FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Modern Jazz Quartet / DJANGO』

MJQ_DJANGO.jpg モダン・ジャズ・カルテットの始まり、僕はちょっとよく分かってません。最初はミルト・ジャクソン・カルテットだったのにそれがモダン・ジャズ・カルテットのレコードにカウントされたり、最初の頃はメンバーもけっこう違ってたりするので、「これもMJQに入るのかな?」と曖昧。のちのモダン・ジャズ・カルテット的なクラシック・アンサンブル的なアレンジ&ハードバップ的なアドリブではないものもあって、50年代初頭にヌルッと始まった印象なんですよね(^^;)。でも、1956年発表のこのアルバムあたりにくると、音楽的にもそろそろMJQになってます。それでも、ドラムが長年固定メンバーになるコニー・ケイではなく、ケニー・クラークなんですけどね(^^;)。

 綺麗にアレンジされたアンサンブルと、そこに組み込まれたジャズ的なアドリブ演奏という意味では、このへんから立派なMJQ。でもこのアルバム、音楽がちょっと保守的すぎて、若い頃の僕には刺激が足りませんでした(^^;)。MJQ の音楽っていい方に出ると、とっても創造力あふれたアンサンブルが描き出されて素晴らしいと思うんですが、悪い方に出ると退屈なシャンパン・ジャズになる危険も。結局、アンサンブルの美しさと同時に、退屈しない程度には創造的で刺激的な事をすること、音楽ってこのへんのバランスが重要なのかも。MJQ は創造的な音楽も作りだすけど、一方でプロ楽団として音楽でメシを食う所にも力が注がれていて、たぶんある所より先に進む事は自分たちでセーブしてると感じます。ましてこの1枚はレーベルがAtlantic ではなくジャズ超保守のPrestige。セッションでスタンダードをサクっと録音して膨大なタイトル数を生み出していたレーベルでは、冒険もあまり許してくれないし、時間がかかる事も許してくれない、スタンダードも何曲かは要求される、という事なのかも(^^;)。

 というわけで、僕個人としては真ん中よりちょい下ぐらいなMJQのアルバムでした。でも、仕事のBGMに流すなら、うるさくないし、気持ちよくていいかも。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Modern Jazz Quartet / Concorde』

MJQ_Concorde.jpg 室内楽っぽい落ち着いたアンサンブルが最高に気持ちいいグループ、モダン・ジャズ・カルテットが1955年に発表したアルバムです。僕が持ってるMJQのアルバムでいちばん古いのがこれなんですが、いちおうこれが最初の作品なのかな?「いちおう」というのは、この前にMilt Jackson QuartetというMJQがあるからなんですが(^^;)。

 最高に気持ちいいです、テーマメロが輪唱で演奏されるとか、色んな工夫がさりげなく施されているんですが、そういう所よりも音の気持ち良さがとにかく最高!仕事でクタクタに疲れて帰ってきても、家でこんな音楽を聴いたら、疲れなんか吹っ飛ぶ心地よさ (^^)。若い頃、MJQの音楽は、すこし挑戦的な事をやってるアルバムの方が好きだったけど、いま聴くとリラックスしたこういうアルバムもメッチャクチャ好き。大人にならないと分からない音楽かも。

 音楽のための音楽じゃなくて、日々の生活の中で、緊張した心を解くためにあるレイドバックミュージックのよう。それでいて、ガーシュウィンの曲のメドレーやってたり、たんなる環境音楽じゃなくて、衒学になりすぎない適度な知的さもすごく好き。40歳も過ぎたら、こういう音楽を楽しめるようになりたいですよね(^^)。


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Lee Morgan / Live At The Lighthouse』

Lee Morgan_Live At The Lighthouse 僕がはじめてリー・モーガンの演奏を聴いたのは、メッセンジャーズの『Moanin'』かコルトレーンの『Blue Train』、次が『サイドワインダー』。どれもいい演奏には違いなかったんですが、いかんせんすべてスタジオ録音だったもんで、どこか抑えている演奏に聴こえたのです。そういう事は得てしてあるもので、マイルス・デイビスだってスタジオ録音ではエレガントな演奏だけど、『Four & More』あたりのライブ盤だと火の出るような演奏。そう考えると、「クリフォード・ブラウンの再来」なんて言われたペッターの演奏はこんなもんじゃない気がして、いつかライブ演奏を聴いてみたいと思ってたんです。そんな20代なかばの頃にCDショップでみつけたのが、名盤と言われているこのライブ盤でした。1970年録音で、もともとは4曲入りでしたが、僕が買ったのは計13曲入りの3枚組ボックス!デラックスな装丁もよかったし、ワクワクして持って帰ったのでした(^^)。メンバーは、Lee Morgan (tp, flg), Bennie Maupin (t.sax, fl, b-cl), Harold Mabern (p), Jymie Merritt (b), Mickey Roker (dr)。

 おおーモードはあるし匂いが新主流派っぽい!新主流派ジャズってフォースビルドやら何やらといった和声面での処理が独特なので、僕の場合はどうしてもピアニストに耳が行っちゃうんですが、70年まで来ると、それがハービー・ハンコックマッコイ・タイナーの専売特許じゃなくなっていて、みんな普通に使えるようになってるんですね(^^)。というわけで、このアルバムのサウンド面での特徴はピアノのハロルド・メイバーンと感じました。

 一方、この3枚組は、僕にはきついところがありました。単純に長いんですよね。。3枚というボリュームだけではなく、1曲の演奏時間が必要以上に長いんです。しかも曲の構造が単純なので飽きる…。モード調の「absolutions」はほぼひとつのスケールで20分以上、「Nommo」は2小節パターンの繰り返しで18分、4小節パターンを繰り返すだけの「Neophilia」も19分。
 ついでに、アドリブがスケールをパラパラやってるだけで、これを表現と言われてもなあ、みたいな。60-70年代って、ジャズでもロックでも長いアドリブを演奏表現とする事が多くなりましたけど、それってライブの時間を埋める口実に使ったものが多かった気がします。ロックでも、レッド・ツェッペリンの長いアドリブとか、クソつまらなくてやめてくれと思ってましたし。。20分って、古典派クラシックで言えば交響曲1曲分じゃないですか。その時間をこんな単純な構造の上で、スケールをパラパラやるアドリブだけで何とかしようという発想に無理があるんじゃないか、みたいな(^^;)。
 そんなわけで、僕的においしかったのは、聴いていて退屈しないコード進行を持った曲&アドリブが長すぎずいい組み立てのものでした。この条件に嵌ったのは2曲で、「Peyote」と「Something Like This」でした。でも、わざわざこのアルバムを買って聴くほど凄いというほどのものじゃなかったかな?

 というわけで、リー・モーガンの火の出るようなすごいアドリブを聴きたいなら、むしろ初期のスタジオ盤の方が良く、新主流派的なおいしさを聴くなら『Search for the New Land』の方がぜんぜん完成度が高いぞ、みたいな。ライブ盤だから演奏が爆発してるとも限ったもんじゃないんですね、レコードを買う方もけっこう難しい(^^;)。。


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Lee Morgan / Search for the New Land』

Lee Morgan_Search for the New Land リー・モーガンが1966年に発表したアルバムです(録音は64年)。僕が聴いたリー・モーガンのリーダー作は8割がたハードバップでした。『サイドワインダー』だって、エイトビートであること以外はハードバップまんまだと思っちゃいましたし。そんな中、もっともニュージャズな事をやっていたのがこのアルバムでした。それもそのはず、メンバーが思いっきり60年代のジャズをけん引した人だらけ。Lee Morgan (tp), Wayne Shorter (t.sax), Herbie Hancock (p), Grant Green (g), Reggie Workman (b), Billy Higgins (dr)。つまり、このメンバーだとむしろモーガンさんとグラント・グリーンだけが50年代型のミュージシャンなんだな、みたいな(^^;)。

 1曲目「Serch for the New Land」は、オープンパートはフリジアンを基調としたモード曲。でも、印象だけで言うならモードというよりブルースに近いでしょうか。これがこのアルバムの特徴をよくあらわしていて、要するに50年代ジャズと60年代ジャズが混ざってるのでした。グラント・グリーンのアドリブはスケール一発という感じなのに、ハンコックはフォースインターヴァルな和音を含めて相当にモーダルなソロ。
 こういう傾向は1曲目だけでなく、他の曲も色々と60年代です。3曲目の「Mr. Kenyatta」なんて、ピアノとサックスがソニー・クラークとベニー・ゴルソンあたりだったらハードバップに聴こえたかもしれない所が、まるでプラグドニッケルのマイルス・デイヴィスみたいな音楽になってました。う~んこれはカッコいい。。でも、ハードバップ愛好家からすると、こういうジャズあたりから、ジャズについていけなくなった人も多いかも。仕事帰りによるナイトクラブでレイドバックしたり陽気でアップテンポな音楽を聴いたりして、お酒を飲んで日中の緊張感を解く、みたいに楽しめる音楽ではないですもんね。。

50年代型のミュージシャンが淘汰されていく瞬間を見ているかのよう。僕が少しだけピアノを触ってたからそう思うのかも知れませんが、とにかくハービー・ハンコックが先を行ってるんですね。アルバムタイトル「新たな地を求めて」は示唆的で、たしかにこれまでのモーガンのアルバムでは聴かれる事のなかった音楽。でも、この後にモーガンはまたどハードバップなアルバムを発表したりするので、モーガンにとってみれば異色作かも。50年代のリー・モーガンが好きな人にしてみれば、「こういうのを聴くならマイルスを聴くからいいよ」な~んて人もいたりするかも知れませんが、50年代より60年代のジャズの方が好きな僕にとっては、かなり好きなアルバムです(^^)。


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Lee Morgan / The Sidewinder』

LeeMorgan_Sidewinder.jpg いかにも外向的で猪突猛進タイプのモダン・ジャズのトランぺッター、リー・モーガンが1964年(録音は63年)にブルーノートから発表したリーダー作です。編成はジョー・ヘンダーソンとの2管クインテット。このアルバムのタイトル曲「サイドワインダー」はジャズ・ロックなんて言われてるんですが、今も昔もどの辺がロックなのかまったく分からない僕なのでした(^^;)。まあたしかに8ビートではあるけど、ロックみたいに「ドンドンダンドン」と叩いているわけじゃないですからね。。

 リー・モーガンはジャズ・メッセンジャーズにいた事がありますが、このアルバムを聴いて最初に感じたのは、「これはジャズ・メッセンジャーズだ」という事でした。なんでそう思ったんですかね。テーマの作り方がすごくハードバップっぽくて(ハードバップっぽいテーマってあると思いませんか?「Mornin'」とか「Blue Train」とか「Work Song」みたいな^^;)、スタジオ録音でリズム隊がタイトでおとなしくて、メンバーが順々にアドリブしていくからでしょうか…って、考えたら答えが出てしまいました(^^;)>。やっぱりコーラスごとにソロを渡して順々に演奏するだけのスタイルのジャズって、フィフティーズのポップスや80年代のハードロックと同じで、あまりに同じものの金太郎飴すぎちゃって楽式として面白いわけがないと思っちゃうなあ、アドリブが良いとか、余程のことがないとね (∀`*ゞ)エヘヘ。
そして僕は、「クリフォード・ブラウンの再来とまで言われたトランぺッターの音楽がこんなにタイトでおとなしいわけないよな。モダン・ジャズはスタジオ録音と相性が良くない音楽なんだろうな」な~んて思ったのでした。

 というわけで、ブルーノートきってのセールスを記録したというこのアルバムですが、僕には50年代に大量に作られたに大量のハードバップとの差が良く分からなかったのでした(^^;)。メッセンジャーズの『Moanin'』もそうですが、若い頃の僕は「これはすごい!」と感じるリー・モーガンの演奏になかなか出会えなかったのです。でも、そのうちにモーガンに大ハマりしてしまって、えらく散財させられることになってしまったんですけどね(^^;)。


07 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS