FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『DEEP PURPLE / BURN』

DeepPurple_Burn.jpg 連休だというのに、部屋にこもって仕事三昧です(;_;)。よ~し、ロックでも流してスカッとするか!!(ゴソゴソ)・・・お、こんなの出てきた、ディープ・パープル「紫の炎」です!!

 微妙な邦題はさておいて、ハードロック好きな人だったら、これを聴いてない人なんていないだろうアルバム!なんといっても、アルバムタイトルになったA面1曲目"BURN" が熱い、超カッコいい!!30を超えても40を超えても、これがかかると「おお!!」と燃えるのは僕だけじゃないハズ(^^)。"Highway star"、"Child in time"、そして"Burn" は、ディープ・パープルに限らず、ハードロック全体を見ても屈指の名曲・名演(^^)。"Burn"なんて、リフはカッコいいし、オルガン・ソロもギター・ソロもカッコいい!ヴォーカルもすっごくいい!しかし、それ以上に燃えるところがボクにはありまして…Aメロ中のドラム、すげええええええ!!リズムキープなんて全然しない(いや、リズム感としては感動しちゃうぐらいにタイトなんですが)、ほとんどドラムソロ並みに叩きまくってます。メトロノーム係の8ビートや16ビートのドラムなんてつまらない、ジャズみたいに複雑で刺激的なアクセントを作ってほしい…とロックドラムには常々感じている僕にとって、これはドツボ!!超カッコいいです!!

 でも、これだけ好きなクセに、じゃあディープ・パープルのアルバムで何が一番好きかというと、断トツでファースト(^^)。まあこれは音楽性自体がハードロック期とは全然違うから別にして、ハードロック期のもので好きなものというと『イン・ロック』と『ライブ・イン・ジャパン』。なんで大好きな"BURN" が入っているこのアルバムが愛聴盤にならないかというと…僕的には"Burn"しかピンと来ないからなのでした(*゚∀゚*)アハハ。だから、A面1曲目を掛けて「うおお~」となった後、アルバムが進むにつれてだんだん冷めていって…途中で止めちゃう。あり得ないぐらいにテンションが上がって、あっという間に冷めてしまうこの現象を、僕はスコーピオンズの"Love at the First sting" 現象と呼んでます。。でも1曲目だけは、テンションあげたいときに今もたまに聴きます。やっぱりカッコいいなあ。


スポンサーサイト



05 2016 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS