FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ルーセル:交響曲第2番、第4番 デュトワ指揮、フランス国立管弦楽団』

roussel symphony no2 no4_dutoit ひとつ前の記事で書いたCDとセットになっているのがこれ、両方買うとルーセルの交響曲をぜんぶ聴く事が出来る優れもの(^^)。これが演奏も録音も素晴らしいので、僕はクリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団のCDを売っちゃいました。貧乏人にはダブりを抱えている余裕もCD棚のスペースもないのです…クリュイタンスさん、申し訳ありませんm(_ _)m。

 交響曲第2番。作曲年は1919-21年、4楽章ではなく3楽章制なんですが、特に1~2楽章が素晴らしい!僕がルーセルのシンフォニーを1曲だけ人に薦めるとしたらこれです!まず、冒頭しばらく展開されてから戻される和声が見事。さすが20世紀初頭のフランス、近代和声の洗練ここに極まれりと感じ入るばかり、素晴らしい響き!もうこれだけで僕は何もいう事ないです。
 ただ、1楽章の展開部の作り方はストラヴィンスキーの「火の鳥」にそっくり。「火の鳥」の作曲は1910年だから、影響されたんでしょうね。それが何を意味してるかというと、メシアンみたいに新しい和声のまま曲をすべて構成するところまでは進まず、新しい響きはあくまで機能和声との連関の範囲で扱われた、という事だと思います。これをどうとらえるかは聴く人次第。僕自身も、気分次第で、この構造の強さが気持ち良く感じる時もあれば、「和声を機能和声に還元さないで独自のシステムを組んで欲しかった」と思う時もありそうです。

 交響曲第4番。音楽については前に書かせていただいたので省略するとして、若い頃に買った別のCDとの比較。いや~、若い頃に聴いたCDでも、いい曲だと思ったんです。ところが今回聴いたら、これって大名曲なんじゃないかと思ってしまいました。多分、演奏と録音がいいんですね、ちょっとゾクッとしました。シンフォニーって、やっぱりすべての弦の音程が聴き取れるぐらいまで音量を上げて聴かないと駄目ですね。特にこういう和弦の響きに神経を使った曲は、オーディオの値段が感動に直結してくる気がします。ただ、この4番も2番と同じで、最終楽章が伝統的なシンフォニーと同じで、明るい所に抜けてめでたしめでたしで終わるんですよね。それで、ここまですごくいろんな色の和音で描いてきたのに、最後になると急に幼稚な原色のべた塗りな子どもの絵みたいになっちゃって勿体なく感じてしまうのです。ここだけ、どうも僕の趣味じゃなかったです。

 ルーセルの交響曲って、若いときに読んだ本には「3番と4番がいい!」って書いてありましたが、僕的には2番がダントツの素晴らしさ!次いで第1番&4番でしょうか。そしてルーセル、海軍の軍人でもあり、でも音楽が好きでスコラカントルムで対位法の教師を務めるほどの人でもあり、海が好きで年の半分をパリ、もう半分をノルマンディで過ごした人だそうです。そしてこの音楽…音だけでなく人にも魅かれるものがあります。大曲作家や、新しい語法を創造した作曲家、あるいは作曲職人でもないように感じますが、アーティストだと感じるところが多かったです。あの時代のフランス音楽の変遷をすべて体現しているというか、自分の信じる音楽を見事に音に出来た音楽家じゃないかなあ、これは憧れます、実に素晴らしい作曲家でした!


スポンサーサイト



09 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS