心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Yardbirds / Live Yardbirds』

Yardbirds_Live Yardbirds 1曲目から今までのヤードバーズとは大違い、メッチャクチャかっこいい!これはもう別のバンドだよ…。1968年のヤードバーズのライブアルバム、かつては恐ろしいほどの高値で取引されていたブツです!この時期は、クラプトンに次いでジェフ・ベックまでバンドを去り、ほとほとギタリストに嫌われるバンドかと思いきや、次に入ってきたのがジミー・ペイジ。なんとついているバンドなんだ(^^)。ちなみにジミー・ペイジというのは、このあとハードロック最高峰のバンドのひとつとなるレッド・ツェッペリンを結成することになったギタリストです。

 驚くのは、ジミー・ペイジのプレイ。フォークかR&Rみたいな事ばかりやっているこの時代のイギリスのポップ・シーンで、飛び抜けてうまいギタリストだったんだなと思わされました。いや、うまいというのとはちょっと違うかも…上手下手というより、やってる事のレベルが違う感じ。クラプトンはうまいけどブルースペンタ以外は弾きこなせないし、ジェフ・ベックは和音になるとまだ前時代的な演奏の仕方をしている状態。ところがジミー・ペイジのギターは和声も旋律も同時に演奏するもので、ほとんど一人でヤードバーズのオーケストレーションを作ってます。うまい下手というよりも、ひとりでオーケストレーションを作ることが出来るプレイスタイルなんですね。コード進行もソロもオブリもサウンドメイクも、ぜんぶギター。これがすべてで、作曲やアレンジの才能も、前任者ふたりの上をいってる感じ。
 そしてこのアルバム、ほとんどレッド・ツェッペリンです。ツェッペリンのファーストに入っていた大名曲「Dazed and Confused」をもうやってるし。ドラムもベースもうまいので、ヴォーカルさえ差し替えればこのままツェッペリンと同等の音楽が作れたんじゃないかと思います。あ、でも、キース・レルフさんはヴォーカルは弱いけど、ハーモニカはメッチャかっこいい!60年年代のブリティッシュ・ビートのバンドはヴォーカルがハーモニカを吹くのがスタンダードになってますが、その中でもトップクラスにうまいんじゃないでしょうか。もう、音がぜんぜん違う(^^)。
 今回、ヤードバーズを聴いていたら、ビートルズやストーンズみたいなR&RやR&Bのアマチュアバンドがうじゃうじゃいたイギリスのポップ・ロックのシーンが、どうやってディープ・パープルやツェッペリンやクリムゾンみたいな驚異的なバンドを生み出すところまで行ったのかが何となく分かった気分になりました。僕の中では、ヤードバーズ最高傑作はダントツでこれです! いちばん聴かれてないアルバムでしょうけど(^^;)。



スポンサーサイト

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Yardbirds / Roger the Engineer』

The Yardbirds Roger the Engineer エリック・クラプトン脱退後の新生ヤードバーズ、1966年発表のアルバムです。この前に『HAVING A RAVE UP』というアルバムがあるんですが、B面があの『ファイブ・ライブ・ヤードバーズ』からのセレクトという事で、同じものをふたつ買うほど余裕がなかった若いころの僕は未聴。それにしても、クラプトンが抜けてジェフ・ベックが入るとは、ついているグループですね(^^)。

 このアルバム、僕にとってはつかみどころのないアルバムです。けっこういいなと思ったのは1曲目「Lost woman」2曲目「Over, under, sideways down」まで。4曲目「I can't make your way」とかを聴くと、なんだこの素人はとズッコケます(^^;)。その次の曲「Rack my mind」のジェフ・ベックのギターソロがカッコいい。と思ったらその次は幼稚園の学芸会のような音楽。デタラメすぎて意味が分かりません(;_;)。他にもアイドル路線っぽい曲も入ってれば、R&Bの進化したみたいな音楽もあるという無軌道さ。これが当時のヒップな感覚なんでしょうか。いやいや、狙ったんじゃなくて、まとめきれてない…んですよね、きっと(^^;)。 
 時代がポップスやロックの過渡期だったのかも。ビートルズとかって、今でこそ音楽として聴かれますが、当時はアイドル的な受け入れられ方ですよね。アイドルといってAKBやジャニーズを想像するとピンとこないかもしれませんが、タイガースとかチェッカーズみたいな、自分で曲も書くし演奏もするアイドルの日本での受け入れられ方を想像すると、なんとなくこういう感じだったんだろうな、と思います。そしてこのちょっと後になると、レッド・ツェッペリンとかクリームとかジミ・ヘンドリックスとかが来るわけで、アイドルじゃなくって音楽や演奏で勝負という実力勝負のロック・ミュージシャンの波が来ます。この、アイドルから実力勝負のロック黄金期の移行期に生まれたアルバムという感じでした(^^)。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Yardbirds / For Your Love』

The Yardbirds For Your Love 『ファイブ・ライブ・ヤードバーズ』の翌1965年に出たヤードバーズのセカンド、今度はスタジオ録音で、エリック・クラプトン在籍時最後のアルバムです。ライブ盤とはうって変わってけっこうポップな曲もやってます。チャカチャカしたエレキギターが、なんだか日本のグループサウンズみたい。「Good Morning Little Schoolgirl」とか「Putty in Your Hands」とか、信じられないぐらいにダサイです(・ω・`)。
 一方でブルースやR&Bっぽい曲はかなりカッコいいです。「I Ain't Done Wrong」とか「I Wish You Would」とか、本気でカッコいいと思ってしまいました。いや~こういうのってレコードだと伝わりにくいかも知れませんが、当時のマーキークラブみたいな所できいたらメッチャかっこいいんでしょうね。数年前、人に誘われてモッズ系のイベントに行ったことがあるんですが、ミラーボールの回ったフロアでめっちゃかわいい子とか集まってて、その中でこういう音楽やってるバンドがいて、男もスーツ着て踊ってて、口説いたり口説かれたり。ああこれはいいな、こういう場の空気は明らかに音楽が扇情して作ってるなと思ってしまった(^^)。
 あと、前のライブ盤と比べると、部分的にギターの音が進化してると思ったものがありました。「I'm Not Talking」とか、「Ain’t got you」のギターソロとか、もうほとんどクリームみたい。
 でも、基本的にはブルースやR&Bよりもアイドル路線が強いアルバムで、これをやったらブルース命なギター小僧だったエリック・クラプトンがバンドにとどまっていられる筈もなく、クラプトンはこのアルバムで脱退。しかしクラプトンはのちのソロデビューした後、これとあんまり変わらないポップで軽い音楽もやってたりしてる(^^;)。でもここでバンドをやめてなかったらクラプトンはジョン・メイオールにもクリームにも繋がっていないのでそこで埋もれてたかもしれないし、どう転ぶにせよ意地は通すもんですね。妥協して後悔するより、意地を通して後悔する方がいい、みたいな(o^ー^o)。



Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Yardbirds / Five Live Yardbirds』

『Yardbirds Five Live Yardbirds』 エリック・クラプトンが在籍していたイギリスのR&Bグループ・ヤードバーズのデビューアルバム、1964年発表です。マーキー・クラブでのライブ、デビュー盤がライブって、実力派グループみたいでカッコいいです。さてこれは…この時期のイギリスのバンドブルースとかR&Bとかロックンロールをやるグループって、この辺の音楽をごっちゃにしてやることが多いですが、ヤードバーズもそう。似た系だと、ローリング・ストーンズとかアニマルズもこっち系ですよね。黒っぽい音楽をやるというのがヒップと思われたんじゃないかと。

 このアルバム、ライブだからかも知れませんが、アップテンポのリズム&ブルースが多いです。スローブルースは「Five Long Years」1曲だけ。ハウリン・ウルフがやるとめっちゃドスの効いた音楽になる「Louise」ですら、アップテンポで軽いです。若いときはこのアップテンポだらけでエレキギターのチャカチャカやかましい感じが軽くて苦手だったんですが、いま聴くとそれがライブのテンションの高さに感じられる!興奮状態のライブみたい。そして、ギターとブルースハープがメッチャうまい!ドラムもかなりいい、ベースも文句なし!ただ、ヴォーカルだけが弱い(^^;)。でもその辺は勢いで押すって感じだったのかも。ようやくイギリスからいい演奏をするロックバンドが出てきた時期ですからね、パーフェクトなバンドなんていなかったでしょうし、その中でこれは頭一つ抜けたバンドだったんじゃないかと。いや~、昔は良さが分かりませんでしたが、この熱気が40になって分かるとは。これは売らずに取っておいてよかった1枚でした(^^)。



Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

『SANTANA / Caravanserai』

SANTANA Caravanserai サンタナのアルバムについて書くようになってからスゴイを連呼し続けていますが、もうちょっとだけお付き合いください(^^)。これは極めつけですごい、僕的にはこれをサンタナの最高傑作と呼びたい、そして何百万とあるであろうロックのアルバムの中でも1~2を争う作品なんじゃないかと。それどころか、レコードで作品を発表するというスタイルになってからの音楽全体でも上位の作品だと思います。サンタナ1972年発表「キャラバンサライ」!
 鈴虫の鳴き声から始まり、まるで尺八のようなメロディが入り、そしてエレキベースのオスティナートにエレピとドラムのライド&リムショットで静かに始まるイントロ。メドレーのように曲がつながっていき、高揚していって…いや~これはコンセプトアルバムなんてもんじゃない、ロック版の交響曲です。よく考えたら、歌がほとんど入ってないんですが、若いころに聴いた時は、あまりの完成度の高さに、そんな事すらきづかないほどに聴き入ってしまいました。こんな凄いアルバムは、ジミヘンもクラプトンも結局作れなかったように思います。
 セカンドアルバム「天の守護神」からこの4thアルバムまでのサンタナのアルバムは、アルバム単位で組曲になっているかのようで、作りが似てます。どれも素晴らしいんですが、その中でもこのアルバムが飛び抜けていいと僕が感じてしまう理由は、演奏の熱気はそのままに、アドリブに頼りすぎることなく、ひとつひとつの曲のアレンジが完成されている所。さらに、ひとつの事だけやるんじゃなくって、押し引きが見事。ピアノもあればフォルテもあるし、ムードを大事にした所もあれば演奏の勢いで押し切る所もあります。これらの構成が本当に見事。
 僕は人生でこのCDを浴びるほど繰り返し聴いてきましたが、30年以上聴き続けてきて、いまだに素晴らしいと感動してしまいます。これは、音楽が好きだという人すべてに推薦したい1枚、大名盤!あ、そうそう、YouTubeに出ている奴は駄目ですよ、勝手に色んな所がカットされてるし、音もあり得ないぐらいに悪い、ぜんぜんつまらないです。LPだと2枚組でちょっと聴きにくいので、できればCDがオススメです。というか、サンタナはファーストからこの4枚目まで、全部オススメです!こんなに素晴らしい燃える音楽を聴かないのは、人生もったいない(^^)。



02 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS