FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: --  

『ストラヴィンスキー:春の祭典、ペトルーシュカ ヤンソンス指揮、オスロ―響』

Stravinsky_LeSacreDuPritemps_Jansons.jpg ついに来ました、ストラヴィンスキーです!!「春の祭典」です!!…って、なんでブレーズの超有名なレコードとか、名盤ひしめく大名曲の録音の中で敢えてこれなのかというと…もう自分でも説明不可能です。いちばん心震えるのがこれなんです。これが好きなんですよ。。

 な~んて言ったらレビューにならないので、ちょっと分析する事に。要するに、アレンジが凄く見えやすい演奏と録音なんじゃないかと。例えば、第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが、アレンジ上ではどういう関係になっていて、このCDではそれぞれがどこから聴こえてくるか…なんてところに注目するだけでも、このCDの凄さが分かろうというものです。ああ、あと、録音でいうと、それぞれの楽器のセパレートが凄く良くって、オケが全部でグチャッと鳴るのではなくて、楽器それぞれが何をやっているのかがちゃんと見える感じです。そういう意味でいうと、現代的なレコーディングという感じでしょうか。演奏が硬いと言えば硬いですが、もしかしたらエッジを利かせるためにわざとそうして、練り込んで録音に挑んだんじゃないかという気すらしてきます。実に鮮明な「春の祭典」なのです。

 で、肝心の音楽です。ストラヴィンスキーは、かなり独創的な音楽を作る人です。クラシックというものをよく知らない頃、僕はクラシックといえばベートヴェンの「ジャジャジャジャン」とか、ああいうイメージが凄く強くて、どの曲を聴いても「クラシック」っぽい響きで、すごく無個性な音楽に思えていました。外人さんの顔が全部同じに見える現象に近いですね。だから、モーツァルトの曲を「これはベートーヴェンの曲だよ」と言われても信じちゃってたんじゃないかなあ。それが、ストラヴィンスキーとかの、個性の塊のような人の音楽に出会って、その考えは変わりました。ストラヴィンスキーの中で「春の祭典」は別格というか、「すげええ」という衝撃度は最大級でした。ちなみに、ストラヴィンスキーは時代によって作風を変えていくんですが、これは初期の原始主義なんて言われてた頃の代表作のひとつ。

 このCDを聴いた頃というのは、ブレーズとかシュトックハウゼンとかも聴いていたので(順番が逆だろ…)、ストラヴィンスキーの「火の鳥」あたりだと、近代音楽特有の派手な色彩感は感じるんですが、その和声の響きがちょっと古典的すぎると感じたんですよね。のちに「火の鳥」は大好きな音楽のひとつになるんですが、最初に聴いた時は、とにかく「普通のクラシック」っぽく感じてしまって、つまらなかったんです。しかし、「春の祭典」はちょっと違う。響きもそうなんですが、それ以上にえらくパーカッシヴな音楽というか、もう従来のクラシックとは音楽のルール自体が違う感じ。キング・クリムゾンを聴いているような扇情的な音楽なのです(キング・クリムゾンの曲の中には、「春の祭典」のアイデアをそのままパクったものがあります)。

 大名曲なだけに、「春の祭典」をいまさら推薦するというのもナンなのですが、クラシックがつまらないという人にこそぜひ聴いてほしいと思う曲です。ロックやジャズのファンなんか、絶対に面白いと感じると思うんですよね。また、他の「春の祭典」の演奏や録音しか聴いたことが無い人には、一流とは言えない指揮者とオケのこの録音を、だまされたと思って聞いてみて欲しいと思ってしまうのです。これはいいと思うと思います(^^)。


スポンサーサイト



11 2013 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS