FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽)   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

書籍『ツー・ファイブ・ジャズ・ライン』 フレッド・リプシアス著

TwoFive_fred.jpg 渡辺貞夫さんの『ジャズ・スタディ』なり、前回紹介した『実用ジャズ講座』なりを勉強したら、まずは実践しまくるのみ!しかし僕の場合、理論書を読んですぐに実践できませんでした。ジャズ、甘くなかったです…。問題は、スピードとアイデア。だいたい、「えっと、ここではホールトーンスケールが使えるから…」なんて考えてる暇がないんですよね、音楽はどんどん進行しちゃうので(^^)。また、かっこいいラインとか、絶妙なエクステンションとかって、アドリブでポンポン出てくるような甘いものじゃありませんでした。僕の場合、いつも同じサウンドばかり使っちゃっててワンパターンに陥ってました。このあたり、バークレーなんかのジャズの専門音楽学校でどうやって教えているかというと…アドリブで使えるフレーズをまるまる教えてるんだそうです。その場のアドリブで作り出している人なんてソニー・ロリンズぐらいのもので、多くのジャズマンは超一流の人でもいくつかのストックフレーズを持っていて、それを少しだけいじってるだけなんだそうです。たしかに、仕事の現場で実用的に行こうと思ったらそれが一番事故がなくって確実だし、最初からいいフレーズを覚えておけばいいんですものね。

 で、ジャズのアドリブの見せ場はいくつかあると思うんですが、いいプレイを聴いたときに僕が一番「これはすごいな」と感じるのが、エクステンションやオルタードの使い方のセンス。その見せ場がドミナントモーションをする場所、つまりはツーファイブの箇所なのです!理由は、5度から1度に解決する瞬間が「半音だけずれて元に戻る」ためで、元々の音をいろいろ変えられるから。分かりやすくスケールでいえば(でも僕自身はスケールでジャズを考えてません、どの音が使えるか、という発想)、本当はミクソリディアンというスケールだけだけど、オルタードもホールトーンもコンディミも行けちゃう…みたいな、かなり自由度の広い場所。ところが、この見せ場なんて一小節とか、場合によっては二拍で終わったりしちゃうわけです(T_T)。こうなると、理論の学習を終えたジャズ・ミュージシャンが次にやる事は、ツーファイブのところで、①偉大なジャズマンのかっこいいフレーズを覚えておいて演奏する、②頑張って自分でかっこいい手を作っておく、③フレーズ集というアンチョコを見る、みたいな事を行うことになるわけです。で、この本は、まさにそのアンチョコ集!!

 いや~、僕自身は、ここに書いてあるフレーズをそのまま使ったことはないんですが、ツーファイブをどのようにリハーモニゼーションしてアプローチするか、という事を学ぶには最適の本でした!マジで素晴らしい本です!!また、実際にここにあるフレーズをそのまま使うという正規の使い方をしてもばっちりというぐらいに、アイデア満載。この本、バークレー帰りのミュージシャンが推薦してくれて買ったのですが、これは理論書がひととおり終わって実践段階まで来た方には有り難い一冊ではないかと。理論の第2段階まで来た人は、第3段階の『ジャズ・セオリー』に進む前に、こういう本や実際の演奏をお手本にしながら演奏しまくるのが良いのではないかと!!超お勧めですが…僕が持っているのは最初に出た青い本。今は新装版というのが出てるのか、ちょっと気になる(^^;)。。




スポンサーサイト



09 2015 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS