FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ミヨー:自作自演集』

Milhaud_JisakuJienshu.jpg  「フランス6人組」って、オネゲルとプーランク以外の作曲家の作品はなかなか聞く事が出来ませんでした。しかも、オネゲルとプーランクの音楽が素晴らしいもんだからよけい気になったものです(^^;)。。デュレとかオーリックになるとまったく聴く機会なしでしたが、きわどいのがミヨー。たま~にコンサートやCDで取りあげられる事があるんです。そんな聴けそうで聴けないミヨーの作品だけを取りあげたCDというだけでも貴重ですが、このCDのすごい所はそれに加えてミヨー自作自演という所。中古屋さんで見つけた時は、「おおっ、これは俺に買ってほしくてここにあるに違いない!」と飛びつきました(^^)。演奏はパリ・フィルハーモニック管弦楽団、録音は1953年から63年でした。

 「焔の城」は、ユダヤ人だったミヨーがナチの猛威を逃れてアメリカに亡命した時に作られたカンタータ。詩の内容はかなりディープで、火をくべられた城に幽閉された犠牲者たちの「開けてくれ!」という言葉が何度も繰り返されます。でも音楽自体は時代の先端でも宗教音楽の荘厳さが漂うでもなく、ドミナントがしっかり見える大衆的な劇伴調でした。あと、録音が古いからか、管弦伴奏のはずなのに、妙にオケの人数が少なく感じたりして(^^;)。
 「ある暴君の死」は、4世紀の歴史家ランプリディウスの一節を歌詞にした合唱曲です。ここでいう暴君とは17代ローマ皇帝コモドゥスの事…だそうですが、これは時代的にも比喩ですよね、きっと。音楽というより、打楽器に合わせたセリフの大合唱という感じでした。
 そして、ミヨーの代表的な管弦楽曲として名高い「プロヴァンス組曲」、これに期待していたのですが、これも新しい表現や自分独自の語法を用いた作品ではなく、機能和声を使った普通の劇音楽のようでした。なるほど、劇音楽どうこうではなく、こういう作風なのか。。

 ミヨーは舞台音楽や映画/テレビ音楽を大量に書いた人で、演奏会用の作品とそれらの音楽に大きな違いは感じませんでした。フランス音楽って、僕の場合はフランク、ドビュッシーメシアンブーレーズという流れをついつい追ってしまいますが、それは後からアカデミックな場で評価された作曲家をつないだラインであって、実際に同時代に支持されてきたのはビゼー、サン=サーンス、サティ、そしてプーランクやミヨーみたいな大衆的な音楽なのかも知れません。このフランス音楽の流れって、コープランドからハリウッド映画音楽というアメリカの管弦楽曲の流れを先取りしているような感じだなあ。20世紀も大戦を繰り返し、いよいよ資本主義の価値観がフランス音楽にもあらわれたという事かな?


スポンサーサイト



11 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS