FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『Ladysmith Black Mambazo / Homeless』

Ladysmith_Homeless.jpg 南アフリカの無伴奏コーラスグループであるレディスミス・ブラック・マンバーゾのCDでは、前の記事で紹介したものより、こちらの方が有名かも。僕が最初に買ったマンバーゾのアルバムはこれでした。これにやられた!!バス6人の男性コーラスのあったかい感じが気持ち良すぎです!!

 えっと、久々にこのCDを聴きながらライナーを読んでいたら、新たな発見が。以前に「アフリカのコーラスはあまり詳しくないので紹介できない!」な~んて書きましたが、バンツー族系(ブラック・アフリカの人種は色々あって、すごく背が低くて森の中に生息しているピグミー族とか、ブッシュマンで有名なコイサン族とかなんかもいますが、あの背の高い人たちはバンツー族と言って、現在のアフリカ大陸で一番人口の多い人たちだった気がする。あれ、語族だけの問題だったかな?やっぱりアフリカについては語れない(p*'v'*))のコーラスで、このブラックマンバーゾみたいな、アフリカのコーラスとキリスト教音楽が混ざったような「バンツー系合唱」というスタイルは、19世紀の床屋で生まれたそうで。なるほど~、アフリカだと床屋が一種の社交場で(昔の日本もそうだったらしいですね)、そこでみんなで歌を歌っているうちにどんどん洗練されていったんでしょうね。いや~、商売っ気抜きで、自分たちが楽しむためにやっている音楽って、ものすごい好きです(^^)。。で、南アフリカのこの合唱を売りにした合唱団は、1930年代に既にアメリカに渡って公演していたんだそうで(バンツー・グリーン・シンガーズというグループだそうで)。う~ん、歴史があるんだな。で、80年代あたりで一番世界に名の通っていたのが、このレディスミス・ブラック・マンバーゾという事ですね。

 このグループのCDを全部持っているわけではないのですが(結構出てます。30枚ぐらい?)、僕が聴いた範囲では、このグループの作品に外れなし!しかし詞がバンツー系の言葉みたいなので、出来れば日本語訳のついている日本盤を購入する事をおススメします。このアルバムの1曲目「ホームレス」なんて、歌詞を読んでいるだけで海路からヨーロッパ民族の侵入を許したアフリカの歴史を、当の現地人がどういう風に捉えているのかがすごく伝わってきます。…まあ、そういう面白さを度外視したとしても、このCDで聴く事の出来る合唱は、西洋の教会音楽とはまったく匂いの違う、アフリカの平和さとか暖かさみたいなものを感じます。大おススメ!!



スポンサーサイト



05 2015 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS