『河合奈保子 / NINE HALF』

KawaiNaoko_NineHalf.jpg あんまり暑いので、ちょっとさわやかな気分になれるものを聴きたいな(ゴソゴソ…)、お、キラキラと浮かれていた80年代の音楽、アイドル歌謡にしよう!聖子さんはケレン味ありすぎ、中森明菜はジメジメして夏に合わないので、河合奈保子さんを!

 河合奈保子さんって、デビュー当時は松田聖子さん、中森明菜さんに次ぐ3番手アイドルみたいな位置づけだったと思います。明菜さんがブレイクする前は2番手だったかも。でも、パッとしない印象だったんですよね。聖子ちゃんカットをしてたもんだから、それが亜流聖子にみえてしまったとか、曲を通して伝える本人のキャラクターが普通すぎて「疑似恋愛対象」というアイドルが果たすべき枠から外れてしまっていたりとか、まあ色々理由はあったんじゃないかと思いますが、突き抜けられないままだんだんテレビで見かけなくなってしまいました(T_T)。でも髪を切ってショートにしてから「おお!」ってなりました。髪を切って初めて気づいたのは、実はメッチャメチャ美人、曲も変なアイドル歌謡を歌わなければ普通にうまい…みたいな。松田聖子みたいに俗っぽくなく、中森明菜みたいに闇っぽくなく、なんというか…悪意がまったくない人、清廉というんでしょうか。自分がガキのうちは不良っぽい人に憧れたもんですが、自分が汚れて以降はこういう人に惹かれるようになったんですよね。でも、自分で曲を書き、ピアノ弾き語りをして、大人が作ったアイドルという虚像から離れてようやく自分の個性を出せるようになったときには、すでにアイドルとして見限られていたという不幸…。

 このアルバムは85年作品。思いっきりLAサウンドという感じですが(今はじめて気づきましたが、スティーヴ・ルカサーとかデヴィッド・フォスターとかが参加してる^^)、これがキラキラして夢にあふれてた僕にとっての80年代のイメージにピッタリ。彼女や仲間と海に行ったり、そこでコーラフロート食べたり、背伸びしてプールバーでビリヤードしたり、パステルカラーが流行して町がキラキラしてたり…。このアルバム、今のアイドルと比べるとだんぜんに歌がうまいですが(当時のアイドルの多くは、ジャニーズを除いてキチンとレッスンを受けてた人が多い気がする)、それでも板についてない感じとか、歌とオケがバラバラとか、歌がオケより小さいとか、突っ込みどころがないわけじゃないんですが、80年代のいい部分がぎゅっと詰まったようなここち良さを感じます。ああいう時代は2度と来ないんじゃないかなあ。80年代をティーンエイジャーとして過ごせたのは幸福でしたが、その雰囲気が音楽に詰まってる1枚。あの頃若かった人はぜひ!

 
スポンサーサイト

『小坂明子 / あなた -小坂明子の世界』

KosakaAkiko_anata.jpg 宮川泰さん生涯の最高傑作は宇宙戦艦ヤマトでしょうが、弦アレンジの編曲家として売れっ子になったのは、このポップスの管弦アレンジからだったと聞いた事があります。ピアノ弾き語りのシンガーソングライター小坂明子さんの大大大ヒット曲!ピアノ弾き語りにフォーリズムと管弦のアレンジがつけてあって、このアレンジが200万枚の大ヒットにつながる要因のひとつだったんでしょうね。
 でも、宮川さんのアレンジは、今聴くと「ダンダンダンダン…」みたいな盛り上げ方とか、さすがにダサすぎる(^^;)。あくまで70年代初頭の日本の音楽シーンや、テレビ番組のビッグバンド想定のアレンジという状況も考慮に入れないといけないんでしょうね(^^)。逆に言うと、音大を中退してこういう作曲やアレンジで食っていた人が、よくここから宇宙戦艦ヤマトのあのシンフォニーを作り上げる所まで行ったな、というところに感動。その間には、相当な努力があったんじゃないかと。素晴らしい才能があってプロになったというより、音楽が好きでプロになって、それ以降も努力をして成長した人なのでしょう。つべこべ言う事は誰だって出来るけど、実際に努力して成し遂げる事が出来る人はなかなかいないし、それを成し遂げたんだから、本当に素晴らしい!

 そして主役の小坂さんと、「あなた」という曲。まだすごく小さな子供のころにテレビで耳にした時、よく分からないながらも、なんていい曲なんだと思いました。母がこの曲が好きで、この曲がテレビやラジオから流れるたびにウルウルしてました。また、テレビタレントのケント・デリカットさんが日本に来て間もない時に、ホームシックになるわ文化の違いに苦しむわで大変な思いをしていたときに、テレビから流れてきたこの曲を聴いて涙が止まらなくなり、日本にはなんて美しい歌詞の歌があるんだと感激、日本で生きる決心をしたなんて話もきいたことあり。なんといっても詞が素晴らしく、その詞を支えるメロディーや歌唱が詞の内容と実にマッチしていて、これで心を動かされない人なんて滅多にいないんじゃないかなあ。これ、べらぼうに歌のうまいオペラ歌手が歌おうが、大人気のアイドルが歌おうが、胸に来ないんじゃないかと思います。そんなに歌もうまくない作詞者本人が、自分の言葉で語っているように思えるから、200万人もの人が心を打たれたんじゃないかと。

 小坂さんといえば「あなた」ですが、実はアルバムに入っているほかの曲も、素朴でいいです。特に詞がいい!「六月の子守唄」とかもそうですが、こういう詞って、今の産業ポップスからは出てくることができないんじゃないかなあ。今の日本のポップスは美辞麗句ばかりで本音を言葉にする事も出来ず、その技術もすたれちゃって駄目だ…。。こういう歌があったというだけでなく、それをみんなが聴いていた70年代という時代には、まだ日本の流行歌の中にも歌が生きていたんでしょうね。


『りりぃ / タエコ』

Lily_Taeko.jpg 残念な事に、追悼記事を兼ねた日記になってしまいますが…今は消えてしまった陰のある日本の女性シンガーの系譜、第3弾はりりぃさんです!このアルバムだけを見るとどっちが歌手名か分かりませんが、「たえこ」じゃなくって「りりぃ」が歌手です(^^)。しかしりりぃさん、一週間ぐらい前に逝去なさってしまいました(・_・、)。ご冥福をお祈りします。

 りりぃさんは、ハスキーな声で歌うシンガーソングライター。このハスキーで幸の薄そうな感じが、普通の歌を歌っても幸の薄そうな女性に感じさせてしまうというマジックの始まり。ふつうの歌を歌っても、深いことを言っている気にさせられてしまうのです(*゚∀゚*)。でも、ドロドロまではいかないこのさじ加減が個人的にはすごく好き。アングラや演歌になると、僕にはちょっとドロドロしすぎてね( ̄ー ̄)。。そんなりりぃさんの歌で好きな曲が2曲ありまして、そのひとつがこのアルバムの1曲目に入っている「水の音」、これがものすごく良く出来ていて、本当に素晴らしい!!この曲でハートをわしづかみにされてしまいました!まず、音の世界観に引き込まれてしまいます。Eマイナーのギターのアルペジオが、トレモロが掛かったような音で、モリコーネの映画音楽に出てくるような独特の哀愁。大サビはメジャー転調して、流麗で感動的なピアノパートへとなだれ込みます。そして第3コーラスは今まで背景にいたストリングス隊がカウンターメロを取tり、最後はアッチェルしつつフェードアウト。いやあ、音の作り方もアレンジも、もその素材となっている曲も、全部いい!これは大名曲と思います!!

 アルバム全体はロックバンド&歌謡曲アレンジという感じで、ブラスアレンジやギターやドラムのサウンドメイクなど、あちらこちらが古臭いです。でも、これを良いと感じるかどうかはきく人次第。この古臭さこそが、日本の場末のカラオケバーあたりのニュアンスを感じさせているんじゃないかと。そして、古臭くはあるんですが、すごく丁寧に作られたスコアアレンジやサウンドアレンジで、練られたアルバムだと思います。
 ひとつだけ個人的な願望をいうと、すべての曲がりりぃさんの作詞作曲なので、せめて何曲かは弾き語りでやって欲しかった気も。ディレクターの色が強すぎて、りりぃさんの色が見えにくいんですよね。ディレクションもアレンジも素晴らしいんだけど、もう少しだけ素材の味も感じさせて欲しかった。まして、りりぃさんのピアノ弾き語りだけで素晴らしいものを僕が知っているだけに…あ、それに関しては、次回書きます(^^)。それから、ヒット曲「私は泣いています」が入っているのもこのアルバム。
 日本のポップス史にのこる大大名盤のひとつだと思います。「水の音」だけでもぜひ聴いて欲しい…。日本の庶民がみんな貧乏になってきて、法律も嫌な方向に改正されはじめて変な雰囲気になってきた今、良くも悪くも、こういう唄が理解できる時代に戻った気がします。


『浅川マキ / 浅川マキの世界』

AsagawaMakinoSekai.jpg アンニュイな雰囲気の日本人女性ヴォーカルの系譜、第2弾。この人こそ、というかんじですが、浅川マキさん!!このアルバムに関して言うと、スピリチャル、日本の古いジャズ、歌謡音楽、アングラ劇団の雰囲気…このあたりがブレンドされてる印象。前に書いたカルメン・マキさんのアルバムに近い印象を受けると思ったら…ああ、寺山修司さんが作詞を手掛けた曲がけっこうあるんですね。アルバム全体が舞台のような構成になっているのも、寺山さんの手が入ったのかも。

 寺山さんのほか、僕がこのアルバムのもうひとりのキーマンと感じているのは、ジャズピアニストの渋谷毅さん。1曲目の「夜が明けたら」は、日本のアングラ歌謡を語るうえで外せない曲だと思いますが、以降のアルバムを聴いても、浅川さんは日本のジャズやジャズマンにひとかたならぬ思い入れがあるようです。なんというのかなあ…ともすれば情緒や雰囲気ばかりがフワフワと漂ってしまいがちな浅川さんや寺山さんの世界ですが、音楽上でのしっかりとした形を与えてくれているのが渋谷さんのピアノという感じ。渋谷さんのピアノ、アルバム冒頭にちょっといるだけなのに、それだけできちんとした音楽のアルバムという印象に変わってしまうんだからすごいッす。音楽でも舞台でも、ひとりでも技術がある人が入ると違いますね。昔の日本人ジャズマンはいいなあ、技術と同時にハートがあって…。あとは、名曲「かもめ」が入っているのもこのアルバムで、これはやっぱり物語展開をする寺山さんの詞がいいです!落ちが悲しくって、聴いた後にグッと残ります。

 というわけで、浅川マキさんのアルバムで、僕が一番印象に残っているのはこのアルバム。以降の僕は、舞台にしても音楽にしても日本のアングラから離れてしまいましたが、独特の魅力がある世界だなあ…と、今でも思います。


『カルメン・マキ / 真夜中詩集 ろうそくの消えるまで』

Carmen Maki_rousoku 昔はいたのに今は消えてしまったものに、陰のある日本の女性シンガーという系譜があると思ってます。藤圭子さんとか、りりぃさんとか。これはそういう人が多かったというより、そういうものを良いものと感じた時代風潮があったという事なのかも。だって、今だってそういう人はたくさんいるでしょうからね。ひとつ言えるのは、喜びも悲しみも能天気に歌い上げる今のポップスは、こういう陰鬱な所にスポットを当てなくなった、という事。この場末感、僕は結構好きです。毎日それだと気がめいるけどね(^^;)。

 カルメン・マキさんのデビュー盤となったこのアルバムは、劇作家の寺山修司さんがディレクターで、その支配力たるや凄まじいです。なんでも、カルメン・マキさんは寺山さんが主宰していた劇団「天井桟敷」の団員さんだったそうで。そんなわけで、このアルバム自体がまるで寺山さんの舞台を見ているようで、コンセプトアルバムっぽい作り、ほとんど小説です。半分が語りですし(^^;)。ルックスは思いっきりハーフなカルメン・マキさんですが、日本語がすごくきれいで、歌が素朴。これがこの語り口調のアルバムのコンセプトにバチッとあったんじゃないかと思います。なんといっても、「時には母のない子のように」がすごくいい!!僕にとっては、これがすべてです。最初にテレビできいたときに「あ、これはすごくいいな~」と感じ入ってしまったのを、今でも覚えています。

 でも、このアルバム以降のカルメン・マキさんは、僕にはピンときませんでした。マキさんのキャリアを見てみると、掘り下げがあんまり深くない気が…(‐ω‐。*)。例えば、ロックバンドを組んでドラムを叩きたいなら、少なくとも有名なロックバンドぐらいはひと通り聴いて、一応はエイトビートぐらいは叩けるように練習してから、バンドを作るなり参加するなりするのが普通と思うんですよね。でもマキさんは、寺山さんの舞台を見て感動したら劇団に飛び込んで役者志望、ジャニス・ジョプリンに感動したらすぐロック歌手とかいってステージに立ち…という具合。それが付け焼刃にしかなっていない事は、残念ながらマキさんの以降のアルバムでの歌や曲を聴くと、ね(^^;)。でもそれって、マキさんがどうこういうより、それでオッケーにしちゃうディレクターとかプロデューサーの問題なのかも。このアルバム、つまりはカルメン・マキさんの作品というより、マキさんという素材を使った寺山修司さんの作品なんでしょうね。


プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド