FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

『Ladysmith Black Mambazo / liph' iqiniso』

Ladysmith_Liph.jpg 暑くなってきましたね。というわけで、アフリカの音楽を!!「レディスミス・ブラック・マンバーゾ」と読む、南アフリカのコーラス・グループです。意味は「レディスミス(地名)の黒い斧」だそうで。無伴奏コーラスです。コーラスの縦線の揃い方、ピッチの良さなど、ちょっと鳥肌モノの凄さ。初めてこのグループのコーラスを聴いた時、あまりの素晴らしさにため息が出てしまいました。日本でも結構ヒットしたグループなので、そこそこ有名かとは思いますが、未体験の方は絶対に聴いてみてほしいです。大推薦です!!凄すぎます!

 とはいえ、僕はこのグループや、南アフリカの音楽について全然詳しくないので、紹介したくても色々書けない(・_・、)。え~っと、思いつくままに書いてみると…無伴奏合唱の素晴らしさはさっき書いた通り。音楽的には、すごくあったかいサウンドで、幸せを感じてしまうほど。でも歌詞を見ると「人を殺すな」とか「私の希望が息づく場所へいつ戻れるのか」とか、けっこう切実。商売音楽や宗教音楽とは違って、かなりフォークロアな感じがします。音楽はリードヴォーカルが歌うのに対して合唱が後を追うという意味では、ブラックアフリカの音楽によくあるコール&レスポンス形式ではあるんだけど(ジャケット写真を見るに、メンバーは全員ブラックアフリカン)、このレスポンス部分がえらく見事な和声で恐ろしく統制されたコーラスなので(バス声部まである!)、キリスト教音楽が混じっているのかも。この辺りが白人支配社会だった南アフリカ特有のものなのかも。で、合唱というと、僕の場合はどうしても教会とかホールとかの残響で素晴らしい響きで美しく混ざる合唱をイメージしてしまうんですが、これは何とエコーがほとんどナシ。たぶん、屋外でやっているコーラス音楽だから、エコーを掛けたら変だとか、そういう理由なのかも。しかしこれが素晴らしいサウンド!!

 いや~、支離滅裂なレビューになってしまいましたが、素晴らしい音楽です。ワールドミュージックの素晴らしさって、それを知った瞬間に、「ああ、俺はなんで今まで同じようなレコードばかり何百枚も買ってたんだろう、他にも素晴らしい音楽がいっぱいあるのに…」と感じられる点にあると思います。音楽好きなのに、同じジャンルばかりを掘っている人、それは寿司がうまいと言って寿司しか食わないようなもの。それが悪いわけではありませんが、焼肉や中華やハンバーガーの味も知った方が楽しいじゃありませんか。南アフリカのすごくほんわかとした無伴奏コーラス、ぜひ聴いてみて下さい!!



スポンサーサイト



05 2015 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS