FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『矢沢永吉 / KISS ME PLEASE』

yazawa_kissme.jpg 90年代頭以降の矢沢永吉さんの音楽を、私は知りません。だからその辺りまでの事しか言えないのですが、そこまでの矢沢さんの音楽は、大きくふたつに分かれていると思います。ひとつは日本で制作されていた、日本のロックバンドにブラス・セクションやストリングスが重なるもの、もうひとつは、ひとつ前の記事で書いた、アメリカ西海岸のスタジオ・ミュージシャンと制作したAOR風バンドもの。後者の代表作が『E’』なら、前者の代表はこれになるんじゃないかと思います。この前後の作品『ドアを開けろ』『ゴールドラッシュ』『KISS ME PLEASE』は、コンセプトがまったく同じなので、もしどれかを気に入るようだったら、全部良いと感じると思います。順位をつける意味は、あまりないかも。

 前の記事で、『E’』が日本のニュー・ミュージックの代表作みたいな事を書きましたが、では矢沢さんのアルバムでどれが一番良いかというと…こちらのアルバムの方が好きなのです(笑)。洋楽邦楽問わず、ロックバンドにブラストストリングスを加えてアレンジする事が、これほどうまくいった音楽を、私は知らないのです。このアルバムには「冷めた肌」「ワンナイト・ショー」という曲が入っているのですが、それなどはその典型です。

 50年代以降のポピュラー音楽というのは、楽曲様式としていうと「歌謡形式」という構造になっています。1コーラス(1番)、2コーラス(2番)…みたいに、同じコーラスを何度も繰り返して歌うのです。だから、かなり考えて作らないと、歩いても歩いても同じ景色が続くような感じで、すごく退屈なものになってしまいます。ポピュラーの曲が数分で終わってしまうのは、飽きられる前に終わるという意味もあるんじゃないかと思っています。ところが、この時期の矢沢さんの音楽は、歌謡形式の問題点をブラスやストリングスのアレンジで見事に解決しています。歌のメロディと対になるメロディをストリングスが作り、それが対立し、展開し…といった形で、ひとつひとつの曲のドラマ性がすごく高いのです。

 しかし、矢沢さんのプロフィールを見るに、ストリングスのアレンジの勉強をしている時間はなかったと思います。つまり、このオーケストレーションを作った誰かがいるのではないかと。その人が、この音楽の本当の主役なんじゃないかと。名前も出てこないのに、高度な仕事をやっている人がいる。中学の頃、ぼんやりとですが音大に行って音楽を学んでみたいと思ったのは、こうしたことも理由のひとつでした。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: --  

『矢沢永吉 / E'』

yazawa_E.jpg 矢沢永吉さんという人は社会現象だったと、何かの記事で読んだことがあります。キャロルというバンドでデビューし、黒のライダーススーツにロックンロールという、イギリスのモッズのようなカウンターカルチャーとして、社会現象にまでなったようです。これが、暴走族全盛期の日本の文化と結びつき、ライブにはヤンチャそうなな若者がわんさとつめかける状態に。さらに、ソロデビュー後も日本人初の後楽園スタジアムワンマンライブ、あまりに不良が押し掛けるため会場側がライブを拒否するなど、良くも悪くも社会現象としての側面が矢沢永吉さんという人の知名度をあげる一因となったようです。ところが私は、もう少し後の世代であったので、そういう事情をまったく知りませんでした。それが良かったのかもしれません。「不良のカリスマ」みたいな先入観なしで、このアルバムを聴くことが出来たのです。

 サウンドを含めたアレンジのセンスが抜群で、驚きました。そこにあるのは、不良だとかカリスマだとかそういうものとは切り離された、まったくのプロフェッショナルの仕事だったのです。日本のポピュラー音楽のなかで、松任谷由実さんや山下達郎さんのはるか先を行く人だと感じました。ニュー・ミュージックという音楽が流行していたころ、友達も、また友達のお兄さんやお姉さんも、音楽と言えばみんなニュー・ミュージックを聴いていました。そんなものですから、自分で買ったり借りたりしなくても、それらの音楽は随分たくさん耳にしていました。その中で最も優れたアルバムを挙げるとすれば、私はこのアルバムを推薦したいです。

 洋楽指向が良い事かどうかは分かりませんが、フォーク・ミュージックの時代が過ぎた70年代後半から現在までの日本のポピュラー音楽は、常に洋楽の延長線にあり続けた音楽だと思います。その歴史の中で、70年代後半から80年代半ばあたりまでが、もっとも洗練を極めた時期だと思うのですが、これはその頂点に立つアルバムだと思います。矢沢さんは次に『YOKOHAMA 20才まえ』というアルバムを出すのですが、これは兄弟のような作品で、このアルバムを気に入れば、そちらも良いと感じるかと思います。
 以降の日本のポピュラー音楽は、バンドブームが起こり、ダンス音楽の乱造が起こり、子供向けのアイドル・グループの押し売りが始まり…というように、産業としてはどんどん大きくなっていきながら、音楽そのものはどんどんとアマチュアなものになっていってしまいました。そんな状況を横目に、私はいつしか日本のポピュラー音楽を聴かなくなっていきました。



Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: --  

『山下達郎 / オン・ザ・ストリートコーナー2』

Yamasita_streetcorner2.jpg 山下達郎さんのアルバムに、もうひとつ好きなものがあります。それがこの『オン・ザ・ストリートコーナー2』です。なぜ「2」なのかというと、選曲が良かったという事と、「1」を聴いていないからです(笑)。2が出たという事は、1もきっといい作品なんでしょうね。たしか、3も出ていたと思います。

 このアルバムは、達郎さんがひとり多重録音で作り上げた、無伴奏アカペラ作品です。「アマポーラ」とか「ホワイト・クリスマス」など、古い英語のポピュラー音楽ばかりをとりあげています。このアルバムを初めて聴いたのは中学の頃だったと思いますが、その時まだ僕は黒人のコーラス・グループの音楽というものを知らず、。ドゥ・ワップなんかも知りませんでした。それが、このアルバムを聴いて興味が出て、そちら方面の音楽も聞くようになりました。確か、達郎さん自身がライナーを書いていて、その辺りの音楽に言及されていたような気が。記憶違いかな?

 しかし、やっぱりこのアルバムはこのアルバムで、黒人のコーラス・グループの音楽とは違った、独特の魅力を生み出していると思います。黒いコーラスって、メイン・ヴォーカルがすごいテクニカルに、そしてエモーショナルに歌うものが多い気がします。しかしこのアルバムは、メイン・ヴォーカルは、コーラスとのハーモニーの美しさに徹底しているという感じがします。それだけに、初めて聞いた時には「うわあ、なんてきれいなんだ」とハーモニーの美しさに感じ入っていました。


06 2013 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS