FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『マーラー:交響曲第7番《夜の歌》 ブーレーズ指揮、クリーヴランド管弦楽団』

Mahler_Symphony7_Boulez_Cleveland.jpg マーラーの交響曲第5番と似た構造をしているのが、この第7番「夜の歌」です。5楽章形式だったり、ど真ん中にスケルツォが置かれている事とかね。2楽章と4楽章の「夜の歌Ⅰ」と「夜の歌Ⅱ」が先に出来たらしいので、その時にアーチ構造にしようと思いついたのかも。

 バロックとか古典派とか新古典を聴いた後にマーラーを聴くと混乱します。「え、この構造は美しいの?」とか、「なんで宮廷舞踊みたいな曲がここで出てくる必要があるの?」とか思っちゃうんですよね(^^;)。しかも無駄に長いし…。「夜の歌」は、とりわけそう感じていました。でも天下のマーラー、せっかく5番を聴いた事だし、久々に7番も聴いてみよう!と聴いてみたところ…長すぎて寝てしまいましたzzz。

 で、寝ながら聴いていて、ようやく耳を奪われたのが第4楽章「夜の音楽2 アンダンテ・アモローソ」。これが優しげでかわいらしくて美しい!小さい女の子ふたりが、ベッドの中でコソコソと楽しい内緒話をしてるみたいです(^^)。というわけで、僕にとってのマーラーの楽しみ方は、好きな楽章の色彩感覚だけを楽しむ感じかな?

 ところでこの曲、美しい第4楽章「夜の音楽2」で終わらず、その後にファンファーレがけたたましく鳴り、執拗に繰り返されるロンドの第5楽章が18分も続きますが、この楽章って必要なのかなあ。ついでに、第1楽章も20分も必要かなあ、長いわ調がコロコロ変わるわで、ソナタ形式なのにまとまりなく聴こえます。僕が「マーラーは長くてくどい」と思ってしまうのは、こういう所なんですよね(^^;)。最初に作った「夜の音楽」2曲を活かそうと思うなら、1楽章と5楽章はいらないと思うなあ、冗長なんですよね…。



スポンサーサイト



08 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS