FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『Johnny Winter / second winter』

Johnny Winter second winter デビューアルバムと同じ1969年に発表、ジョニー・ウインターのセカンドアルバムです。ファーストがブルースどっぷりだったのに比べると、こっちはロック寄りで、内容も曲よりもジョニー・ウインターのエレキギターのアドリブを大フィーチャーしたものになりました。1曲目も2曲目も3曲目もギター弾きまくり(^^;)。リトル・リチャードの「slippin' and slidin'」とかチャック・ベリーの「Johnny B.Goode」のロックンロールナンバーもやってます。ただ・・・

 マイナーペンタトニックがほとんど。これとリフを組み合わせ、単旋律で弾きまくるんですが、さすがにみんな同じスケールだと、飽きが来るのがはやかった(>_<)。ファーストで「ギターの演奏がメッチャかっこいい、すごい!」って僕が思ったのは、弾きまくってるかどうかとか、そういうところじゃなかったんだな(T-T)。。ジャズだとサックスやトランペットのソロがそれこそ単旋律ですが、5音音階一発なんて事は絶対やりません。むしろ、弾けば弾くほど同じ色に塗りつぶされていくだけというか・・・。で、次の曲になっても旋法が変わらないので、ずっと同じカラーの音を聴かせられる感触。それは、弾きまくるもんだからリズムにも同じようなことが起きちゃってて、やっぱり指が速く動くとか弾きまくるとかだけを売りにしても、面白くないものになっちゃうんだな~、と実感。ジョニー・ウインターは、メッチャクチャ好きなアルバムが何枚もある一方で、ロック系の音楽をやると一本調子になって、ちょっとね・・・。

 あ、でも、とにかく弾きまくりで圧倒されるので(1曲だけハモンドとブラスを加えたジャズっぽい曲が入ってるんですが、それも弾きまくり^^;)、ブルースロックの弾きまくりギターが好きな人には最高のアルバムじゃないかと。ファンも多い1枚みたい。あ、あと、個人的にはジャケットがとにかくカッコよくって好き(^^)。



スポンサーサイト



05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS