FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

『DEEP PURPLE / LIVE IN JAPAN』

DeepPurple_MadeInJapan.jpg ハード・ロックには異常に燃えるライブ盤がいくつもありますが、これなんてその代表格じゃないでしょうか!これは凄い、超燃えます!!ただ、LP2枚組で出たこのアルバム、僕はいつも最後まで聴き通せない(*゚∀゚*)アハハ。。

 アルバム冒頭、サウンドチェックをしてる所から、だんだんリズムが出てきて、オルガンが「ギュワ~ン」って和音を奏でて、ギターがイントロのリズムを放り込んできて、一気にハードロックの大名曲"highway star"になだれ込みます。うおおお、かっこいいい~~~!!!で、ものすごいオルガンソロにギターソロ…たぶん5~6分だと思うんですが、聴いている感覚としては一瞬の出来事、一気に駆け抜けます。いや~、これはいいっすよ、これを体験した事のない人は、爺さんも小学生も必聴!!そして2曲目"Child in time" は、すごく静かな所から始まって、オルガンとギターのソロを軸にどんどん盛り上がって、最後に第1主題に落とすという、まるで1楽章形式のソナタのような曲。これも、演奏も曲もメッチャクチャ素晴らしい!!音楽的な挑戦もいい!LPだとこれで1枚目のA面終了なんですが、まずここまでは神がかった大名演、すっげ~!!

 問題はここからで…B面は大有名曲"smoke on the water" から始まるんですが、そもそも僕はこの曲をいいと思った事がないので、演奏うんぬんの前にパス。以下、似たような型にハマった曲と演奏が続いて…途中で聴くのをやめてしまうパターンです。う~ん、またしてもスコーピオンズの"Love at the First Sting" 現象か、ハードロック期のディープパープルはこのパターンが多いな~。たぶん、作曲のやり方のパターンが少なすぎることが飽きちゃう原因かも。みんなうまいし、ファーストやセカンドを聴く限り、決してひとつの事しかできない人たちではないと思えるだけに、個人的にはハードロックという言葉に縛られ過ぎないでバンドを発展させてほしかった。…いや、でもこれだけ熱い音楽を聞かせてくれたんだから、そんなないものねだりをしちゃダメですね(^^)。もしかしたら、LP2枚じゃなくって、1枚にまとめて出していたら文句なしの大傑作アルバムになってたかも。でも、今だと"DELUXE EDITION" なんていうのも出てるのか…聴き通せないと言っておきながら、"SPEED KING" だけでも聴いてみたいな~。


スポンサーサイト



05 2016 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS