FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『斉藤由貴 / SINGLES コンプリート』

SaitouYuki_SinglesComplete.jpg 1980年代後半に活躍したアイドル・斉藤由貴さんのベスト盤です!シングルAB面をコンプリートした2枚組CDで、僕みたいなニワカなファンにとっては、これさえあればあとは何にもいらないナイスな内容でした!
 斉藤由貴さんがアイドル歌手として活躍した頃、僕は中学~高校生ぐらい。ピンク・レディーやAKBといった小学生もターゲットに入れたアイドルと違って、中高生を主ターゲットにしたアイドルに思えました。僕はアイドルにはあまり夢中にならなかった方でしたが、斉藤さんは印象に残っていました。80年代って今では考えられないぐらい、テレビでも街中でも流行歌が流れていましたから、プッシュされたタレントや流行歌は嫌でも目や耳に入ってきたんですよね。70年代はもっとちゃんと歌があった時代でしたが、80年代は歌ではなくてアイドルの人となりを売りに来ていた時代でしたし。

 当時の斉藤さんの印象は、めっちゃくちゃ可愛い!これに尽きました。松田聖子さんみたいに「新曲、買ってください!」と押しつけてくる事がなく、シャイな感じがまた良かった!漫画雑誌のグラビアを見て恋してしまった事が僕は10回ぐらいありますが、斉藤さんは間違いなくそのひとりでした。
 でも斉藤さんにはもうひとつ印象的な事がありまして…派手に歌が下手だった(^^;)。声なんてまるで出ない、音程もスタジオでレコーディングされた曲ですら派手に外すほど。特にデビュー直後のシングル「卒業」「白い炎」「情熱」といった曲は、歌ゆえに聴いてられない状況(;´∀`)。だから、僕にとっての斉藤由貴さんは、歌を聴く人ではなくて、週刊誌のグラビアや駅の広告で見かけて「可愛いな」と思う人でした。

SaitouYuki.jpg そんな僕が、はじめて斉藤由貴さんの曲で「おっ?!」と思ったのが、86年発表の「土曜日のタマネギ」。何かのテレビCMで耳にしたんですよね。谷山浩子さん作詞で、弦とコーラスのみの伴奏、弦のピチカートが気持ちいい。ほんわかしていて、気持ち良かったんです。
 次に心に残った曲が、同86年発表「MAY」。谷山浩子さんの書いた詞がメチャクチャ良かった!!

なぐさめの言葉は百も思いつくけれど どれも言えない
噴水の虹を見ているふりで「きれいね」とつぶやくだけ

いつも私 あなたを喜ばせたい なのに(中略)少しうつむいて微笑むだけ 
だけど好きよ 好きよ好きよ誰よりも好きよ
世界が震えるほどに


 気持ちはあるのにギクシャクしてしまう、その切なさが痛いほど伝わる曲でした。また、詞と曲想が実に合っていて切なさ倍増、「MAY」のサビは必聴です。。

 というわけで、斉藤由貴さん、初期は松本隆&筒美京平のザ・大量生産歌謡曲を歌ってましたが、谷山浩子さんが絡んだ86年「土曜日のタマネギ」あたりから、アイドル歌謡より一歩踏み込んだ曲を歌うようになっていった気がします。ちょっとシャイ、でも秘めた思いはある、みたいな女性の心情に魅力を感じるなあ(^^)。
 斉藤さん、実生活では発覚しただけで3回不倫をしていますが、キャラ的に分かる気がします。不倫は犠牲者が出るので推奨する気はないですが、でも気持ちとしては分かるんですよね。斉藤さん、シャイでちょっとぽわんとしたところがあって、あまりものを考えないうえに、断れない人なんじゃないかな…な~んて思ったりして。理屈ばかりで説明しきれないハートで動く情の部分を持っていることが、女性の魅力でもあると思いますしね。不倫の深いところまでは考える事が出来ず、よく理解できていないまま心のままに行動してしまうフワッとした斉藤ワールド、魅力的でした。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『小泉今日子 / コイズミクロニクル』

KoizumiKyoko_KoizumiCronicle.jpg 80年代トップアイドルのひとり、小泉今日子さんの1982年から2017年までのシングル曲をコンプリート(!)した3枚組CDです。中学の同級生だったバスケ部キャプテンのC君がキョンキョンの大ファンで、「むっちゃ可愛い」と連呼してました。あんまりそう言うので僕も興味を持ったんですが、その時は良さが分からず。でも、ドリフのコント番組に出演しているキョンキョンを見たらめっちゃ可愛かった!そして歌番組で「まっ赤な女の子」と「渚のハイカラ人魚」を歌っている動くキョンキョンを見たらヤバいぐらいに可愛かった!!というわけで、僕的には完全にルックスから入った女性アイドルでした。

 僕がよく知っているキョンキョンは1982年から84年まで。85~90年は何となく耳に入ってきていたぐらいの感じで、91年からしばらくはドラマの主題歌になった曲のサビぐらいは聞いたことがあるような…みたいな。95年以降はまったく知らない状態でした。そしてキョンキョンの詞や曲の傾向も、大体この印象に近い形でざっくり分けることが出来ると感じました。

■デビュー(82年3月)から1年ほど:模索期
 まずはデビューからシングル6枚目あたりまでの約1年間。「私の16才」とか「素敵なラブリーボーイ」の頃です。アイドルのステレオタイプの曲が充てられていて、没個性。これは音楽だけでなくルックスもそうで、聖子ちゃんカットなもんだから二番煎じっぽかったです。

KoizumiKyoko.jpg■「まっ赤な女の子」(83年5月)から1年半ほど:ブレイク期
 ただ、最初の6枚のシングルの中で、5枚目のシングル「まっ赤な女の子」だけ色が違っていて、これが突破口になったんじゃないかと。おしとやかな清純派ではなく、健康的で明るくて超絶可愛い女の子というキャラを確立。ヘアスタイルもショートになって(もしかしたら刈り上げていた時もある?)、オリーブ少女的な最先端を行っているようにも見えました。
 他の特徴もあって、ピンクレディー並みにぶっ飛んだ歌詞が目立ちました。「渚のハイカラ人魚」「艶姿ナミダ娘」…意味がよく分からないんですけど、これが良かった(^^)。

■「なんてったってアイドル」(85年11月)から5年ほど:やりすぎ&進路相談期
 ぶっ飛んだ詞がエスカレートしすぎて色物になったのがこの時期の半分。「なんてったってアイドル」「学園天国」「見逃してくれよ」…もし健康活発でむっちゃ可愛いキョンキョンを良いと思っていた人は引いたんじゃないかと…あたしだよ。。こういうガキくさい仕掛けをするって…うわあやっぱり秋元康だ、ミーハーなおっさんはいやだねえ(^^;)。
 で、もう半分が、少女ではない、大人の入り口ぐらいの女性のキャラを作りに行った歌がありました。これが次の時代に続いて…

■「あなたに会えてよかった」(91年5月)から90年代末まで:働く普通の20代女性
 このへんからのキョンキョンはほとんど知らないのですが、テレビドラマに出てたようで、20代の独身OLが色々と迷いながら生きている…みたいな曲想や詞が多かったです。クソ可愛いところがセールスポイントだったのに、どこにでもいる普通のOL的な言葉を連発してしまったから、僕は興味を失ったのかも…いやいや、アイドルを聴くような年齢じゃなくなってたんだな。

■復帰後
 シングルは2000年から2012年まで出てなかったみたいで、芸能界から一度退いてたのかな?復帰後最初のシングルはアレでしたが(^^;)、次の「T字路」という曲が、外連味がなくてすごくよかった!「大人げないまま、こんな大人になりました」「あなたはこれからどこへ?おんなじ方面ならお供します、途中まで」…この飾り気のなさとユーモア、でも枯れていない感じ、いいですねえ。。私生活で色々あったのかも知れませんが、人間色々ありますからね、そういう中で強くなって、でも優しさも忘れないで、相手を思いやって、でも自分を譲らないで…こういう年の取り方はいいなあ、みたいな。

 僕にとってのキョンキョンは、最初にブレイクした「まっ赤な女の子」「渚のハイカラ人魚」「艶姿ナミダ娘」あたり。相当に可愛くないととでも似合わないようなファッションでもいけてしまうルックスと若さゆえのはつらつさ…つまり、歌だけじゃないんだな、みたいな。そういう魅力を最大に引き出せるのは音楽じゃなくて、アイドルの素の状態を引っ張り出せたドリフのコントや、振り付けやファッション込みの視覚を含めての歌番組だった気がします。
 でも、大好きな黄金時代のキョンキョンでもちょっと引くのが歌詞。オッサンくさい詞がかなりあるんですよね…。「ズッキンドッキン」「波乗り」「かわいいヒップ」「なんてったって」…加齢臭がしませんか(^^;)?実際に秋元康や康珍化が作詞してるので仕方ない事ですが、キョンキョンじゃなくておっさんの書いたセリフだと思えてしまう所が、ユーミンや尾崎亜美がライターだった松田聖子や、来生悦子あたりがライターだった中森明菜に負けて感じる所でした(^^;)。

 最後のシングルが2014年ですから、キョンキョンがシングルを発表する事はもうないかも。だとしたら、シングル曲をすべて網羅したこの3枚組はアイドル歌手小泉今日子としての集大成じゃないかと。曲を聴いているというよりも80年代を懐かしく振り返っているようで最高に楽しくて、最初の2枚は立て続けに3回も聴いちゃいました(^^)。キョンキョンのファンはもちろん、80年代のアイドル文化を楽しんでいた人には必須のCD、よかったです!


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『河合奈保子 / ゴールデン☆ベスト』

KawaiNaoko_GoldenBest.jpg 80年代前半が日本の女性アイドル最盛期だと思ってるんですが、その中心人物は松田聖子さんと中森明菜さんでした。でも、ある時期までは松田聖子さんと河合奈保子さんが中心だったんです。どこかで河合さんと明菜さんが入れ変わったんですね。これはそんな河合さんのシングル曲ベスト盤です。

 松田聖子さんとのアイドル・ツートップだった時代の河合奈保子さん、正直いうと僕は野暮ったく感じて、良さがよく分かりませんでした。曲が松田聖子とまったく同じ路線とか、詞が「スマイル・フォー・ユー、あなたがまぶしいわ」とか「す・き・で・す~、言えないけど~」(言ってます)みたいに意味の薄い言葉の羅列が多いとか、ルックスも良さが分からなず、ピンとこなかったんです。そんな河合さんをいいと思ったのは、髪を切ってショートにした時。ええええ~すっげえ美人じゃねえか、最初からこのヘアスタイルだったら日本のアイドル史は変わってたんじゃないか…そう感じたのでした。このCD、ジャケットはシングル盤のジャケットがビッシリとレイアウトされてるんですが、よく見ると「UNバランス」「疑問符」「ジェラス・トレイン」のジャケットの美人さがヤバいです。でも、その頃はもう中森明菜さんが登場していて、もう時代が河合さんの方を振り向く事はなかった、みたいな。。

KawaiNaoko.jpg これらの事を、このCDに入っていた河合さんのシングル曲の傾向と合わせて考えると、要するにキャラ作りに失敗したんじゃないかと。当時のアイドルの中でリズムとピッチがいちおう取れてるのは、明菜さんと河合奈保子さんだけ。ルックスもデビューするだけのことはある美人。間違いなく、トップアイドルになるだけの条件は持っていた人なのです。でも、アイドルが売れるって、そういう事より優先して、疑似恋愛の対象になれるかどうかじゃないかと。聖子さんは同世代の恋人っぽい、明菜さんはカッコいい美人で憧れる人、いずれも疑似恋愛をさせるものを持っていたと感じますが、河合さんは?CDの曲でいうと、最初は松田聖子さんとまったく同じ路線の爽やかなもの、途中で中森明菜さんが唄うような大人びた詩、さらに変化して山口百恵さんのような影ある女…歌の上でのキャラがコロコロ変わるので、どういう人なのか掴みにくかったのかも。音楽は、馬飼野康二さんや筒美京平さんや来生たかおさんなど、聖子さんや明菜さんと作家がかぶっているので、他と差があるわけじゃないですからね。

 そんなわけで、僕が河合さんに触れるなら、髪を切ってからしばらくの時期の河合さんのライブビデオかトーク番組のビデオでもあったらそれが一番ハマりそう。このCDはそういうものではなく、売り手側が河合さんの良さを生かしきれないまま方針が何度も変更になるその過程を聴いているようで、日本の音楽産業界…というより芸能界の因習を見ている気分でした。でもって…僕は河合さんがむっちゃくちゃ好きです(^^)。ルックスを含めた人間性が根っからの善人ぽくて、そういうところに惹かれるんですよね。これが音楽に反映できていたら、松田聖子さんでも到底かなわないぐらいのアイドルになっていた気がします。


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『サーカス / Cool Love』

Circus_Cool Love アルファに次いでワーナーもすぐにやめてしまったサーカス。売れなかったのかな、いい音楽だと思うんだけどな…。これは83年にVapからリリースされたアルバムです。それでも、レコード会社を移りつつ解散せずにずっと活動が続くんだから、コアなファンを獲得したグループだったんでしょうね。そして、根強いファンがいるのも当然という見事なコーラスと思いました!

 1曲目「Back to Back」がストリングス入りのクロスオーヴァーなバラード。曲も良ければアレンジも見事、コーラスもめちゃくちゃ奇麗で、「おお!!これがサーカスが行き着くべき最終形なんじゃないか?!」と感激!しびれました。同じことが「Morning Lady」にも言えて、洒落た都会的なアダルトな音楽という感じ。
 ところが、2曲目は演歌歌謡チック、3曲目はカラオケスナックで上司と部下の不倫カップルが酔っぱらって歌う男女デュエット曲みたい…ああ~悪い意味で下世話な昭和っぽい(^^;)。
 分かった事がひとつ。4声コーラス曲ではなくて、誰かがリードヴォーカルを取って他がバックコーラスの曲がそれなりにあって、こうなった場合はメイン・ヴォーカルをとっていいレベルに来ている人がひとりしかいないという事。バンドの人間関係をうまくやるために公平にそうしてるのかも知れませんが、音楽って実力の世界だから、力がない人にメインを取らせるのは音楽にとってはマイナスと感じました。こと音楽に関しては強すぎるぐらいのリーダーがいた方がうまく行ったりするんですよね。

 というわけで、僕にとっては曲による当たり外れが多いアルバムでした。当たり曲は「アメリカン・フィーリング」をヒットさせていた頃より数段レベルが上のことをやっていてすごい!!でも外すと痛い、みたいな(^^;)。今でも日本最高峰のコーラス・グループだと思っています。


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『サーカス / フォーシーズンズ・トゥ・ラブ』

Circus_Four Seasons to Love 「Mr.サマータイム」に「アメリカン・フィーリング」「ホームタウン急行」と、次々にヒットを出したのに、どういうわけかサーカスは1978~80年の3年でアルファを離れてしまいました。大資本ではないアルファ・レコードの宣伝力の弱さと、巨大資本の外資系レコード会社ワーナー・パイオニアの差なのかな…。これはサーカスがワーナーに移籍した1981年にリリースした4枚目のアルバムです。

 アルバムが始まった時は、『悪魔の手毬唄』での深町純…じゃなかった、上質のクロスオーヴァーかと思ったんですが、すぐにシティ・ポップ調になりました。時代的なものか、ディスコ調の味付けの曲も。シティポップ自体が悪いわけではなく、それが証拠として僕は70~80年代の山下達郎さんなんて大好きなクチですが、「Mr.サマータイム」やボス・スキャッグスのカバーで聴くことが出来たあのイケてる感じはなくなっていました。

 でもダメなアルバムかというとそんな事はなく、丁寧に作られた気持ちのいいJポップとは思いました。ヒットアルバム『ニュー・ホライズン』よりよく出来てるかも。けっきょく、あくまでコーラスグループであって作詞作曲をしているわけではないので、本人たちが何を考えようとも、作編曲は委嘱しないといけないし、演奏は誰かに任せなきゃいけない、ミックスも日本のエンジニア頼り…というわけで、カバーでなければ当時のJポップのクリエイターのレベルや傾向に収束してしまうという事なのかも知れません。でもこれでサーカスの音楽が止まったかというと…続きはまた次回!


04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS