FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『プーランク:《オルガン協奏曲》 《田園のコンセール》 マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団』

Poulenc_OrganConcert_Martinon_FranceNationalOrch.jpg プーランクの協奏曲的な作品をまとめた1枚です。うち、「オルガン協奏曲」はプーランクの代表作のひとつなんて言われてますが、僕は今回初体験。楽しみです(^^)。

 
 「オルガン協奏曲」は、どこまで本気なのか分からない感じでした。プーランクは洒落ていてユーモアがありますが、時々それが悪ふざけに聴こえる時があるんですよね。冒頭、思いっきりバッハのトッカータみたいな始まり方をしたかと思いきや、直後にグチャッと音痴な和音(^^;)。その後に今度はえもいわれぬ美しい弦楽が始まり、モーツァルトになったかと思えば、後期ロマン派みたいになったり、そしてうしろでは神聖なるバッハ…そしてグチャッ(@゚▽゚@)。こんな感じなので、最後にバッハのトッカータとフーガニ短調みたいなメロディが出てきた時も、冗談にしか聴こえなくて笑ってしまいました。でも、切れ目なく演奏されるこの協奏曲の6楽章のオルガンと弦楽の追いかけっこのようなところはすごく好きです(^^)。

 「田園のコンセール」の正式名称は「クラヴサンとオーケストラのための田園のコンセール」。ほぼチェンバロ協奏曲みたいな感じです。こっちはオルガン協奏曲とはちがって、けっこう本気に聴こえます。チェンバロは最初から最後まで弾き倒しレベルで、超絶技巧練習曲のよう。…なるほど、消え去った楽器だったチェンバロを現代によみがえらせる為に、チェンバロを使った大編成曲を書いたんですね。だからチェンバロのいろんな側面が曲の中に入ってるのか。これはなかなか楽しい作品でした。

 う~ん、どこまで本気なんでしょうか。そうやって人をからかうのが好きな人だったんじゃないかなあ( ̄ー ̄)。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『プーランク:歌曲集 デュポス(s)、カシュマイユ(br)、ロジェ(pf)』

Poulenc_Kakyokushuu_Roge.jpg 昔、ある貧乏な劇団の音楽を担当した事がありまして、これがギャラは安いわ人使いは荒いわで大変でした。でもいい事もありまして、「プーランクみたいな歌曲を作ってくれませんか?」と言われ、これで僕はプーランクの歌曲を知る事になったのです。そして買ったのがこのCDだったんですが…うわああああ美しい!!これぞサティやドビュッシーラヴェルの流れを汲んだ印象派歌曲、淡い水彩画のような美しい音楽だったのです。プーランクは歌曲でいちばん才能を発揮するんじゃないか…このCDを聴いた瞬間に、はじめてプーランクの本当の才能を知った気がしました。通俗的な小さな歌の中に、クラシックのエスプリを叩き込んでくる感じ。和声も進行も、今のどれもこれも似たものの大量生産とは大違い、とてもクリエイティブでした。

 このCDに入っているのはピアノ伴奏で1曲2~3分の小さな曲ばかりだし、アポリネールあたりの詩人が作った詩を歌化したものも多いもので、クラシックというよりシャンソンに近く感じました。たぶん、当時のキャバレーやシャンソンバーあたりで聴かせていたんじゃないかと思うんですが、庶民ですら文化レベルが今の「1に経済、自分の意見を通すためなら大統領も総理大臣も嘘も隠蔽も何でもあり」な世界とはぜんぜん違います。クルト・ワイルも似たような事をしていますし、ダミアエディト・ピアフみたいなどちらかというとしょう音楽に近いシャンソンですら、今の英米型の大量生産品と違ってクオリティが段違いに高いです。バルバラやジュリエット・グレコになると言わずもがな。そんなわけで、歴史的に見て歌のレベルが極端に高かった20世紀初頭のパリでも、プーランク歌曲はその最高峰だったんではないでしょうか。サラッと管弦楽を書いちゃうレベルの人に歌曲を作られてしまうんじゃ、他の作曲家はたまったものじゃないですね(^^;)。テンポもデュナーミクも、今のクリックのような固定テンポの大衆音楽とは段違い、和声も比較にならないほどバリエーション豊かです。もしふたつの大戦がアメリカではなくフランス大勝利だったとしたら、少なくとも歌音楽だけは今の何十倍も良いものになったんでしょうね。

 今の日本だと、自分で探さないと聴く事の出来ない種類の歌です。でも、一度聴きさえすれば、ジャズが好きな人もロックが好きな人もきっとみんな「スバラシイ!今までワタシが聴いてた歌ってなんだったんだ」って思うんじゃないかなあ、なんせ僕がそうでしたし(^^)。今の歌謡音楽と同じぐらい聴きやすく、それでいて創造力や作曲技術が段違いに高い歌曲です。超おススメ!


Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『プーランク:室内楽全集』

Poulenc_SitunaiOnagakuZenshuu.jpg プーランクの室内楽すべてを収録した2枚組CDを発見!こんなの見つけてしまったら買わないわけにいきません(^^)。そして聴いてみたところ…いや~素晴らしかった!のだめカンタービレで「やきトリオ」が演奏していた3重奏も入っていました。ミシェル・ポルタルも参加してました。ポルタルさんをはじめて聴いた時は「エリック・ドルフィーよりも凄いじゃないか!」と驚いたものですが、クラシックとのバイ・プレイヤーなんですよね、うまいわけです。。
 さて、収録されていた曲は以下のとおりでした。

・フルートとピアノのためのソナタ
・ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
・オーボエとピアノのためのソナタ
・ホルン、トランペットとトロンボーンのためのソナタ
・クラリネットとバスーンのためのソナタ
・管楽器とピアノのための六重奏曲
・チェロとピアノのためのソナタ
・クラリネットとピアノのためのソナタ
・2本のクラリネットのためのソナタ
・ホルンとピアノのためのエレジー
・ピアノ、オーボエとバスーンのための三重奏曲
・城への招待

 3管のソナタあたりは、相変わらずプーランクさんにからかわれてる気がしますが(^^;)、その他のフルートソナタ、クラとバスーンのためのソナタ、チェロソナタの2楽章、クラリネットソナタあたりは楽しげでもあり美しくもあり、時に前衛的で、なにより見事な筆致が本当に素晴らしくて、聴いていてため息が出てしまいました。技法も多彩で、しかも現代的。クラシックって、モーツァルトベートーヴェンを聴いて「音が古くさい」「長い」「イケてない」と敬遠してしまう人もいるかと思うんですが、プーランクの歌曲や室内楽はジャズを上回るほどの小粋なサウンド、和声進行も今のポピュラー音楽と同じぐらいに小節単位で移り、1曲1曲も短いので、クラシックを敬遠している人でも間違いなく楽しめる音楽だと思います。これを聴いちゃったらポップスやロックやジャズには戻れなくなるかも。。
 プーランクさんのフランス的な4度積み和音やパリジャン的な洒落たセンスって、歌曲や室内楽が一番合ってるんじゃないかなあ。大きい編成のものはイマイチに感じるものも多かったですが、これは歌曲に並んでメッチャクチャよかったです。買ってよかった、音楽の悦楽です(^^)。


Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ドビュッシー、ラヴェル:弦楽四重奏曲 アルバン・ベルク四重奏団』

Debussy Ravel_StringQ_AlbanBergQ ドビュッシーとラヴェルの弦楽四重奏曲のカップリングCD、最後はアルバン・ベルク・カルテットの演奏です。今までの印象ではこれが一番いいと思っていたもんで、聴くのを最後にとっておいたんですが、本当にそうでした。しかもダントツの素晴らしさ。

 ラサールQカルミナQは素晴らしいんだけどなんとなく上品すぎるというかおとなしい、エベーヌQは元気があって勢いが凄いけどアンサンブルが美しくない気がしたんです。ところがアルバン・ベルクQはアンサンブルは美しいし演奏は勢いがある!!圧倒的じゃないか。というわけで、久々に聴いたんですが、最初の3分を聴いた時点で、ドビュッシーとラヴェルの弦楽四重奏曲はこの録音だけでいいと思ってしまいました(^^)。このCDの弦4本の縦線の揃い方、全員そろってのクレッシェンドのカーブの合い方、くんずほぐれつのバランス、本当に非の打ち所がないほどに素晴らしかったです。たぶん、解釈も統一して、納得いくまで入念にリハーサルして、録音でももっとよく出来るところはテイクを何回も録って、編集もミックスもスコアを見ながら徹底的にやったんじゃないかと。

 思う事は、制作に対する本気度というか入念さ。それはプレイヤーやアンサンブルだけでなく、録音スタッフなんかも含めてのことです。クラシックのCDってロックやポップスほど売れないじゃないですか。さらに大戦後は資本主義国家の愚民政策が功を奏して、そもそも文学やクラシックを理解できない人も理解しようとすらしない人も増えたし、教養ある人ですら普通にスターウォーズやアニメを見て哲学書もクラシックもまるで読まなくなったエコノミック・アニマルと化してしまったもんだから、絶滅危惧種となったように思うのです。それに合わせるように、クラシックのレーベルも出版社も、ついでに政治家も市民も金を優先して考えるようになっちゃったんですね、きっと。自分たちの国や自分たちの所属する集団の得だけしか考えない人が多いのでなかったら、なんで日本の総理大臣やアメリカの大統領にああいう人が選ばれるのか、理解できません。今の資本主義社会の影のボスは経済界なんですよね。

 例えば、エベーヌQみたいな世界で一位を取るような弦カルが「ファーストヴァイオリンばっかり大きいな」という事に気づかないはずがないです。ところが、セカンドのピチカートが完全にマスキングされちゃうぐらいバランスが悪くてもそれでオーケーにしてリリースしちゃっているわけです。音楽を優先して考えたらそんな選択はあり得ないけど、そうする理由は、予算とかスケジュールとか、音楽以外の理由じゃないでしょうか。こういう所がプロじゃないと思うんですよね。戦後に生まれた色んな有名弦カルで、ディレクターや録音スタッフを含めてどこまで実力差があるのか分かりませんが、やればこのCDに近づく演奏も録音もできると思うんですよ。録音なんだから失敗したらテイク2を録音して挿せばいいし、バランスも納得いくまでとればいいと思うんですよ。それをやったのがアルバン・ベルクQとEMIの録音チームで(このCDはもともとEMIリリースでした)、やらなかったのが例えばエベーヌQとERATOの録音チームだったと思います。この差って、演奏技術や解釈の差ではなくて、入念な準備や、良いものを作るという執念の違いじゃないでしょうか。

 今回、ドビュッシーとラヴェルの弦楽四重奏曲を聴いて、アルバン・ベルク四重奏団とEMIのチームのプロ意識の高さに感銘を受けました。考えてみれば、ベルクの2曲の弦楽四重奏曲でも、バルトークの6曲の弦楽四重奏曲でも、僕はまったく同じように、アルバン・ベルクQとEMIのチームに感動させられてきた気がします。アルバン・ベルクQとEMIのチームの録音は、音が太くてカッコいい反面ちょっとくらいところが難かも…と思わなくもないんですが、でも徹底的に完成までもっていくそのプロフェッショナリズムの前では、その程度の趣味嗜好なんてあまりに小さな問題。プロというのは専門分野で飯を食っている人の事や、技術力が高い人の事だけじゃなくて、自分の専門分野で妥協なしに事に当たるメンタリティの事でもあるのではないかと思わされました。これは素晴らしい、推薦です!


Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ:弦楽四重奏曲 エベーヌ四重奏団』

Debussy Ravel Faure_StringQ_EbeneQ これもドビュッシー&ラヴェルの弦楽四重奏曲のカップリングCDですが、さらにフォーレの四重奏曲も演奏してました。ジャケットがモダンでカッコいいですが、それもそのはず演奏はエベーヌ四重奏団。エベーヌ四重奏団はフランスの弦カルで、クラシック以外にもジャズや他の音楽にも取り組んだりしています。このCDは2008年録音。ドビュッシーとラヴェルの弦楽四重奏曲に関してはカルミナQのところで感想を書いたので割愛。フォーレの四重奏曲は…実は、エラートからリリースされたフォーレのピアノ三重奏曲と弦楽四重奏曲のカップリングCDで、僕はエベーヌQのフォーレ弦楽四重奏曲を聴いてるんです。そちらも2008年録音で、レーベルも同じエラートというわけで、多分同じ録音なのでこれも割愛。

 おおーすげえ、演奏が躍動してる!持っていってほしい所でグワーッと来ます!ドビュッシーの4楽章なんて、他のQでここまで激しく演奏したものは聴いたことがないです、すげえ。ラヴェルの1楽章もとにかく一音一音にこれでもかと表情をつけていて、ペタッと演奏している所がないです。過剰と感じる人もいるかもしれないけど、大量にあるこの曲の演奏を、今までと同じ方向でより奇麗に演奏したところで、新たに録音する意義なんてほとんどないですもんね。90年代以降のクラシックって、こういう意識をもって大きく動かそうとするアンサンブルやオケが増えて、すごく好きです。

 ただ、4人のバランスが悪い…。とくに、ファースト・ヴァイオリンの音量が大きすぎて、対メロが対メロとして聴こえなかったり、和弦になったところの響きが美しく聴こえなかったりしてました。弦カルCDあるあるですが、フォーレの4楽章なんて、ファーストとチェロが7に対してセカンドとヴィオラは3ぐらいの音量なんじゃないでしょうか。ファーストが種戦のところはそれでもいいかもしれませんが、常にこんな感じなんですよ。これはアンサンブルさせる意識が弱い事と、録音がヘタクソなことのふたつなんでしょうね。。そんなわけで、4人がバトンタッチして弾くところとかはバランスの悪さが仇となってスコアの良さがかなり見えにくかったりして。こういうのを聴くと、地味に感じていたラサールQの演奏は、アンサンブルとして実に考え抜かれた演奏だったんだな、と思ったりして。。

 まあでも21世紀のクラシック録音だしプレイヤーもまだ若いので、「既成概念をぶっ壊してやる」ぐらいの気概を感じて気持ち良かったです。やっぱり90年代以降のクラシックのプレイヤーはマジでうまい、個人技に関してはレベルが実に他界と感じます。エベーヌ四重奏団は1999年の結成ですが、クロノス・カルテット以降、こういうアンサンブルって増えましたが、それが「売れたい」という軟弱なポップ嗜好やライト・クラシック方面に行くととんでもなくカッコ悪いけど、こういう実力があるグループが冴えた事をやると凄くカッコよく感じます。金持ちが聴く教養主義としてのクラシックなんてどんどんぶっ壊して、躍動するクラシックを奏でていって欲しいです。もしクラシックの人がそこを目指したら、ロックやジャズなんて足元にも及ばない事が出来るんですから(^^)。


01 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS