心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ルネサンス・モテトゥス集 ターナー指揮、プロ・カンティオーネ・アンティクヮ』

Motets of Renaissance_turner ターナー指揮・プロ・カンティオーネ・アンティクヮのCDでは、こんなCDも持ってます。僕の場合、このCDを聴いてラッススに興味を持って、ラッススの単独CDに進んだという順でした。「15・16世紀の宗教音楽《フランス・フランドル楽派》」というLP10枚シリーズの中から、モテトゥスをセレクトして作ったCDですが、ラッススやジョスカン・デ・プレといったフランドル楽派の作品ばかりでなく、ルネサンス音楽の口火を切ったイギリスの作曲家ダンスタブルの曲から、スペイン人作曲家モラレスやローマ楽派の重鎮パレストリーナの曲もセレクトしてあって、「ルネサンス・モテトゥス集」のアルバムタイトルに偽りなしの内容でした!

 ルネサンス音楽の有名作曲家がダ~ッとひと通り入ってるので、初心者な僕にとってはめっちゃ嬉しい1枚でした(^^)。作曲家のセレクトや並べ方も見事です。でもこれを「いいセレクトだ」と思えた事はずいぶん後の感想で、買った当時はルネサンス音楽はどれもこれも似たような綺麗なコーラスのキンタロー飴に聴こえて、違いが分かりませんでした(^^;)。それって僕の耳がまだ幼かったからですが、きっと僕みたいな人も少なくないはず。そんな僕は、このCDと合わせて、作曲家の柴田南雄先生の書いた『西洋音楽の歴史 上』という本を読んだところで古楽がようやくわかりはじめ、そしてこのCDを聴いた事で、かなり頭が整理されました。柴田先生の本はグレゴリオ聖歌からルネサンス音楽までを、恐ろしく分かりやすく、それでいて細かいところまできっちり掘り下げてあって、バッハ以前の西洋音楽を知らなかった僕には超有り難かったのです (^^)。そして、ルネサンス音楽の様式や背景が分かってくると、バッハ以前の音楽も、すでにその形式としては完全と言えるところまで洗練されていたことが分かります。ルネサンス期の作曲家は天才ぞろいと思わざるを得ないほどの精巧さ。ポリフォニー音楽の最高峰ってルネサンス音楽なんじゃないかと思うほどです。

 ちょっと分かってくると、ポリフォニー最高峰の時代のポリフォニーの代表格モテトゥスだけをあつめたCDが面白くないわけがありませんでした。特に素晴らしいのが作曲家のセレクトなんですが…これ、まさに柴田先生の本を読んでから選んだんじゃないかというほどに、本に準拠してます。例えば、柴田先生はアルス・ノーヴァという中世の作曲スタイルからルネサンス音楽へと交替していくところで、イギリス人ダンスタブル、フランドル人デュファイとバンショアの3人を挙げているのですが、このCDの最初の3曲の作曲家がこの3人なのです。以降も、ルネサンス後期まで、柴田先生が重要と見た作曲家は、ほぼ同順序で全部取りあげられます。このCD、解説もしっかり書かれているのですが、なんてったって300年近くにまたがるルネサンス音楽をCDの解説だけで語るのは不可能というもんです。そんなわけで、柴田先生の本を読みながらこのCDを聴くと、音楽の良さや特徴が5倍も10倍も分かりやすくなるんじゃないかと。1曲目に入ってるダンスタブル「聖霊よ、来りたまえ」は4声モテトゥスですが、アイソリズムを使った多重マトリクス構造、これを追っかけるだけでも…すげええええ、先頭バッターにしてこの技術。あと、名前しかきいた事がなかったイザークの「天の女王、喜びませ」という曲は、みじかめの旋律が色んな声部に引火して、線香花火のようにパチパチと広がっていく感じ。すごく面白かった!ポリフォニーって、書けるだけですごいと思ってしまいます。いったいなんなんだ、ルネサンス期の作曲家たちのこの作曲技術の高さは。。

 演奏は…前にこの合唱団のラッソ作品集を聴いた時は、ひとり音痴な方がいて聴くのが辛かったんですが、こっちのCDは大丈夫、見事なハーモニーです!あの人、クビになったのかな(^^;)。というわけで、合唱に関しては安心して身を任せる事が出来ます。今風に妙なアクセントをつける事もなく、飾りすぎない清廉とした男声合唱、こういう素直な歌い方の方が実際のルネサンス音楽に近いんじゃないかなあ、僕はヒリアードみたいな歌い方より、こっちの方が好きです(^^)。



スポンサーサイト

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ラッソ(ラッスス):音楽は神の捧げ物、シオンよ救い主をたたえよ、途方に暮れて ターナー指揮、プロ・カンティオーネ・アンティクヮ』

Lasso_Musica Dei Donum_ProCantioneAntiqua  このコーラス・グループの名前に入ってる小さい「ヮ」を入力するのにてこずりました(^.^;)。シークヮーサー以外でこれを使ったのは初めてかも。
 ルネサンス音楽にはブルゴーニュ楽派とフランドル楽派という重要な楽派がふたつありまして、これを押さえておくと、世俗曲も宗教曲も半分以上は分かった気になれます(^^)。これにイタリアのパレストリーナを加えたらさらに充実。ラッソは16世紀の人で、後期フランドル楽派の重要作曲家です。「ラッソ」って誰かと思ったら、「ラッスス」の事なんですね。ラッススがラテン語で、ラッソがイタリア語らしいです。このCDは、ラッススの書いたモテトゥスとミサを収録したものです。

 ミサ曲は、カトリックの教会ミサに使う曲です。儀礼に従って使われる詞が決まっていて、キリエ、グローリア、クレド、サンクトゥス、アニュスデイの5曲からなります。いつか取りあげたフォーレのレクイエムにも、キリエとかアニュス・デイとか入ってましたが、ミサ曲とレクイエムの差は、レクイエムはミサ曲の一種ではあるけど、死者のためのミサで使われるもの。そうそう、古典期以降になると、演奏会用のミサ曲というのも書かれるようになったそうです。このCDに入っている曲では、僕はミサ曲が一番好き。ルネサンス期に作曲されたミサ曲では、僕はこのほかにデュファイやオケゲムやジョスカン・デ・プレが書いたものを聴いた事がありますが、ルネサンス期のミサ曲は無伴奏合唱で、どれも心が洗われるようでスバラシイです(o^ー^o)。

 さらに新たな発見が。ルネサンス音楽で、ポリフォニーの無伴奏合唱の宗教曲をモテットというんですが、モテトゥスMotettesというのはモテットの複数形かと思ってたんです。でも、アルス・アンティクヮやアルス・ノヴァの時代の世俗ポリフォニーを「モテトゥス」それ以降の時代の教会ポリフォニーを「モテット」と使い分けるんだそうで。いや~知らなかった。ただ、このCDに入ってるモテトゥス2曲は、残念なところがふたつ。ひとつは、カウンターテノールのうちのひとりがピッチ音痴で、曲によっては聴くのがつらい(*ノ∀`)アチャー。もうひとつは、このグループ全体の歌い方がクレッシェンドしたりディミネンドしたりとえらくエスプレッシーヴォで、コーラスが美しくない事。昔、「西洋音楽の歴史」という本の中で大好きな作曲家の柴田南雄さんが、「グレゴリアン・チャントの歌い方は、えらく現代的で情感たっぷりなものが出回ったが、あれは衰退したグレゴリオ聖歌を盛り上げようとロマン派に似せてやったもので、当時のグレゴリオ聖歌とは恐らく違う」と書いてました。このCDの歌唱がまさにそれで、しかもうまくいってない(^^;)。
 とはいえ、しばらく聴いていたら慣れました。慣れるまではちょっとつらいかも知れませんが、慣れてしまえばルネサンス期の宗教音楽の清廉さを味わう事の出来る、なかなかなCDだと思います。なんといっても、ラッススだけで1枚というのがありがたい。



Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ラッスス:作品集 ザ・ヒリヤード・アンサンブル』

Lassus_Motets et Chansons 古楽大流行の立役者ヒリヤード・アンサンブルによるラッスス作品集です。8割が無伴奏合唱ですが、合唱のうまさがハンパない、メッチャ美しい、これはヒットしてもまったく不思議ではないわ…と思いました(^^)。でも、民謡をプロのジャズシンガーが歌って民謡の良さが伝わるのかというのと同じ意味で、こういう音楽をプロっぽく歌っていいのかはさておいて…

 ルネサンス音楽も後期に入ると、フランドルでもヴェネチアでもイギリスでも対位法の完成度が見事、素晴らしすぎて言葉が出ないです。ラッススは後期フランドル楽派の代表的な作曲家ですが、このCDの対位法の見事さ、そしてコーラスの美しさなんて超絶的、ポリフォニーでこれ以上に美しい合唱音楽はなかなか出会えないかも。あ、ちなみにフランドルというのは、今でいうフランスとオランダとベルギーにまたがったあたりだそうです。あと、同じく後期フランドル楽派のジョスカン・デ・プレと比べると、かなり自由な作風に感じました。それはこのCDに世俗音楽もいっぱい入ってたからかな?

 そして、大量に曲を書いたラッススの作品って、大まかに宗教曲と世俗音楽に分かれますが、このCDには両方が入ってました。冒頭3曲がモテット(モテットについては次回の日記を読んでね^^)、残りが世俗音楽です。ラッソが書いた世俗音楽はマドリガーレ、シャンソン、リートに分かれますが、ここに入ってる7曲はすべてシャンソン。合唱がうまいから妙に崇高に聞こえてしまい、シャンソンとはいうものの宗教曲のように聴こえるものもありました。でも、このCDの日本盤についてる日本語訳を読む限り「私は真珠が好き、黄金も好き」とか「ブドウ畑を耕せ」とか「ルバン修道士は金を返さない」とか、歌詞はたしかに俗っぽい(^^;)。そんな事わざわざ歌にするほどの事でもないだろうというものでも歌にしてしまうのは、今も昔も変わらないですね。

 あ、あと、これは完全に個人的な趣味ですが、シャンソンのうち「ある日スザンナは」という曲だけ、無伴奏合唱版とリュート独奏版のふたつが入っていて、このリュート独奏に感動してしまいました。ルネッサンス絵画で、庶民が楽器を演奏しているものを書いた人物画ってあるじゃないですか。このリュートの響きを聴いていたら、あの絵がブワッと浮かんで、一気にルネサンス時代のヨーロッパにタイムワープしてしまいました。いやあ、ヒリヤード・アンサンブルとは関係ない所に胸をうたれてしまった。。
 
 そして、ヒリヤード・アンサンブルの合唱です。僕が若いころ、古楽ブームが起きました。グレゴリオ聖歌やルネサンス音楽はもとより、バッハモーツァルトも大リバイバル。理由のひとつは古楽器の発掘で、それまでは現代楽器で演奏していた古楽を、当時使われていた楽器で演奏したら全然違う音楽に聴こえちゃって、古風で素朴で美しかったのです。そんな中、シロス修道院で歌われたグレゴリオ聖歌の無伴奏合唱が大ブレイクして、以降の古楽合唱はおしなべてシロス修道院の歌唱法を真似するようになりました。ヒリアード・アンサンブルもそうで、拍節でマルカートして、ひと節ごとにディミネンドとクレッシェンドをつけて…みたいな。若いころはこれが心地よく感じたんです。でもいま聴くと…これって1970~80年代風に受けた歌い方であって、当時の歌い方じゃないんだろうな、みたいな。その商魂が鼻につかなくもない (*゚∀゚*)アハハ。ヒリヤード・アンサンブルの合唱って、そうやって聴きはじめると、シンセサイザーみたいというか、ECMっぽいというか、どうもね…。なんでこうした歌唱法が当時のものではないと分かるかというと、教会に残っているグレゴリオ聖歌に理由があるんですが…長くなるのでこの続きはグレゴリオ聖歌について書く時にでも、あらためて書きます(^^)。

 いずれにしても、世俗音楽ですら見事なポリフォニー。クラシックや古楽を聴かない人でも、美しいコーラスを体験できるルネサンス音楽のCDを1枚持ってると、楽しみが増えるんじゃないかと思います。



Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク、ディヴェルティメントKV136, 137, 138 レーデル指揮、ミュンヘン・プロアルテ室内管弦楽団』

Mozart Eine Kleine redel モーツァルトの音楽、生真面目に聴くと後期の交響曲とか弦楽四重奏曲がやっぱり見事だと思うんですが、人気があるのは今も昔も明るく軽く元気なザルツブルグ時代の音楽なんじゃないかと。若いころの僕は明るく元気な音楽って能天気すぎてダメだったんですが、多少は成長しただろう大人になったいま聴くとどうなんでしょうか。というわけで、モーツァルトの代表曲のひとつ「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を久々に聴いてみよう、そうしよう。

 いや~これは気分をよくしたい時に聴いたら最高のBGMかも、あんまり深く考えずに聞けます…というか、深く考えて聴く音楽じゃない雰囲気(^^)。「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は、1楽章も3楽章も(この曲、スコアがなくなっていて2楽章がないんですT_T)クラシックを聴かない人でもみんな知ってるメロディだと思うんですが、こんなの聴いたら気分良くなるに決まってます。この曲はセレナードですが、このCDに入ってるセレナード(小夜曲、「さよきょく」と読みます)とかディヴェルティメント(嬉遊曲)というのは、芸術チックな絶対音楽の追及じゃなくって、聴いて楽しむ娯楽目的で作られた音楽です。若いころのモーツァルトは超売れっ子で、貴族から社交的な目的で作曲を依頼されてこういう曲を大量に書いていたそうですが、金持ちっていいですね、お気に入りの作曲家に曲を書いてもらって演奏してもらって、みんなでメシ食ったり踊ったりするんですから。まあそんな音楽なので、完成度の高さはそれはそれとして、まずは楽しく聴いてればいいですよね(^^)。それでも、聴いていて飽きてしまわないのは、やっぱり構造がしっかりしているからなのかも。有名なディヴェルティメント ニ長調KV136なんて、3楽章とも見事なソナタ形式ですし。

 そしてこのCD、音がソリッドでいいです!ハイドンやモーツァルトの管弦楽曲ってオケが少人数で、その分切れが良いと感じるんですが、色んな楽器が入って音量バランスを取るとか、そういうのを抜きにして考えると、やっぱり古典派時代ぐらいの規模のオケの方が僕は好きです。だって、この切れ味を聴いてしまったら…ねえ(^^)。

 明るく楽しい貴族の晩さん会や舞踏会の音楽、それでいて様式は見事といういかにもモーツァルトな音楽でした!こういうのを受け入れられるようになる心の余裕って大事ですよね。。



Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『モーツァルト:交響曲第38番《プラハ》、第39番 ホグウッド指揮、エンシェンㇳ室内管弦楽団』

mozart symphony 38 39 hogwood ホグウッド指揮エンシェント室内管弦楽団演奏のモーツァルト交響曲40~41番があまりに素晴らしかったので、ついつい買ってしまったのがこのCD。39,40,41の3曲がモーツァルトの三大交響曲なんて言われてるもんで、39だけないというのが何となく寂しくてね( ̄ー ̄)。ちなみにこのCD、ホグウッドのモーツァルト交響曲全集から引っこ抜かれて作られた1枚だそうです。

 第39番変ホ長調は、典型的な4楽章ソナタ形式の交響曲です。曲想は明るく能天気な宮廷音楽のようで、現代の耳で聞くと退屈きわまりないですが(^^;)、構造分析しながら聴くとこれが実に緻密かつ無駄のない完璧な構造で、ちょっと鳥肌ものです。このCDの国内盤は、40~41番のCDと違って形式を説明してくれていないもんだから、構造を自分で分析する必要があります(^^;)。それでもがんばって大雑把に分析してみると…第1楽章の形式は序奏付ソナタ。序奏部分で、半音階で下ってくる旋律が色んな音域でこれでもかと繰り返されるんですが、これが最終4楽章に大いに関わってくるので、集中して聴いていないと構造を見失います(^^;)。でも、ものすごく印象的なクロマチックラインなので、記憶のどこかに残ってると思うんですよね、それが15分後ぐらいにまた出てくるから、推理小説で序盤に出てきた出来事が最後の謎解きに関わってきて伏線が回収されるような快感があります。序章が終わってからも見事な構造で、第1主題は途中で主題を変形させて迫りを作る経過句を用いて綺麗に第2主題へ。第2主題は属調で演奏されて変化を与えられ、盛り上がって一気に展開部へ!…と思いきやリピート(^^;)。展開部はモチーフを和声進行に合わせて色々な声部に移しながら、見事に1主題・2主題の再現部に戻ってfin。再現部1主題に戻った瞬間の快感がすごいですが、この構造を捉まえるのは、記憶力を含めたソルフェージュ能力が少しだけ必要かも。そして1楽章序奏がずっと先の4楽章に生きてくるという…いや~さすがアマデウス、曲想だけ聴いていると明るく能天気な古典派音楽の典型のようですが、構造のこの緻密さ、見事です。ついでに他の楽章もざっと書くと、2楽章はアンダンテの緩徐楽章で2部形式。1部が1主題~2主題、2部が1主題~2主題~1主題。3楽章はメヌエット、4楽章がソナタ…というわけで、典型的な古典派ソナタ形式の交響曲でした。

 交響曲38番ニ長調。始まり方が39番とそっくりなので、イントロクイズされるとキツい(^^;)。ついでに曲想も明るい貴族音楽風で39番とけっこう似てますが、こちらは3楽章形式。38番は39~41番のモーツァルト「3大交響曲」にはギリギリ入ってないんですが、35,36,38,39,40,41の「後期6大交響曲」に入ってます。なんで37番が入ってないかというと、37番は大半部分をハイドンの弟が作ったからだそうです。

 個人的には、40番と41番の方が曲想的に好みです。現代の耳で聞くと、古典派の音楽はサウンドが安定しすぎてるし、また貴族音楽のような優雅さで音楽に求められているものが現代とマッチしない気がするので、そういう面ではやっぱり面白くないと思ってしまうんですよね。でも、いま聴いてこの音楽を素晴らしく思うのは、曲想ではなく構造。真剣に構造を追うと、細部まで実によく出来ていて見事というほかありません。この物語を追うような古典派音楽の形式的悦楽、真剣に聴き始めると病みつきになっちゃう。いっそモーツァルト交響曲全集、買っちゃおうかな。これだけ見事だと、聴かずに人生を終えるのが悔しくなってきました(^^;)。



06 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS