FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『コダーイ:無伴奏チェロソナタ ブリテン:無伴奏チェロのための第3組曲 べリオ:言葉は空しく ヘンツェ:無伴奏チェロのためのカプリッチョ マット・ハイモヴィッツ(cello)』

Kodaly_MubansouCello_Matt Haimovitz 「ハーリ・ヤーノシュ」でコダーイを知った僕は、「ちょっとだけ民族色がある、標題音楽的な後期ロマン派だなあ」と思ったのでした。ところが、コダーイの無伴奏チェロソナタを聴いてビックリ、これが超硬派な純音楽だった!子どもっぽい音楽を作る人だと思っていたのがまったく真逆、感動してしまいました。これはマット・ハイモヴィッツという有名なチェリストが演奏した、近現代のチェロ独奏曲を集めたCDです。

 いつぞやアルゲリッチが演奏したラヴェル「夜のガスパール」の感動を伝えたことがありますが、このCDのコダーイの無伴奏チェロソナタの演奏は、あの凄さを感じました。ピチカートでリズムを取りながらメロディを奏でるとか、スコルダトゥーラで部分的にハンガリーの舞曲っぽいのが出てくるとか、言おうと思えば演奏技巧や作曲技術的な事を言えなくもないです。でも、そういう所を見ている音楽じゃない、こうしようとかああしようではなく、自分の内側から出てくるものをすべてそのまま音の形と表現にあらわせてしまっている感じで、ある意味ジャズっぽいです。こういう強烈さって、ジャズやロックが好きな人なら絶対に分かると思うんですよね。この曲、チェロの演奏技法を大きく広げた、現代の無伴奏チェロ曲の原点と言われているほどの大名曲らしいですが、こんなすごいのを知らなかったなんて、人生今まで損していた気分(^^;)。

 ブリテン「無伴奏チェロのための第3組曲」、これも本当に素晴らしかったです。ブリテンって、管弦楽を書くとやたらに保守的で何かの曲のコピーみたいで僕は好みじゃないんですが、器楽独奏となると突然すごい曲を書く時があります。ギター独奏の「ノクターナル」もすごかったですし。この曲、初演はブリテンと妖しい関係にあったチェリストのロストロボーヴィチだったそうです( ̄ー ̄)。
 べリオとヘンツェの無伴奏チェロ曲は、指揮者&偉大な音楽パトロンだったザッハーの誕生を祝うために、ロストロボーヴィチが12人の作曲家に委嘱したもののうちの2つだそうです。え、ベリオに委嘱したら「ベチッ」とか「ギギー」とか、そういう曲になっちゃうんじゃないの?と思いきや、これが実によく出来た曲。たまにはこういうストレートな現代音楽があってもいいですね(^^)。一方、もろにポストモダンでまとまりのいい曲を書きそうなヘンツェの方が現代音楽チックかも。でも、これもいい曲。

 これだけ外れがないというのはどういう事でしょうか。ひとつはハイモヴィッツの演奏が、解釈や表現を含めて凄いという事なんでしょうが、もうひとつは選曲が絶妙なのかも。このCD、英語タイトルは「The 20th Century Cello」となってますが、20世紀の名曲を集めたというよりも、これらの曲に共通しているものをハイモヴィッツさんがうまく捉まえたという事なんじゃないかと。これは見事なCD、大推薦です!!


スポンサーサイト



01 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS