fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『武満徹 映画音楽⑥ 市川崑・中村豊・恩地日出男監督作品篇』

TakemitsuToru_EigaOngaku6.jpg 武満徹さんの映画音楽集、昔はこれがラストで、他には6枚全部買うと貰えるボーナスディスクというのがあっただけなんですが、今は7集とか8集とかも出てるみたいです。う~ん、もし『心中天網島』のサントラがあるならそれも聴きたいなあ。

 第6集、一瞬で心を奪われたのが、市川崑監督の美術ドキュメンタリー映画「」のサントラ。純邦楽と西洋音楽、前衛音楽と伝統音楽が見事に融合していて、美しさとヤバさ、光と闇が同居したような音なのです。いやあ、これはスバラシイ。。このドキュメンタリー映画、僕は観てないんですが、オリベッティが制作した美術映画シリーズ「せレ・アルテ」の中の1本らしく、京都の美しさを四季を通して描いてるらしいんです。これはいつか見てみたいなあ。。

 「太平洋ひとりぼっち」も市川崑監督の映画で、制作は石原プロで石原裕次郎主演。これはドキュメンタリーではないもののノンフィクションで、実際にヨットで太平洋横断をした堀江健一さんの大冒険の映画化です。これは青春映画的な音楽で、爽やかでビックリ、昔聴いた時は古くさいと思ったけど、いま聴くと逆にそれが新鮮でした。

 中村登監督「古都」。別の場所で育った双子の姉妹とある男の出会いを、京都の四季の移り変わりと重ねて描いた作品です。この筋だけで、すでに傑作の匂いしかしませんが、実際に素晴らしい映画でした。1963年の大映映画ですが、昔の日本映画の高尚さや質の高さって本当にすごいです。今の映画興行収入ランキングを見ると、白痴化、文化の幼児化が分かりますよね、。文学だって、昔はサルトルやヘミングウェイがベストセラーで文化の牽引車だったのに、今ときたら…。そして、プリペアド・ピアノとストリングスを使った劇音楽、これがまた素晴らしかった。60年代日本映画の異常なハイクオリティ率は、音楽に寄る所も絶対に大きかったと思います。

 紀ノ川、これも音楽が強烈に素晴らしい!箏なんかの邦楽器とオーケストラ、そして「ドドン」と鳴っているプリペアドな音は何なんだろう…プリペアド箏なのか、ピアノなのか。西洋の伝統音楽と前衛音楽の融合、また西洋音楽の純邦楽の融合が見事、感動してしまいました。この映画の音楽は18分ぐらい入ってるんですが、これが第6集の白眉ですね(^^)。

 「二十一歳の父」、これもタイトルだけで名画の匂いしかしませんが、僕は観てないです。音楽は、シューマンのピアノ曲の主題をギターで変奏していくというもの。

 以降は、けっこうテレビ劇版的な無難な音楽が多かったかな?クラシックギターを使ったギター曲が意外と多くて、もしかしてこの頃の武満さんはギター音楽に取り組んでたのかな?でも、最初のギター作品「フォリオス」でも1974年ですよね、どうなんだろう。

 僕的には「京」と「紀ノ川」の素晴らしすぎる音楽が入ってるだけでも感涙ものでした。サントラなんて馬鹿に出来ない、これは演奏会用の音楽と並べて聴いても、武満さんの傑作のひとつに入るんじゃないでしょうか。久々に聴きましたが、いや~素晴らしかったです!!


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『武満徹 映画音楽⑤ 黒澤明・成島東一郎・豊田四郎・成瀬巳喜男・今村昌平監督作品篇』

TakemitsuToru_EigaOngaku5.jpg 武満徹さんの劇伴音楽オムニバス第5集、とうとう色んな監督さんの寄せ集めになってきました(^^;)。「乱」で僕の中ではケチがついてしまった黒澤&武満コンビのもうひとつの作品「どですかでん」が入ってるもので、買うかどうか迷った1枚でしたが、大好きな映画である成瀬巳喜男監督の「乱れ雲」が入ってるので、結局手にしたのでした。

 黒澤明「どですかでん」。僕はこの映画を観てないんですが、音楽はクラシックギターの鈴木大介の演奏で聴いた事がありました。知恵おくれのろくちゃんという人から見た、夢を持った人々の物語というわけで、人情劇っぽい古い日本のテレビドラマの音楽みたいでした。このCDの解説に武満さんのインタビューが出てるんですが、やっぱり黒澤監督は作曲家に具体的な曲を指示するみたいですね。この映画の場合、「アルルの女」を指定されたみたいです(^^;)。う~んそういう仕事の仕方をするなら、作家主義の作曲家でなくて職業作曲家を使わないとまずいですよね…なるほど、黒澤さんと武満さんの共同作業が少ない理由が分かった気がしました。
 比較的保守じゃないのは「怪談」の音楽でした。尺八使ってドロドロドロ~って感じで、昔の神社でやってた見せ物小屋のお化け屋敷みたい。面白い。かなり雰囲気あるので、子どもが聴いたらチビるかも。。でも、あくまで雰囲気ものかな…って、映画音楽って本来そういうものですもんね。
 そして僕の本命「乱れ雲」。自動車事故で夫を失った未亡人と、その加害者の青年の愛の物語で、劇中にジャズが出てくるんですが、これが聴きたくてこのCDを買ったようなものですが…おお、入ってた!良かった。。でもひとつ発見が。僕はこの映画の音楽が好きなんじゃなくて、映画自体が好きだったんだなと(^^;)。

 第5集に入っていた音楽は、武満ワールドではなくて、ドミナントの見えるオーソドックスな音楽が多く、第4集とは対照的な内容でした。「青幻記」に沖縄音階を使った曲があったりはするんですが、それも結局はドミナントに吸収されますし。じゃあつまらないかというとそうではなく、僕にとっては自分が幼稚園に入るより前に、親が夜に観ていたテレビから流れていた音楽を聴くような感じで、なんだかものすごく懐かしく感じたのでした。きっと、スコアだけでなく、録音の質感とか、演奏の癖とか、色んなものに60~70時代の美感や質感というのが出てるんでしょうね。。


Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『武満徹 映画音楽④ 勅使河原宏監督作品篇』

TakemitsuToru_EigaOngaku4.jpg 武満徹さんの映画音楽CD、第4集は勅使河原監督作品集です!このCD、メッチャいいです!僕的には、「ジェモー」とかの武満さんの80年代後半以降の純音楽より、この映画音楽の方が好きです(^^)。そして…いや~勅使河原監督はマイ・フェイバリットのひとり、絵作品もけっこう観てきました。安部公房作品の映画化、強烈な社会派ドキュメンタリー映画など、日本の映画監督として素晴らしい仕事をした人でした。原爆投下の後、広島に生まれた様々な奇形児を隠すことなく世界に伝えた『世界は恐怖する』は強烈でした。本当に顔の中央に大きなひとつ目をもって生まれた映像は強烈。どういう理由があろうとも、いまだに核兵器保有を肯定している政治家や一般人には見て欲しい映画です。

 そんな勅使河原映画のサントラですが、いちばん実験音楽色が強かったのは「おとし穴」でした。ほとんどループのような曲、ジョン・ケージ・ショック直後に実験的に作られたかのように聴こえるプリペアド楽器の作品などなど。「おとし穴」は劇映画とはいえ台本が阿部公房さんですし、あのATG映画の第一作ですし、これぐらいあってもおかしくないですが、こういうのを今の映画で聴くことが出来るというと、なかなかね。。今が保守なのか、当時が前衛なのか。興行的にどうかといえば今のほうが合理的なんでしょうが、芸術性で言えば当時の完勝ではないかと。
 芸術性でいえば、「砂の女」の音楽はやっぱりすごい。これは弦楽の中に風の音を加工して滑り込ませるミュージック・コンクレート的な作品。

 「燃えつきた地図」も前衛的。これは、なんとびっくりコラージュ音楽。プレスリーのハウンド・ドッグとヴィヴァルディが交互に出てきます。68年ということはターンテーブル的な発想ではなくて現代音楽のミュージック・コンクレート的な発想なんでしょうが、これは映画の内容も加味した選曲なんでしょうね。

 一方、前衛方面でない音楽も、素晴らしいものが多くて驚きました。まずはなんといっても「他人の顔」のアコーディオンと弦をバックにドイツ語で歌われるワルツが、なんとも言えない味わい。美しいんですが、どこか江戸川乱歩的な情感やヤバさを感じます。
 「サマー・ソルジャー」は一転してジャズ調。エレピのソロも、ジャズトリオの演奏も、夢の中を漂うようで気持ちいい。このエレピ、めっちゃいいけど誰だろう、佐藤允彦さんあたりかな…。
 「ホゼ・トーレス」は、なんといったらいいか…ソウルミュージックを弦楽でやった感じ。この弦の質感が妙に艶めかしも清々しくもあって、これに似た音楽を僕は聴いた事がありません。う~んこれはいい。

 当時の前衛音楽のほか、ジャズ、クラシック、そして当時の日本の劇伴の典型と、色んな音楽を万華鏡のように聴く事の出来るCDでした。それでいてどこか共通する美観を感じるのが面白かった!武満さんの映画音楽集を買うなら、この1枚は優先順位が高いかな(^^)。


Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『南極物語 オリジナル・サウンドトラック』 ヴァンゲリス

Nankyoku Monogatari_Soundtrack 1983年7月公開の日本映画『南極物語』のオリジナル・サウンドトラックです。作曲はヴァンゲリス。シンセサイザーのほか、重要な曲は生の管弦も入っていたと思うんですが、あれが本物だったかどうか不明。でもティンパニは本物だろうな…。ヴァンゲリスってスコアが書けなかったそうなので、仮に生だった場合、打ち込みで作ったオケをアレンジャーに渡して管弦アレンジしてもらったのかも知れません。でもそれって作曲家としては相当にプライドが傷つく作業だな…。

 これも『炎のランナー』同様、自分が小学生だったもんで、若すぎて良し悪しが分からなかった音楽でした。今にして思えば、『炎のランナー』と同じで、好きではなかったんじゃないかと。ただ、80年代デジタル・シンセのあの質感が、ずっと心に残りました。そこに「邦楽はダメで洋楽はすごい」という先入観が付け加わったもんだから、きっとこれは良い音楽なんだろうな、と頭で考えたりして。まあ、考えてるようではダメですよね。
 今でもよく覚えている曲は、あのシンセのハンド・クラップの安っぽさだけはどうにかして欲しい「南極物語メイン・テーマ」と、犬たちが脱走して難曲を走り回るシーンで流れた疾走感ある曲「生きるための戦い」。好き嫌いはともかく、懐かしいです。そこには忘れられない思い出もありますし(思い出に関しては、また次回^^)。

 ヴァンゲリスの音楽は、とにかくドミソで長調か短調、洒落た音使いなんてとうてい出来ないナンチャッテ作曲。アレンジに至ってはアレンジなんてものじゃなくて、音をレイヤーのように重ねるだけ、正直言ってクオリティは低いです。でも、、デジタルシンセが台頭し始めた時代だったので、生演奏でない方がいい時(例えば近未来的な映画の音楽とか、それこそ南極物語みたいな人間的でない世界の音の表現とか)に、キャスティングされやすい存在だったんじゃないかと。僕個人はあまり好きじゃなかったんだろうけど、それでも自分が歌謡曲やアニメ主題歌ではない音楽を自分から聴いたごく初期の体験の中にある音楽で、特別のものに感じます。ゲームウォッチが出てきたりデジタルシンセが出てきたりと、世の中がデジタル化していく最初の瞬間を音で感じた時代の思い出のひとつとして、僕の中に入ってる音なんですよね。


Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『炎のランナー Chariots of Fire: Vangelis』

Chariots of Fire Vangelis 僕がはじめて聴いたヴァンゲリスの音楽は、映画『炎のランナー』の劇伴でした。実は僕、この映画をフルで見た事が無いんです、テレビ放送でチラッと見かけた事はあるんですが(^^)>。でも子供のころは、リアルタイムで観てみたいと心から思った映画のひとつで、他にはロバート・レッドフォード主演『ナチュラル』、『スターファイター』、『フラッシュ・ダンス』なんかも観たいと思った映画でした…ほとんど観れてないんだなあ。でもサントラだけは、友人のお姉さんがかったサントラ盤を借りて聴いていました。

 シンセサイザーだけで作られた音楽で、今から考えると、好きとも面白いとも感じられなかった音楽だったと思います。ただ、なにせまだ小学生でしたし、シンセサイザーの音でなんとなく新しい時代のものに感じて、どのへんが良いのか理解しようと不思議な思いで聴いていた、みたいな。面白いにせよつまらないにせよ、それを表現する言葉をまだ知らない状況だったのかも知れません。

 今にして思えば、楽曲はえらく単純、シンセの音は低音が抜けてえらくチープ、実際に音楽として面白いものには思えません。いま考えたら、あの頃さんざん宣伝されたデジタル・シンセというのが曲者で、実際にはサンプリング音源だったりしてたんですよね。デジタルだって本当に加算方式で音作りをすればいい音に出来たんでしょうが(実際、そういうシンセをKAWAI が作ってましたよね…持ってました^^)、サンプリングした音に対して減算方式で作るものが多かったもんだから、音自体がとにかくチープ。
 でも、なにせ80~90年代の音楽でないとなかなか聴けない音なので、この手の音を聴くと、小学校高学年から中学のころを思い出して、無条件に懐かしくなる自分もいたりします(^^)。


07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS