FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Charles Lloyd / Forest Flower』

Charles Lloyd Forest Flower ジャズのテナー・サックス奏者チャールズ・ロイドが、1966年に発表したライブ・アルバムです。モントルー・ジャズフェスティバルでのライブ演奏、これがチャールズ・ロイドのアルバムでいちばん有名かも。チャールズ・ロイドはこのあと一度音楽から足を洗って、ずいぶん後になって復活してECMからたくさんアルバムを出すようになるんですが、僕の中ではこの両者が同一人物だとは思ってませんでした。

 チャールズ・ロイドは、チコ・ハミルトンのグループに参加していたことがあるそうです。ああなるほど、だから「Forest Flower」を演奏しているのか…と思ったら、作曲者がチャールズ・ロイド自身だった(*゚∀゚*)。という事は、あのチコ・ハミルトンのカルテットにチャールズ・ロイドがいたんだな、きっと。。そしてロイドさん、当時はロックのファンからも人気があったそうです。BBキングやビーチボーイズのバックもやってたからか、それともちょっとスピリチャル(音楽のではないです)な感じもあるので、フラワーロック方面に受けたのかな?でも僕がロイドさんの名前を知ったのは、新主流派ジャズ系の流れでした。このアルバム、名盤ガイドに載ってたから手を出したんですが、たしかにこのアルバム、モードや新主流派っぽいです。メンバーも、キース・ジャレット(pf)、セシル・マクビー(b)、ジャック・デジョネット(dr)ですから、なんとなく音がイメージできると思いますが、その想像はたぶんほぼ当たり。でも残りの3割は予想外かも。60年代当時の新主流派ジャズにしてはちょっとポップスっぽいです。

 どこか指先だけで演奏している感じ。フリーっぽくなっても、演奏が白熱してそうなったんじゃなくって、技法としてそういう部分を用意してあってそれをやってる…みたいな。モードも同じで、それをなぞってる感じ。どうにも形だけを真似しているように聴こえちゃって、あまりのめり込めませんでした。でも、今のジャズの主流ってまさにこれなので、時代を先取りしてたとも言えるかも。こういうアルバムをいくつもきいた結果、新主流派以降のジャズは「ジャズ」という型を練習して発表するものに聴こえてしまって、新しい何かに挑戦するとか、創造的な部分を感じられず、いつしか追いかけなくなってしまったのでした。でも「Forest Flower」は気持ちの良い曲で、これだけは好きなんですよね(^^)。



スポンサーサイト



08 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS