fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『J.S.バッハ / オルガン作品集 カール・リヒター(org)』 グラモフォン/アルヒーフ録音盤

JSBach_OrganSakuhinshuu_Richter_Archive.jpg 指揮者/オルガン奏者のリヒターが、グラモフォンとアルヒーフに残したバッハのオルガン演奏集、CD5枚組です!バッハのオルガン曲は膨大な数が残っていて、リヒターも何度か録音していますが、彼がグラモフォンとアルヒーフに残した録音はこれですべてだそうです。

 まずは、勉強になった事を。トリオ・ソナタ」は、バロック室内楽の中心曲種で三声。自由なバス声部の上で、上2声が模倣しあうもの
 パッサカリアとシャコンヌの違い。変奏が積み重なるのは同様ですが、パッサカリアはそれがバッソ・オスティナートの上に重なるもので、シャコンヌはそれが定型和声上に重なるもの。

 そして、リヒターの54年ロンドン録音と比べての差。収録曲での差は、この5枚組に入ってない54年録音は、BWV639「主イエス・キリスト、われ汝を呼ぶ」とBWV.606「高き天よりわれは来たり」の、ふたつのコラール前奏曲。
 演奏の差は、どちらも完璧に感じてしまって僕には分りませんので、音の差を書くと、こちらの全集は3つの教会での録音があるようで、ライナーにはそれぞれのオルガンの仕様がペダルから何までみっちり書かれていました…これは僕みたいな素人にはぜんぜんわかりません(^^;)。で、ロンドン・レーベルの録音のものがハイが落ち着いて音像がしっかりしている(悪くいえば暗くて地味?)のに比べ、こちらはハイが派手なものが一部にあって(Disc1とか)、ステレオ感も強いかったです。これは人によって趣味が分かれそうと感じました。僕は前者の方がより好み、音像がしっかりしてなくてハイがきついと、なんかシンセで弾いてるようで、教会という空間を感じられないんですよね(^^)。でもそんなのは聴いて3分も立てば馴れてしまうので、そこまでこだわるもんじゃないかも。すべてがそうというわけではなく、Disc3 のトリオ・ソナタあたりは、54年録音に近く感じました。

 オルガンの練習用に書いたんじゃなかろうかなんてものもあったので、すべて良いと感じたわけじゃないんですが、特に良いと感じたものは「トッカータとフーガ」や「パッサカリアとフーガ」「前奏曲とフーガ」といった前半と後半で別曲をセットにしたもの。対比構造が構造美と劇性を増すのかも。

 チャーチ・オルガン自体がものすごいサウンドをした楽器でもあるので、BGM に音だけ聴いていても楽しめるかも知れませんが、やっぱり細部を追ってこそバロック音楽。ものすごい構造美に圧倒されました。「有名曲は聴いたし、要点は抑えただろうから、これ以上バッハのオルガン曲を追わなくてもいいや」と思っていた選外曲がここまで凄いとは、考えを改めないといけないかも。これは買って良かった、生涯聴き続けるCDになる気がします!


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『J.S.バッハ:オルガン曲集 カール・リヒター (org)』

JSBach_Organ Kyokushuu_Richter こちらはリヒター演奏によるバッハのオルガン曲集です。録音は1954年ごろ、リヒター28歳の時の演奏です。レオンハルトの録音とは対照的に、低音が充実してすごくリッチな音!ちょっと古い感じがしなくもないけど、音だけで言えば、バッハのオルガン曲集ではこれが一番好きです。ちなみに、レオンハルトはチェンバロやオルガン演奏の権威ですが、リヒターはバッハの権威、どっちもすごい人です。
 そうそう、CDの感想の前に、解説にすごい事が書いてあるのを発見。「チャララ~ン、鼻から牛乳~」のメロディで有名なトッカータとフーガ・ニ短調BWV.565 ですが、「大バッハではなくアルンシュタットかミュールハウゼンの作品」なんてサラッと書いてありました。ええ~マジか、バッハのオルガン曲でいちばん有名なのに、バッハが書いたんじゃないのか。。でもたしかにバッハらしくない終止を使ってるし、バッハをちゃんと調べてる人が聴いたら、こういうのって一発で分かるのかも。専門家ってすごいなあ。

1. トッカータとフーガ ニ短調BWV565
2. コラール前奏曲「主イエス・キリスト,われ汝を呼ぶ」BWV639
3. パッサカリアとフーガ ハ短調BWV582
4. 幻想曲とフーガ ト短調BWV542
5. コラール前奏曲「目覚めよと呼ぶ声あり」BWV645
6. コラール前奏曲「汝イエスよ,今天より降りたもうや」BWV650
7. コラール前奏曲「高き天よりわれは来たれり」BWV606
8. 前奏曲とフーガ ホ短調BWV548

 レオンハルト演奏のバッハオルガン曲の録音の感想で、「バッハのオルガン曲の神髄はコラールらしい」なんて書きましたが、コラールに属さないオルガン曲は「自由曲」というんだそうです。このCDは、コラール前奏曲(プロテスタント教会の讃美歌の前に演奏される曲)以外にも色々入っていて、どうしても宗教的な意味よりもバッハの音楽書法に注目して聴いてしまう僕には、ものすごくバランスがいいセレクトに感じました。色んな書法のバッハが聴けるんですよ!たとえば、パッサカリアとフーガ ハ短調」BWV.582 なんて、バス・オスティナートの上で変奏が次々に繰り返されて(そもそもパッサカリアって、オスティナート・バスと短調と変奏をする曲の事だと思うので、当たり前といえば当たり前なんですが^^;)、すでにベートーヴェンの原型が出来てます。特に、バス主題が抜ける瞬間にゾクッときてしまいました。

 これは素晴らしい音楽と演奏、そして音でした!そして、リヒターさんが演奏したバッハのオルガン曲集には、ドイツ・グラモフォンとアルヒーフに残したCD5枚組なんてものもあるんですが(このCDとは録音違い)、それを買おうかどうか迷い続けてもう何十年たつんだろう。1万円ちかい出費になっちゃうけどどうしよう、アマゾンに安く出ていたら買っちゃおうかな…。


Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『J.S.バッハ:オルガン作品集 グスタフ・レオンハルト(org)』

JSBach_OrganSakuhinshuu_Leonhardt.jpg 大バッハのオルガン曲は、全部聴こうと思ったらとんでもない量。時間もお金も大変です。というわけで、僕みたいなちょっとかじりたいだけのシロウトは選集あたりに留めておくのが無難…でも何を選んだらいいのでしょうか。
 このCD、バッハのオルガン選集にしてはけっこう選曲が渋いです。もちろん「チロリ~ン、鼻から牛乳~」でおなじみの「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」は入ってるんですが、なぜ2枚組の作品集で渋い選曲をするんだろう。その理由は…

 ホテルについてる結婚式用の教会で、オルガン演奏のアルバイトをした事があります。その時に、僕と交代で演奏していたオルガニストの女の子に「バッハのオルガン曲のCDでおすすめあったら教えて」ときいて、推薦してもらったのがこのCD。その子が言うには、「バッハのオルガン曲の神髄はコラール」とのこと。コラールとは、プロテスタント教会で歌う讃美歌で、この形式を使った曲もみんなコラールっていうんだそうな。そして、このCDを聴くと…おお~なるほど、曲名のうしろに「コラール・プレリュード集より」とか「18のコラール集より」と書いてあるものがいっぱい。つまりこのCDの選曲は、有名かどうかじゃなくて、優れた曲かどうかで決めたんじゃないか、な~んて思うわけです。

 さて、音楽。こういうCDのオルガン演奏って、いわゆるチャーチ・オルガンという教会ごと楽器になってるようなヤツを演奏するじゃないですか。だから、ただでさえ音がボワ~ンと回り込みまくりなのに、オルガンって鍵盤から指を離さないとず~と音が鳴ってるもんだから、何やってんだかわからないような凄い事になりそうですよね。でも…いやあ、こんなにきれいに響いちゃうんだ、きっと考えまくって作曲したんだろうなと感心しちゃいました。バッハってオルガン演奏の名手だったらしいですけど、この楽器の鳴り方にまで精通してたんだろうなあ、すごいです。あ、このCDに入ってる曲でいうと、「我らの救い主なるイエス・キリスト」のBWV666の方と、「われ汝の御座の前に進みいで」BWV668 が、個人的には好み。心が洗われるようで、どちらも「18のコラール集」の中の曲。あと、パルティータ「おお汝正しく善なる神よ」BWV767は、まさにパルティータで同じ主題を執拗に使っていましたコラール・パルティータというのを僕が聴いたのは人生で多分この曲だけ。17世紀バロックというよりルネサンス音楽に近く感じでした。「幻想曲 ハ短調 BWV 562」、これは宗教曲とフーガが混然となったような雰囲気で、なんとも言えない魅力がありました。

 演奏は…こっちの世界にまったく疎いものだから、いいか悪いかまったく分かりません(。・・。)。でも、聴いていて不満に思うところはなにもありませんでした。不思議に感じたのは、いかにも「ジャ~ン」みたいなオルガンの音だけじゃなくて、サンポーニャみたいな音になる時があるんですね。これって、教会のそのオルガン特有のものなのかなあ。ちなみに、このCDで演奏しているグスタフ・レオンハルトは、オルガンやチェンバロといった鍵盤古楽器リバイバルの先駆者で、こっち系のCDを漁るとよく出会う人です。

 音は…僕はこういうチャーチ・オルガン系のCDを何枚か持ってるんですが、低音なのか中音なのか、そのへんが充実してなくて、高い方ばっかり鳴ってる感じでした。このCDもそうで、ちょっと物足りないと思ってました。でも今回、「残響がすごい教会でそんな音域を充実させた楽器を使ったら、それこそ倍音だらけになって不協和音程だらけになっちゃうから、実際の教会の音も実はこんな感じなのかな」と思い直し、うちにある大きいスピーカーで(僕、スピーカーを3本持ってます、いいでしょ!)、大きい音で聴いたら…おお~これは気持ちいい!このCDを充実した音で聴きたかったら、いいオーディオセットで、音を大きめにして聴いたほうがいいかも。小さいスピーカーと大きいスピーカーでこんなに聴こえ方の違うCDも珍しいと思っちゃいました。

 というわけで、選曲は渋めで有名曲少なめだけど曲の内容は最高な、バッハのオルガン作品集でした!


Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『J.S.バッハ:音楽の捧げもの リヒター(cembalo, cond.)』

JSBach_Ongaku no Sasagemono_Richter 大バッハの音楽を観賞用として聴いている人って、どれぐらいいるんでしょう。大バッハって、オルガン奏者時代や教会専属時代など、自分の役職によって音楽の傾向が4回ぐらい変わっていった作曲家ですが、教会専属でミサ曲を書いていた時代を除けば、若いころの僕にとってのバッハの音楽は明らかに勉強用でした。ジャズもロックもポップスも、今の西洋の軽音楽は和声進行&メロディという構造のものがほとんどですが(メロと伴奏という構造をホモフォニーと言います)、昔のヨーロッパにはそうではない音楽の形式がありました。そのひとつが複数の旋律を同時進行させる対位法。対位法の中からカノンフーガという技法が発展、その極めつけともいえるのがバッハの「フーガの技法」と「音楽の捧げもの」、みたいに僕は習って、それで聴いたんですから、やっぱり教科書ですよね。というわけで、今でもこの曲を、純粋に観賞用の音楽として聴く事が出来なかたtりして。

 カノンはかなりシステマティックな作曲技法で、ひとつのメロディを作ったら、他の声部に移してそのメロディを少し遅れて輪唱のように重ねていくものです。実際には重ねるメロディの音価を変えたり、和声的に不具合が起きないように「対位法規則」というのが設けられてるので、いざ作曲してみると事は単純じゃないんですが、それでもメカニカルですよね。この重なっていくメロディの数が2つなら2声カノン、3つなら3声カノンと呼ばれます。一方のフーガは、カノンの発展形ぐらいな感じ。そしてこの「音楽の捧げもの」には恐ろしい逸話がありまして…大バッハがプロイセン王フリードリヒ2世からメロディをひとつ渡されて、「これで3声フーガを作ってくれ」と言われたんだそうです。するとバッハはその場で3声フーガを即興演奏してしまったんだとか(゚ロ゚ノ)ノスゲエ。。つうか、3声フーガを演奏できるだけでもすごいだろうに、それを即興でやるって、僕からしたら天才どころか超能力者に近いです。

 というわけで、「音楽の捧げもの」は、バッハからプロイセン王に捧げられた音楽です。プロイセン王の作った主題から、たくさんのフーガやカノンを作っています。これが、ひとつの主題からどうやってカノンやフーガを作るかという絶好の教材になるわけです(^^)。「音楽の捧げもの」の中にはチェンバロでは(恐らく)演奏できない曲もあるからだと思いますが、このCDではチェンバロ独奏のほかに、弦やフルートの室内楽として演奏しているものも入っています。

 僕は、もうカノンやフーガという技法を使った作曲から20年以上離れているというのに、このCDを観賞用に聴こうと思っても、いつの間にか教科書のように分析しながら聴いてしまうのでした(^^;)。でもそれが悪いかというと、ムッチャクチャ凄いと思って感動するんですけどね。でもその感動って、感じて起こる感動じゃなくて、考えて起こる感心に近い感じ。僕自身がそう聴いてしまってるもので、BGMのように音楽を聴きたい方にはおすすめできないのですが、「カノンとかフーガってなんかすごそうだな」と興味を持っている人には間違いなくおすすめ、中世以降の西洋音楽の中で一度は聴くべき作品のひとつとは思います。旋律と伴奏みたいな聴き方したらつまらなく感じるでしょうが、全部独立した旋律として追いかけて聴けば、バッハをつまらないと思っている人も面白く感じるようになるかもしれません(^^)。


Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『福田進一 / 翼 ―イン・メモリアム武満 vol.2』

FukudaShinIchi_Tsubasa_In memorium Takemitsu2 クラシック・ギターの福田進一さん演奏による武満徹作品集の第2弾で、武満さんの曲と、武満さんにちなんだ曲が収録されていました。
 福田さんの武満作品集の第1弾には「フォリオス」「すべては薄命の中に」「エキノクス」という武満さんのギター作品の代表作が入っていました。でも、よく考えたらこれらの曲が武満さんの代表作になったのは、福田さんのような影響力の強いギタリストが取り上げてきたからなんですよね。クラシックの名曲って、有名プレイヤーが取り上げることが第1段階、それを誰かが評価するのが第2段階、そうやって徐々に認知されていくんだと思うので、まずはプレイヤーが拾わないとどうにもならないのですよね。僕がこのCDを買ったのは、武満徹さん音楽が好きなのに、まったく知らない曲がいっぱい入っていたからでした。武満さんクラスの作曲家の曲でも、取り上げられず音盤になってないものがいっぱいあるんですねえ。

 武満さんは、思いっきり硬派な芸術音楽を書く作曲家という一面だけでなく、フォークミュージックのような映画音楽を書くこともあるし、ビートルズのギターアレンジなんかもやった事があるもんで、僕は全面的に信頼しているわけではないんですが(^^;)、このアルバムもそういう色んな顔を持った武満作品を取り上げていました。でもやっぱり惹かれるのは芸術音楽方面の曲で、3楽章からなる森のなかで」(1995)は、冒頭のアルペジオのサウンドを聴いただけで引きずり込まれてしまいました。ちょっとフォリオスに似ているところがあって、悪い言い方をすると過去の自分の作品の焼き直しを作ってしまうという作曲家が陥りやすいところにハマった気もしますが、それでもこの思いっきり武満なサウンドが僕は好きです。う~ん、こういういい曲だと楽譜を買わないわけにはいかないじゃないですか、お金ないんです助けてください。。
 同様にして、「キターのための小品~ブソッティの60歳の誕生日に」(1991)も素晴らしいサウンドでした。ただこれはサウンドイメージだけで、学識を形成するところまで来ていなくて、まだ曲になっていない感じかな?

 武満さん以外の曲では、ブローウェル作曲の「ハープと影~武満徹への讃歌」が、なかなか良かったです。ただ、ブローウェルのギター曲は、ある時期からどれも彼が書いたギター曲「ソナタ」のバリエーションのようで、似ていますね(^^;)。。ほかには、北爪道夫さん作曲の「青い宇宙の庭」の2曲も、なかなか面白かったです。なんでこの曲が武満作品集に入っているかというと、第2番が武満さんに捧げられているんですね。そういうだけあって、要所要所に武満さんっぽい音型や和音が出てきていました。

 そして、ポピュラー系の曲で意外に感動したのは、アルバムタイトルにもなっている「翼」の、福田アレンジのギター二重奏版。なんだか古い日本の名画のハッピーエンドでかかるような曲で、自分が死ぬ時は「いい人生だったな」と思いながら、こういう曲が頭の中で流れてくれたらうれしい曲に思えて、泣けてしまいました…。考えてみたら、僕が青春時代に心を震わせた武満さんは、もうとっくに故人なんですよね。武満さんも、死ぬ時にそんなことを考えたのかなあ。

 このCDが出たのは2006年。僕が武満さんの音楽から離れてしばらく経った頃でした。そして、このCDを僕が買ったのは2018年ごろ。80年代以降の武満作品には興味を失っていたので、安くなるまで買うのを控えていたんですよね。ところがいざ聴いてみると、素晴らしい曲と演奏が何曲か入っていて、やっぱり買ってよかったなと思いました。曲自体は素晴らしいので、これらの曲がギター音楽のスタンダードになるかどうかはプレイヤー次第。人気曲ばかりでプログラムを構成しがちな日本人ギタリストの皆さん、ぜひとも知られていないけどいい曲というのをどんどん取り上げて、いい曲をスタンダードの地位まで持ち上げてほしいです!


07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS