FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Jimmy Smith / The Sermon !』

JIMMY SMITH THE SERMON! ジャズオルガンといえばこの人、ジミー・スミスです!これはその中でもかなり有名なブルーノートの大名盤、チョ~気持ちいい、最高です!ただし、ちょっと注意が必要かも(^^;)。

 まず、オルガンが弾きまくり系じゃなくって気持ちい!!ジミー・スミスさんには弾きまくりのアルバムもあるんですが、これはファ~っとオルガンを気持ちよく鳴らしている演奏が多いです。これがメッチャ気持ちいい!!あと、リー・モーガンのトランペットも、いつもの突貫型じゃなくって、癒し系といっても良いぐらいにすごく気持ちいい!!いや~、これは1日中聴いてても飽きない気持ちよさです(^^)。これは色んな人にお勧めしたい…と言いたいところだったんですが、今回ちょっときづいてしまった事がありまして…
 えっと、基本的にコレクターじゃない僕は、ジャズのレコードで「これはボーナストラックの何が入ってる」とか「これとこれを買えばそのセッションの録音のすべてがゲッチュできる」とかは、あまり気にしない方です。むしろ、そういう所にはそうとう無頓着な方かも。短い人生、どうせ全部なんて聞けるはずないですからね(^^)。でも、僕がジャズの魅力に取りつかれて一生懸命ジャズのレコードを買いあさってた若いころって、ジャズのLPがせっせおとCD化されてた頃で、レコード会社がLPからCDに買い直させようと、やたらとボーナストラックをつけてました。だから、自分では何にも考えてなかったけど、今となっては手に入れにくいボーナストラック入りのCDをやたら持ってたりして(^^;)。このCD、僕が持ってるものは1曲目が「'S WONDERFUL」で始まって、そこから「BLUE ROOM」、「CONFIRMATION」「LOVER MAN」など、気持ちいい曲がズラッと続きます!これが最高と思ってたんですが…今回、この感想文を書こうと思ったら、僕が最高だと思ってたこれらの演奏は全部ボーナストラックらしい(+_+)。あ、そうそう、僕が持ってるCDは、昔日本の東芝EMIから出た「コンプリート スーパージャムVol.2」というアルバムで、ジャケットは「SERMON」とほぼ同じ、この中にオリジナルのアルバム「SERMON」に入ってる3局も全部収録されてる、というものみたい。いや~、ややこしいなあ、という事は「スーパージャムVol.1」というのがきっとあるんだな…。
 というわけで、僕が持ってるCDと同じものがアマゾンに出てないか探したんですが、見つからず(;_;)。かわりに、ボクが好きだった「'S WONDERFUL」や「BLUE ROOM」の演奏が収録されたアルバムを探したところ…おお~、『THE COMPLETE SERMON SESSIONS』なるアルバムを発見!きっと、これを買えばこの時のセッションの録音が全部入ってるんでしょうね。というわけで、オリジナルアルバムの「THE SERMON !」には入ってない他の曲がことごとく僕の大推薦という、なんか変なおすすめのアルバムでした(^^)。



スポンサーサイト



09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS