『Charlie Parker / On Dial Completed』

CahrliParkerDialComplete.jpg チャーリー・パーカーはダイアル、サヴォイ、ヴァーブという3つのレーベルに録音を残してますが、一番古いのがダイアルでの吹き込み。10インチ盤全盛のころなので、LPやCD時代になると収録時間の都合なんかから再編集されることになって、これで色んな編集がいっぱい出てきて、どうやって聴いたら良いかがよく分からない事態に(;_;)。音大生の頃の僕も混乱しました。LP時代でいちばんいいのは1から7までナンバリングされた全集を買う事だったんでしょうが、それだと何番が一番いいのかとか、買い始めたら結局全部買う羽目になるんだろうけどそれは嫌だなとか、ダイアルのセッションが一番古いから一番音が悪いだろうから後にすべきなんじゃなかろうかとか、ジャケットがあまりに古臭くって購買意欲が削がれたとか(^^;)、色々考えたもんでした。結局、ジャズバンドで一緒になって仲良くしていただいたアルトサックスの先輩ミュージシャンから、7枚ばら売りの完全盤のなかの1枚を聴かせてもらったのが最初。録音こそモノラルでしたが、意外と音がつぶれてなかったのは驚きで、しかもウッドベースもちゃんと聴こえるバランスの良さにビックリ。

 これはダイアルの録音を全部収録したCD4枚組。中古なら、今はそんなに高くないみたいなので、よく分からないんだったらこれを買っちゃうのが確実かも。僕はそのクチで、先輩から聴かせて貰った1枚が良かったので、「これは全部聴くべきだな」と思ってゲットしたのでした。4枚組のCDとかって、買った後に家に持って帰る時のワクワク感がスゴイですよね(^^)。演奏は、初期パーカーだからまだ発展途上・・・という事は全然なくって、完成されてます。完璧です。いや~これはすごいわ。。よく、「チャーリー・パーカーの演奏はムズカシイ」「よくわからない」なんて言われますが、音楽そのものはいかにもエンターテイメントなジャズなので、難しいという事はまったくないです。むしろ、アドリブの肥大したハード・バップ以降のモダンジャズよりはよっぽど親しみやすい音楽だと思います。じゃあ、なんで昔の日本のジャズ評論家たちが口をそろえてそう言ったかというと、ジャズ喫茶文化に生きていたモダンジャズの日本のリスナー特有の「ソロをエラそうに語るために聴く」みたいな視点で聴くと、とってもシステマチックだから、歌うより先にバカテクが前面に来る時があって「何を考えてこういうソロをしてるんだろう」と思っちゃうんじゃないかと思うんですよね。それは、メロディを口ずさむように歌い上げるタイプのアドリブ演奏とは違います。僕的には、パーカーの演奏はすごく歌ってると思いますが、同時にジャズでのアドリブのシステムを完成させたパイオニアという側面もあって、時としてこのシステムの中でどれだけ高速に演奏できるか、というところに行く時もたしかにあります。ここが評論家さんを困惑させると同時に、ジャズマンたちをいまだに熱狂させ続けてるんだと思います。「チュニジアの夜」のオープンパート頭で無伴奏で一気に吹き倒すところがあるんですが、ビバップでよく聞かれるこういう所でもあまりにすごくって「うわ、すげええええ」ってなっちゃいます。暗いキャバレーで演奏していた天才が、レコードを通じて世界的有名になる事になったのが、このダイアル録音なんだと思います。ジャズ好きな人なら、マストです!!

スポンサーサイト

『Charlie Parker / Now's The Time -the genius of Charlie Parker #3-』

charlie parker nows the time チャーリー・パーカーのレコードで僕が最初に買ったのはこれでした。チャーリー・パーカーが凄いと思って買ったんじゃなくって、モダンジャズという音楽を聴いてみたかった(^^;)。中学生の時、今もある『CDジャーナル』という本で「ジャズ入門者に推薦する最初の30枚」みたいな特集が組まれてまして、その中でこれが「モダンジャズの創始者の代表作」みたいに紹介されてた、というわけ。でも中学生の頃の僕は、このレコードを聴いて、正直あんまりピンと来なかった(;_;)。

 このレコードは、ひとつ前の記事で紹介したサヴォイ・レーベルの時期のチャーリー・パーカーの録音よりちょっと後で、ヴァーブ期の録音です。時代でいうと、「Genius of Charlie Parker」が1945~48年の録音で、こっちは1952~53年。せいぜい5年ぐらいしか空いてないようにも思うんですが、この間にパーカーさんにとって大ダメージになる出来事があったみたい。ドラッグやら酒やらやりたい放題のパーカーは結婚も何回もしてるみたいですが、最後の奥さんとの間にはパーカーが可愛いがりまくった女の子が生まれたのに、この子が肺炎で死んじゃった(;_;)。ここからパーカーは人が変わったみたいになって、ステージに行くと言って家を出たままステージに来ずに楽器も無くなってる、ステージで泥酔、自殺未遂などなど、グッチャグチャ。パーカーは1955年に心不全で死にますが、晩年はドラッグを含め心身ともにボロボロ。パーカーが好きなサックス奏者の友人が、「50年代のパーカーはダメ」といっていたのを覚えてます。
 このアルバムは、そんなボロボロな50年代のパーカーの録音ですが、そういう情報を知った上で改めて聴くと・・・いや~、とてもそんな状態とは思えないっす(^^;)。でも、こういうパーカーの演奏がジャズのサックスの手本となって以降のジャズの歴史が発展していったもので、王道に聴こえちゃうというか、普通に聴こえちゃうところはあるかも(^^;)。あと、パーカーの代名詞の超高速テンポの曲が入ってないので、全体的にまったりして聴こえます。でも、BGMとして聴かずに、パーカーのソロだけをきちんと追って聴くと・・・いや~曲がミドルテンポでもパーカーのソロ自体は16分なんて当たり前にガンガン入ってくるので速度感があるし、かといってアーティキュレーションも見事だし、やっぱりうまいわ。。別テイクとかもいっぱい入ってるので聴いてて多少ダレるかも知れませんが、アルバム最後の2曲「Now's the Time」と「Confirmation」は今も良く演奏されるビバップの大名曲、しかもサックスのアドリブソロは見事としか言いようがないです。ワンホーン(パーカー以外の管楽器奏者の参加がない)、パーカーにしては新しい時代の吹きこみなので録音がいい、共演者がマックス・ローチやハンク・ジョーンズなどの名プレイヤー揃いなんていうあたりが、このアルバムが評価される理由なのかも。ジャズの中でも永遠に語り継がれる天才チャーリー・パーカーが残した最後の好演がこのアルバムなんでしょうね。


『Charlie Parker / The Genius of Charlie Parker』

Charlie Parker Genius of ロックンロールばかり聴いてたら、アメリカの古い音楽が聴きたくなってしまった(^^)。もう4年ちかくもブログを続けてるくせに、しかもジャズ好きだと公言してるくせに、この人の事を書いてなかった・・・モダンジャズの創始者チャーリー・パーカーです!!いや~、アップテンポの曲でのこの人のサックスはすごいです、最初に聴いた時は鳥肌が立ちました。以降ジャズは70年近い歴史が続きましたが、それでもここまですごいサックスはなかなかいません。一種の天才だったんでしょうね。

 この人のとんでもない高速アドリブの中でも、僕が一番すごいと思うのは、このアルバムに収められた「Bird gets the worm」という曲の演奏。もうね、口では伝えきれません、強烈に速い!しかも速いだけじゃなくって音がいい!音が強い!強烈な疾走感、もう信じられませんでした。フュージョンみたいに速いだけで平坦という事はなくって、うねるように音がドライブします。ジャズが好きな人は、死ぬまでに絶対に「Bird gets the worm」のテイク3は聴いておくべし(^^)。ジャズといってもマイルス・デイビスどまりだった僕にとって、モダンジャズのスタートになったビバップなんて古いだけの音楽だと思ってたんですよ。ロックの世界でロックンロールなんて古色蒼然と決めつけてた時とおんなじパターンです(^^;)。ところが実際に聴いてみると、古いどころか、以降のハードバップやら何やらよりもテクニシャン揃い!思いっきり技術が高い人たちだらけだったのです。中でもパーカーは異常なレベルで、仮にパーカーが現代にいても余裕でトッププレイヤーだったでしょう。

 さて、パーカーの全盛期は40年代後半~50年代なので、LPで作品発表という時代じゃないです。というわけで、LP時代以降になって、チャーリー・パーカーの録音はLPやCDに見合った形で整理されるようになりました。パーカーはダイアル、サヴォイ、ヴァーヴという3つのレーベルに録音を残してるんですが、サヴォイの頃はパーカーの最盛期、強烈な演奏がめじろ押しです。ただ、あまりに有名なジャズマンなので、NGテイクも含めて資料的に整理して発表される傾向もあって、これは研究家には嬉しいかも知れませんが、音楽を楽しもうと思うと、そういうCDやLPは同じ曲のNGテイクが延々と続いたりして聴きにくいんですよね。。サヴォイ期のパーカーのCDは、そういう資料的な編集をされて発表されたものと、LP発表時にアルバムのバランスを考えて編集・発表されたもの(全部で5枚)があります。これは後者のうちの1枚で、僕的にはサヴォイ期のパーカーはこれがベスト。チャーリー・パーカーの録音って、やたらめったらたくさんあるので、最初にどれに手を付けていいのか分からないと思うんですが、僕的には、パーカーの最初の1枚としては、絶対にこれをおすすめします。古い割には録音が良くて聞きやすいし(CD化の時に大がかりなリマスタリングをしたらしいです)、なにより演奏が凄いっす(^^)。モダンジャズのスタートとなった怪物の快演、やっぱりすごい!

『Lester Young - Teddy Wilson Quartet / Pres and Teddy』

LesterYoung TeddyWilson Pres and Teddy ジャズがスウィングからモダンへと大きく変わった時代差が大きかったと思うんですが、30~40年代という全盛期レスター・ヤングの演奏を聴いて、「確かにこれもいいけど、僕的にはレスター・ヤングは30年代や40年代前半よりも50年代後半の音楽や演奏の方が全然いいな」と思った高校生の頃のボクは、夢よもう一度とばかりに、またしてもテディ・ウィルソンと共演したレスター・ヤングのレコードを見つけて買ってしまったのでした(^^;)。こういうレコードを買って喜んでるなんてなんてジジ臭い高校生だったんだろうか…。でもこれを聴いて、レスター・ヤングはやっぱり50年代後半が最高と思ってしまいました。特にこれは、ワンホーン・カルテットなので、レスター・ヤングの演奏が満喫できます(^^)。

 スウィング・ジャズ的なリラックスした雰囲気漂う音楽なんですが、さすがにモダンジャズ全盛の50年代だけあって、サックスはモダンジャズの影響があります。でも、それでハードに行ったり難しい追及に行ったりせずに、あくまで心地よく朗々と音楽するところは、語法はモダンに片足を突っ込みながらもハートは古き良き「歌心あふれるジャズ」。ピアノのティディ・ウィルソンは、モダンジャズ最前線の時代の勢いからすると古いタイプのピアノですが、でもブルースとかスウィングジャズとかのピアノのあの匂いって、僕はけっこう好きなんですよね(^^)。というわけで、これも何となく流しておくといつの間にか部屋の雰囲気が最高になってしまうという最高のリラクゼーション・ジャズだと思います(^^)。


『Lester Young and The Kansas City 6 -The Complete Commodore Recordings-』

LesterYoungKansasCity6.jpg 『THE JAZZ GIANTS '59』のレスター・ヤングの音楽にすっかり骨抜きにされたボクは、レスター・ヤング全盛期に録音されたというこのレコードに飛びついたのでした。今考えると、渋すぎる高校生だな(^^;)。。ただ、これが本当にジャズのガイド本によく載ってるあの名盤かどうかは分からないです。というのは…僕が買ったのは、「KANSAS CITY 6」というやつなんですが、名盤ガイドによく出てるヤツは、ジャケット写真もデザインもそっくりなんですが、よく見ると「KANSAS CITY 5」だったりして(゚m^;)ヤッチャッタカ。。ちなみに、「Kansas Citx ○○」というバンドは、カウント・ベイシー楽団の在籍メンバー数人で作ったコンボにつけられたバンド名だそうです。録音は1938年と1944年、僕が持っているのは日本盤の2枚組LPボックスセットで、これに入っている録音でレスター・ヤングがコモドアというレーベルに残した録音はすべてだそうで。コモドアと言えばビリー・ホリデイのアレですが、バップ直前ぐらいのスウィング・ジャズのレコードが多いレーベルなのかなあ…ゴメンナサイ、モダンジャズ以前は好きではあるんだけどぜんぜん詳しくないんです(^^;)。。そうそう、「コンプリート・レコーディング」というわけで、NGテイクがギッチリ詰まってるんですが、NGと言っても演奏がパッとしないからNGにしたんじゃなさそうで、同じ曲でもテンポが全然違ったり、長調と短調を入れ替えてる曲まであって、聴いてていろいろ楽しい(^^)。

 テディ・ウイルソンとの59年のレコードに比べると、いちばん違うのはリズムじゃないかと思います。特に38年の録音は、「ズンッ、チャッ、ズンッ、チャッ…」の2ビートがほとんど。ドラムもハイハットとスネアぐらいしか聴こえません。確かにスウィング・ジャズではあるんですが、匂いがビバップよりも、ジャズ寄りブルースとか古いアメリカのテレビや映画の音楽に近い感じ。それに比べると44年は格段の進歩で、もう共演者のレベルが全然違います…といっても、38年も名の知れたプレイヤーばかりなので、この6年でジャズが大進歩を遂げたという事なのかも。44年の録音は、音楽性がビバップと重なっている所もあって、セッション自体は相変わらずリラックスムードなんですが、サックスのアドリブが飛ばしてる感じ。バリバリ吹くんじゃなくって、気分良く乗りまくってます(^^)。アドリブで使ってる音も増えてるので、このあたりはチャーリー・パーカーあたりと比較して研究したら、ジャズのソロアドリブの発展にかんする発見がいろいろ見つかるかも(やりませんが^_^)。

というわけで、レスター・ヤングの演奏や音楽といえば、実際にはテディ・ウィルソンとの『JAZZ GIANTS '59』あたりよりも、こっちの方がメジャーなんでしょうね。59年の完成されたスムース・ジャズとはまた違って、発展途上にあった頃のジャズの古くて優雅な雰囲気がいい味になっている、古き良きレコードだと思います(^^)。
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド