FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Charles Lloyd Quartet / Dream Weaver』

Charles Lloyd Quartet Dream Weaver 大ヒットアルバム『フォレスト・フラワー』と同じ1966年に発表された、チャールズ・ロイ・カルテットのスタジオ録音です。メンバーもフォレストフラワーと同じで、キース・ジャレット(pf)、セシル・マクビー(b)、ジャック・デジョネット(dr)。今見ると豪華なメンバーですね。

 一聴して誰もが「コルトレーンだ」と思うはず。バックバンドもバイト感覚で「コルトレーンをやればいいのね」みたいな感じ(^^;)。キース・ジャレットの演奏なんて、ブラインドやったらほとんどの人がキース・ジャレットと答えずにマッコイ・タイナーと答えるんじゃないかと。リーダーのロイドさんも、たとえばアルバムタイトル曲なんて、曲もサックスの演奏もコルトレーンそっくりです。これは完全にコルトレーンのエピゴーネン。しかもあの音楽の「なぜそうするか」ではなく、プレイメソッドやチェンジだけを模倣したように聴こえるので、上澄みだけさらったように聴こえてしまいました(゚∀゚*)エヘヘ。

 でも、本人自身が誰よりそう思ったんじゃないかと思います。ロイドさん、このバンドを4年続けた後にバンド解散、かなり長期間にわたって音楽から離れてしまいます。その後は瞑想の先生になったりね。瞑想の先生になるなんて、まさに意味を求めに行ったわけじゃないですか。自分でも「形ばかりで、何か大事な何かがない」と感じたんじゃないかと。音楽やりたい人が最初にすることって、好きな音楽があって、それを演奏できるようにする事だと思うんですよね。つまり、形から入るわけです。形って馬鹿に出来なくて、最初は形を真似るだけでも大変。高度な技術が必要な音楽であればあるほど、形を真似できずに終わる人が大半になるほどです。でも、好きなジャズを演奏できるようになって、ふと思うところがあったのかも。「今までがむしゃらに好きなジャズを演奏出来るよう練習してきたけど、形が出来るようになってみると、それがなんだ?だからどうした?与えられた形を真似るのが音楽なのか?音楽って、もっと大事な意味があるんじゃないか?」みたいな。

 というわけで、ある意味でモダン・ジャズの熱い時代が終わる瞬間の象徴のように聴こえたアルバムでした。ここから先のジャズって、ポピュラー音楽に戻ってしまった感があって、僕は次第に聴かなくなっちゃたんですよね。時代も意味を求めない軽薄な時代になってしまったしね(^^;)。ロイドさんは意味が問われなくなる時代に入っていく中で、意味を探そうともがいて戦った人だったのかも。



スポンサーサイト



08 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS