FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 6  Trackback: 0  

映画『ランボー 怒りの脱出』 シルヴェスター・スタローン主演

Rambo_IkarinoDasshutu.jpg スタローン主演映画「ランボー」の第2作です!僕が劇場に観にいったランボーはこれだけですが、スクリーンで見た迫力がすごかった!まだ若かった事もありますが、圧倒されてメッチャ面白かったなあ(^^)。友達と観に行ったはずなんですが、誰と行ったか覚えていないほど映画の印象が強かったです。

 前作で逮捕されて強制労働させられているランボーは、恩赦とひきかえにベトナムで捕虜として残されたアメリカ兵の偵察の任務を与えられます。ところが、色んなトラブルもあってランボーが捕虜をひとり連れて帰ると、アメリカ側の司令官がランボーを見捨てる決断をし、救出ヘリを引きあげさせてしまいます。見捨てられたランボーは憐れ捕虜に。ここからランボーの脱出劇と復讐が始まります!

 はじめてこの映画を観た時の一番の衝撃シーンは、敵の兵士が多人数でジャングルを捜索するところでした。敵兵が動き回る中、泥壁に潜んだランボーの目がギロッと開いたところは衝撃でした!元グリーンベレーであるランボーのこういうサバイバル術に、子どもの頃の僕は目が釘付けでした。それから、生きた心地がしない絶望的状況の連続をかいくぐる脱出劇もドキドキで良かった!ようやく脱出できたと思ったら、敵の戦闘ヘリ・ハインドが出てきて、ああ絶望。しかしそれを切り抜けた機転もすごかった!…今見ると、ヘリの中からロケット砲撃ったら、自分たちだって生きてはいないと思いますけどね(^^;)。

Rambo_IkarinoDasshutu_doro.jpg もうひとつのポイントは、復讐を果たす所です。1作目と違い、この映画には完全無欠の悪役がいます。それは、敵となっているベトナム兵士のリーダーと、ランボーを見捨てたアメリカ軍側の司令官のふたり。ベトナム兵士はランボーを張り飛ばし、ランボーが愛した女を殺します。映画を観てる人は、誰だってこいつが嫌いなはず(^^;)。それをランボーは最後に倒すんですが、その倒し方が、相手が恐怖におののいて逃げるところを、じっくり狙って弓で射抜く(^^;)。なんでこういうシーンにしたかというと、ランボーの凄さの表現もあったでしょうが、「こいつ、ぶっ殺してやりてえほどムカつく」という観客の思いに応えての事なんじゃないかと。アメリカ軍側の司令官への復讐も同じ。つまりこの映画って、さんざん追い込まれた後の大逆転や復讐の爽快さなんじゃないかと(^^)。

 この映画、ソ連やベトナムを一方的に悪と決めつける描写がなされてたり、いくらなんでもランボーが強すぎたりするもんで、最低作品賞みたいなものまで取ってしまいましたが、それって好きの裏返しのユーモアでもありますよね。「そんな事ねえよ、くだらねえなアハハ」といいつつ、みんなこの映画が大好き、みたいな(^^)。観終わって爽快、ダーティー・ハリ―やマッド・マックスや高倉健の任侠映画のような「孤高のアウトロー」というヒーロー像を描いた、痛快な映画だと思います!


スポンサーサイト



01 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS