FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『西洋音楽の歴史 上』 柴田南雄

seiyouongakunorekisi_jou_sibataMinao.jpg ひとつ前の日記で書いた、バロック以前の西洋音楽最良のガイド本というのはこれです!著者の柴田南雄(しばたみなお)さんは、作曲家としても、音大で多くの後進を育てた音楽教育者としても有名な方で、単なる音楽好きが書いてるロックやジャズやクラシックのガイド本とはレベルが違います。それは音楽の形式の分析に思いっきり出てるのですが、そんなわけでグレゴリオ聖歌からルネサンス音楽までの西洋音楽の情報が欲しかったらまずはこれ!詳しいのに難解になりすぎず、ページ数も多くなく、要点がまとめてあってとても分かりやすいです(^^)。

 子どもの頃、親にせがんで「クラシック音楽事典」というとんでもなく分厚い本を買ってもらった事があるんですが、そんな事典本ですら17世紀バロック以前の事は書いてありませんでした。そして、僕が子どもの頃に、アーリー・ミュージックの大ブーム。ところが古楽の情報はとにかく少なくて、CDやLPの解説頼りという状態でした。そんなわけで、僕は古楽関連の本を見つけるたびに読んでいたのですが、これが初心者向けに要約しすぎてむしろわかりにくかったり(「アルス・ノヴァ」と書いてあるだけで説明がなかったり、代表的な作曲家の名前だけ出てたり^^;)、おすすめCDがバーっと出てるだけで書法や音楽史の説明がなおざりだったり。そんな中、この本はメッチャわかりやすかった!その時代の文化的背景、様々な作曲技法や音楽の特徴、そして代表的な作曲家の作曲の特徴、さらに推薦のレコードと、じつに丁寧に、それでいて分かりやすく書いてあります。ルネサンス以前の西洋音楽をアーリー・ミュージックというんですが、僕がこれまで読んできた何冊もの本の中で、アーリー・ミュージックについて一番わかりやすかったのがこの本でした。アーリー・ミュージックに興味ある方は、CDと合わせてこの本を1冊持ってるだけで、音楽がより深く味わえるようになるんじゃないかと (^^)。

 ところでこの本は「上」。僕は「中」と「下1」までは見た事あるんですが、「下2」というのを見たことがありません。未完の本って、読んでる方としてはもどかしいです(^^;)。そういえば幻魔大戦も20巻まで読んでいきなり打ち切りのように終わったし、グイン・サーガなんて90巻あたりまで読んでいい加減あきらめたら、完結する前に栗本さんが他界しちゃったしな。。



スポンサーサイト



06 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS