FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ティン・パン・アレー / TIN PAN ALLEY 2』

TIN PAN ALLEY _2 細野晴臣鈴木茂、林立夫、松任谷正隆という超強力メンバーを擁するティン・パン・アレーの2枚目のアルバムにしてラスト作です。

 ファースト・アルバム『キャラメル・ママ』の頃はヴォーカル入りポップスがメインと感じましたが、これはかなりインスト色強し。しかもインスト曲はポップスというより、シャカタクやケニーGあたりのクロスオーバーなインストの方がイメージが近いかも…というか、クロスオーバーです、完全に。鈴木茂さんなんて、ティン・パン・アレー結成の直前まで参加していたはっぴいえんどではカントリー・ロックみたいだったのに、よく短期間でこれだけ変化できたな、って感じちゃいました。クロスオーバーのギターって、ファンクから来たような独特のカッティングみたいなのやるじゃないですか。ああいうのも見事に弾きこなしてました。

 でも個人的に好きなのは、細野さんの書いたヴォーカル物のほんわかした曲。「ろっかばいまいべいびい」なんて、完全に80年代の日本のポップスが持ってるあの夢見心地の生ぬるい心地よさが確立されてました。いや~、この曲いいなあ。。

 プレイも見事ですが、テクニックを聴かせるのではく、あくまでBGMとして気持ちいい音楽を作ってるように聴こえました。というわけで、実は「こういう演奏でアレンジや演奏が出来ますよ」という、当時の日本の音楽産業界むけのサンプル用に作ったんじゃないか、と思ってみたり。作曲も編曲も演奏も、ポップ・アルバム作るならティン・パン・アレーに任せてね、みたいな。実際のところ、ティン・パン・アレーのチームは、荒井由実さんや矢野顕子さんや大貫妙子さんのアルバムでアレンジや演奏をしたんですよね。遊園地で楽しく過ごしている時間を感じるような、非日常的なファンタジーを感じて、けっこう好きなアルバムです。でも齢を取ってから聴くと、ちょっと女の子向けの世界観とも感じちゃったかな?


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ティン・パン・アレー / キャラメル・ママ』

TinPanAlley_CaramelMama.jpg はっぴいえんど解散後、メンバーだった細野晴臣さんと鈴木茂さんは、ドラムの林立夫さんと、キーボードの松任谷正隆を加えて音楽ユニットを作りました。それがティン・パン・アレーですが、今から見るとメンバー全員がのちの日本のポップス・シーンを支える事になったすごいメンツ!僕が中学生の時点で、もうすでに伝説になってました(^^)。これは、そんなティン・パン・アレーが1975年に発表したデビューアルバムです。

 曲がメンバーそれぞれの持ち寄りだからなのか、曲によってちょっとカラーが違うんですが、アルバム全体の印象はほんわかのほほんとしていて、けっこうはっぴいえんどに近い感じ。でもそこに楽器の音や演奏にクロスオーバー/フュージョン色が入り、サウンドがグッとモダン化、これで一気にはっぴえんどに感じていた野暮ったさが消えた!

 このへんまで来ると、アレンジ技術も演奏技術もエイプリル・フールやはっぴいえんどの頃とは雲泥の差。2曲目「チョッパーズブギ」のエレベのチョッパーなんてメッチャクチャうまい、細野さんとんでもなく上達したな…とおもったら、このベース演奏は後藤次利さんでした(^^)。いずれにしても、メンバーがみなプレイヤーとして山下達郎さんや荒井由実さんや矢野顕子さんのレコーディングで演奏したのもうなづける素晴らしいプレイでした。
 メンバーだけでなく、荒井由実や松本隆が作詞している曲が入っていたりして、70年代後半どころか80年代のJポップの中核を作ったサークルがここにある、といった感じ。僕的には、このへんから洋楽コピーから少し離れた、Jポップ独特の歴史が始まったと思っています(^^)。今さら僕が言うまでもなく、Jポップの大名盤でしょう!!


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『鈴木茂 / Band Wagon』

SuzukiSigeru_BandWagon.jpg ギタリストの鈴木茂さんもはっぴいえんどのメンバーで、はっぴえんど以外ではキャラメルママ(ティン・パン・アレー)でも細野晴臣さんと一緒でした。これは1975年発表のソロ第1弾アルバムで、やっぱりこのアルバムも日本の古いロック/ポップスが大好きだった友人が貸してくれて聴いたアルバムでした。

 鈴木さんは、このアルバムの時点では傾向が細野さんと同じで、曲もギターもはっぴいえんど的。4畳半フォークとフォークロックのあいのこみたいな音楽でした。ただ、ギタリストなだけあって、細野さんより鈴木さんの方が若干ロック色が強かったです。

 鈴木さんは、このアルバムと同じ1975年に、細野さんや松任谷正隆さんと一緒にティン・パン・アレーという音楽ユニットを作って、そちらでは「これはクロスオーバーか?!」というほどのギターを弾いてます。同じ年でそんなに技術が変わるとは思えないので、このアルバムまでははっぴいえんど的なフォークロックの匂いを前に出すというコンセプトだったのかも。ティン・パン・アレー以降の鈴木さんが好きな僕としては、このアルバムはまだ習作時代と思えてしまうんですが、それは僕がフォークロックがいまひとつ肌に合わないからそう感じるだけなんでしょうね、きっと(^^)。でも、演奏も良いし、すごくよく出来たアルバムなので、フォークロックやひなたぼっこ的な気持ちよさが好きな人にはグッとくるアルバムかも。


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『細野晴臣 / Hosono House』

HosonoHaruomi_Hosono House 僕にとっての細野晴臣さんはエイプリル・フールはっぴえんどより、ティン・パン・アレーやYMO、あるいは松田聖子さんへの楽曲提供のイメージが強いです。これって世代の問題もあるかも。このアルバムは73年に発表された細野さんのソロ・アルバム第1作。中学高校の同級生に「将来はポップスの作曲家になりたい」と言っていた友人がいまして、僕は彼からかなりの影響を受けました。僕のJポップの知識の多くは彼から教えてもらったものですが、このアルバムもそんな彼が貸してくれたレコードの1枚。なつかしいなあ。

 日本語をべたっと歌って、のほほんとした音楽で、バンドで演奏するフォークロック。そんなわけでこれはYMOや松田聖子さんに楽曲提供をしている細野さんではなく、はっぴいえんどのメンバーとしての細野さんが作ったアルバム、という感じでした。たしかに、このアルバムが発表された時点で、はっぴいえんどはまだ解散してないんですよね。

 僕は古い日本のロックがすごく好きなクセに、その代表格のはっぴいえんどが苦手なのですが、もしかするとのほほんとした音楽性とのらりくらりしたヴォーカルが苦手なのかも。音楽のストライクゾーンはけっこう広い方だと自分では思ってるんですが、はっぴいえんど関連はどうも肌に合わない(^^;)。はっぴいえんどを聴くより先に、頭脳警察クリエイションみたいなカッコいいロックを聴いちゃったもんだから、どうしてもそっちに引っ張られちゃったのかも。でも、では細野さんの音楽が苦手かというとそうでもなく、次のティン・パン・アレーとYMOで…その話はまた次回!


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Apryl Fool / Apryl Fool』

Apryl Fool ベースが細野晴臣さん、ドラムが松本隆さんという、以降のJポップ・シーンの中心で活躍する事になるメンバーがふたりも入っていた日本のロック創生期の伝説のバンド、エイプリル・フールのアルバムです!結成ははっぴいえんどより早いので、これが本当のルーツかも。「Apryl」って、スペルが間違ってるような気がしたんですが、これって「四月ばか」って事でユーモアなのかな?1969年発表…60年代に日本にロックがあったのか、すげえ!

 聴いてすぐに耳を奪われたのが、70年前後って感じの電子オルガンの音。音楽はブルース・ロックのコピー的(でも全曲オリジナル)。歌詞は英語なんですが、発音がむっちゃくちゃ日本語っぽいです。日本のロック創生期は英語でやるバンドが多かったですが、発音出来ないなら日本語で歌った方がいいと思っちゃいます。ブルース・クリエイションあたりも日本語で歌うとかっこいいのに、ヘタクソな英語で歌われると萎えちゃうんですよね(゚∀゚*)エヘヘ。。でも、当時はようやくロックをなんとか聴けるレベルでコピーするバンドがようやく表れた頃だし(その前のグループ・サウンズのレベルと言ったら^^;)、まだ「ロックを日本語で歌うなんて無理」と思われてたのかも。

 オリジナル曲と言っても、ブルース曲でスリーコードを回してるだけぐらいの感じなので、いま聴くなら「日本のロックの初期は…」とか「細野さんや大滝さんの若い頃って…」みたいな捉え方になっちゃうのかも知れません。日本のロックの夜明けは、もうちょっと先かな?


07 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS