FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『サン=サーンス:交響曲第3番《オルガン付》 メシアン:昇天 マッテス(org)、ミュンフン指揮、パリ・バスティーユ管弦楽団』

SaintSaens_Symphony3_Messiaen_Lasension_MyungHun.jpg 19世紀中盤から後半にかけてのヨーロッパ音楽界は後期ロマン派全盛。その中心はドイツ・オーストリアで、フランスはドイツ音楽の物真似の亜流という印象があります。だって、ドイツ文化圏にはワーグナー、ブラームス、マーラー、シュトラウスがいるのに、フランスは…グノーにビゼーですか、これは厳しい(^^;)。そんな中、2歳でピアノを弾き3歳で作曲をして「モーツァルトの再来」と騒がれた天才がいました。サン=サーンスです!このCDに入っている「交響曲第3番 オルガン付」は、「死の舞踏」と並んで、サン=サーンスの代表作と言われている作品です。
 
 「オルガンつき」とはいうものの、この録音の場合、そこまでオルガンが前に出て聴こえません。スコア的にオルガンが思いっきりメインになる所もあるんですが、そこですらけっこう控え目でした。また、第1楽章前半は、マイナーで始まったのに急に遊園地みたいになったり、あっちこっち行ってしまう悪い方に出た時のロマン派音楽という印象を持ってしまいました。しかし、ポコ・アダージョとなった第1楽章後半が素晴らしい!なんという美しさ、こういう情景を描き出す時のフランス音楽はヤバいです、隠し味のようにうしろで鳴っているオルガンに背筋ゾクゾク。この楽章は、同時代のフランクや、その後についに花開くドビュッシーの方向性にも影響してるかも。そして、どの楽章も筆致が見事で、これは技術的な作曲プロフェッショナルだと感じました。ただ、交響曲3番に関しては、最近素晴らしすぎるCDを買ってしまったので、今後はそればかり聴く事になりそう。そっちのCDはいつか紹介しますね(^^)。
 そして、カップリングに入ってるメシアン「昇天」は…バッハフォーレという前例とはまったく違うサウンドですが、これはいかにもキリスト教音楽という感じの音楽。宗教曲なのでTPOを考えたのか、まだ自分の技法を確立してない時代の作品なのか、メシアンにしては意外と王道の和音。ちょっと僕には分からないですが、カップリングしたのは何かサン=サーンスの音楽とつながりがあるのかな?天に召されて救われ浄化されるような音楽、これは素晴らしいです。特に第4楽章がいい!

 もしサン=サーンスがいなかったら、19世紀後半のフランスって、本当にオペラ・コミックみたいな娯楽的で職業音楽なクラシックしか残らなかったかも。サン=サーンスで生き残ったフランス音楽が、メシアンのような見事な音楽にまで繋がるという所に、歴史というものの重さを感じました。フランス音楽の流れを感じる、いいCDでした。



スポンサーサイト



07 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS