FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『荒井由実 / コバルト・アワー』

AraiYumi_CobaltHour.jpg ユーミン、1975年発表のサード・アルバムです。名曲「卒業写真」が入ってるのはこのアルバム。いや~これも名盤じゃないか、いい曲といい詞が満載のすばらしいポップスでした!

 明らかにフィフティーズな6/8バラードの「何も聴かないで」とか、日本情緒を入れた「花紀行」とかを聴くと、作曲のパターンが広がってきてると感じました。「Over The Rainbow」のプログレッションを参考にしたような曲もあったし、このへんは自分の中から出てきたのではなく、勉強して作ったんでしょうね。そして、これまで通りのコード作曲でも、世代を超えて知られた曲「卒業写真」などなど、いい曲満載でした。

 とはいえ、やっぱり僕は詞がいいなと感じます。曲だけ取りあげると、意外と普通に感じちゃうかも。歌は相変わらず信じられないほどの棒読みのうえピッチが怪しいですが(^^;)、むしろそれが心地よく感じるほど。アニメ映画の宮崎駿監督が、声優を使わずに声優をやった事のない人を起用したりするじゃないですか。それで棒読みのオンパレードになったりしますが、でもあの感じって、僕は声優特有の芝居臭さがなくて好きなんですよね。荒井姓時代のユーミンにも、そういう演出過多に陥らない、「言葉を歌う」という本質をきちんと押さえているという良さを感じます。この「言葉を大事にした声」は後に失われてしまうわけですが(^^;)、それと引き換えに本人はブランドの服に大袈裟なステージとバブルな女になっていきました。金は人を狂わせますね、おお怖い。

 いつまでたっても歌がうまくならない(むしろ下手になってる^^;)ところとか、メロコードだけしか作曲しないところはキャロル・キングに似てるなと。ただ、ユーミンがキャロル・キングより恵まれていたのは、アレンジャーだったんでしょうね。大まかにいうと、キャロル・キングは、メロコードだけ作った曲を、ヘッドアレンジでスタジオ・セッションに雑に仕上げるだけ。でもユーミンは、アレンジャーがきちんと「どういう色の音楽にするか」を考え、そして丁寧にアレンジしています。アレンジやプレイのクオリティはまだアメリカに追いついてない感じですが、モノを作ることに対する丁寧さは日本の方が上かもな…な~んて思いました。いや~40代も後半になってからはじめて初期ユーミンの音楽を聴きましたが、いずれも素晴らしかったです!17~24才ぐらいの時に聴いてたら、さらに感動したかも。ユーミンの初期作品に外れなし、これも素晴らしい1枚でした!


スポンサーサイト

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『荒井由実 / MISSLIM』

AraiYumi_Misslim.jpg 僕がユーミンの『ひこうき雲』を「あったかいし、独自の世界観があってすごくいいね」なんてほめたもんだから、CDの持ち主だった妻は上機嫌。そして「初期のユーミンならこっちの方がいいよ」と出してきたのが、このアルバムでした。ユーミンのセカンドアルバム、1974年発表です!

 さて、聴いてみよう…おお~本当だ、こっちはさらにいい!!宮崎駿監督のアニメ映画に使われてた曲も入ってました。そして、ファーストアルバムに引き続いて、詞が素晴らしい!「ソーダ水の中を貨物船が通る、ちいさな泡も恋のように消えていった」って、こんなの泣くだろ(・_・、)。この世界観はなんといえばいいのかな…詩だけじゃなくてエレピの音とかに時代を感じるというのもあるのかも知れませんが、「ゆうひが丘の総理大臣」とか「探偵物語」とか、70年代後半あたりにやっていた青春テレビドラマに共通する世界を感じます。世知辛い世の中だけど人に温かみがあって、夕日がきれいで、真剣に悩みがあって、でもそれをどこかで吹っ切る気持ちの良さがあって、どこまでも抒情的で…みたいな。

 初期のユーミン、僕の心に刺さるのは何にも増して詞の世界でした。これは素晴らしい!詞の内容が少女的なので、ちょっと元気な男の子だった僕は、「ユーミンなんて女くさくて聴いてられっか」って感じだったのかも。でも大人になってきくと、これは心の入った、いい歌だとかんじます。妻いわく、「ユーミンは最初の4枚がすてき」なんだそうです(^^)。


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『荒井由実 / ひこうき雲』

AraiYumi_HikoukiGumo.jpg 1973年、松任谷由実さんが結婚する前の荒井姓だったころに発表したデビューアルバムです。名盤と名高いこのアルバム、今回初めて聴きました。

 ユーミンの歌い方があの黒柳徹子みたいな発声じゃない、話し声みたいなすごく素直な歌い方で驚きました。こっちの方がいいと思うなあ。歌い方がそうだからか、歌詞がスッと入ってきて、1曲ずつちゃんと物語がある事に気づきました。ユーミンさんは美大出身だときいた事がありますが、イルカさんとか美大出身の人は、ちょっと違う角度から物事を捉えられるのか、詞に世界観があっていいなと思いました。有名な「ひこうき雲」、ちゃんと聴いたのは初めてなんですが…エエ~爽やかな曲だと思ってたのに、「あの子」って死んでるじゃないっすか(・ω・ノ)ノ。

 演奏は…クレジットを見ると、「キャラメル・ママ」って書いてあります。名前はきいた事あるんですが、音を聴いたのは初めてかも。メンバーに細野晴臣さんや松任谷正隆さんや鈴木茂さんの名前が見えます。そして、2曲目「くもり空」の間奏でフルートが出てきて、クラシックじゃなくてジャズっぽい音を出すなあと思ったら…おおおおおお~宮沢昭さんだああ!!!宮沢さんは知る人ぞ知る素晴らしいジャズミュージシャンですが、こういう仕事もしてたのかあ、ちょっとジ~ンと来てしまった。

 音楽はポップス、詩はフォークみたいな印象でした。ユーミンさんの事は詳しくないんですが、80年代のユーミンさんよりこっちの方が僕は好みでした(^^)。


Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『西城秀樹 / GOLDEN☆BEST デラックス』

SaijoHideki_GoldenBestDelux.jpg 西城秀樹さんが他界してしまうとは…僕は70~80年代の歌謡曲がけっこう好きで、歌手別にベスト盤をけっこう持ってます。中学生の頃の友人の中には歌謡曲をシングル盤でコレクションしている強者もいますが、それはお金がいくらあっても足りない…めっちゃくちゃ楽しそうですけどね(^^)。僕が西城秀樹さんで持ってるのはこの3枚組CD。西城さんのベスト盤はいっぱい出てるので、僕的には「情熱の嵐」「激しい恋」「傷だらけのローラ」「ブーメラン ストリート」「YOUNG MAN」「ギャランドゥ」「漂流者たち」が入ってるものなら何でも良かったんですが、最後の「漂流者たち」がハードル高くて、これが入ってるものが少ないのです。というわけで、西城さんのベストはずっと買えないままだったんですが、5年ぐらい前、中古家具屋を覗いていた時にこの3枚組CDを発見、「漂流者たち」が入っていたので即買いでした。タイトルはクソダサいですけどね。。

 この3枚組ベスト盤、かなり新しい曲も入っていて、それはぜんぜん知らない…。やっぱり70年代から80年代前半あたりまでが西城さんの全盛期だと思います。そしてその頃の秀樹さんの曲は、ロック風歌謡曲が多いです。この「ロック風歌謡曲」というジャンル、僕は他に沢田研二さんなんかを知っていますが、ジュリーはバックが井上堯之バンドだったりしてかなり本格的だったのに、西城秀樹は70年代歌謡曲のチープでデタラメな感じがあります。でも、西城さんは手抜きせずに熱唱、しかもうまいしかっこいい。普通にロックバンドンのヴォーカルで通用しそうです。声はハスキーだけどどこか甘さがあって女殺しっぽい、ヴィブラートもきれい。歌謡曲を歌うアイドルの中で、西城秀樹さん、中森明菜さん、岩崎宏美さんあたりは本当に歌がうまい。

 そして、かなり恥ずかしい歌謡曲まで歌わされても手を抜かない西城さんの、ある意味で冗談の通じない生真面目さや熱さ、ここに魅力を感じます。子どものころ、「8時だヨ!全員集合」というコント番組が大好きでして、西城秀樹さんは番組の常連でした。このコント番組、司会進行役のドリフターズがもともとコミックバンドということもあり、音楽とコントをうまくミックスした番組作り。僕はコントの間の歌の時間になると、裏番組のゴレンジャーにチャンネルを変えていたんですが、西城秀樹やキャンディーズなんかの好きな歌手の時だけはチャンネルを変えませんでした。バックのビッグバンドも当日ゲネだけで本番という感じの演奏、客席もコントのセットチェンジがてらのつなぎの歌コーナーというムード。それでもヒデキは手を抜かずに熱唱、絶叫するのです。きっと、「ロックがやりたいんだ、ライブがやりたいんだ」という本人の熱い思いと、音楽をよく分かってないチープな日本の音楽産業界との間のギャップの間に生きた人なんだと思います。間違いなく、70年代なかばから80年代初頭までの歌謡曲の世界の主役のひとり。テレビにヒデキやジュリーや岩崎宏美が出ていた頃の日本のチャートミュージックは、業界はポンコツでも歌い手は素晴らしかった、子どもの頃の楽しい思い出のひとつです。あらためて、ご冥福をお祈りします。



Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『山下達郎 / MELODIES』

YamashitaTatsuro_Merodies.jpg 山下達郎さんのアルバムは夏に聴くものだと勝手に思ってます。でも、「クリスマス・イブ」の入ってるこのアルバムだけは、いつ聴けばいいのか分からない(・ω・`)。

 このアルバム、曲はいい、アレンジもいい、演奏もプロフェッショナル、文句のつけどころがないです。あ、音楽の内容に比べると音がモッタリしてるのと、達郎さんの声が暗いかな?「RIDE ON TIME」もそうでしたが、楽しげな音楽が多いのにどこかに影を感じるのは、ここが原因なんでしょうね。でもだから悪いというもんでもなくって、これが時代の音、あの中域があるからリッチに聴こえるという事もあるかも。アルバムは「悲しみのジョディ」とか「高気圧ガール」みたいなとってもトロピカルなムードで始まり、真夏のムード!これが、アルバムB面になると落ち着いた曲が増えてしっとり、そして最後に「クリスマス・イブ」、真冬です(^^;)。この曲、冬になるといやというほど聴かされるので、イントロ聴くだけで耳をふさぎたくなってたんですが、忘れた頃に聴くとやっぱりいいですね。間奏部分のダバダバは笑っちゃうけど(^^;)。

 それにしてもB面の「Blue Midnight」や「黙想」はいいバラードだなあ、達郎さんの作曲センスとコーラスの美しさがいかんなく発揮された名バラード。このアルバムは83年発表ですが、達郎さんのレコードって、デビューから80年代なかばまでのものはほとんど外れなし、みんな素晴らしいです!



09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS