になっている状態なのでした(^^)。僕みたいなニワカの人には、ファドやアマリア・ロドリゲスと言ったらとりあえず最初の一枚としてこれを聴いておけば、解説もすごく詳しいし録音もいいし、最適の一枚ではないかと!


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Los Rupay / Folklore de Bolivia』

Los Rupay_Folklore de Bolivia アウトクトナ音楽を標榜して、フォルクローレだけでなくそれより前の土着の音楽も演奏するグループとして登場したグループのひとつが、このロス・ルパイだそうです。あと、コジャマルカもそういうグループらしいんですが、僕は未聴。

 ロス・ルパイはボリビアのインディオ楽団で、楽団というだけあって集団で歌うし、チャランゴにギターにサンポーニャにパン・パイプなどが一斉に鳴る大所帯でした。
 楽団なので、土着の音楽そのものではなくプロ的なアレンジは入っているのでしょうが、伝統を尊重していると感じました。曲も、ボリビアのクエカ・チャパカカルナバリート(という舞曲の形式がある)や、ペルーの古典曲「太陽の乙女たち」、アンデスのワイノ(という2拍子系の舞曲形式)を取りあげたりしてました。いや~本で読んだ事はあったけど、実際に音を聴いたのは初めてかも。フォルクローレだけでなく本当のボリビアの土着の音楽だったアウトクトナ音楽も演奏するというコンセプトが、こうした舞曲を取りあげる理由なのかも。

 アウトクトナも演奏するという事なので、もっといなたい楽団かと思ってましたが、これは正式に音楽の教育を受けてきた人の演奏に間違いなし、まとまった演奏でした。アマチュアではないな。。雰囲気を言うと、マリアッチあたりのメキシコの音楽、ウクレレ演奏のハワイアン、そしてちょっとノリがいい合いの手が入るところは中米のラテン音楽、このへんの中間ぐらいに感じました。いやあ、フォルクローレと合わせてアウトクトナも聴けるなんて、なかなか貴重な1枚でした(^^)。


Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Viviana & Condorkanki』

Viviana and Condorkanki ボリビア&アルゼンチンのフォルクローレ・グループのコンドルカンキが発表したアルバムです。ビビアーナは女性ヴォーカリストで、コンドルカンキのリーダーであるレネ・カレアーガ Rene Careaga の娘さんだそうです。このレネ・カレアーガという人がフォルクローレの世界で有名な人らしくて、この人の書いた「アミーゴ」という曲は、ボリビアやアルゼンチンのフォルクローレを聴く人では知らない人がいない曲だそうです。僕は聴いても知らなかったんですけどね( ̄ー ̄)。

 アレンジやアンサンブルがちょっと新しいので、モダン・フォルクローレという事でいいのかな?ギターにチャランゴにケーナにサンポーニャに打楽器と、伝統的なフォルクローレに使われるアコースティック楽器を使ったバンドで、有名な曲もやっていましたがオリジナルも多く、少なくとも伝統的な曲をやって聴かせる観光客目当てなフォルクローレではありませんでした。

 でも、モダン・フォルクローレって、アルゼンチンの白人系だと本当にモダンな感じがするものも多いんですが、これはインディオ系の「コンドルは飛んでいく」系のフォルクローレの延長線という感じで、そこまでのモダンさはありませんでした。日本の演歌やアメリカのカントリーやアフリカのハイライフみたいなもので、インディオ系のフォルクローレというのは、新曲が出たとしてもあくまで伝統にのっとったものになって、スタイルとして安定している音楽ジャンルなのかも知れません。南米の演歌を聴いているような気分でした(^^)。


Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ルスミラ・カルピオ Luzmila Carpio / un people qui ne chante pas est un people mort』

Luzmila Carpio un people qui ne chante pas est un people mort ペルーを南下すると、海岸線はチリ、内陸部はボリビアに接します。ボリビアって、アルゼンチンにもブラジルにもペルーにもチリにも接してるので、地理だけでなく文化的にも南米のど真ん中って感じがします。日本では南米のフォーク音楽を「フォルクローレ」と呼ぶ事が多いですが(本当は南米じゃなくったってフォーク・ミュージックはみんなスペイン語でフォルクローレというはず)、それってアンデス山脈に接した地域のインディオが演奏したものをいう事が多く、しかもボリビアのグループが紹介される事が多い印象です。ボリビアは、インディオが多く残ってる地だからなんでしょうね。同じアンデス沿いと言っても、コロンビアはもっと黒い人が多いイメージですし。
 そんなわけで、これはボリビアの女性歌手ルスミラ・カルピオのチャランゴ弾き語りのCDです。いわゆるインディオによるフォルクローレで、チャランゴの他にジュラ(パン・フルート)チャイチャス(カバサみたいな振りものの打楽器)の伴奏も入っていました。録音は1983年で、ラジオ・フランスのスタジオでの録音。

 これは僕が思ってる南米インディオのフォルクローレにちかくて、「コンドルは飛んでいく」みたいな雰囲気の曲がいっぱい入ってました。そして、曲というより詩に近いものと感じました。言葉に少しだけ節をつけて、伴奏がついてるぐらいの感じ。素朴です。

 ルスミラ・カルピオさんはケチュア語を話すケチュア族(インカ帝国を興した民族)の末裔のインディオ。ルックスは思いっきり黒髪のモンゴロイドなので、純正のネイティブ・アメリカンなのかも。そういう人なので、CDに入ってるコメントがなかなか辛辣でした。「スペイン征服以降、ケチュア族もアイマラ族も恐怖で皆黙ったままで、鉱山や工場で昼夜働かされている。だから私は兄弟たちのために歌う。」「征服者たちは彼らの言葉を無理やり押しつけたけど、私はケチュア語で話して歌う。」「征服者たちは私たちを野蛮人と呼んだけれど、それは私たちが自然と調和を保って生きてきたからだ。」反論のしようがありません、ごもっともです。これは立派な思想で、もしかすると今の西洋文化が持っている哲学よりも正しいかも知れないなあ…。

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『João Gilberto / João Voz e Violão』

JoaoGilberto_JoaoVoz e Violao ジョアン・ジルベルトが2000年に発表したアルバムです。プロデューサーはカエターノ・ヴェローソ。僕はこのアルバムは完全にジャケ買い。このジャケット、素晴らしすぎると思いませんか?こんなの買ってしまうって。。このアルバムがリリースされるまで、ジョアン・ジルベルトは10年ぐらい新作を出していなかったので、「え?ジルベルトおじさんは現役だったのか?」と驚いたのを覚えています。感触で言えば、エルヴィス・プレスリーの新作が出た、ぐらいの驚きでした。

 このアルバム、ジャケットには「João Gilberto」としか書かれていません。たぶんそれが正式タイトルで、それだと紛らわしいので、あとから「João Voz e Violão」という通称がつけられたんじゃないかと。レッド・ツェッペリンの4枚目『Led Zeppelin』を、フォー・シンボルズと呼ぶようなもんですね…あくまで想像ですけど。そしてその通称の通り、完全にギター弾き語りのみで、他の楽器は一切入ってませんでした。スタン・ゲッツとの共演も、50年代の録音も、『イマージュの部屋』も、ジョアン・ジルベルトの弾き語りには、バンドやストリングスが加えられていました。でもこれは完全にジルベルトさん一人、リヴァーブなどの加工すら一切されてませんでした。ギターの音がこもってるんですが、これって歌とギターをマイク1本で録ったんじゃないかなあ。もう、何から何まで、完全にジョアン・ジルベルトだけだったんですよ。

 ここに、カエターノ・ヴェローソのジルベルトさんに対する畏敬の念があらわれていると感じました。10年近くもアルバムを出していなくて、お化粧されたアルバムばかりしかなかったボサノヴァの大偉人の等身大を捉えた記録を残そうとしたんじゃないかと。それだけに、美しく整えられた音楽ではなくて、プライヴェートな独白をそっと聴くような感覚でした。そんな作りなので、えらく渋いんですが、ボサノヴァが好きな方なら、むしろこういう作品の方が心に響くのかも知れませんね。好きなアルバムのひとつです。というか、やっぱりジャケットが素晴らしすぎるなあ。。


03 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS