FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Sunny Murray』

sunny murray  セシル・テイラーアルバート・アイラーのグループでドラムを叩いていた生粋のフリージャズ・ドラマーのサニー・マレイ、1966年発表のリーダーアルバムです!ESPレーベルからリリースされたアルバート・アイラーの『Spiritual Unity』はフリージャズの大傑作アルバムで、そこでサニー・マレイのドラムに驚いた僕は、同じESPからリリースされたこのアルバムを発見して即買い。ジャケットもカッコよかったしね(^^)。メンバーはJacques Coursil (tp)、Byard Lancaster, Jack Graham (a.sax)、Alan Silva (b)、全4曲入り。

 1曲目は管楽器隊が3人同時に吹きまくり、あいさつ代わりといったところでしょうか。フリージャズのセッションでありがちな事だな…と思ったら、全員が抜けてアラン・シルヴァのコントラバスのそろになってエンディング。なるほど、フリーの混沌さを直接表現しようと思ったら、バーッとやってサッと止めるこういうナンバーはありかも。
 というわけで、このアルバムの本領は2曲目からでした。2曲目以降はすべて、3管でテーマを吹いたら、以降はオーダー順に管楽器のインプロヴィゼーション、そして最後にテーマ演奏という形式です。ジャズですね(^^)。2曲目は、コーシルさんかランカスターさんか分かりませんが、ひとり目のアルトサックスのソロが強烈!!いやーこれはメッチャかっこいい。。それにからみつくアラン・シルヴァのコンバスはずっとアルコで、ゆらゆらとグリッサンドを繰り返しててヤバい感じ。おおーこれはカッコいいな。。そして、その後ろで叩いてるマレイさんのドラム、スッパンスッパンと来るんじゃなくって、ずっとシンバルをかき鳴らしながら、皮ものの太鼓が「ドンドンドンドン…」とクレッシェンドしてきます。切れじゃなくて、全体の圧力でドバーッと押しつぶしてくる呪術的な感じで、このドラミングがアルバムの印象そのものなんじゃないかと。プレイを細かく聴くんじゃなくて、感覚的に圧力をずっと感じてる感じです。
 3曲目「Angels & Devils」は、ジャック・コーシルが書いたナンバーだそうです。デュナーミクは抑え気味のナンバーで、テーマのおどろおどろしい感じが、60年代フリージャズっぽくてヤバい。しかし、そのうしろでのたうちまわるアルコベースとドラムがヤバい、2ビートや4ビートのリズムキープなんて絶対しません。「グオ~ン、ズワ~ン」て感じで、ゾクゾク来ました。

 まるでハードバップのように、テーマを演奏した後にオーダー順にソロを取る単純な構造になのに、惹きつけられてしまいました。それって、構造じゃなくて、この呪術的なヤバいムードと演奏にあるんじゃないかと。テーマの作り方も雰囲気も、オーネット・コールマンやアルバート・アイラーといったフリージャズのプレイヤーが作ったテーマに似ていて、フリージャズ勃興期の雰囲気がプンプン、ドロドロでヤバい感じなのです。昔は、このぐちゃーっと潰してくる感じが「キレがないな」「うまくないな」なんて感じたんですが、いま聴くと「すごい圧力だな」と感じて、面白かったです。大名盤じゃないかも知れないけど、60年代フリージャズの良作のひとつじゃないかと。そうそう、僕が持ってるのはLPなんですが、LPの大きな写真は飾っておきたくなるぐらいカッコいいです(^^)。


スポンサーサイト



12 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS