心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Jeff Beck with Jan Hammer group / LIVE』

jeff beck jan hammer live ジェフ・ベックの名盤「ワイアード」「ゼア・アンド・バック」の間に挟まれた77年発表のライブアルバムです。ライブになるとスタジオ制作のアルバムよりもえらく粗っぽい演奏になるジェフ・ベックを堪能することが出来ます(&p゚ω゚*)。でもその雑な感じが「あ、決めソロじゃなくってちゃんとアドリブしてたんだ」とか「うわあ、こんなにぶっきらぼうに音を切っちゃうのにカッコよく感じるのはなんでなんだろうか」とか、逆に驚かされたりして(^^)。

 メンバーを見ると、これはヤン・ハマー・グループにジェフ・ベックが参加した形というべきか、バックバンドにヤン・ハマー・グループを丸ごと持ってきたというべきか、そんな感じです。こういう編成だと、ジェフ・ベックがひとりだけ浮いて担がれた神輿になってもおかしくなかったとおもうんですが、なかなかどうしてジェフ・ベックは個性を存分に発揮してて、メッチャかっこいい(^^)。それどころか、ここにジェフ・ベックの粗っぽいロックなギターが入ってなかったら、けっこうつまんなかったんじゃないかと思う。。僕的なこのアルバムのカッコよさは、「Freeway Jam」と「Scatterbrain」なんですが、どっちもジェフ・ベックの雑ではみ出しまくりのギターがなかったらかなりつまらなかったと思うんですよね。というわけで、ロックにははみ出しぐあいでかなわないフュージョンに、ジャズには和声や表現面でかなわない自由奔放なロックなギターが入った事で、両者の弱点が帳消しになったというか、グワーッと血沸き肉躍る新しいエレクトリック・ミュージックが生まれた…そんな感じがします。

 あと、このアルバムを聴いていてちょっと思ったことは…フュージョンって、音楽の尺を稼ぐため(?)に、こういう単純化されたコード進行を作って延々とソロ…という展開が多き気がします。ジャズでもハードバップがそんな感じ。でも、単純な進行の上で特に明確なイメージもないまま延々とアドリブされてもなんにも面白くない、これを表現とか言われても…と若いころは思ったもんです。その中で、なんでジェフ・ベックのフュージョンはカッコよく感じたかというと、フュージョンのダラダラと冗長なアドリブパートの長さをザックリ短くした事と、うまい下手ではなくってジェフ・ベックのソロの組み立てには起承転結の明確な絵がある、というふたつがあるのかも。たとえば、このアルバムでのヤン・ハマーのソロになると、ソロの中で起承転結や主題・変奏・展開…みたいなものはなく、ひたすら熱く直線的にプレイしてるようにきこえるもんだから、白熱したプレイではあるんだけどただアドリブしてるだけにきこえて飽きる(^^;)。含蓄はあるんだろうけど話に山もオチも見えないおじいちゃんの長話をきいてる気分で、「はやく終わんねえかな」みたいな(^^;)。でも、ジェフ・ベックは、序破急をちゃんと作るんですよね、しかもだらだら続けずにスパッと抜ける感じ。「細かいこたあいいんだよ、指をちろちろ動かすのに夢中になってるうちは子供だよ、どうやってソロを組み立てるかだよ!」みたいなところは、はっきり言ってロック兄ちゃんのジェフ・ベックの方がいい!これも、フュージョン期のジェフ・ベックが好きな人なら、ぜったいに外せない1枚なんじゃないかと(*゚∀^)vィェーィ。。


スポンサーサイト

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Jeff Beck / Wired』

jeff beck wired 『ブロウ・バイ・ブロウ』の翌1976年に発表のジェフ・ベックのインストフュージョンロック路線第2弾!いやあ、前作から1年でここまで完成させちゃうか、これはすごい。30年ぐらい前の名盤ガイドなんかだと、これがジェフ・ベックのアルバムの中でいちばん名盤扱いされてた気がしますが、それって前作とのギャップ、同時代のほかのロックとのギャップ、フュージョン方面はあまり聴かずにロック中心に聴いていた人たちに与えた「なんだこれは!」というカルチャーショックも大きかったのかも。この作品からヤン・ハマーが参加、ドラマーはナラダ・マイケル・ウォルデン…完全にマハビシュヌ・オーケストラですね(^^;)。そしてここからジェフ・ベック黄金時代が到来!!

まず、1曲目"Led Boots" がいきなり超カッコいい!ロックギターを弾いた事がある人でこの曲を知らない人はいないんじゃないかというほどの大有名曲、同時に「スターサイクル」に並ぶフュージョンロックの名演と思います!!この曲の何がカッコいいって、ドラムやクラヴィのリズムセクションのキレあるビートとその上を正確に刻む手数にあるんじゃないかと。バスドラなんかベチベチとミュートしまくりで音も余韻ゼロで張りついてますが、この止められた音で千手観音のように細かく刻まれたリズムを叩いてくる、これがスタッカート気味に響いてくるのでリズムがやけに躍動するというか、聴いてるだけで体が躍動してくる、メッチャかっこいい!!もしこの曲、ドラムが普通に8ビートやフィルの少ない16ビートで叩いたり、ビハインド・ザ・ビートで叩かれたりしたら全然カッコよくなかったんじゃないかという気がします(^^;)。 このアルバム、ドラマーのナラダ・マイケル・ウォルデンがけっこう曲を書いてますが、ドラマーが書いたからこういうイメージの音楽が作れたのかも(あ、「レッド・ブーツ」の作曲は別の人です^^)。まったく同じ事が、B面2曲目の「Sophie」にも言えそう。

ドラムのほかにもうひとつすごいと思ったことがありまして、ギターのソロアドリブ。基本的に演奏のフォームはジャズ/フュージョン的というか、テーマ→アドリブ→テーマみたいなかんじで、ギターのアドリブもけっこう満載なんですが、そのイメージというかアイデアというかが、ちょっと僕みたいな人では想像もつかないような角度からアイデアが飛び出してくるというか、どういう考えをすればこういう組み立てになるんだろうか…というかんじなんですよね。使ってる音どうこうじゃなくって、どうやってソロを組み立てるかという所のアイデアが斬新。こんなふうにしたらまとまらなくなっちゃうんじゃないの?と思いきや、ぜんぜんそういう事がなくって、ぶっ飛んでるんだけどまとまる。これは天才的だ…。とはいえ、少し凝った和声進行になるとボロボロになるところをみると、けっこう感覚頼りで弾いている所も多いのかなと思ったりもしましたが、それでもどうにか形にしちゃうんだからカッコいい(^^)。。

ジャズのチャールズ・ミンガスの名曲「Goodbye Pork Pie Hat」は、ああいう綺麗な和声を作った音楽をこういう直線的なものにしちゃうのはちょっとアレな気がしましたが、他はパーフェクト!!アルバム「THERE AND BACK」が気に入った人は、ぜったいこのアルバムも気にいるはず、ロックの大名盤、フュージョンの大名盤、ジェフ・ベックの代表作のひとつだと思います!!



Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『Jeff Beck / Blow by Blow』

JeffBeck_blowbyblow.jpg 80年の大名盤『THERE AND BACK』を生み出す事になったジェフ・ベックのインスト/フュージョンロック路線。そのスタートとなったのが、その5年前に発表されたこのアルバムです。このアルバムもカッコいい!!

 カッコいいんですが、やっぱりまだこの路線を始めたばかりという事もあるのか、『THERE AND BACK』ほどキレッキレじゃないです。まだ、元ヤードバーズのギタリストという面影がチラホラ(^^;)。アルバムがまったりした曲から始まるもんで、掴みがイマイチにかんじるのかも。でも、アルバム3曲目から、「うおお、メッチャっこいい!!」っていうフュージョン路線の曲が出てきて(それにしても、ドラムのリチャード・ベイリーのパラディドルが凄すぎる…フュージョン路線のジェフ・ベックの音楽って、実はフィルが多くてメッチャタイトなドラマー陣がめっちゃ重要な気がする)、A面最後の「Scatterbrain」に辿りついた時には絶頂に達するような快感!!なんとなくですが、「Scatterbrain」って、当時のロックギタリストにとっては衝撃だったんじゃないかなあ、変拍子で同じ音型をコード進行に合わせて上昇していくリフ…僕がもしロックギター少年だったら、コピーしようと躍起になったに違いない(^^)。ジェフ・ベックの曲で一番好きな曲と言って「Scatterbrain」を挙げる人ってけっこう多い気がします。あ、あと、個人的にはアルバム最後の「Diamond Dust」は、曲に浮遊感があってこれもすごくいい…こういう曲って、フュージョンがジャズ和声を深くして、ようやく書けるようになった曲想だと思います。その前だととてもこういう曲はかけなかったんじゃないかと。

 いま聴くと、時代的にもマハビシュヌ・オーケストラをそうとう意識してたんだろうな…と感じます。ジェフ・ベックみたいなロックギタリストがすぐにあれをやるのはさすがに無理だったんだろうし、実際にプレイはまだブルースロック的な匂いがあちこち残ってますが、当時のロックギタリストでここまで演奏できるのは、ジェフ・ベック以外にはいなかったかも知れません。そもそもロック側からフュージョンへ挑戦するって、ハードルが高かったと思うんですよね。ここからのジェフ・ベックはアルバム1枚を作るのに何年も間を置くようになりますが、楽譜が読めない人がこれを演奏できるようになるには、すごい努力があったんじゃないかと。ロックギターの転換点となるほどのアルバムなんじゃないかと!


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Jeff Beck / There and Back』

Jeff Beck There and Back 僕はずっと、「ジャズの人がロックっぽい事をやったフュージョンはイマイチ、でもロックの人がジャズを取り入れたフュージョンはカッコいい」と思ってました。でも、最近それがあやまった理論だったことに気づいてしまいました。単にジェフ・ベックが好きだっただけという事に気づいたのです(^^;)。そんなジェフ・ベックのアルバムの中で、いちばん好きなのがこれ、『ゼア・アンド・バック』です!1980年のレコードです。

 このアルバムとの出会いはとっても不純で、新日本プロレスの次期シリーズ来日外国人の紹介VTRの時に流れる曲が、このアルバムの1曲目「STAR CYCLE」だったから(^^;)>。小4ぐらいだったかな、これがメッチャクチャカッコよくって、テレビ朝日に連絡して曲名をきいたのでした。インストロックに目覚めたきっかけは、子供のころに夢中になってみていたプロレスラーの入場テーマだったという(^^;)>。ピンクフロイドの「吹けよ風、呼べよ嵐」を知ったのはブッチャーの入場テーマ、レッドツェッペリンの「移民の歌」はブロディ、キャメルの「キャプチュード」は前田日明さん(怖くて呼び捨てできない^^;)、ファンクスは日本のクリエイション…などなど。その中でも群を抜いてカッコいいと思った曲が、ジェフ・ベックでした。テレビ局に電話してアーティスト名と曲名を知った僕は、今度はレコード屋でその曲の入ったアルバムをレコード屋のオッチャンにたずねて買って、ダッシュで家に帰った!!そして…いや~メッチャクチャに感動しました。カルチャーショックといっていいレベル、その日に何度聴いた事か、ふっとばされたような感覚でしたね~。まず、こういう音楽で歌が入ってない事にまず驚き。そして、ギターやキーボードのものすごいカッコいい演奏に驚き。こういう音楽があるという事を知った感動。というわけで、さすがに子供なので子供なみの感想しかなかったわけですが、いま聴いてもメッチャかっこいい。曲も、「スターサイクル」以外もいい曲だらけ、しかもバラエティに富んでます。
 今きいて思うのは、まず演奏と曲想がぴったり一致してる事。ジェフ・ベックって、普通のロックバンドみたいなのもやったりしてますが、スリーコード的な音楽や、あるいは8ビート系ロックだったりすると、こういう縦横無尽なアイデアではギターを弾けなかったんじゃないかと思うんですよね。そこでちょっとビックリするのは…色々な音楽をやりながらようやくフュージョンっぽいインストロックにたどりついたジェフ・ベックは、以降この路線まっしぐらになるわけですが、じゃあこの路線で誰が曲を書いてるかというと、ジェフ・ベックじゃなかったりする(^^;)。でも、「ジェフ・ベックっぽい曲」ってあるじゃないですか。そこがすごいと思います。というわけで、陰の主役はヤン・ハマーなんでしょうが、やっぱりそれをものにしてるのはジェフ・ベックなんだと思います…。

 これはムッチャクチャにカッコいい、ロックやフュージョンが好きな人は、ぜったいに聞き逃してはいけない超名盤だと思います!!


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Jimmy Smith / Root Down』

jimmy smith root down 「THE CAT」で、「あれ?ジミー・スミスて、ジャズというよりソウルとかクラブミュージックとかR&Bとか、実はそっち系から始まった人?」と思った僕でしたが、このアルバムに至ってはジャズの匂いなんてどこにも感じない、もうこれはファンクとかR&Bとかニューソウルとか完全にそっち系だろうと感じてしまったのでした。1曲目なんて完全にスリーコードのジャム、ギターなんてマイナーペンタトニック一発だし…と思ったら、ギターはジェームス・ブラウンのバンドに参加していたアーサー・アダムズでした(^^)。たしかにファンクっぽいコードカッティングが随所に入る(^^)。ベースはLA系のブラックミュージック系スタジオミュージシャンでもあったウィルトン・フェルダーですし(「でも」というのは、フェルダーさんはサックス奏者でもあったりする、しかもうまい)、なんというんですかね、いつぞやロック系のオルガン奏者のアル・クーパーとホワイトブルースのギターのマイク・ブルームフィールドのアルバムや、もうちょっと黒い方面でいうとダニー・ハサウェイのライブ盤の事を書いた事がありましたが、ジャズというよりあっちに近い感じです。で、ですね…そっち系の音楽も大好物の僕としては、これはこれですごく良かった(^^)。

 僕は詳しくないんですが、聴いてると、ブラックミュージック系で有名な歌ものの曲をやってるようにも聴こえます。というのは、ジャズみたいにオープンになったらコード進行に合わせてあとはアドリブ…というんじゃなくって、歌の元メロが聴こえるような気がするから。いやあ、先鋭的な音楽も大好きな僕ですが、こういうポップな音楽もすごく気持ちいなあ…。ジャズだと思って聴いてしまうと軟弱に感じてしまうかもしれませんが、ニューソウルとかファンクとか、そういうクラブっぽいブラックミュージックだと思って聴くと、最高の1枚じゃないかと。いやあ、きもちよかった(^^)。


10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS