心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『西城秀樹 / GOLDEN☆BEST デラックス』

SaijoHideki_GoldenBestDelux.jpg 西城秀樹さんが他界してしまうとは…僕は70~80年代の歌謡曲がけっこう好きで、歌手別にベスト盤をけっこう持ってます。中学生の頃の友人の中には歌謡曲をシングル盤でコレクションしている強者もいますが、それはお金がいくらあっても足りない…めっちゃくちゃ楽しそうですけどね(^^)。僕が西城秀樹さんで持ってるのはこの3枚組CD。西城さんのベスト盤はいっぱい出てるので、僕的には「情熱の嵐」「激しい恋」「傷だらけのローラ」「ブーメラン ストリート」「YOUNG MAN」「ギャランドゥ」「漂流者たち」が入ってるものなら何でも良かったんですが、最後の「漂流者たち」がハードル高くて、これが入ってるものが少ないのです。というわけで、西城さんのベストはずっと買えないままだったんですが、5年ぐらい前、中古家具屋を覗いていた時にこの3枚組CDを発見、「漂流者たち」が入っていたので即買いでした。タイトルはクソダサいですけどね。。

 この3枚組ベスト盤、かなり新しい曲も入っていて、それはぜんぜん知らない…。やっぱり70年代から80年代前半あたりまでが西城さんの全盛期だと思います。そしてその頃の秀樹さんの曲は、ロック風歌謡曲が多いです。この「ロック風歌謡曲」というジャンル、僕は他に沢田研二さんなんかを知っていますが、ジュリーはバックが井上堯之バンドだったりしてかなり本格的だったのに、西城秀樹は70年代歌謡曲のチープでデタラメな感じがあります。でも、西城さんは手抜きせずに熱唱、しかもうまいしかっこいい。普通にロックバンドンのヴォーカルで通用しそうです。声はハスキーだけどどこか甘さがあって女殺しっぽい、ヴィブラートもきれい。歌謡曲を歌うアイドルの中で、西城秀樹さん、中森明菜さん、岩崎宏美さんあたりは本当に歌がうまい。

 そして、かなり恥ずかしい歌謡曲まで歌わされても手を抜かない西城さんの、ある意味で冗談の通じない生真面目さや熱さ、ここに魅力を感じます。子どものころ、「8時だヨ!全員集合」というコント番組が大好きでして、西城秀樹さんは番組の常連でした。このコント番組、司会進行役のドリフターズがもともとコミックバンドということもあり、音楽とコントをうまくミックスした番組作り。僕はコントの間の歌の時間になると、裏番組のゴレンジャーにチャンネルを変えていたんですが、西城秀樹やキャンディーズなんかの好きな歌手の時だけはチャンネルを変えませんでした。バックのビッグバンドも当日ゲネだけで本番という感じの演奏、客席もコントのセットチェンジがてらのつなぎの歌コーナーというムード。それでもヒデキは手を抜かずに熱唱、絶叫するのです。きっと、「ロックがやりたいんだ、ライブがやりたいんだ」という本人の熱い思いと、音楽をよく分かってないチープな日本の音楽産業界との間のギャップの間に生きた人なんだと思います。間違いなく、70年代なかばから80年代初頭までの歌謡曲の世界の主役のひとり。テレビにヒデキやジュリーや岩崎宏美が出ていた頃の日本のチャートミュージックは、業界はポンコツでも歌い手は素晴らしかった、子どもの頃の楽しい思い出のひとつです。あらためて、ご冥福をお祈りします。



スポンサーサイト

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『山下達郎 / MELODIES』

YamashitaTatsuro_Merodies.jpg 山下達郎さんのアルバムは夏に聴くものだと勝手に思ってます。でも、「クリスマス・イブ」の入ってるこのアルバムだけは、いつ聴けばいいのか分からない(・ω・`)。

 このアルバム、曲はいい、アレンジもいい、演奏もプロフェッショナル、文句のつけどころがないです。あ、音楽の内容に比べると音がモッタリしてるのと、達郎さんの声が暗いかな?「RIDE ON TIME」もそうでしたが、楽しげな音楽が多いのにどこかに影を感じるのは、ここが原因なんでしょうね。でもだから悪いというもんでもなくって、これが時代の音、あの中域があるからリッチに聴こえるという事もあるかも。アルバムは「悲しみのジョディ」とか「高気圧ガール」みたいなとってもトロピカルなムードで始まり、真夏のムード!これが、アルバムB面になると落ち着いた曲が増えてしっとり、そして最後に「クリスマス・イブ」、真冬です(^^;)。この曲、冬になるといやというほど聴かされるので、イントロ聴くだけで耳をふさぎたくなってたんですが、忘れた頃に聴くとやっぱりいいですね。間奏部分のダバダバは笑っちゃうけど(^^;)。

 それにしてもB面の「Blue Midnight」や「黙想」はいいバラードだなあ、達郎さんの作曲センスとコーラスの美しさがいかんなく発揮された名バラード。このアルバムは83年発表ですが、達郎さんのレコードって、デビューから80年代なかばまでのものはほとんど外れなし、みんな素晴らしいです!



Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『山下達郎 / RIDE ON TIME』

YamashitaTatsuro_RideOnTime.jpg このアルバムが発表されたのは1980年で、レンタルレコード全盛期。「YOU & I」なんていうレンタルレコード屋が大ブレイク、ここでバイトしていたマックス松浦さんは波に乗ってこの後エイベックスの大社長にまで登りつめました。「マハラジャ・ナイト」みたいな、超チープなシンセの打ち込みビート系のオムニバスCDをいっぱい作っててクソだせえなと思っていたのに、それが世間に支持されるとは。かくいう僕らも波に乗せられて友達とレコード借りまくり、それをみんなカセットテープに…おっと、これ以上は書けません(^^;)。そんなレンタルレコード屋でしたが、ビートルズ山下達郎さんのアルバムを借りるのって、難易度が高かったです。編集盤がやたらとあって、どれがオリジナルアルバムか全然分からない。友達が借りてきた達郎さんのアルバムなんか、曲に被って小林克也さんのナレーションが入ってるし。そんな中、「これはオリジナルアルバムやろ」って友達が借りてきたのが、このアルバムでした。読みは正解、5枚目のオリジナル・アルバムでした。

 このアルバム、ポップスにしては楽しくない、タイトル曲なんて変に暗いし面白くないなと思いました。でも「あみだばばあの歌」をみんなで借りて大絶賛してた小学生の感想ですからね、あてにならない感想ですけど(^^;)。そしていま聴くと…暗く感じるのは演奏がべたっとしてるのと、ヴォーカルの声が暗いのが原因かも。知り合いのラジオディレクターさんが「達郎はソロになって数年がいい、80年代はダメだ」と言ってたのはヴォーカルの変化もあるのかな?そしてこのアルバムを聴いてもうひとつ感じたことは、曲や詞に耳がいかず、スタジオ・ミュージシャンの演奏に耳がいってしまうところ。プレイヤーは詞の内容や音楽全体の表現というところを見ていなくて、演奏ばかりに気をつかってる気がしなくもないです。木を見て森を見ず、表現よりも手数…なるほど、フュージョン全盛期の音楽です。

 メンバーを見ると、ドラムの青純さん以下、日本の有名なスタジオミュージシャンの名前がズラ~ッと並んでます。このへんからの日本の大衆音楽って、アニソンも歌謡曲もニューミュージックも、プレイヤーがみんな同じ。当時売れっ子だった今さんとかポンタさんによると、レコーディングセッションを1日に2~3件掛け持ちとか当たり前だったらしいです。それだけレコード会社のディレクターさんが達郎さんとかの売れっ子作家の作品をよくチェックしていたとも言えそうですが、逆にいうと日本のメジャーレーベルのディレクターは自分でプレイヤーを開拓できない人が多かったとも言えそう。この状況が、テレビやラジオから流れてくる音楽がぜんぶ同じようなものになった原因のひとつじゃないかと。
 でも、これで達郎さんがレベルを下げて生産スピードを上げる大量生産品メーカーみたいになっていったかというとそうはならず、直後に「FOR YOU」という大傑作アルバムを作るんだからスゴイです。さすが、日本最高峰のポップスのクリエイター(^^)。


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『山下達郎 / SPACY』

YamashitaTatsuro_Spacy.jpg 山下達郎さんのセカンド・アルバム、1977年発表。なんとハイクオリティで素晴らしいポップスだ…。ひさびさに聴きましたが、あまりに素晴らしくって感動してしまった(^^)。

 1曲目「LOVE SPACE」、2曲目「翼に乗せて」、3曲目「素敵な午後は」…どれも、日本最高峰のポップスといって言い過ぎじゃないんじゃないでしょうか?!音楽的なことも色々と言えるでしょうが、そんな事より、この楽しげで幸せそうなムードに心が持ってかれちゃいました。詞も、「たそがれたたずむ僕に、やさしくしずかなベル」とか、この音楽を聴いてるだけで、よくある日常生活が最高にキラキラして楽しいものに塗り替えられちゃう感じ。これ、まだ70年代なのに、80年代の最高に浮かれて楽しい日本の空気感が先取りで表現されてますよね…。

 70年代の日本のポップスって、歌詞が日常生活と密着してて、すごく好きです。70年代の荒井由実さんと山下達郎さんの詞もやっぱりそうで、自分が実際に生きている世界をあっという間に楽しい世界にしてくれる、魔法のような大衆音楽だと感じます。実際に作詞も作曲も演奏も素晴らしいから、達郎さんが描こうと思ったそういう世界を見事にサウンドさせられたんじゃないかと。メンバーもポンタさん、大村さん、坂本龍一さん、細野晴臣さんと、今見るとめっちゃ豪華。「SOLD SLIDER」の大村憲司さんのギターソロなんて絶品です。この素晴らしい音楽を奏でられたのは、この素晴らしいメンバーあってこそだったんでしょうね。めっちゃ幸せで懐かしい気分にさせてくれる超上質なポップスでした。大推薦です!

 あ、ただしですね…僕はこのLPを持ってるんですが、こっちは素晴らしい音。そして、はじめてCD化された時にCDに買い直したんですが、これが音の隙間はスッカスカだし音は細いし、かなりダメでした(T_T)。今はリマスタリングされて良くなってるのかなあ…そんあわけで、できればLPがおすすめです!


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『山下達郎 / CIRCUS TOWN』

YamashitaTatsuro_CIRCUS TOWN 80年代の達郎さんしか知らなかった僕は、これを聴いて大衝撃を受けました!いや~、これはいい…。シュガー・ベイブから独立して、山下達郎さんが発表した初アルバムです。1976年発表…あら、そんなに早くデビューしてたんですね(^^)。

 曲のクオリティが当時の日本のポップスの中でずば抜けて高いです。でも、曲そのものは80年代達郎さんとそれほど変わったとは思えないのに、印象はかなり違って聞こえます。なんでなんだろうかとちょっと考えたんですが、もしかするとバックが70年代のミュージシャンだからかも。ロックバンドの方はサウンドの重心が低いし、ジャズ系のミュージシャンを使った管楽器隊は、フュージョンのカラッとした演奏じゃなくって、昔の日本のビッグバンド系ジャズの情感ある感じです。他にもストリングスの使い方とかスラッピングの多いベースとかバタバタしたドラムとかエレピとかがニューソウルっぽいというか、カーティス・メイフィールドとかジャクソン5とかを連想してしまいました。つまり、80年代発表の思いっきりニュー・ミュージックなサウンドの『FOR YOU』とか『MELODIES』に比べると、バンドのサウンドが70年代なんですね。これが、すごくハートのある感じに音楽をサウンドさせて、80年代の達郎さんに比べてよりエスプレシーヴォ。「永遠に」とか、すごくいいなあ。でも…人によってはこれをもたつくと感じるかも。ブラスセクションでいえば、「8時だよ全員集合」とか、当時のアイドル歌謡みたいなブラスサウンドってあるじゃないですか、あのリズムが重い感じです。僕はブレッカーみたいな機械のようなAORブラスセクションより、こういう方が好きですけどね( ̄ー ̄)。

 知り合いのご年配のラジオ局のディレクターさんは、「達郎はシュガーベイブかデビュー当時ぐらいがいい、80年代以降はダメ」なんていってました。『FOR YOU』こそ最高傑作と信じて疑わなかった僕ですが、いざこのアルバムを聴いてしまうと、なるほどそういう事か…と、その方の言いたい事も分かると思ってしまいました。ジャケットがダサくて購買意欲が削がれますが、これは間違いなく70年代の日本のポップスの名盤だと思います!


06 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS