FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ヴィヴァルディ:和声と創意への試み《四季》、協奏曲変ロ長調、シンフォニア RV.146 、協奏曲《田園風》RV.151 パロット指揮、タヴァナー・プレイヤーズ』

Vivaldi_FourSeasons_Parrott_TavernerPlayers.jpg ヴィヴァルディはバッハに先駆けたイタリアのバロック音楽の作曲家です。そしてヴィヴァルディと言えば、なにはともあれこの曲「四季」!「四季」ときいてピンとこない人でも、「春」「秋」「冬」の第1楽章は聴けば絶対にわかるはずの、超有名曲です。

 ゴキゲンな「春」「秋」の第1楽章が有名なので、ちゃんと聴く前は、僕もそういう能天気で軽い音楽かと思ってました。ところがいざ聴いてみると3楽章まである「春」でも中間にもの哀しげな緩徐楽章が挟まっていて変化に富んでるし、第3楽章は1楽章の変奏になってるので、3楽章通してひとつのソナタみたいで曲のまとまりがすごくいい。う~んこれはなかなか素晴らしい音楽ではないですか。さすがバッハを先駆けたバロックの巨匠だけのことはあります。

 そしてこの曲、バッソ・コンティヌオ(通奏低音)としてチェンバロが使われてますが、これがめっちゃいい味出してます。僕はこの曲を演奏した事があるんですが、数字つき低音で指定されている音が46の和音とか7の和音とか、普通に出てきます。というわけで、300年前の音楽なんて侮ることなんてとうていできません。現代でもポピュラーならまったく問題なく通用する和声ではないかと嬉しくなりました。当時はジャズやってたもんで、通奏低音のチェンバロなんて音も小さいしどうせ誰も聴いてないだろと思って、だんだん調子に乗って9とか11とかオルタードとかパンパン入れたら「何やってんだ、ジャズじゃねえぞ」とコンマスに怒られたのはいい思い出(^^;)。馬鹿でしたね~。。

 僕はこのCD, パロットさんの指揮にも、タヴァナー・プレイヤーズの演奏にも、まったく不満はないのです。ところがこのCDを買った後になって、「四季」は「和声と創意への試み」という12曲からなるヴァイオリン協奏曲集のうちの最初の4つなのだという事を知り、全曲を聴きたくなってしまい、フル収録のCDを探す羽目になったのでした。買う前にそれぐらい調べとけよって感じです(^^;)>。馬鹿でしたね~。。


スポンサーサイト



10 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS