FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『堤剛 / 現代チェロ作品集』

TsutsumiTsuyosi_GendaiCello.jpg これもコダーイの「無伴奏チェロ・ソナタ」が入ってるCD。他も面白そうな曲ばかりだったので、思わず買ってしまった(^^)。収録曲は以下の通りで、コダーイ以外は錚々たる日本人作曲家の名前がズラリ。武満さんと石井さんの曲はチェロ&ピアノ、他はチェロ独奏です。

・コダーイ:無伴奏チェロソナタ
・黛敏郎:文楽
・武満徹:オリオン(犂)
・石井真木:螺旋Ⅱ

 コダーイの無伴奏チェロは、ハイモヴィッツさんにつづいてこれも熱演、すごい!でもハイモヴィッツさんに比べると、どの場所も熱演という感じで、ちょっと疲れるというか、もう少しコントラストつけても良かったかな?まあこれは比較すればそうというだけで、メチャクチャに素晴らしい演奏です!

 黛さんの「文楽」。僕はこのCDではじめて聴きましたが、思いっきり純邦楽です。文楽の太棹の三味線を移したらしいですが、箏曲そのままみたいな所もありました。そのままトレースするなら、文楽をそのまま観た方がいいような(^^;)。

 武満徹さんの「オリオン」。管弦楽の「オリオンとプレアデス」は作曲家の個展で聴いた事があってメチャクチャ感動しましたが、これはその室内楽改訂版。日本初演も、このCDの組み合わせの堤剛&関晴子だったみたいです。そして…いやあ、これは見事。僕がこの曲をはじめて聴いたのは「武満徹室内楽全集2」でしたが、そちらの演奏をはるかに上回る素晴らしさでした。最初のピアノの和音が出ただけで「あ、武満だな」と分かるほどの武満ワールドで、響きだけじゃなく、構造も独特なのに堅牢、みごとです。この演奏のためだけにこのCDを買ってもいいぐらいです。

 石井真木さんの「螺旋Ⅱ」は、7つの楽譜があって、1と4と7が演奏順固定、他は任意に演奏していいんだそうです。これって、ゲームカード方式なのかな、それとも演奏家が選んでいいんでしょうか。こういう作品って、ブーレーズのピアノソナタとか、現代曲でけっこう見かけますが、演奏する立場から言うと、先に順番を決めちゃうのであんまり意味がないような…曲は、かなり点描的でした。

 現代日本人作曲家のチェロ作品をまとめて聴く事が出来たのは、とっても良かったです。でも、昔はこれぞ日本の現代音楽と思って聴いてましたが、今では全員故人なんだなあ(・_・、)。


スポンサーサイト



01 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS