fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Keith Jarrett / Creation』

Keith Jarrett Creation というわけで、聴けども聴けどもキース・ジャレットの音楽が面白いとは感じられなかった僕ですが(でもそれって、僕が聴いてきたアルバムに限って言えば、好き嫌いとは別に正当な評価だと思います…)、僕にとってのキース・ジャレットの評価が180度ひっくりかえり、猛烈に感動したアルバムがあります。それがこれ、2014年のライブ録音、キース・ジャレットのピアノ独奏を集めたCDです。録音は東京、トロント、ローマ、パリの4か所。たしかこれが最後の来日公演だったんですよね。

 恐らくどの曲も即興演奏なんでしょうが、音楽が見事でした。側だけ言えば、即興と言ってもアヴァンギャルドではなく強く調性を感じるもので、ジャズを感じる演奏は少なく、むしろ4度進行…というか、もっと露骨に言えばバロック(ヘンデルとかの華やかな方じゃなくて、宗教音楽時代のバッハ的な重厚な方向)を感じました。でもそういうことじゃなくて、こういうシリアスな音楽に真摯に向かっている人間性に惹かれるというか。
 特に良いと感じたのは1曲目と4曲目。入りのモチーフがよかったのが6、7曲。1曲目なんてコードプレスがほとんどなのに、これだけで感動してしまうって何なんだろう…バロック時代の宗教曲のような荘厳さを感じたとか、何か音楽の背景にあるものを感じさせられたのかも知れません。

 あと、ピアノの音…会場の響きや録音も含めて、音が素晴らしくて感動しました。場所も録音エンジニアも違うのに、こんなに音に統一感が出るものなんですね。もしかしてベーゼンドルファーのインペリアル指定のコンサートだったのかな?あれ、でも紀尾井ホールってスタンウェイだったよな。オーチャードでは曲が始まった途端に咳してるお客さんが…ホールにコンサートを観に行くときは、ぜったいにのど飴を持っていくようにしましょう。これでけっこう耐えられますよ(^^;)。。

 みんなすばらしい音でしたが、なかでもトロントのロイ・トムソン・ホールというところの音がヤバいほどの素晴らしさ。パリはちょっとあったかい感じ。これってミックスで機械リヴァーブを付加した音に聴こえるので、昔のクラシック録音みたいな純然たるホールの音ではないんでしょうが、だとしたらミキシングで音をここまで揃えても、ピアノの個体差って残るものなんですね。音数が少ない演奏だけに、ピアノのサウンドが音楽の優劣を決めているといってよいほど、ピアノのコンディションと録音が重要なアルバムかも。

 この録音の時にキース・ジャレットは70歳。さすがに速く強い演奏は出来ず、ゆったり嚙みしるような演奏しか出来ませんでしたが、それが若い頃に指を動かすだけの演奏の何十倍も素晴らしい、本当に素晴らしい。。音楽って頭と心と技術だと痛感させられました、指じゃない。
 このCDで最大に感動した音について。これ、レコーディング・エンジニアはマーティン・ピアソンという人で、ヤン・エリック・コングスハウクじゃなかったです。ECM っぽい透明感ある音でしたが、でもあの加工された変な音ではないです。キース・ジャレットのECM録音ではこのエンジニアさんの名前をよく見かけますが、キースさん指定のエンジニアなのかも知れません。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Keith Jarrett, Charlie Haden / Last Dance』

Keith Jarrett, Charlie Haden Last Dance 発表は2014年ですが、これも『ジャスミン』と同じ2007年録音、キース・ジャレットとチャーリー・ヘイデンのデュオによるスタンダード演奏集です。これもキース・ジャレット宅の自宅録音だったので、『ジャスミン』未収録の録音を集めたのかも。

 やっぱり録音が素直で、よく言えば自宅録音独特の良さはあるかも知れません。「Every time we say goodbye」や「Everything happens to me」といったナンバーをリラックスしたムードで演奏してるので、こういうのはECM っぽい冷たいサウンドよりも宅録の方が雰囲気はいいかも。
 でも、本当にスタンダードナンバーを素直に演奏しただけなので、なんというか…普通でした。これ、「昨日寄ったジャズバーで弾いてた若手の日本人ピアニストだよ」と言われても、僕は信じてしまうなあ。同じスタンダードをやるんでも、リヴァーサイド時代のビル・エヴァンスみたいにゾクッと来るリリシズムを感じるとか、ラン・ブレイクみたいに独特の和声やアプローチを作り出すとか、そういう何かがないと、今さらスタンダードをそのまま演奏したピアノ・アルバムを聴かされてもな、と感じてしまいました。

 でもECMからしてみたら、それが狙いなのかも。キース・ジャレットとチャーリー・ヘイデンがリラックスして演奏したジャズ・スタンダード集、みたいな。そういうのを求めている人には、変な事もしないし破綻もないので、BGM としていいかも。


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Keith Jarrett, Charlie Haden / Jasmine』

Keith Jarrett, Charlie Haden Jasmine 2007年録音、キース・ジャレットチャーリー・ヘイデンのデュオによるポピュラー曲集です。ベースの方とジャズのデュオ演奏をする依頼が来たときに、あわてて「最近のジャズ・ピアノってどういう演奏するんだろう」と買いあさったCDの中の1枚でした。僕の探し方が下手だったのかもしれませんが、新譜でピアノとベースのデュオって意外とないもんですね。

 あれ?ECM にしては音があまり加工されてないな、あの画一的なこぎれいリヴァーブサウンドは趣味じゃないけど、ここまで自宅で録音したかのようなそっけない音もつまらない。とくにベースなんてダイナミック・マイクで録音したんじゃないかと思うほどにボコボコした音、ケイヴライト・スタジオってどこだ…と思ったら、キース・ジャレットの自宅でした(^^;)。

 曲はミディアムからスローのナンバーが大半で、長調か短調の既存曲で普通。アレンジも独特なリハーモニゼーションが加えられているわけでも何かの挑戦をしているわけでもありませんでした。演奏も残念で、アドリブに斬新なアプローチがあるわけでも、表現力の高い叙情的なピアノ演奏が聴けるわけでもなく、歌わない平坦な演奏。
 例えば…冒頭に大名曲「For all we know」を演奏してましたが、テーマメロの「We will never meet again」の部分をタッチやデュナーミクを変化させるでもなく8分音符でスクエアに演奏したりしてる…これじゃ音楽が歌うはずもない、ビル・エヴァンスどころかダニー・ハサウェイにすらとうてい及ばないっす。なんで弾けるピアニストが、こんなダメ演奏をリリースしちゃうのか僕には理解できなかったです。

 ECM やキース・ジャレットの名前でこれを買う人はいるでしょうが(あたしだよ!)、いいと思う人なんていないんじゃないかなあ。これをリリースしていいと思うミュージシャンやレーベルってどうなんでしょう。これって、ECM のリリース・スケジュールを埋めるためだけに出されたんじゃないのかなあ…。


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Keith Jarrett / Death And The Flower』

Keith Jarrett Death And The Flower 邦題「生と死の幻想」、1974年録音(発表は75年)のキース・ジャレット・カルテットのアルバムです。若い頃の僕は、キース・ジャレットって悪い方に出た時のフュージョンかライト・クラシックをやっている気がして、食指が動きませんでした。でもこのアルバムはメンバーにデューイ・レッドマンとチャーリー・ヘイデンというフリージャズのつわものが参加していたし、レーベルも左寄りのジャズ・レーベルだったインパルスだったので、いけるかも…そんな気持ちで恐る恐る手を伸ばしたのでした。ちなみに、デューイ・レッドマン(sax)、キース・ジャレット(p)、チャーリー・ヘイデン(b)、ポール・モティアン(dr) というこの編成でのキース・ジャレットのバンドは、アメリカン・カルテットなんて呼ばれています

 1曲目「Death and the Flower」はラテン…というよりアフリカン・パーカッション的なサウンドの上でフルートが怪しげな即興をする出だし。これは面白いかも、色彩感もムードも表現もなかなかいいぞ…と思ったのも束の間、5分ほどたってキース・ジャレットが出てくると、リズムがインテンポになってロクリアンでパラパラと演奏…悪い意味でのモードかフュージョンでした(^^;)。
 以降、B面1曲目「Prayer」はインパルスよりECMに似合いそうなジャズ・バラード、2曲目「Great Bird」も楽譜の上に書いたような音楽。残念ながら僕にはちょっと合わない音楽でした。

 この手のフュージョンの何がつまらなく感じるかというと、無菌室で育ったガリ勉くんに感じる所です。教科書に書いてない事は何ひとつ出来ない人に感じちゃうんですよね。たとえば、リズムだってもっとグルーヴさせればいいのに、クリックに合わせたようにスクエアです。それが他のところにも言えて、スケールは教科書に出てるこれ、コード進行は常套句以外は無し…みたいな。こういうPTA推奨的な傾向は、以降のメインストリーム・ジャズがそうだったんじゃないかと。ジャズって本当につまらない音楽になったよな、みたいな。
 こんなような音楽だろうと予感してたのに、「食わず嫌いはいけないな」なんて思って意を決して飛び込んだあげく、ものの見事に予感どおりだった音楽でした。残念。


Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

DVD『JOE PASS ‘75 -Norman Grantz’ Jazz in Montreux presents-』

JoePass 75 前回に書いた、ジョー・パスが出演した75年のモントルー・ジャズ・フェスティバルの映像です。あのCDを聴いていたら、「こんな風にギターが弾けたらいいな」な~んて思ってしまって、研究のために動くジョー・パスを観たくなったのでした。そんな事をやったのも、もう10年以上前、時のたつのははやいです。僕は輸入DVDを買ったんですが、リージョンフリーではなかったもんで、PCに取りこんだから観たりして、なかなか苦労したのもいい思い出です(^^;)。

 録音日は1975年7月17-18日なので、CDと同じ音源。でも、CDに入ってない曲も入っていて、逆にCDに入っているけどDVDに入ってない曲も2曲。初日はスーツで演奏していたけど、2日目はラフな格好で演奏していました。2日目は予定になかったけど、初日が評判を呼んでリクエストに応えて飛び入りで演奏した感じなのかな?。

 おー、ギブソンの175を指弾きしてるのって、なんか面白いです(^^)。そうか、考えてみれば当たり前だけど、ああいう演奏するならそうなるわけですね。もちろんピックを使った演奏もあって、メッチャ参考になりました。
 ピックアップはフロント、アンプはジャズコーラスでしたが、コーラスやトレモロ入れずにストレートに使ってました。。
 左手は想像以上に力が抜けていて、押さえる指先だけしっかりしてる感じ。右手もアタックの瞬間だけ少しだけ力が入ってるだけで、軽く見えました。右手も左手も、僕より指が弦に垂直に当たってるぞ。クラシック・ギターみたいにギターを左足に乗せるわけじゃないけど、やっぱりギターは45度ぐらいに立っていて、指板と目線が近いです。でもこれでどうやってギターを安定させるんだろ…あ、なるほど、座っていますがストラップをつけていました。
 しかし、ファースト・フィンガーな演奏は、凄すぎていきなりは無理だなあ。むしろバスとコードとメロディをきちんとメソッド化して、ゆっくり演奏するところから徐々に店舗をあげてコツコツやった方がよさそう…

 な~んて感じで、ビデオ見ながらずっと一緒に演奏してましたが、見ているだけもすごーく勉強になりました!やっぱり目で見ないと分からない事っていっぱいありますね。ギターっていいですね、ひとりでこれだけ弾けたら楽しいだろうなあ。買って良かった、ギタリストさんがジャズ・ギターの教材としてジョー・パスの作品をひとつだけ買うなら、もしかしたらこれなのかも知れません。


07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS