FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Dexter Gordon / Dexter Rides Again』

Dexter Gordon Dexter Rides Again さらにさかのぼって40年代のデクスター・ゴードンです。これは初リーダー作になるのかな?1947年にVerveから発表された1枚です。録音自体は45~47年の間の幾つかのセッションに分かれてます。最初のセッションのドラムはアート・ブレイキーでピアノはタッド・ダメロン、他のセッションではマックス・ローチのドラムにバド・パウエルのピアノという感じで思いっきりビバップだったりと、セッションによってカラーが少しずつ違ったりします。そういう事もあってか…

 これはオールドジャズとビバップの中間みたいな音楽。サックスはビバップの洗礼を受けてるけど、リズム隊がまだオールドジャズという感じで、スイング時代っぽい音楽も混じったり。ソロイストの受け渡しの速さなんかは、それこそフレッチャー・ヘンダーソン楽団ぐらい古いジャズみたいな印象すら覚える時があります。そして…いや~なるほど、どれもデックスの演奏は見事!さすがフレッチャー・ヘンダーソンやルイ・アームストロング楽団といった名門で名をあげてきたテナーサックス奏者だけある高速プレイと見事なアドリブです!この時代にテナーサックスでこれだけアドリブ出来たら、相当目だったんじゃないかなあ(^^)。いきなりヴァーブからデビューもうなずけます。

 ロックでもジャズでもクラシックでも、若い時って表現よりも、速い演奏とかフォルテな演奏とか勢いとか、そういうので突っ走る時ってあるじゃないですか。しかもそれが爽快だったりして。そういう勢いを感じるアルバムでした。久々に聴きかえして思ったのは、デックスはデビューから50年代までの演奏の方がいいと思ってしまいました(^^)。そして、これだけいい演奏だと、麻薬で失われた50年代がなかったらどうなっていたかと考えてしまいます。過渡期のジャズだけに忘れられた1枚という感じもしますが、これはなかなか素晴らしかったです!


スポンサーサイト



08 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS