FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Traffic / Welcome to the Canteen』

Traffic_Welcome to the Canteen スティーヴ・ウィンウッド擁するロックバンドのトラフィック、1971年発表のライブアルバムです。トラフィックのアルバムではこれが一番好き…って、2枚しか聴いてないんですけどね(^^;)。。このライヴにはデイヴ・メイソンも参加していました。

 名盤と言われている『ミスター・ファンタジー』がギミックやコラージュあふれるサイケな作りだったのに対して、このアルバムはそういう小細工は一切なし、プレイで勝負!熱いライブというより、リラックスしたセッションでした。これがすごくよくて、セッションと言っても作る所はちゃんと作ってあるし、なにせメンバーがみんなうまい!特にしびれたのがベースとドラム&コンガで、エレキベースは太い音でブンブンと動きまくるし、ドラムはパッと聞きは普通のエイトビートかと思いきや、細かい技が入りまくるしタイトでリズム感抜群だし、コンガのうまさはもう語るまでもない…この音楽の心地よさを支えているのはリズム隊なんだな、みたいな。
 リズム隊がしっかりしてるものだから、よく考えられた「Sad and deep as you」のアコギのアルペジオとか、他の曲でのオルガンの気持ちよさとか、ヴォーカルのうまさとか、上物がみんな生きてくるのです! 
 曲も素晴らしかったです。このアルバム、トラフィックの曲は半分しかやってなくて、スペンサー・デイヴィス・グループ時代の曲をやったりしていて、参加ミュージシャンが曲を持ち寄ってセッション用に簡単にアレンジしてやったんじゃないかと思うんですが、そういう作り方をしたら、いい曲も集まろうというもんです。そもそもジャケットには「Traffic」とすら書いてないですしね(^^)。

 程よく力の抜けたセッション、でもいい加減な一期一会ではなくアレンジするところはアレンジし、個々のメンバーに任せるところは上手く任せて、曲も良ければプレイもうまいんだから、良くないはずがないです!スティーヴ・ウィンウッドといえば大滑りしたブラインド・フェイスにも参加していましたが、もしブラインド・フェイスがアレンジもリハーサルもちゃんとやっていたらこうなっていたんじゃなかろうか。というわけで、僕的には成功した場合のブラインド・フェイスを聴いているような気分でした。これは推薦!


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Traffic / Mr Fantasy』

Traffic_Mr Fantasy  スペンサー・デイヴィス・グループを脱退したスティーヴ・ウインウッドが参加したロックバンド、トラフィックのデビュー・アルバムです。1967年発表。トラフィックのアルバムの中では名盤とも実験作とも言われている1枚です。

 基本はフォーリズムのロックバンドでしたが、ギミックが多くて、メロトロンやチェンバロがオーバーダビングされたり、シタールの演奏が入り込んできたり、いくつかの曲がごった煮になっているような展開をしたリしていました…サイケですね。演奏のあまりうまくないバンドが凝った事をしているという意味で、初期ソフトマシーンっぽいというか、ゴドレイ&クレームをちょっと古くした感じというか、そういう印象を覚えたアルバムでした。同時代だと、ローリング・ストーンズの『サタニック・マジェスティーズ』とかスモールフェイセズの『オグデンズ』に近い世界観かも。

 サイケデリック・ロックが大好物な僕なのに、名盤扱いの初期ソフトマシーンのセカンドやトラフィックのこのアルバムは食指が動かなかったんですよね。聴き直して思うのは、頭で考えて、スタジオでゴシャゴシャ弄り回してばかりで、音楽がガツンと来ない所が辛かったんだと思います。音楽にとって頭で考える部分は大事だけど、考えるんじゃなくてかんかくとして「あ、これはいい」という部分もないと、音楽としては辛いです。サイケに行くのでもピンクフロイド『ウマグマ』マザーズ『いたち野郎』ぐらいもっていって欲しかった、みたいな。曲や演奏のレベルが低いまま、スタジオでつまみをひねったりオーバーダビングを繰り返す事に夢中になっているようでは、ちょっと子供っぽいな、みたいな(^^)。

 これで僕はトラフィックを卒業しても良さそうなものでしたが、トラフィックにはすごく好きなアルバムがあるのです。それはまた次回!


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Spencer Davis Group / The Best Of The Spencer Davis Group Featuring Stevie Winwood』

Spencer Davis Group_The Best Of スペンサー・デイヴィス・グループ初期のベスト盤です。1967年発表で、それまでのオリジナル・アルバムに未収録だったヒット・シングルが収録されている点に惹かれました。僕が自分で買ったスペンサー・デイヴィス・グループのアルバムはこれだけ。

 初期のアニマルズヤードバーズもそうですが、ゴーゴークラブのハコバンが演奏していそうな音楽でカッコイイ!音楽は、演奏やヴォーカルの歌いまわしが思いっきりソウルなものがあったりして、アメリカのブラック・ミュージックからの影響を感じましたが、ブルースはあまりやってなくてR&Bやソウル方面の色がちょっと強かったです。でもアニマルズほど真っ黒じゃなくて、特に作曲部分にオリジナリティを感じました。演奏も、ビートルズストーンズに比べて歌も演奏も圧倒的にうまかったです。

 特に好きなのが、ヒットした「I’m a man」。これ、タイトルでマディ・ウォーターズのカバーだと思っちゃいそうですが、オリジナルです。これがオルガンはギュインギュイン鳴ってるし、コード進行はシャレオツだし、めっちゃカッコよかった!同じことが「Gimme Some Lovin’」にも言えます…ああ~、つまり作曲と煽るようなオルガンの演奏がいいんだな(^^)。ちなみに、オルガンはスティーヴ・ウインウッドです。僕は歌よりオルガンにしびれてしまいました…さすがジミヘンの「Voodoo Chile」で強烈なオルガンを演奏した人だけあります。僕にとってのスティーヴ・ウィンウッドはヴォーカリストじゃなくてオルガニストだなあ。。

 60年代のブリティッシュ・ビートは、古くさいなどの理由で敬遠する人も多いと思いますが、掘り下げていくとかっこいいバンドがけっこういるんですよね。僕はスペンサー・デイヴィス・グループはこのベスト盤しか持ってませんが、初期のアルバムもメッチャかっこいいんですよね。。60年代ブリティッシュ・ビートの隠れた名バンドだと思います!


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Spencer Davis Group / Their First LP』

Spencer Davis Group_Their First LP スペンサー・デイヴィス本人より、スティーヴ・ウインウッドが在籍したことで有名な60年代のブリティッシュ・ビート・バンド、スペンサー・デイヴィス・グループのファーストアルバム、1965年発表です。

 R&Bやバンドブルース、ソウルといったブラック・ミュージックの影響を強く感じました。音はスカスカなんですが、リズム感とノリが良いし、これ系のバンドでは演奏はうまいし音楽のツボも押さえていて、すごく良かったです!思いっきりソウルのヴォーカリストのフェイクを物まねしたものもありましたしね。でもそれが成功しきっていない所も逆に良かったです(^^)。
 でもって、意外にもスティーヴ・ウインウッドよりもスペンサー・デイヴィスがヴォーカルをとった曲が多い気がしました…いや、僕が声を聴き分けられてないだけかも。トラフィックやブラインドフェイスで歌っていたスティーヴ・ウインウッドの歌い方や声が出てこないもんで(^^;)。

 このアルバム、僕は学生時代に友人の家で聴かせてもらったきりなのです。で、カッコよかったから、「あ、これは自分で買うからいいよ」と借りずに済ませたんですが、いつしか買わないまま時が過ぎてしまったという(^^;)。だから、当時の記憶だけで感想を書いてるんですが、中学生の時は「ビートルズストーンズより全然カッコいいじゃん」と思ったのを覚えています。あ~今はボーナス9曲入りなんていうCDが出てるのか、これは欲しくなっちゃうな…。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Carly Simon / SPY』

CarlySimon_SPY.jpg なんでうちにカーリー・サイモンさんのアルバムが3枚もあるんだろうか…と思ったら、全部妻のものだという事が判明(^^)。妻め、日本のポップスしか聴かないと思ってたのに、洋楽も聴くんだな。。これは、79年発表の8th アルバム。

 う~ん、ここまで来ると、完全にレコード産業の流れ作業で作られたアルバムに聴こえてしまいました。悪くないんですが、作曲したら、あとはアレンジャーとスタジオミュージシャンに丸投げ。そしてリハなしでスタジオでいきなり合わせて録音…そんな音でした。でもこのAOR的な音の小奇麗さって、今では聴く事の出来ないものなので、懐かしくてそこは良かったです(^^)。好き嫌いじゃなくって、中学生のころに戻ったみたいで泣けてきた。。それにしても、ミュージシャンがそつなくうまいな…ギターにデヴィッド・スピノザ、ベースにトニー・レヴィンにウィル・リー、ドラムにスティーブ・ガッド、ホーンにブレッカー・ブラザーズにデヴィッド・サンボーン…まあ、そんな感じの音です。主張しないけどさりげなくうまい、さわやかAOR!

 でも、歌は相変わらずかなりアレだし、音もフワーッと綺麗なばかりなもんで、残念ながらあんまり心に残らない音楽でした(゚ω゚*)。でも、AOR って一歩間違えるとそうなってしまう音楽でしたよね。深く聴くというより、聞き流して気持ちいい、洗練されてる、みたいな。カーリー・サイモン、人生で聴いたのはこの3枚だけになりそうですが、「Playing Possum」は思いのほか良かったな。。キャロル・キング、カーリー・サイモン、松任谷由実と、70~80年代の女性シンガーソングライターは、歌がうまくてはいけないという伝統があるみたいでした(゚∀゚*)。。


07 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS