FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Mercedes Sosa / Traigo Un Pueblo En Mi Voz』

Mercedes Sosa Traigo Un Pueblo En Mi Voz 若いころは、「あ、このミュージシャンのアルバムは全部聴きたい」と思う事が何百回もありましたがお金がなくて無理。ところが大人になってそれも不可能ではなくなってくると、今度は逆に全部聴きたいアーティストの方が少なくなったりして。そんな中、大人になってから「これは素晴らしい」と、次から次に特定のアーティストのCDを買った経験が何度かあります。ナイジェリアのジュジュのサニー・アデやキューバのクラシック・ギターのレオ・ブローウェルあたりには、どれぐらい散財したでしょう。アルゼンチン・フォルクローレのメルセデス・ソーサもそのひとりでした。ものすごく感動して他のアルバムを買うとそれも素晴らしくて、次のアルバムを買うとそれもまた素晴らしくて…という具合で、気がつけばタワーレコードのその棚1列を自分ひとりで買っちゃってる、みたいな(^^;)。。これは1973年のアルバム。

 いやあ、これも素晴らしかった。なんと形容していいか分からないですけど、ジーンと胸にしみる感じ…。前後のアルバムでいうと、ギター弾き語り的なシンプルな楽器編成の曲が多くて、フォーク的。チャランゴみたいな楽器も使ってるという意味では、70年代以降のソーサさんのアルバムでは、いちばんアンデス系のフォルクローレ的な音をしているかも。それだけシンプルな楽器編成なのに独特の詩情があって妙に物悲しくて、深くて、曲も実によく出来ていて、気がつくといつも聴き入ってしまうのです。音楽に関しては、僕はいい意味でも悪い意味でも決断が速い方で、「あ、これは○○だな」みたいな感想をすぐに持つ方なんですが、メルセデス・ソーサさんの音楽は心をものすごく揺すぶられるのに、それが何かをうまく言い当てる事が出来ません。自分で言葉にしても、なんか自分の感動とちょっと違う気がするんですよね。もしかすると、音楽そのものじゃない所に感動している部分もあるのかなあ。

 こういう歌を聴いていると、英米のポップスやロック、そしてそれに影響されている日本のポップスやロックが、とても子供じみて感じてしまいます。音楽的にはこれよりうまかったり高度な事をやってるものもあると思うのに「子供っぽいな」と感じてしまうのは、詞や音楽の内容や質感がそう思わせるのかも。「うた」とは何かという部分が、ちょっと一段上のレベルの事をやってるのかなあ。。30代、40代と大人になっていくにしたがって音楽を聴かなくなる人って多いと思いますが、大人になって歌を聴きたいと思った方は、メルセデス・ソーサは超おススメ。ただ、スペイン語なので、できれば日本語訳のついている国内盤がオススメ…って、これが少ないのがきついんですけどね(^^;)。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Mercedes Sosa / Homenaje a Violeta Parra』

Mercedes Sosa Homenaje a Violeta Parra メルセデス・ソーサ、1971年のアルバムです。アルゼンチンのフォルクローレを代表する69年の大名盤『Mujeres Argentinas』に感動したもので、近い時代のアルバムを探していた時に中古盤屋で出会った1枚でした。そしてこれも素晴らしかった!

 アレンジの比重が強かった『Mujeres Argentinas』に比べると、こっちの方がほぼギター伴奏のみの歌が目立ったりして、シンプルな編成でした。それだけに「あ、フォルクローレだな」という印象はこっちの方が強かったかも。でもアーティストっぽさはやっぱり強くて、1曲目なんて電子オルガンの前でポエトリー・リーディングです。ミュージシャンとかフォルクローレという以上に、メッセージを伝えるプロテストソングを作って歌う詩人でありアーティストという側面が強いのかも。2次大戦後の中南米というと西洋支配からの脱却を目指しての革命に次ぐ革命、そこに軍事政権からの独立が相次いだ時代ですが、そんな中でアルゼンチンでは「新しい歌(ヌエバ・カンシオン)運動」というのが起きて、歌で社会を変革しようという大きな動きが起きたそうです。メルセデス・ソーサもその運動に加わったひとりと見られていて、これが尾を引いて後に亡命せざるを得なくなった、みたいな。そういう意味でいうと、フランスのゲンスブールとかロシアのヴィソツキあたりに近い部分もあるかも。実際、音楽もどこか似た匂いを感じます。詞が分からないというのに「ああ、これは…」と心に訴えるものを感じたのは、中学生ぐらいの時に、詞が分からないのに何となくウディ・ガスリーに感動していたのと似た感覚だったのかも…いい加減ですね(^^;)。。これもスリーコードなんていう単純な音楽ではなく、フォークながら実によく出来た曲で、しかも感情が見事に音に出た感じがする見事な曲でした。

 メルセデス・ソーサさんは、ルックスだけ見るとインディオっぽく感じるので、インディオやアンデス色の強いプリミティブなフォルクローレをやるかと思いきや、かなりスペインやラテン音楽色の強い音楽をやります。哀愁あるラテン音楽にアンデス系のフォルクローレの香りはほんのちょっとだけ入ってる、ぐらいの感じ。「フォルクローレ」という言葉でイメージしない方がいいんじゃないかというぐらいにモダンかつ民族主義的な音楽でした。すばらしい…


Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Mercedes Sosa / Mujeres Argentinas』

MercedesSosa_MujeresArgentinas.jpg クリスティーナとウーゴを聴いて、あか抜けなく単純でネイティブなフォーク音楽と思っていたアルゼンチン・フォルクローレが意外にも高度で洗練されている事を知った僕は、中南米音楽のガイド本を本屋で立ち読みして、有名なアルゼンチン系のフォルクローレ歌手の名前と代表アルバムを片っ端から記憶して帰りました。なにせまだ高校生、小遣いには限度があったのでね(^^;)。そこで知ったのが、1960年代にデビューしたメルセデス・ソーサでした。これは1969年発表(日本のWikipediaには73年と書いてありますがこれは間違い)の、アルゼンチン・フォルクローレの大名盤中の大名盤。フォルクローレといえば「コンドルは飛んでいく」みたいな音楽だと思っていた僕のイメージが大きく覆され、こんなに素晴らしい音楽だったのかと思わされたレコードでした!

 フォルクローレって聴くと、「コンドルは飛んでいく」とか、ユパンキのギターみたいなのを想像するじゃないですか。若い時の僕がそうだったんですが、メルセデス・ソーサあたりになると「コンドルは…」みたいなプリミティブさは微塵もなくて、かなりモダンです。1次大戦前後から2次大戦後まで続いてるイタリアやフランスのフォークな歌曲の系譜ってあるじゃないですか。雰囲気としては、ああいう感じ。思いのほか思いっきり機能和声音楽で、哀愁があって、アレンジはバッチリで、けっこう高度な和声も使ってたりして。だいたい、こんなにピアノやモダン楽器を使った音楽だとすら思てませんでしたし。ものによってはタンゴに近いぐらいの哀愁を感じる曲もあって、リズム以外はなるほど同じ土地の音楽なんだな、みたいな事も感じました。

 これも勝手な思い込みで、メルセデス・ソーサという人は、日本の民謡みたいに音楽はシンプルで歌や声がすごい人なのかと思っていたんですが、自際には真逆。音楽が素晴らしくて、歌はうまいとかすごいという感じじゃなくてハートで勝負する感じ。60年代にしてこのモダンさ、アルゼンチンのフォルクローレをまだ知らない方はまずはここから。必聴です!


Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Eduardo Falú ‎/ Solos de guitarra』

Eduardo Falu_‎ Solos de guitarra 1962年のアルバム『Falú 1962』は、ギター独奏と弾き語りが半々のアルバムでしたが、こっちは完全なギター・インストです。1曲目に「コンドルは飛んでいく」が入ってますが、日本に最初にこの曲を紹介したのって、ファルーの演奏なんだそうです。

 いや~歌が入っていたらまだフォルクローレというのも分かりますが、ここまで来ると、ギターの素人の僕には完全にクラシック・ギターに聴こえます。しかもめちゃうまい。。指の力が強いというか、1音1音ががものすごく明瞭で、タッチもしっかりしていて、ヌルッと弾く多くの日本人クラシック・クラシック・ギタリストと根本的に違う感じ。きっと、もともとの体格とか指の太さとかが違うんでしょうね。

 アルゼンチンに限らず、ブラジルでもボリビアでも、南米ってギターの達人みたいのが各地に普通にいるじゃないですか。しかも、音楽学校に通って職業演奏家を目指すとかじゃなくて、フォークロアの中に普通にそういう人がいるのがすごいです。そして、インスト音楽や器楽曲が普通の文化の中に入り込んでいるという音楽文化の成熟度がすごいと思います。日本なんてまずほとんどが歌音楽だし、インストはプロが会場で人に聴かせるものであって、みんながインストを演奏したりそのへんで聴かれたりなんて全然ないです。ギター音楽って、ドイツ系とスペイン~ラテンアメリカ系がふたつの高い山だと感じますが、フォークロアにしてこういうミュージシャンがいてしまうのが、ラテン音楽やアルゼンチン・フォルクローレの奥深さ。すげえ。でも、このアルバム自体はあんまり僕の趣味ではありませんでした。演奏技術は凄いけど、音楽が面白く感じな…おっと、失言でした(^^;)。僕が本当に好きなアルゼンチンのモダン・フォルクローレとは…それはまた明日!


Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Eduardo Falú ‎/ Falú 1962』

Eduardo Falu_ ‎Falu1962 アルゼンチンのフォルクローレって、一方ではアンデス系やボリビア系のプリミティブなフォルクローレ、一方ではシンプルなフォーク調歌曲、そしてもう一方ではスペイン系の器楽的なクラシック・ギター、このへんが混じっているイメージがあります。クラシック・ギター系のフォルクローレというと、アタウアルパ・ユパンキとエドゥアルド・ファルーが2大巨匠じゃないかと。これは1962年発表、レーベルはフィリップス。フィリップスって、欧米から見たワールドミュージックという視点から、いい仕事してますよね(^^)。。

 ギターのインストもあるし、弾き語りもありました。どちらにしてもコード押さえてストロークしてジャカジャカ弾くなんていう稚拙なものはなくて、バスと和声とメロディを一人多重奏するクラシックギターな演奏です。ファルーさんはクラシック・ギターを習った事がないそうですが、僕みたいなギターのアマチュアからすると、クラシックギターそのものに聴こえるので信じられません。でもなぜこれがフォルクローレかというと…歌ってるからなんでしょうね(^^;)。

 曲想としては、「コンドルは飛んでいく」的なフォルクローレやアルゼンチンを感じる事はなくて、ファリャあたりの古めのスペイン系クラシック・ギター曲みたいでした。こういう曲って、個人的にはあまりに刺激が足りな過ぎるというか、ルール通り過ぎるというか、時代が違い過ぎて共感できなかったりして(^^;)>。そんでもって、この古めのクラシック・ギターな伴奏な伴奏の上で歌うという伝統が、アルゼンチン・フォルクローレではずっと続いていくんですよね(^^)。


01 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS