FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『バーチャル・プロレスリング』 PlayStationゲーム

VirtualProwrestring.jpg プロレスに夢中になったのは、小学校3年から中学ごろまで。猪木と長州の抗争タイガーマスクの誕生、そして第1次UWFの誕生とその新日出戻りぐらいまでの期間です。その後、第2次UWFやヒクソンとかはかいつまんでみてましたが、徐々にフェードアウト。もし、2次UWFのテレビ放送があったら、もう少し観ていたかもしれません。その頃は新日も全日も、すでにクソつまらなくなってたのでね(^^;)。でも、おかげでプロレスを卒業できたのかも。卒業していかなきゃいけないものってあると思いますしね(^^;)。でも、プロレスが好きだったことは、人生の楽しさのひとつだったと思ってます。今でもたまに昔のプロレスをYouTubeで観たりする事がありますし、昭和のあの頃、プロレスも観ない漫画も読まないような男子なんて、それはそれで駄目だと思うし。そして、それを中学で卒業というのも、健全なタイミングだったと思います。

 このゲームを目にしたのは、僕がプロレスを卒業しかかった頃でした。いや、もう卒業したあとだったかも。子どものころ、アッポーエキサイティングアワーというプロレスゲームを楽しんでいた僕には、ひとつの不満がありました。出てくるキャラクターが少なすぎて、自分のひいきのレスラーが登場しないのです。前田や高田はどうした、ダイナマイトキッドも出してくれ…こんな感じ(^^;)。これはウルトラマンのゲームもそうでしたね。そんな中、中古のCDやゲームがいっぱいあるお店の激安ワゴンの中から見つけたゲームがこれでした。裏を見ると…おお~前田も高田もいる!とにかくいっぱいいる!そして、300円で売ってる!300円ならつまらなくてもいいやと即買いでした(^^)。

VirtualProwrestring_inoki.jpg このゲームの素晴らしいところは、選手の動きが本物そっくりな事!前田のキックって、モーションが大きくて独特の蹴り方をするじゃないですか。そっくりです(^^;)。他のレスラーの動きもそっくりで、まるでプロレス物まねを見ているようで、「おお~クリソツだ」なんて爆笑してました。そして、色んな選手がみんな出てるという夢も叶えてもらって、大満足(^^)。猪木が、勝ち進まないと使えないのは辛かったですけどね。。

 ただし…これ、残念ながら、ゲームとしてはまったく面白くありませんでした。エキサイティングアワーみたいに、ゲームとして面白いかどうかを追及したものじゃなかったんですよね。技をかけるのも、自分が操作してからしばらく経ってからモッサリ動く感じ。技のかかる掛からないの判定もよく分からない。勝つにしても負けるにしても、自分で操作した感じがしないので、遊んだ気がしなかったのです。きっと、「メインクラスの日本人選手全部と、有名な外人選手をすべて操作できる」という事を目標に開発されて、ゲーム性を追及する所まで開発を進める事が出来なかったんじゃないかと(^^;)。仕方ないですね、何でも予算はつきものですから。この後、このゲームはシリーズ化されたようなんですが、僕はプロレスどころかゲームも卒業してしまって、その後の事はわからないのでした(゚∀゚*)エヘヘ。。新日、全日、UWF、この時代のプロレスに思い入れがある人にとって、その頃の選手を全部使える数少ないゲームなんじゃないかと!


スポンサーサイト



11 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS